家康軍とにらみ合いになってる武田&上杉連合軍。
そんな中で信玄が幸村を連れて単身家康のところへと向かう。
面と向かった話し合いで何とか自分の陣営に家康を迎えたいところだけど
家康はそれを固辞。
盟約を交わした相手を自分から裏切る事はしない、それが三河武士の誇りだと。

今回の前半は家康の活躍というか、紹介回になってるのですな。今まではホントに
チラリ程度の出番しかなかったけど、いざ主人公側の信玄(&幸村)と相対する事で
自分の考えや意地を描写できるようになったわけですな。
史実にあるような「自分の時が来るまでひたすら待ち続ける我慢の武将」ってところがうまく描写されててかっちょいいですなぁ(´∀`)
ただ、デザイン的にチンチクリンな少年体型なのが残念ですが(笑)

戦いの中でかすがちゃん、謙信にいつものメロメロセリフを言ってもらって
ヘブン状態になるかと思いきや何食わぬ顔で敵をぶっ殺しちゃっててすげー(笑)

いきなり名もなき足軽のドラマを差し込んできて幸村を迷わせてるのに何の意味があるんだ
と思ってたらちゃんと信玄が説明してくれましたな。
どんな雑兵にもそれぞれの人生があってその想いを背負って戦ってると。
だからこそその思いを断ち切る痛みを知った上で戦えと。
うわー、奥が深ぇー(´д`;)

ホンダムキターーー!!(・∀・)
いきなりカタパルト射出とか!!ジェット噴射で発進とか!!
もうマジでMS状態じゃないの(笑)
これは想像以上だわ(^^;)

直江兼続キターーー!!(・∀・)と思ったらホンダムに一撃で吹っ飛ばされるって(笑)
大河の主人公も形無しですな(^^;)

いよいよ政宗と浅井の対決キタ!!(・∀・)
遠くの岩場から信長が見てる中で差しで勝負ですか。

一方、ホンダムvs幸村、信玄、佐助の戦いもかなり拮抗してますな(・□・)
でも信玄と力比べでいい勝負って、マジでどんだけ(笑)

慶次が政宗の陣を離れたと思ったら信長を説得しに行こうとしてんのか(・□・)
いくら何でも無茶すぎるだろ!!(・□・)
って事でわざわざ謙信が止めに来てくれてますよ。
ってか大将がこんなとこ来ていいのか、謙信(笑)

政宗といい勝負をしてると思ったらあっさり鉄砲隊に撃たれて浅井長政散る…
今回は信長が非道、ってとこより光秀の非道さが際立った感じですな。
あの信長が「興が過ぎる」と苦虫潰した顔するくらいだしな。
光秀は信長の大物魔王なところと違う小者的な非道さで見せていくのかな。
ただ、あまりムカつかないのは何でだろう(笑)

今週は実質6つの軍勢が活躍しまくりで濃ゆい内容でしたねぇ。
Aパートまでが凄く長く感じましたよ(^^;)
次回もこんな感じなのかしら。楽しみー(・∀・)