ハマりもの日記

自分や家族がハマってるもの、気になってるものを書きとめとく場所。

ひとりごと

訃報

 漫画家の黒岩よしひろ氏が、去る8日に亡くなられていたそうです。
 死因は心筋梗塞。
 55歳ということですから、まだまだこれからも描きつづけられる年齢でした。
『鬼神童子ZENKI』とか好きだったなぁ。
 その活躍をずっと見てきた人がいなくなってしまうのは、とても寂しいです。
 御冥福をお祈りいたします。

みんな早すぎる…

 脚本家の島田満さんが亡くなられた、というニュースを聞きました。
 先日は、声優の鶴ひろみさんが、やはり50代の若さで急死されたことでショックを受けたのに、まさか、またも訃報を聞こうとは……
 自分よりも、ほんの少しだけ上の世代のかたがたが逝ってしまわれるのは、やはりショックが大きいし、寂しいことでもあります。
 自分にとっての、アニメの黄金期の一郭を成していたかたがたが逝ってしまうということなので……
 私にとって、島田満さんと云えば、『究極超人あ〜る』なんですよね。
 イメージCDで幽霊役をやっていらしたのが忘れられません。
 御冥福をお祈りするしかできませんが……早すぎます、皆さん……
 本当に、早すぎます……
 

北海道制覇

 息子。
 2泊3日の道程で北海道へ修学旅行に行きました。
 最終日、札幌と小樽で自由時間があったのですが、そこでやらかしたそうです。
 
 チュウニズムの店舗つぶしを。
 
 ボーダーブレイクでもそうですが、あちこちの都道府県の店舗でプレイすることで解放される勲章のようなものがあります。
 そうしたものが貰えなくても、日本地図が出てプレイしたことのある都道府県の色が変わったりして、ちょっと達成感のようなものが味わえるわけです。
 滅多に行く機会がないであろう北海道──そこでプレイしたい、と思ったとしても無理はないでしょう。
 札幌の自由時間は短かったので、息子(と、お友だち数名)は小樽に的を絞りました。
 あらかじめ、ネットでチュウニズムが置いてある店舗を調べておき、解散直後にそこへ向かってダッシュ。
 1台しか置いてなかったため、5人で交代でプレイしただけで自由時間が終わってしまい、またもダッシュで集合地点へ戻るという、まさに「何しに行ったんだ、おまえら」状態だったものの、無事に北海道の色を塗り替えることはできました。
 ガラス細工も見なかったし、昼食時間だったにも関わらず、小樽の海の幸を口にもしなかったようですが、本人たちが満足しているから、まぁいいかって感じです。
 つか、自分も同じ立場だったら、やってそうですしね、店舗つぶし。
 羨ましいですよ、北海道の色を塗り替えるなんて。
 自分もいつか行きたいなぁ……
 
 
 ブログランキングに登録しています。
 よろしければ、「ぽちっ」としていってやってください。
 
人気ブログランキング

家庭用ゲーム機(その他)人気ブログランキング
 

あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。
 
 昨年度は実家の父の手術などでバタバタしており、本当に何もできなかった観があります。
 今年も、思うようにボーダーブレイクに出撃することもできないかもしれませんし、好きなゲームも進められないかもしれません。
 でも、時間を見て、気に入ったものなど書き留めていきたいと思っていますので、よろしければ覗いてやってください。
 よろしくお願いします。
 

ソシャゲにハマるということ

 毎日のように、ぽちぽちやってた「ボーダーブレイク〜疾風のガンフロント〜」ですが、いま少々お休みをいただいてます。
 クランに属してクラン対抗の戦闘が一日三回ある以上、お休みをもらうということはクランに迷惑をかけてしまうということなんですが、クランマスターが快く許してくださったので、クランに籍を置いたまま、クラコン(=クラン対抗戦)には参加せず、ぼんやりと過ごしています。
 というのも、どうやら、ハマり過ぎちゃったらしいんですよね。
 ガチで上位を狙うようなクランにいるわけではなく、ただ毎日のクラコンを一所懸命にやって、勝ったら嬉しい、負けたら残念、というだけのはずが、いつの間にか、自分の中で義務化されちゃったんです。
 クラコン開始5分前にアラームかけて、何を措いてもクラコンに駆けつけるという。
「リアル優先」がクランのモットーで、クラコンにも無理してまで参加することはない、というのがクランマスターの考えかたなのに、いつの間にか、それとは違う方向に自分が流れていってしまっていました。
 それで自分が楽しきゃいいんですけど、そうじゃなくって、
「クラコンしなきゃ。早く、この仕事を片づけなきゃ間に合わない!」
 なんて思い始めたら、それは負担にしかなりません。
 でも、ガンフロントっていうゲーム自体は好きですし、引退する気にもなれないので、とりあえずはお休みをもらってみることにしたわけです。
 現在、開催されている「追撃イベント」にも、今までだったら目の色を変えて参加していたんですけれど、一歩ひいたところで、ヒマができたらぽちぽちする、という感じでいます。
 私の場合は、そうした態度をクランマスターや、クランメンバーが理解してくださったおかげで、もう一度、戻ることができそうな感じですけれど、それもなかったら、ひたすらソシャゲ廃人への道を歩んでしまうのかもしれませんね。
 良いマスターと良い仲間に恵まれたことを感謝しつつ、今日もボーッとしているMayuraさんなのでありました。
 
 
 ブログランキングに登録しています。
 よろしければ、「ぽちっ」としていってやってください。
 
人気ブログランキング

家庭用ゲーム機(その他)人気ブログランキング
 

ハウステンボス

 今回の帰省ついでに、足を伸ばして、長崎県はハウステンボスまで行ってきました。
 ずっと行きたかったテーマパークなのですが、名古屋からの距離を考えると、なかなか機会が無くて。
 今回ようやく行くことができました。
 目的の一つは、巨大な建物の壁面に映し出される「太鼓の達人」をプレイすること(詳しくはこちら)。
 世界初の企画だそうで、これがなかなか凄い迫力でした。
 
 それにしても、敷地が広い!
 もともと暑さが苦手な私は早々に音を上げてしまい、随分と家族に迷惑をかけてしまいました。
 2日目にはレンタサイクルを借りて場内を回ったので、そこまで疲れずに済みましたが、初日は歩いて移動したのが失敗でしたね。
 オランダの街並みを再現しているので、地面は石畳。
 アスファルトに比べれば、太陽光の反射も少なく、暑くはないのですが、草花は多くても樹木が少ないため、日陰があまりないんです。
 日陰で休もうと思うと、お店に入って何か飲んだりするしかないわけで、これはこれでちょっと不便に感じました。
 ただ、そうでもしないと、なかなか水分を摂る機会もないので、これはこれで良いのかな。
 初日に疲れてしまった理由のひとつは、意識的に水分を摂らなかったことにあると思うので。
 ちなみに、石畳なので、自転車で走るにしても、がたがたと揺れて、なかなかエキサイティングです。
 しかし、それすらも楽しかったので、自転車で回るのはオススメですね。
 
 普通にウィンドウショッピングをするだけでも楽しいリゾートですが、他にも色々とアトラクションがありますし、博物館や美術館が多いのは、私のような者には嬉しかったです。
 ゴハンも美味しかったですよ〜。
 ローストチキンの一羽まるごとなんて初めて食べました!(「アムステルダム ガーデンレストラン&カフェ」にて)
 アイルランド帰りの娘が、向こう仕込みのナイフ捌きでバラしてくれたので食べやすかったですが、初めてのかたは、とにかく真っ二つに切り割るところから始めることをオススメします(笑)
 外はパリパリ、中はしっとりで、マスタードで食べるのですが、噛みしめると鶏肉の味が出てきて、なかなかの逸品でした。
 
 宿は、ハウステンボス内のオフィシャルホテルに取りました。
 これまた、サービスが良く、朝到着したときにハウステンボスのカウンターに荷物を預けておくと、チェックインまでに各ホテルへ届けておいてくれたり、帰りには逆に、朝ホテルに預けておいた荷物を帰りに出口付近のカウンターで受け取れるなど、非常に便利でした。
 そういう細かなサービスが、たとえ遠くても「また行こう」と思わせてくれる理由になるんですね。
 実際、今度はバラの季節にでも友人と来ようかな、と思っていますから、私。
 広い敷地なので、二日間では回りきれないほどですが、もっと時間とれるかなぁ……お金もかかるしなぁ……
 でも、楽しかったから、もう一度、行けるように頑張ろうっと♪
 
 
 ブログランキングに登録しています。
 よろしければ、「ぽちっ」としていってやってください。
 
人気ブログランキング

家庭用ゲーム機(その他)人気ブログランキング
 

それはまさに赤い彗星

 所用があって、関西国際空港まで車で出向きました。
 りんくうJCTから、海の上を通る長い橋を渡っていくのですが、車両専用道の右手を関空直通列車が走る線路が通っています。
 橋の半ばあたりまで来たとき、「それ」はやって来ました。
 右後方から私の車を追い抜き、空港方面へと突き進む赤い車両が。
 南海電鉄が空港線を走る特急ラピートの一部にネオ・ジオン仕様車両を走らせているということは知っていました。
 しかも、期間限定だということも。
 ただ、それを知ってはいても、まさか自分の目で見ることができるとは思わなかったんです。
 いや〜、自分が鉄としてはまだまだだということを思い知りましたね。
 ネオ・ジオン仕様のラピートの存在を知っている以上、その線路と平行して走る道を行く時には、カメラの準備をしておくべきだったんです。
 なのに、すっかり油断していて……
 悔しいので、関空の駐車場に貼ってあったポスターの写真だけは撮ってきました。
 
 poster

 これ、ポスターだとよく判らないのですが、各車両の先頭付近に入っている金色のネオ・ジオンのマークが、むちゃくちゃ映えるんですよ。
 とくに、私が見た状況──つまり、夕日を浴びて走っていくと、そのマークが輝き、ひたすらカッコ良いんです。
 ナマで見られただけでも良かったと思うべきなんでしょうね。
 ちなみに、空港に着いてから電車の駅のほうへ行ってみましたが、駅が地下にあるらしく、覗いて見ることもできませんでした。
 う〜ん……限定仕様の車両を、それも走っているところを見られたんだから良いと思わなきゃなんですけど……残念なことをしたなぁ……
 
 
 ブログランキングに登録しています。
 よろしければ、「ぽちっ」としていってやってください。
 
人気ブログランキング

家庭用ゲーム機(その他)人気ブログランキング
 

解りづらすぎる

 今朝のこと。
 いきなり、私のFace bookにロックが掛かりました
 セキュリティ上の問題がどうのこうのという説明が出てたところから推測するに、何度こころみても認証してくれない某「疾風のガンフロント」のせいじゃないかという気がします。
 つまり、同じところから、何度もアクセスしても認証が上手くいかなかったから(それは私のせいじゃない)、
「おまえは本当のユーザーじゃないだろう!」
 と、Face book側が判断してしまったんじゃないかと思うんですね。
 
 原因はともかく、Face bookが使えないとなると、それなりに障害も出て来ます。
 なので、ログインしなおそうと思ったんですが、これがもう全く上手くいきません。
 機械ではなく、人間がログインしようとしていることを証明するため、モザイクのようなものが掛かった文字を入力する画面では、その文字が全く読めません
 いや、読めないことはないのですが、「q」か「g」か、「I」(大文字)か「l」(小文字)かの区別がつかなかったりします。
 普通、Iとlは併用しないだろうとは思うのですが、縦棒の上にだけ横線がついてて、
「ひょっとして大文字の『I』?」
 と見えたりして、解りづらいこと、このうえないんです。
 ようやくのことで、その難関を乗り越えると、今度は身分証明書の写真をアップロードしろと来たもんです。
 名前と生年月日が確認できるように写真を撮ってアップロードしろ、と。
 確認が取れたら、証明書のデータはサーバ上から削除するというので、仕方ない、写真を撮りましたよ。
 で、アップロードしてみたんですが、その先へ全く進めません。
「アップロードできませんでした」とか「確認が取れません」とかのメッセージが出るならばともかく、ひたすら「アップロードしてください」もしくは「写真をアップロードできません」という選択肢から次へ進むという二択のみなんです。
 ちなみに、ここまではスマートフォンでの操作です。
 いまどき、スマフォでSNSなんて当たり前ですし、それで解決する問題だと思ってたんですよ。
 しかし、どうにも身動きが取れなくなってしまったので、PCからFace bookにアクセスしてみました。
 こちらもやはり、身分証明書の写真をアップロードするところで先へ進めなくなってしまいます。
 ところが、PCだと、この先がありました
 登録してあるメールアドレスにFace bookセンターからメールが届いて、
「メールに返信する形で身分証明書の写真を添付して送れ」
 と云うんです。確認が取れ次第、アカウントのロックを外してやんよ、というわけですね。
 頭のどこかでプチッとキレた音がしましたが、とにかくメールに返信して現在はあちらの処理待ちです。
 
 それにしても、ユーザーインターフェイス悪すぎ!
 向こうの指示に従って、入力やアップロードをしてるのに、それが上手くいってるのか行ってないのか、向こうからのリプライが全くないため、こちらとしては、何度も同じことを試してみるしかなくなるんです。
 上手くいってないならいってないで、「○○に失敗しました」等のメッセージが出てくれれば、FAQを参照するとかヘルプセンターに問い合わせるとかの方法も採れるのに。
 向こうの指示に従ってやったことがやりっぱなしになってしまうのが、すごく不安でした。
 また、今回のように、PCからのアクセスで解決するのであれば、それをはっきりと示すべきでしょうし、モバイルのみでアクセスしている人のための案内も出すべきでしょう。
 とにかく、あまりにダメダメなシステムに頭痛がしてきました。
 私、SNSには向いてないのかもしれないなぁ……
  
 
 ブログランキングに登録しています。
 よろしければ、「ぽちっ」としていってやってください。
 
人気ブログランキング

家庭用ゲーム機(その他)人気ブログランキング
 

今年も終わりですね。

 今年も終わりに近づいてきました。
 年の初めに、取り込み事がありまして、バタバタしているうちに、だんだんと身体が疲れてきて。
 年の後半には、ゲーセンへ行くのもダルい、新しいゲームを始めるのもしんどい、というサボリーな身体になってしまいました。
 最近では、たまにゲーセンへ行くほかは、スマホをポチポチしながら、『疾風のガンフロント』をプレイしています。
 年が明けたら、また何か新しい楽しみが見つかるかもしれません。
 当分は、ボーダーブレイクとガンフロントから離れることはないと思うので、それ関係の記事を書いていけたら、と思っています。
 たまに覗いてくださる方々、ありがとうございます。
 通りがかってくださる方々にも、御礼を。
 来年もどうぞよろしくお願いします。
 良いお年をお迎えください。
     Mayura 拝
 

SNS

 最近、Twitterというものを始めました。
 とは云え、特に自分が呟くことって、そんなにありません。
 そもそもが、以前に書いた「執事の館」の準備委員会のかたが、Twitterで情報を出しているということだったので、その情報を知りたくてアカウントを取ったんです。
 そしたら、ついでにボーダーブレイクの動画主さんたちのアカウントを幾つか見つけたので、それをフォロー。
 中には、機械的にでしょうけれど、フォローしたらフォローしかえしてくださった動画主さんもあって、大感激してしまいました。
 また、もう一つのブログ──家族漫才を書いてるほうのブログで知り合ったかたとも、お互いフォローをし合い、Twitterについて教えてもらったりしています。
 実は、こういうSNSをやるのは初めてなので、Twitterのことも全く判らないんです。
 だから、最初は受動的にフォローしてただけなんですが、このかたをフォローしたときに、一所懸命しらべて「フォローしました」というツイートを送ってから、何とか色々と出来るようになってきました。
 
 最近、久々に「ものを書こう」という気持ちになってきまして、pixivへパロディ小説を上げています。
 このところハマってる『黒子のバスケ』のキャラを、ボーダーブレイクの世界に入れて書いてるんですが、とにかく周囲の口出しが激しくて(汗)
 キャラの口調やら何やらに関しては、娘の「検閲」が入ります。
 そして、キャラが乗ってるブラストのアセンに関しては、息子の「検閲」が入ります。
 私自身があまり好きではないキャラで、気を入れずに組んだ機体や兵装に文句をつけ、いつの間にか、そいつのブラストが無茶苦茶つよくなってたとか……
 まぁ、こんなパロディを書くのも久しぶりで、けっこう楽しい思いをしています。
 
 そんなこんなで、『黒子のボーダーブレイク』の「#002 視線誘導」をアップしました。
 ブラスト関係の事柄でツッコミがありましたら、遠慮なくしてやってくださるよう、お願いします。
 あ、黒バス関係の事柄でのツッコミも構わないんですよ? 
 ただ、このブログにお立ち寄りくださるかたは、黒バスのファンよりBBのファンのほうが多いかな、と……
 よろしくお願いいたしますm(_ _)m
 
 
 ブログランキングに登録しています。
 よろしければ、「ぽちっ」としていってやってください。
 
人気ブログランキング

家庭用ゲーム機(その他)人気ブログランキング
 
livedoor プロフィール

Mayura

相方、子ども2人(大学4・専門学校2)の4人家族。
毎日いろんなものにハマってます。
Twitter アカウント:@kamiemiyako

電球ぴかぴか♪
コメント付けるほどじゃないけど気に入った、というエントリーを見つけたときに御利用ください。
エントリーのタイトル脇に付いてる「電球マーク」をぽちっとすると「ぐー♪」なマークが出ます。
よろしくお願いします☆
公式サイト(笑)はこちらです。  
アクセスランキング
Recent Comments
Categories
Archives
Amazon.でオススメ
 
マーカス・チャウンの太陽系図鑑
マーカス・チャウンの太陽系図鑑
 
見て楽しい。
読んで楽しい。
 
 
世界で一番美しい元素図鑑
世界で一番美しい元素図鑑
 
めくるだけで楽しい。
見るだけで楽しい。
すばらしい科学書だと思う。


新版 西洋騎士道事典―人物・伝説・戦闘・武具・紋章
新版 西洋騎士道事典―人物・伝説・戦闘・武具・紋章
 
中世ヨーロッパ世界に
興味がある人なら必読。
ファンタジー映画の鑑賞や、
幻想物語を読むおともにも♪


  • ライブドアブログ