ハマりもの日記

自分や家族がハマってるもの、気になってるものを書きとめとく場所。

訃報

 漫画家の黒岩よしひろ氏が、去る8日に亡くなられていたそうです。
 死因は心筋梗塞。
 55歳ということですから、まだまだこれからも描きつづけられる年齢でした。
『鬼神童子ZENKI』とか好きだったなぁ。
 その活躍をずっと見てきた人がいなくなってしまうのは、とても寂しいです。
 御冥福をお祈りいたします。

ボーダーブレイク 「アセン変更」

 先日めでたくSランク昇格を果たしたわけですが、実は昇格試験のあとに、まだ一戦分のGPが残っていました。
 そこで、あらためて重火で出撃しました。
 今まで使っていた、アイアンフォート+HGのキメラ機体から、フルPLUS:Gへ乗り換えての出撃です。
 機体は、fa、hw、hw、hwで、頭部のみ4番目のパーツ。
 息子からは、胴体も4番目のfaにしたほうが良いのでは、と助言を受けていたので、出撃前に試してみましたが、装甲の暑いfaよりもブースターの値が良いhwのほうが、ブーストを切らしがちな私には向いているような気がしたのでhwで組みました。
 チップは、セットボーナス強化、実弾速射2、高速冷却2。
 武装は、いつも通り、GAXダイナソア、サワード・カスタム、試験型ECMグレネード、エアバスターTSL。
 これで出てみたところ、前にも書きましたが、とにかく武器の持ち替えが速いです。
 主武器から副武器へ、流れるように持ち替えられるので、戦闘が少し楽になりました。
 今まで持ち替えのタイムラグに加え、主武器への持ち替え時には空転時間まで入るので、かなり苦労していましたから……
 装甲もそれなりに硬く、faでなくても良いかな、という感じです。
 それよりは、ロックオンされたとき、ダッシュやジャンプで逃げられる可能性が高いブーストアップのほうが自分には向いているように思いました。
 なので、当分はこのアセンで戦ってみようと考えています。
 あと、いじれるとしたら、副武器をコングにするか、プラズマカノン系統にするか、ぐらいなのですが、サワカスさんを下ろす気になれないので、これで運用していくしかありません。
 コングは明後日の方向へ飛んでいくし、プラカノは一発勝負という感覚が性に合わない気がします。
 実際にサワカスかついで最上位戦まで行ったお嬢様がいらっしゃるぐらいですから、けっして悪い武器ではないと思うんですよね。
 どうやったら、その能力を最大限に引き出せるかがカギになってると思います。
 残る課題があるとすれば、サワカスで撃破を取ると、何故かその後で追い回されるということぐらいですか(汗)
 自分よりも上位の人ほど、その傾向が強いので、私の困惑の種になっています。
 別にいいじゃないねぇ……サワカスでぶっ飛ばすぐらい……
 とか言ってる私自身、サワカスで墜とされると嬉しくなって、やられた相手を探してしまうタイプなので、あまり他人様のことを言えた義理ではありません。
 次の戦場でも、サワカスかついで戦い続けるんだと思います。
 少しでも上へ行けるよう、がんばりまっしょい。


   気に入ったら「ぽちっ」とお願いします♪
続きを読む

ボーダーブレイク 「昇格!」

「トラザ山岳基地」というマップは、私にとって幸運の女神の住処です。
 今まで何度となく、トラザの地で昇格してきました。
 今回も「トラザ山岳基地〜砂塵の死線〜」で、私にとっては、夢にまで見た「A1」から「S5」への昇格です。
 この「A1」から「S5」への昇格試験、個人的にかなり厳しいものでした。
 昇格のために必要なメダルの獲得条件が、

 勝利・圧勝で1枚
 総合順位5位以上で3枚
 貢献ポイント15ptで1枚

 というものだったからです。
 勝利・圧勝で1枚というのは、私の場合、お味方様頼りです。
 自分でコア凸する強襲には乗れないし、重火でのコア凸は、よほど状況が良くないと成功しません。
 また、総合順位5位以内というのも、ヘタレな私には難しい話です。
 これが総合順位7位以内だったら、まだ何とかなりそうな気がするのですが、5位以内となると敷居が高いです。
 そうなると、貢献ポイントで稼ぐしかないわけですが、コア凸できない重火乗りが獲得できる貢献ポイントなど、施設破壊に設置武器破壊など、細々したものに限られてしまいます。
 敵が突っ込んできてくれれば、ベース防衛などで稼げるかもしれませんが、その場合は、勝利・圧勝で1枚という条件は、まず満たされないものと思わなくてはなりません。
 というわけで。
 貢献ポイントを稼ぐため、今までほとんど乗ったことのない支援兵装で出撃することにしました。
 とは云うものの、まず装備の勉強から始めなければなりません。
 それなりに支援で稼いでいる息子と相方の助言を受けて、アセンを組みます。
 まず、機体はフル玖珂、2・NX・NX・NX。
 チップスロットは8なので、しゃがみ2、セットボーナス強化、補助装備自動補給1、ダッシュ/高速移動1、脚部パーツ強化2を付けました。
 武装は、スマックショットSP、バインドマインV、広域索敵センサー、リペアショットγ。
 持ってない武器もあったので、まず買い揃えるのが大変で。
 最初の5クレジットは、これで持っていかれました。
 シードもたくさん交換しましたし、さぁとりあえず練習だというんで、個人演習へ。
 相方が付き添ってくれて、こうしたらいい、ああしたらいい、と教えてくれるんですが、なにしろ支援に乗るのはほぼ初めて。
 とてもじゃないけど、相方が言うようには動けません。
 重火のときの癖で、ついつい前へ出てしまいます。
 味方の後方から支援するということができないんです。
 敵機が見えると、逃げるんじゃなくて撃ちに行っちゃうんで、大概の場合が逆に墜られます。
 そして、貢献ポイントを稼ぐために積んでるはずのリペアショットγが、とにかく当たらない
 とっちらかって、倒れてる敵機や大破してる味方機など相手に無駄撃ちしてしまうことが重なったうえ、動きながら戦闘している味方機に当てることができません。
 ここで相方が言いましたね。
「ダメだ、こりゃ」
 ……そうでしょうとも。
 というわけで、勝手にターゲットのところまで飛んでってくれるURデバイス系統へとリペア装置を積み換えました。
 βとγ、両方を購入して試用してみた結果、私のやり方だとβのほうが向いているという判断を相方が下したので、URデバイスβを積んで再び個人演習へ。
 何度も個人演習を繰り返し、何とか1試合でメダル3〜4枚を稼げるくらい=貢献ポイントを45〜60ポイント稼げるくらいになったところで、全国対戦へと出撃しました。
 昇格試験が出るまでには、あと20cpほど必要だったので、練習も兼ねての出撃ということになります。
 さすがに肉入り相手では、個人演習のようなわけには行かず、20cpを稼ぐのに2試合を必要としましたが、それでも昇格試験を出すことができました。
 出撃してすぐに、とにかく広域センサーを貼り、あとはお味方様が行くほうへと付いていきます。
 プラント内にバインドマインVを投げ込み、体力が削られているお味方様をリペアしつつ、敵機に狙われたら尻尾まいて逃げるのを繰り返しました。
 結果、自分が墜とされることはほとんどなく、お味方様のおかげで試合にも勝利して、最初の一戦でメダル4枚を稼ぎました。
 2試合めも同様の展開でメダル4枚を獲得。
 残るメダルは2枚ですが、世の中そうそう上手くはいきません。
 3試合目、敵さんに凸屋が偏ってて、とにかくすべてのプラントをパスしてベースに突入してきました。
 なので、ベース内でバインドマインVをバラ撒き、敵機を倒しにかかってるお味方様をリペアしつつ、自分もSP使って敵機を撃退し、ベース防衛でポイントを稼ぎます。
 コア凸の波が途絶えたところでリペアポットに入ってマインを補給し、破壊された自動砲台を修復して貢献ポイント稼ぎ。
 残るメダルが2枚だったこともあり、こんなんでも何とか貢献ポイント30ptを叩き出して、無事試験合格です。
 
 S_shoukaku

 即席の支援にしては、まぁ頑張ったほうだと思います。
 下位戦だから通用したとも云えますけれど……
 最上位戦ぐらいになると、センサーもマインも仕掛けるそばから破壊されてしまいますが、下位戦だとそこまでシビアな展開にはなりません。
 自分が堕ちるまで、索敵センサーが生きてることのほうが多いです。
 それも運が良かったことのひとつだと思います。
 まぁ、それより何より、このタイミングでトラザが回ってきてくれたことが一番の幸運なんですけどね。
 ほんと好きです、トラザ。
 さぁ、後はSクラスを維持できるかどうかという問題になってくるわけで。
 これまで以上に精進したいと思います。
 ついでに、少しづつ支援の練習もしていこうかな。
 今回のことで、なんとなく基本的な動きは解ってきた気がするので、上位の人と街したときでも、お味方様をお助けできるようになれたらいいな、と思います。
 いえね、お味方様を再起したときとか、
「ありがとう!」
 と言ってもらえると、なんとも嬉しくなるので(笑)
 自分も再起してもらったときなどは「ありがとう」チャットを打ってるのですが、あれ言われるのって嬉しいものなんですね。
 いろいろと新しい発見のあった昇格試験でした。
 月に何度と指を折って数えられる程度の出撃回数とヘタレな運動神経しかない身にとっては、黒プレートになれたのが、本当に嬉しいです。
 PS4版のコントローラーも予約したし、夏からは家でもプレイできるようになるけれど、やっぱりアーケードでの出撃は止めないんだろうな、と思います。
 やっぱり楽しいですもん、ゲーセン。
 止められませんよね。
 

   気に入ったら「ぽちっ」とお願いします♪続きを読む

ボーダーブレイク 「乗り換え時期」

 暑いなかをのてのてと「旧ブロア市街地〜激戦の丘〜」に出撃してきました。
 なんとかメインカードのCPを稼げないかと思っての出撃です。
 機体は、アイアンフォート4、HG4、HG4、HGG。
 チップは、高速冷却2、実弾速射2、状態異常耐性1、装甲1。
 武装は、重火力オンリーで、GAXダイナソア、サワード・カスタム、試験型ECMグレネード、エアバスターTSL。
 市街地ならば榴弾砲撃ち放題(違)なので、私にとっては戦いやすい戦場です。
 とは云うものの、世の中そうそう上手くいくはずもなく、何戦かしたものの、CPはプラスマイナスゼロという結果に終わりました。
 もっとも、途中2回も大敗を喫していながらの戦績なので、まぁ頑張ったほうと言えるかもしれません。
 一度は重火のくせにコア凸までしましたからね。
 オーバーヒートするまでダイナソアを叩き込み、サワカスを1弾倉撃ちきったところで墜とされましたが、我ながらよくやったと思います。
 それに、かなりECMを使えるようになりました。
 プラント合戦の多いマップでは、ECMの使いかたがキモになるということは実感していたものの、なかなか実用に移せずにいました。
 それが今回は、わりと意識的にECMを使うことができたと思います。
 使い馴れてないので、なんか関係ないところで爆発したり、敵に届く前に爆発したり、いろいろと不安な点はありましたが、私にとっては、使えるようになったということが肝腎です。
 次からは、もっと効果的に運用できるといいなと思います。
 しかし、またもサワカスで撃破した人から執拗に狙われたんですけど(汗)
 いかにもEXあたりの人のサブカ、という感じのプレイヤーさんで、ミリ残りだったのをサワカスでブッ飛ばしたのがお気に召さなかったらしく、その後、敵街する度に追いかけ回されました。
 だって、何機もで突っ込んでったプラント戦で、他の機体には目もくれず、とりあえず私を追いかけてくるんですよ?!
 そりゃ、のそのそ動いてるし、いかにもヘタレだし、餌にしやすいのは確かだと思いますが、あんなに追いかけてこなくても……
 ちょっとサワカスで撃破しただけじゃないですか。
 見逃してくださいぃ〜……

 で、とりあえずはHGで戦った後、先日来、息子と相方から言われていた機体の乗り換えについて、具体的に取り組んでみました。
 手持ちのシードをレア素材と交換して、PLUS:Gシリーズの機体を購入したんです。
 相方の助言を聞きながら、3番目のhwまでを買い揃え、装備して個人演習に出てみました。
 いろいろと感覚が変わったところはありましたけれど、とくに武器の持ち替えが速くなったのが良い感じでした。
 ダイナソアとサワカスとの持ち替えが素早くできなくて困った事態に陥るということがよくあったので、この変化は嬉しかったです。
 後で、息子(ACEとEX1の間をうろちょろしている)に話したら、
「頭と胴体は4番目(fa)にしたほうがいいんじゃね」
 と言われたので、次回の出撃前に購入しようかと考えています。
 ただ、胴体は、3番目ならばブーストが、4番目なら装甲が特化してるようなので、どちらを取るかは考えどころですね。
 どうせ素早く動けないのは判ってるんですから、装甲を取ったほうが良さそうではありますが、プラント戦などになるとブースト利いたほうがいい場合もありますし。
 購入してみて、個人演習で試してみるのがいいかもしれないです。
 素材の数はギリギリですが、色々とやってみようと思います。
 ていうか。
 エンブレムを変えなくて済むのが良いですね。
 私のエンブレム、エアロンエアハート社のマークなので。
 何にしても次回の出撃が楽しみになっているのでありました。


   気に入ったら「ぽちっ」とお願いします♪

これほど違うとは

 私――Mayuraでございますが。
 愛車はMAZDAのRX-8(6MT)です。
 それも早くに廃盤色となったライトニングイエロー。
 はっきり言って目立ちますし、このトシになったオバハンが乗る車ではないかもしれませんが、MAZDA最後のロータリーエンジン搭載車ということもあって、とても手放すことはできずにいます。
 その愛車も乗り始めてから10年あまり。
 タウンユースが多いこと、家の駐車場が狭いことという二つの理由から半クラを多用しており、ついに定期検査の折、
「クラッチ板が、だいぶ磨り減ってますよ」
 という宣告を受けてしまいました。
 確かに、クラッチは多用してます。
 しかし、駐車場の形状上の問題で、思いきり家の外壁に寄せて車を駐めなければならないため、どうしても半クラと据え切りをしちゃうんですね。
 どちらも車にとって良くないことと解ってはいても、仕方ないんです。
 まぁ、私の運転技術がもっと向上していれば、そんなこともなかったかもしれませんが、それは言っても詮無いことなので置いといて。
 確かに、クラッチが滑り気味だなぁという実感はあったので、この際、交換してもらうことにしました。
 一泊二日の入院(?)を終えて、愛車を引き取りに行ったわけですが、まずディーラーの駐車場から出られない(汗)
 半クラがすごくシビアになってて、走り出せないんですよ。
 顔なじみのディーラーさんに、
「これフィールが全然違うんですけどぉ」
 と泣きついたら、
「エイトはもともと、それぐらいシビアですよ〜」
 と軽くいなされました。
 10年前、本当にこの車で走ってたんだろうか、と思ってしまうぐらい、クラッチの感覚が変わりました。
 逆に言うと、いかによく削ってたかって話なわけです。
 ようやくのことでディーラーの駐車場を出て、がっこんがっこん言わせながら、よたよたと家まで帰ってきました。
 まさか、自分が車の運転に、こんなに手こずるとは思いませんでしたよ。
 本来のこのフィールに慣れるまで、しばらく時間が必要なようです。
 慣れるために、ちょっとそこらに走りに行ってくるか……←言いわけ


   気に入ったら「ぽちっ」とお願いします♪
 
livedoor プロフィール

Mayura

相方、子ども2人(大学4・専門学校2)の4人家族。
毎日いろんなものにハマってます。
Twitter アカウント:@kamiemiyako

電球ぴかぴか♪
コメント付けるほどじゃないけど気に入った、というエントリーを見つけたときに御利用ください。
エントリーのタイトル脇に付いてる「電球マーク」をぽちっとすると「ぐー♪」なマークが出ます。
よろしくお願いします☆
公式サイト(笑)はこちらです。  
アクセスランキング
Recent Comments
Categories
Archives
Amazon.でオススメ
 
マーカス・チャウンの太陽系図鑑
マーカス・チャウンの太陽系図鑑
 
見て楽しい。
読んで楽しい。
 
 
世界で一番美しい元素図鑑
世界で一番美しい元素図鑑
 
めくるだけで楽しい。
見るだけで楽しい。
すばらしい科学書だと思う。


新版 西洋騎士道事典―人物・伝説・戦闘・武具・紋章
新版 西洋騎士道事典―人物・伝説・戦闘・武具・紋章
 
中世ヨーロッパ世界に
興味がある人なら必読。
ファンタジー映画の鑑賞や、
幻想物語を読むおともにも♪


  • ライブドアブログ