2015年10月

2015年10月30日

スカイプレッスン

フランス語のスカイプレッスンが始まっている、
スカイプとは早く言えばテレビ電話やね。

始める前はどうなることやらと思っていたけれど、
始めてみると、さほど不便もない。

相変わらず戦闘態勢で臨まねばならない超スパルタの授業、
こつこつやって行きますわ(^^)V
DSCF3046















mayumimi1208 at 18:03|PermalinkComments(0)つれづれ | フランス語

2015年10月28日

現代アートが呼んでいる!!

今日は夕方からのレッスン日。

午前中に自分の練習をさくっと済ませ
いざ、ランデヴーへ。
お相手はお菓子研究家のK子さん♪

K子さんはお菓子のスペシャリストでもいらっしゃるけれど、
アートへの関心も並大抵のものではなく
遠方の芸術祭にもひょいっとお出かけ。

お会いするたび
ご覧になったアートの話を聞かせてもらえる。
そして
K子さんはとても話すのが上手い。
流暢と言う以上に
例えば
私がまだ観たことのないアート作品でも目の前に浮かんで来るように話して下さる。
まるで心地よい音楽を聴いているようだなぁと思いながら耳を傾けてしまう。

で、
今日はたんまりと現代アートの世界を紐解いてもらう。

今まで現代アートと言うものにさほど興味を持っていなかったけれど、
K子さんの話でアンテナ3本たったかも・・・

そう言えば先日
ヨーガンレールの作品展の写真を見て
「表現ってこう言うことなんだ」と心動かされたなぁ。

う〜ん
現代アートが呼んでいるのかも。

ヨーガンレールが海に捨てられたゴミで作ったランプの部屋
ヨーガンレール








(俵万智さんのTwitterより)

満身の怒りがヨーガンレールに依るとこんなに美しく表現される。



「きのう何食べた?」

今日のお昼ご飯

北山大宮の根々庵さんへ
DSCF3037



前菜
(左手に見えるのは玉ねぎのホイル焼き) 





DSCF3038


お野菜と竹輪の天麩羅
サラダ
小鉢8皿
大根とお豆腐のお味噌汁
ご飯
(ご飯は土鍋で供される)



これでな〜んと¥1200(税込)でございました♪




mayumimi1208 at 22:12|PermalinkComments(5)つれづれ | 素敵な人

2015年10月27日

添削しながら思い出したこと

本年度大学の「チェンバロ奏法〜通奏低音〜」で新しく取り入れたこと
DSCF3036



課題の提出






通奏低音って弾いてなんぼのものですが、
限られた時間内で全員に弾いてもらおうと思うと一回りが限界。
弾き終えた生徒さんたちが暇を持て余さないようにと。

添削をしていてふと思い出す私が大学生だった頃のT先生の和声学の授業。
授業中に課題をやって先生に見せに行くと添削して下さるんだけど
間違いには色ペンでチェックが・・・・
1回目赤
直して持って行ってまだ間違いがあると青
で、また間違いがあると黄色・・・・とか・・・・・。

みんな、きゃっきゃ言いながらやってたけど、
今思い返しても、T先生、丁寧に授業やってくれてはったなぁと思うんだよね。


「きのう何食べた?」

きのうのお昼ご飯
DSCF3032










小松菜と魚の魚天の炒め物
蒸しかぼちゃ
糟汁
白ご飯
きゅうりの糠漬け

冷凍庫に酒粕発見!!
糟汁うまし。



mayumimi1208 at 20:52|PermalinkComments(0)つれづれ 

2015年10月25日

4月に向けて

来年4月開催のコンサートのリハーサル。

と言っても
今日は候補曲をざっと音出ししてプログラムを決定するのが目的。

で、
音出し後の作戦会議準備中
DSCF3031



やっぱ、美味しいものがないとね〜






このコンサートは歌とフルートとチェロとチェンバロで
ソロあり、デュオあり、トリオあり、みんなで大合奏(?)あり・・・
バロックから近代、ヨーロッパもあれば日本もあり♪
なかなか盛りだくさんな内容、
リハーサルも半年かけて積み上げて行きます。

さくさくとあれこれ決めて
ついでに打ち上げの場所まで予約完了!!
なんとも仕事の早い出演者一同です(^^)v


mayumimi1208 at 18:39|PermalinkComments(2)つれづれ 

2015年10月24日

天使にラヴソングを

駅の改札を抜けると
DSCF3029



そこには海が






日本シター協会設立15周年記念コンサートで演奏のため舞子へ
DSCF3026










今日のコンサート会場は聖ヴィンセンシオ・ア・パウロの愛徳姉妹会聖堂。
DSCF3030










とっても響きの良い聖堂、
リュリの旋律は天から降り注いだかしらん?

愛徳姉妹会と言うのは修道院、
シスターたちもシター伴奏によるコーラスで参加。
普段、シスターをお見かけすることはあってもお話する機会は・・・ない。
が、
シスターってどんな人たちなんだろう?
と言う私の好奇心を少し満たして頂きました(^^)v

えっ、どんな人たちって?
映画「天使にラヴソングを」ってご存知?
あのまんまです。


本日お弁当持参
DSCF3024



初めて伺う場所なので土地勘なし
お昼を食べ損ねてはいけないと・・・


mayumimi1208 at 22:38|PermalinkComments(0)つれづれ | シター

2015年10月23日

こんな理由で生徒募集って・・・

どうも最近パソコン画面を見ると目が疲れるなぁ・・・
それはさておき、
某大学で通奏低音の導入クラスを担当するようになって10年くらい。

実は通奏低音は私にとって苦手分野のひとつ。
なのに
「授業の内容はおまかせ〜」と学校側から言われたのを良いことに
通奏低音を授業に取り入れようと思ったのには、
あの小林秀雄氏がある大学で教えてくれと言われ
ご自分の専門分野以外のこと(ご自分がこれから学びたいと思っていること)を教えて良いなら引き受けるとおっしゃったと言うのを白洲正子さんのご著書で読んだことが大きい。

小林氏と私を同じステージで論じるなんぞ厚かましいにほどがあるのだけれど、
実際苦手な通奏低音を教えるに当たり
テキストを読み込み
何が自分にとってややこしいのか
とか
どう説明してどう行動に移せば理解出来るのか
など
毎年毎年試行錯誤しているうちに
私のなかで通奏低音導入部分と言うのは苦手な分野ではなくなってしまったような気がする。
これは私だけの自己満足?と思わないでもないけれど、
今年度のように限られた時間内で通常の倍の人数の受講生に伝わるのかと言う観点から見ても
確かに皆理解してくれているのだから
まんざら自己満足でもないと思うんだけど・・・(ん、今年の学生さんのレベルが高いのか?)

と言うことで
通奏低音導入部分がある程度軌道に乗りつつある今、
私の興味は「通奏低音基礎」にも向けられ始めている。

どなたか私と一緒に取り組みませんか?
生徒募集♪
(いや、だから、小林秀雄氏とは違うんだって・・・)

教職員用パーキングで発見
DSCF3023



可愛い〜♪






今の私の置かれた状況では4ドアのVWはMUSTCAR。
(じいさんばあさんにはドアが重すぎると言われつつも)
でも、
もし2台目が許されるならこんな子いいなぁ(^^)V


mayumimi1208 at 15:42|PermalinkComments(0)つれづれ 

2015年10月21日

それでも女子会

週明け早々
2人は約束の場所でブツを交換
2人にはそれぞれ護衛が・・・・



約束の場所
それは・・・
DSCF3019




さぁ、どこでしょう?





DSCF3014



これ、
約束の場所で頂いたアフタヌーンティの一皿め





DSCF3016


心霊写真じゃないですよ〜




交換されたブツ?
それは
母手製の梅干しと伯母手製のらっきょう。

そう、
護衛は私といとこのMちゃんよっ♪

一応このメンバーでも手帳には「女子会」と記しています(^^;




mayumimi1208 at 22:28|PermalinkComments(2)つれづれ 

2015年10月20日

レパートリー発掘

先週のとある日
シターのレッスンを受けに神戸へ。

なんとなく最近シターに慣れて来たような気がする・・・

シターと言う楽器にはオリジナルの楽曲と言うのはほとんどなく、
ゆえに
何かの旋律に左手コードで伴奏を入れる形の
いわゆるセルフ編曲ものを弾くことになる。

慣れていなかった頃は
さほど選曲にも興味を持っていなかった、と言うより
弾くので必死、余裕ありませんっ!!って感じで先生が用意して下さった曲を弾くだけだったけれど、
少し慣れて来ると
素敵な旋律を耳にした途端
「あっ、これ、シターで弾いてみたらいいかも〜」と
勝手に頭の中でシターがその旋律を奏で始めたりなんかするんだな。

で、
今週
シター協会設立15周年記念のコンサートで
「これ、シターにぴったり」と思った曲をセルフ編曲で弾きます♪
もともとはリュリのオペラ(?)の曲で、
それをダングルベールがチェンバロ曲に編曲したものを私がシター曲に編曲。

リュリが作った素敵な旋律がシターのレパートリーになるといいなぁ。


電車を待っていたら目の前でこんな光景が・・・
DSCF3006



女子高校生みたらし団子爆食い






あまりに美味しそうに食べてらしたので後ろから盗み撮り


「きのう何食べた?」

土曜日の晩ごはん
DSCF3009










十六穀米ごはん
肉屋さんのメンチカツ
サラダ
野菜スープ








mayumimi1208 at 22:01|PermalinkComments(2)つれづれ | シター

2015年10月18日

素敵なおうちなのに(^^;

来年の4月に開催の恩師のメモリアルコンサートの実行委員会のため
こちらのお宅へ。
DSCF3012




新島襄邸♪







コンサートはこの新島邸の手前にある新島会館で開催、
今日の会議は会館の会議室で。

以前にも新島会館には訪れたことはあるのですが
この新島邸にはさほど注目もせず・・・・
「誰かのおうち」くらいにしか思ってなかったなぁ。
こんな素敵なおうちやのに(^^;




mayumimi1208 at 20:38|PermalinkComments(0)つれづれ 

2015年10月09日

不死鳥ホールで恥のかき捨て

なんだか高級感が・・・と思ったら
叡山電車の床がフローリング調でした。
DSCF2993










で、
この日は奈良で1件要件を済ませ大阪へ。
奈良から大阪って近いことに驚きを隠せない私(^^;

で、
あまりに早く大阪に到着してしまったので
前から行きたかった器のお店へ。

この日は「中川岳チェンバロリサイタル」へ。
ゆえに荷物は出来るだけ増やさないよう
「ぜったいに器は買わない」と決めてお店に入ったのに・・・
DSCF2997



買ってしまった(^^;






そして
この写真右手奥に写るホールへ
DSCF2994



「不死鳥ホール」






でね、
とっても興味深いリサイタルだったんだけど
私のテンション急上昇させてくれたのが使われていた楽器。
以前、クラヴィコードを買った時も
「日本の古楽器製作者のレベル上がってるわ〜」と嬉しくなったけど
その時と同じくらい嬉しくなる日本人製作者の手に依る素敵な楽器。
演奏者の高い演奏能力と相まって
「チェンバロって素敵!!」と改めて思った次第です。

で、
製作者の方が調律師としていらしていたので
お話したいなぁと思いつつ
いきなりってのもなぁと迷いながらふと振り返ったら着物姿の魅力的な方と目が合う。
あら〜さっきお邪魔した器のお店のマダムじゃないですかっ!!
マダムも気が付いて下さって、
「まぁ、こちらにいらしてたの?私あの楽器を作った方と知り合いなんですのよ〜」と。

えっ、お知り合い?それもかなりお親しそう・・・
「す、すいません。私、京都でチェンバロ弾いてる井幡万友美と申しますが
 あの楽器を作られた方ご紹介いただけませんかっ?」と。

今から考えると
そのマダムともほぼ初対面・・・
よくそんな事を頼んだもんだと思うけれど、
マダムはちゃんとご紹介下さった♪

と、
ここまで書いて
物凄くものすごく恥ずかしくなって来たよ〜(^^;

あ〜マダム、ありがとうございました〜
そして
申し訳ありませんでした〜(◎_◎;)












mayumimi1208 at 19:44|PermalinkComments(4)つれづれ 

やっぱり帰って来ちゃった(^^;

「きのう何食べた?」
管理がめんどくさくなったのでやはりこちらのブログに戻します。
DSCF2989










     魚焼きグリルで焼くピザ
    



mayumimi1208 at 19:03|PermalinkComments(0)きのう何食べた? 

2015年10月04日

ミルクゼリーと「みおつくし料理帖」読了

母のところから牛乳大量入荷。

大量消費出来るものをと考えて・・・ミルクゼリー。
DSCF2979



牛乳&きび砂糖&ゼラチン&ヴァニラオイル






土日レッスンに来た生徒さんは試食を強いられる(^^;
DSCF2987



こんな感じで「どう?」






きび砂糖が良い仕事してくれました。

以前頂いた「嶺岡豆腐」ってこんな感じやったなぁと思っていたら・・・・
最終巻に突入した
「みおつくし料理帳」に
公方さまが召し上がる「酪」と言う牛乳から作られる高価な食べ物が登場。
この「酪」、公方さまが召し上がる以外のものは「嶺岡」で作られていると。
な〜るほど、「嶺岡豆腐」ね♪

そして「みおつくし料理帖」全10巻読了!!
DSCF2990










「精進する」とはこう言うことを言うのね・・・
私精進足りない、いや、精進してないわ〜と大いに反省。

ラストの場面がまるで映画のワンシーンのように浮かぶ。
泣いてしまったよ。

mayumimi1208 at 21:12|PermalinkComments(2)つれづれ | 

2015年10月01日

使いこなせる人のところに

宝くじで2億当選したらどうする?

と、
ミュージシャンの方々と話していた。
自分のホール作るよね〜!!で意見が一致。

それからの日々、
さて、どんなホールにしようか?考え続けているのだけれど・・・
キャパは100名・椅子は可動式・ホールって言うよりサロンね。
チェンバロだけじゃなくって、古い(けどちゃんと使える)ピアノも置いて・・・
で、
で、
で?
と、この続きが浮かんで来ない(^^;

私の「ホール作り」のアンテナはまだこの程度しか張られていないのね。
2億はしばらく(?)当選しないだろうね。

2億と言えばちょっと距離が有り過ぎるからかしらん。
では、
月収10万増えたら?で考えてみた。

これはけっこうすぐに答えが出る。
「本を買うのに使う」

さて、
単行本が一冊¥2000として、
10万円だと50冊か・・・

が、
果たして1か月に50冊もの本を私は読めるのか?
時間の問題ではなく、
50冊読むだけの知力・体力・集中力が私にあるのかと言う問題。

50冊は無理やわ(^^;


「お金はツール、使いこなせる人のところにやって来る」ってこのことか。






mayumimi1208 at 22:46|PermalinkComments(2)つれづれ