2015年05月

2015年05月30日

シターレッスン復活

昨日、
2年ぶりにフランスシターのレッスンに復活。

レッスンサロン
DSCF2586








チェンバロもあるで〜

神戸の某所にあるフランスシター協会、
元某楽器店で楽器の輸入に携わっていらしたHさんが15年前に設立。
Hさんの奥さまのM子先生が教えて下さる。
シター教室をするためにご自宅のお庭にこのサロンを建てられた。
写真では狭く見えますが、手前部分にもスペースが・・・軽くサロンコンサートが出来る♪

始めはこのご夫婦のあまりの誠実さに
「新しい宗教か・・・・?」な〜んて思っていたけど
「シターを広めたい」ただそれだけのお気持ちで活動されているのが15年のお付き合いでよ〜く分かった。
自己顕示欲などまったくなく、
唯一熱く語られるのは「シター及びシターに向かう姿勢」について。

で、
2年ぶりのシターレッスンは・・・

やっぱり音の響きがいまいち・・・また精進せねばと思った次第です。


帰りに京阪に乗り換えようと四条大橋を渡っていたら・・・
京都の夏の風物詩・床♪

DSCF2588










DSCF2587










今頃の夕刻は風も爽やかで気持ち良さそう(^^)

mayumimi1208 at 22:42|PermalinkComments(2)つれづれ | シター

2015年05月27日

ウォーキングのご褒美

運動不足にもほどがあるっ!!

で、
気候も良いので夜ウォーキング
目的地は某書店(徒歩20分)♪

読みたい(けど、買うほどでもないと思われる)本を毎回1章づつ立ち読み。

ご褒美(?)があると続くもんです。


「きのう何食べた?」

今日の晩ごはん
DSCF2585










アスパラとささ身のオイスター炒め残り物パスタを入れて
レタス・きゅうり・紫玉ねぎ・プチトマトのサラダ

2015年05月26日

のんびりな午後

昨日の午後はのんび〜り。

サンダルの季節がやって来たしペディキュアしなくっちゃ!!とAさんとこへ。
いつも(って言っても年に5回くらいだけど)車で行くところを歩いて行くことに。

北山通りと平行に走る旧街道をてくてく歩いていると、
こんな看板発見!!
DSCF2576



「FOR RENT」にアメリカにいた頃を思い出す






しばらく歩くと
昔からあるおうちの街並み
DSCF2582


小さな川には小さな橋
生垣もちゃんと手入れされている






どのおうちもお玄関までのスロープが長く前庭完備♪
古い家屋もちゃんと手入れされた古さ・・・・美しい!!

またしばらく歩くと
雑草のように咲き乱れている黄色い花
DSCF2580










風情のあるおうち
DSCF2581


こちらは勝手口
お玄関には
ここが陶芸家さんのおうちと言う表示






帰りは北山通りを。
いつも車で前は通るけれどお店の駐車場がいっぱいでパーキング出来ず素通りする「北山紅茶館」へ。
DSCF2583



スコーン&アイスコーヒー
                 ・・・紅茶館やのに(^^;








と、猫の散歩のようにあっちふらふらこっちふらふらしていた午後でした(^^)v


mayumimi1208 at 21:47|PermalinkComments(2)つれづれ 

2015年05月24日

工芸展に思う

高島屋京都で開催中の「日本伝統工芸近畿展」へ。
DSCF2575










日曜日と言うこともあってかたっくさんの人で大賑わい。
が、
不思議と作品を見ていると心が静かになって行くのを感じた午後のひと時。

こう言う美しい佇まいの作品たちが身の回りに普通にある生活って・・・
と、見果てぬ夢に思いを馳せる♪







mayumimi1208 at 22:23|PermalinkComments(3)つれづれ 

2015年05月21日

一番好きな花

芍薬が好き。
DSCF2569DSCF2573DSCF2568

mayumimi1208 at 17:51|PermalinkComments(0)つれづれ 

2015年05月20日

チョコチャンククッキー

突然
無性に
食べたくなったチョコチャンククッキー。

で、
作った
こんな時間に・・・・(^^;
DSCF2574



mayumimi1208 at 22:05|PermalinkComments(0)つれづれ 

2015年05月19日

異邦人(いりびと)

小説は一気に読みたい派。
ゆえに
普段は短時間でもキリ良く読める短編やエッセイ。
で、
長編小説は
長時間の移動などの車内持ち込み、または何かひと段落して一息入れたい時。

昨日は一息入れたい気分でこの本を読破。

異邦人(いりびと)
原田 マハ
PHP研究所
2015-02-25


舞台は東京と京都。
念入りに取材された京都のあれこれに
「へ〜そうだったのか」と目から鱗ポロポロ♪
祇園祭は「人混み祭」とか言っている自分を反省、
今年は出かけてみようかとさえ思ってしまった。

主人公らしき人は審美眼を持つ人、
そこらへんでグイグイ吸い寄せられるように読み進めると
終盤
「えっ、そう来るか〜?」と・・・
あくまでも私の場合です、この感想は(^^;

が、
原田マハさんの作品、好きです♪




mayumimi1208 at 22:15|PermalinkComments(0)つれづれ 

2015年05月16日

先生、ありがとうございました。

恩師の告別式。
恩師が通ってらした教会で・・・

奏楽は実の妹さん(プロフェッショナルなオルガニスト)のオルガン
コーラスのリードは姪っ子さん
追悼演奏は実の弟さんのフルートと甥っ子さんの奥さまのチェロ
式を通しての写真撮影はプロのカメラマンの甥っ子さん
カナダで牧師をされている弟さんの遺族代表のお言葉

とても暖かい
とても美しい
神さまに祝福されたのゆり先生のための告別式でした。

先生、ありがとうございました。







mayumimi1208 at 23:47|PermalinkComments(0)つれづれ 

2015年05月15日

半世紀回顧と美カッサ

ちょっと前のお話ですが・・・
5月10日、半世紀の誕生日を迎えました。
自分が50歳と言うことにはさして深い感慨はなかったけれど、
でも、
50年毎日朝がやって来てたんだなぁと思ったら
ちょっと凄いことなんだと・・・
周りの人に感謝の限りでございます。

まぁ、それはさておき、
当日は先日逝去された恩師への追悼文を仕上げなきゃいけなくって
お祝いどころじゃなく、
が、
恩師との写真を提出とのことで昔のアルバムなんかを引っ張り出していたら
思いもよらず自分回顧。
これはこれで良い誕生日だったなぁ。

で、
昔(と言っても10年前くらい)の写真を見てたら
私けっこう顎がキュっとしてたんだ・・・
今真ん丸なのに(^^;

年齢とともにたるみが・・・なんてあきらめてる場合じゃないっ!!
ちょっとくらい手入れをしなきゃ。
で、
洗面所の引き出しにしまい込んでいた「美カッサ」なる石のヘラを引っ張り出したわけさっ。
DSCF2563










えっ、何するかって?
このヘラで顔のリンパに沿ってマッサ〜ジ、
滞っている老廃物を流して浮腫み取り。
さぁ、10年前の小顔に戻ろう!!
な〜んてね(^^;気休め気休め・・・
でも、これ、目の上ごりごりすると気持ちいいよ。






mayumimi1208 at 21:51|PermalinkComments(0)つれづれ 

2015年05月09日

アスニーコンサート・編集会議・打ち上げ

アスニーコンサート「母の日に贈る愛のメロディ」終了。

ピアノ・ヴァイオリン・フルート・歌・ハープ・ピアノデュオ・電子チェンバロ
多彩な楽器で奏でられるプログラム♪

聴きに来て下さった皆さま、ありがとうございました。
京都アスニーの皆さま、大変お世話になりました。

やっぱり、アナログチェンバロと電子チェンバロは全く違う楽器だわ。
すでに手が筋肉痛・・・
でも、それはそれで面白い。
けど、
アナログチェンバロで今日やった作品(ハープとデュオ)いつかやりたいね。

さて、
今日の出演メンバーは
京都音楽家クラブの編集委員のメンツ。
ゆえに、演奏会終了後は6月号会報の編集会議に突入(^^;
楽器を持つ手を校正原稿に持ち替えてチェックチェックチェ〜ック。
やるね、私ら編集委員たち!!

なぜ私たちがここまで頑張ったかって言うと
編集会議の後に打ち上げがあるから〜〜〜
お腹ぺっこぺこ。
がっつり美味しいもの頂きました♪

打ち上げ会場は寺町御池のヌーベルヴァーグ。
デザートに供されたタルトタタンがあまりに美味だったので2ピーステイクアウト。
明日、蝋燭たてようかしらん。
DSCF2557



mayumimi1208 at 22:40|PermalinkComments(4)つれづれ 

2015年05月08日

電子チェンバロ弾きま〜す。

明日の本番のためのリハーサル、
な〜んと会場で!!

コンサートはこちら♪
アスニーコンサート



















電子チェンバロ弾きま〜す(^^)

mayumimi1208 at 21:40|PermalinkComments(0)つれづれ | 演奏会案内

2015年05月05日

法要と御神輿

3回忌の法要。
(亡くなって2年の法要を3回忌と言うのね・・・)

心穏やかに法要を終え和やかに皆で会食。
が、
何やらお店の外が賑やかに。

今日は子供の日のお祭りで御輿巡行、
お店が担ぎ人さんたちに飲み物を振舞われることもあってお店の前が休憩所に。

きゃ〜
お祭り女の血が騒ぐ!!
食事の席を中座して、目指すは御神輿わっしょい〜♪DSCF2554      











DSCF2549










「顧問」と書かれたハッピを着てらっしゃるこの方は?
DSCF2545





前○誠○氏








以前はSPもご一緒でしたが・・・
野党にはSP付かないのかしらん?

目の前を行く御神輿にテンションマックスな私。

許せ、妹よ・・・こんな姉で(^^;
きっとあきれ顔で笑っていることだろうね(笑)


mayumimi1208 at 22:52|PermalinkComments(2)つれづれ 

2015年05月03日

夜討ち朝駆け「みぢかなコンサート」

昨日あたりから恩師の訃報関連の問い合わせが・・・

いや、別に私が恩師にとって特別な存在だったと言うわけではなく、
ご親族が東京在住で京都の恩師のお宅はお留守、
弟子でもあり、連絡先が入手し易いのが私だったから。

しかし、
新聞社の夜討ち朝駆けとはこのことかと。
いくらお仕事とは言え、こんな時間まで働かなくてはいけないなんて。
そして
いくらお仕事とは言え、見ず知らずの人間に
「すいません、申し訳ありません」と何回も謝りながら電話をしなければいけないんて。
なんて大変な仕事なんだと思う。
そして
そんなことを思っていたら、
「あぁ、現実なんだな・・・」と。

で、
今日は「Haseみぢかなコンサート」を聴きにアトリエハーゼヘ。

主催者の作曲家加藤由美子さんから
「藤森亮一さんのコンサートがありま〜す」
と連絡を頂いた時は恩師の訃報で気分がとても沈んでいた時。

行こうかな、どうしようかな・・・と悩みつつ
過去辛い時何回も藤森さんのチェロの音に救われていることを思い出す。
よしっ、行こう!!

そして
コンサートは熱いラテン系の音楽で始まったんだけれど・・・
1曲目が終わると
「京都在住のチェンバリスト有賀のゆりさんがお亡くなりになりました。
追悼の音楽を弾かせて頂きます」
と次のプログラムはカッチーニの「アヴェ・マリア」。
マリアさまのようだった恩師のために奏でられる心のこもった音色、
のゆり先生も喜んでらっしゃると心の底から思えた。

あぁ、また藤森チェロに救われてしまったね。

そしてアンコールは藤森さんのチェロに藤林真理さんのタップ、塩見さんのピアノで
「What a wonderful day !!」
ルイ・アームストロングが
「どんなに辛いことやいやなことがあっても、
 朝空を見上げれば素敵な日がやって来ると思えるよ」と歌った曲。


さぁ、前と上を見て進まなきゃね。





mayumimi1208 at 20:57|PermalinkComments(4)

2015年05月02日

目次だけ

母の定期検査のため病院まで運転手。

最近新しい場所に移転したこの病院、
移転前はそりゃ〜もうごった返した院内だったわ(^^;
予約してあっても3時間待ちは当たり前、
入院してらっしゃる方、緊急で運ばれる方が目の前をストレッチャーで横切る、
院内に入っただけで気分が滅入ったものよ・・・・

が、
移転してからと言うものいつもだいたいこの光景♪
決して患者さんが減ったわけではない。
DSCF2534



スキ〜ッ!!






もしかしたら外来診察の時間はもうちょっと混雑しているのかもしれませんが・・・

前は待ち時間に単行本1冊読めましたが、
最近は目次に目を通すぐらいしか出来ませ〜ん(^^)v

帰りに実家に寄ったらさくらんぼが色付き始めていました。
DSCF2536




mayumimi1208 at 21:53|PermalinkComments(0)つれづれ 

2015年05月01日

暴露、秘密の会話

「お金なら貸してあげるから。」

ドイツの鍵盤奏者ピヒト・アクセンフェルト女史が生前愛奏されていた1976年DOWD製作のチェンバロ、
譲り受ける決心をしたのは私にチェンバロの世界へのドアを開いて下さった有賀のゆり先生のこの一言だった。
幸い、先生からお金を借りずに済んだけれど・・・・
先生、そんなに人を信用してはいけませんよ〜(笑)。

ピヒト女史から受け継いだ楽器、
でも、
のゆり先生から受け継いだ楽器でもあるのです。

先生〜すみません、
あの時の2人の秘密の会話を暴露してしまいました。
DSCF2520










2015年4月26日、有賀のゆり先生逝去。








mayumimi1208 at 21:46|PermalinkComments(3)