まざまざの萌えを叫べ!

私、まざまざが毎日の中で感じた萌えを叫び散らすブログです(^^) アニメ、マンガ、特撮、ゲーム等「これはっ!」と思った事をどんどん書いていきますのでよろしくです。

仮面ライダー電王

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー 超電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ

超電王トリロジー最後の作品、エピソードイエローが公開されたのでちょっと
遅まきながら見てきました(・∀・)
ディエンド主役ってのが気に入らないけど(笑)、どうなるやら…
続きを読む

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー 超電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル

超電王トリロジー2作目、NEW電王編が本日公開!!(・∀・)
続きを読む

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー 超電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル

タイトル長っっ!(・□・)

って事で超電王トリロジー見てきました(・∀・)
続きを読む

侑斗をよろしく!!

5/22公開の超電王のソフビ付き前売り券が発売になったので買ってきました(・∀・)
続きを読む

劇場版 超仮面ライダー電王&ディケイド 鬼ヶ島の戦艦

電王&ディケイドの映画を今日やっと見にいってきました(・∀・)
ホントなら公開初日に帰省する前に見ようかと思ってたのですが、ちょっとした
トラブルでオジャンになってたんですよねぇ(−□−;)

今回の映画では入場者プレゼントでガンバライドカードが貰えるって事で
結構ワクテカ(・∀・)してたのですが、行ってみると既に配布終了してましたorz
さすがに連休初日から公開してるとは言え、1週間程で全部なくなるってどんな
用意の仕方してたんだよ、東映っっ!(・д・)
マスコットの方もなかったんだぜ?入場者プレゼントの意味ないじゃん!!

まぁそれはともかく、今回も面白かったので感想を書きたいと思います(・∀・)
でもネタバレはイヤンvと言う方はこれ以上読まないでね(笑)

Image09050901



































とりあえずこれだけ改行しておけば目に入る事もないでしょう(笑)

今回の映画の主人公はゲストキャラのユウとデネブですね。
最初はヘタレで甘ちゃんな少年ユウが戦いを通じて成長していく、と言う
ジュブナイル的な展開が縦糸になってるんで、「何でこの子がメインなの?」と
不思議だったんですよねぇ。
ただ、良太郎の成長話は本編で描き切ってるし、イマジンズや幸太郎が主人公の話は
前回の「さらば」で書いてるんでこういう話になったのかしら、とちょっと違和感ありつつ
見ておりましたよ。

電王としての話はTVのディケイド電王編のラストから続いてるようになってて
士や夏海もちょこっと出てきちゃいますよ(・∀・)
ってか、今回のディケイドキャラは単なるゲスト扱いですね。
「クライマックス刑事」の時のキバのような扱い(笑)
でもユウスケは出てこない悲しい現実(泣)

時空のゆがみの影響で良太郎が少年の姿(以下小太郎)になっちゃってるんで、
NEW電王が戦闘のメインになるのかと思いきや、小太郎もちゃんと変身して
電王になるんですよねぇ。
プラットフォームになった途端、体型が大人になるのは電王マジックって
やつでしょうか?(笑)
まぁ、そのおかげでちゃんとイマジンズも電王で戦えるんで良しとしますけどね(^^;)

今回のディケイドとのコラボで一番面白かったのはディエンド大樹がいきなり登場して
3体のライダーを召喚してそのままバイバイしちゃうという嫌がらせですね(笑)
お前は何がしたいんだ(^□^;)
まぁ、そのおかげで召喚ライダーにイマジンズがそれぞれに憑依して戦うと言う
大サービスが見れましたけどね(・∀・)

クライマックスは鬼の戦艦vsデンライナーの空中砲撃戦なのですが、戦艦が
でかすぎてデンライナーがしょぼく見えちゃうという凄い事になっちゃってましたよ。
ミニチュアでいうと戦艦の全長を50〜60cmにするとデンライナーが爪楊枝くらいに
なるそうです。サイズおかしいだろ(笑)

最後はお母さんに会いたくてデンライナーに逃げ込んでいたユウが戦いを通じて、
自分の居場所が今いる所だと気付いて元の世界に帰っていく、と言うジュブナイル的には
ベタだけど正統派な締めで良かったな〜(・∀・)と思っていたんですが、
EDの中で「東京坊主じゃない!桜井侑斗だ!」とフルネームを言ってビックリ!!(・□・)

ユウって侑斗だったのかーーー!!!(・□・)

どうりで願いを言ってデネブを実体化させたり、デネブが憑依しやすかったりと
デネブとの絡みが多かったわけだ!!(・□・)
こんな仕掛けを用意しておくなんてやっぱ電王って侮れない〜〜〜(^□^;)

超電王シリーズとしてスタートしたわけですが、第2弾もやっぱあるのかな?(・□・)
すぐに次ってわけにはいかないだろうから次は早くて冬?

ところで終わってから夏のディケイドの映画の予告が流れましたけど、夏の映画は
「オールライダーvs大ショッカー」ってすげーな(・□・)
平成ライダーどころか昭和ライダーも全員揃っちゃうってどんだけ豪華な映画に
なるんだよ!!(・□・)
でも昭和ライダーはほぼ全員着ぐるみオンリーなんだろうけど(笑)

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン

今日から公開のさらば電王の映画見てきました(・∀・)
って事でいつものようにパンフ画像から。
電王パンフ2

パンフの表紙から見ても、もうさよなら感がガッツリ出てますね(^^;)
さすがに今回の映画でもう最後にして欲しいよなぁ。
いつまでも人気にしがみついてダラダラされるより、スパッとやめて欲しいよね。

何て思ってたら映画の前に上映された「いまじんあにめ」で「いつまでも続けてないで
ちゃんと終わりにしてほしいよね」とか自虐的に言っちゃっててワロタw
スタッフも一応分かってるんだなぁ(笑)

さて、本編ですが、今回の主人公は確実に

モ モ タ ロ ス で す 

元々の主人公の良太郎は最初っから敵にとっ捕まって、イマジン憑依されて、無理矢理
幽汽に変身させられてモモタロスと戦わされて、と主人公としてまったく活躍できず。
侑斗は序盤に助けに来た時に敵の攻撃からコハナをかばって重症で退場。
幸太郎は序盤こそ自信満々でイマジンを倒したものの、死郎にボコられてから全く
活躍なし。
この状況で主役を張れるのはマジでモモタロスだけじゃん(笑)

って事で死郎の野望を打ち砕くために1729年の時代へ行った一行。
何でこの時代に行く必要があったのかは後で語られるんだけど、とにかく生きてる者の
時間と死者の時間をとっかえちゃえvってのが目的らしい。

何で取り替えたいのかは、「既に死んでるソラを生き返らせたい」って言う至極簡単な理由。
愛するものを生き返らせたい、そのためならどんな犠牲がでようが関係ない、と言う
歪んだ愛情に実はソラも悲しんでた(つд`)
そりゃ、好きな人が自分のために他の者を殺しまくってたりしたら堪んないよね(つд`)

でも結局良太郎やモモタロスに野望を阻止されて、死郎とソラは死の世界へ消えて
いっちゃいましたとさ…
確かに死郎は悪人でやっちゃいけない事をしてたんだろうけど、歪んだ愛情ゆえに、
だと分かっちゃうと、ちょっと切なくなっちゃうよねぇ。

何かしんみりしちゃうけど、今回もイマジンズはワイワイ騒がしいままです(^^;)
4人にデネブ、スケットに来たジークといつものメンバーもいるんですが、今回は
幸太郎付きのイマジンテディが出てきて、またもせまっくるしい事に(笑)
でもテディって、デネブ以上に腰が低くて地味な性格なんで、いつものメンバーの中じゃ
埋もれっぱなしで中盤以降はあまり出番なかったね(笑)

さっきモモタロスが主人公って書いたけど、今回のモモタロスはやっぱ一味違う!
主役として話を引っ張る役割はもちろん、戦闘でもトップを切って突っ走って
見せ場は盛りだくさんなんだけど、中盤死郎にボコられて凹みまくってる幸太郎に
対して不器用だけど慈愛に満ちた優しさを見せてくれるんですよねぇ。
何だかちょっと生意気な甥っ子に「しょーがねーな、こいつはv」って感じでヤレヤレ
って思ってる叔父さんみたいなポジションまで確立してると言うか(笑)
TVの初回でチンピラまがいな行動をしてたモモタロスとは大違い(笑)
でもいつもと違ったモモタロスを見れて楽しかったですけどね(・∀・)

それと、今回のクライマックスはすげーぜ!(・∀・)
何といっても全員が電王に変身するんだぜ!
去年の夏の映画じゃかなり苦し紛れな方法で4フォーム揃い踏みを実現させたけど、
今回はオーナーから全員がパスをもらって変身だ!
ソード、ロッド、アックス、ガン、ウイング、ライナー、それにゼロノスゼロも揃って
7人ライダーが揃っちゃった!(・∀・)
しかもそれぞれの名乗りもやっちゃって、もうお腹いっぱい(;´д`)
でも、それだけじゃなく、最後の死郎=幽汽ハイジャックフォームとの決戦では
ソード、ライナー、そしてストライク(幸太郎のNEW電王)の三人の電王が
共闘するんだぜ!(・∀・)
もうやり過ぎすぎて見てるこっちが疲れちゃうぜ(笑)

とにもかくにも、今回の映画も最初から最後までクライマックス状態で面白かった
ですよ〜(・∀・)
前回のクライマックス刑事よりは画面の迫力もありましたしね。
まだ始まったばかりなのでファンならば見に行くべし!m9(・∀・)

そうそう、今回の入場者プレゼントはモモタロスたちのマグネットシートだったわけですが
今回もらったのは
電王マグネット
キンちゃんでした。モモがほしかったけどしょうがないか(^^;)
あと、グッズでカンバッヂを1つ買いましたが、
電王カンバッヂ
テディでした。何か微妙〜w

あ、書き忘れてましたが、何で死郎が1729年の時代へ行こうとしてたかと言うと、
その時代に愛理さんそっくりの女性(先祖)がいて、象見物の時に知り合った男の人と
結婚する事で、特異点である良太郎が生まれてくる事になるんで、その時の人間全部を
良太郎の手で(幽汽としてですが)殺す事で、その時の時間が壊れて生者と死者の時間が
入れ替わる、と言う事だったようです。
実際阻止されちゃいましたけどね(・∀・)

劇場版仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

電王&キバの映画見てきましたー(・∀・)
電王パンフ

ネタバレ感想書くけどいいよね!(・∀・) 答えは聞いてない!

いやー、面白かったですよ(・∀・)去年の夏の映画も面白かったですが、今回も
バッチリ面白くて気分上々!ですよ。

ストーリーの時間軸的には多分放映中の当時なんじゃないかと思うのですが、
(良太郎とイマジンズが久しぶりに再会、って説明ないし)そうなるとキバとの競演の
時間軸と合わなくなるので気にしないことにしました(笑)

基本ストーリーは
・デンライナーから予備のパスが盗まれたのでその犯人を捜すために「デンライナー署」を
 名乗って勝手気ままに操作するデンライナーの面々
・その中で警視庁から派遣された鈴木刑事の事情も知って、そこも協力しつつ犯人の
 ネガタロスを捕らえることに。
・ネガタロス軍団(仮)のイマジン&ファンガイアとの戦いの中でネガタロスはネガ電王に
 変身して本家電王を苦しめる。
・途中でキバも助けに来てダブルライダーキックでネガ電王を倒す。
・ネガタロスはネガデンライナーを駆って巨大戦に持っていくが、デンライナー、
 ゼロライナー、キャッスルドランのトリプル攻撃に敗れる。
・パスを取り返す事に協力してくれた鈴木刑事にオーナーが粋な贈り物をする。
・「俺達デンライナー署の戦いはまだまだ続くぜ!」

こんな感じですかね。
正直相変わらずの良太郎&イマジンズ、コハナちゃんの掛け合いがTV版と同じで
面白かったですね。
これだけでも見にいった甲斐があるわ(笑)

今回はゲストの鈴木刑事(演じるのは実写「風魔の小次郎」の小次郎役の人)がもう一人の
主人公といってもいい感じで、刑事だった父親に対する彼の思いにみんなも心うたれて
協力する事になったところでちょっとジーンと来ちゃいましたよ(´ー`)
しかも最後にオーナーが粋な計らいをして22年前にちょっとだけ連れてってくれるんですよね。
でもって生まれる前に殉職しちゃった父親と会うことが出来て…
って涙腺やばくなるじゃん!(つд`)
ちなみに鈴木刑事の父親は「剣」のカリス役の方でした。久しぶりに見たなー(笑)

アクション面ではネガ電王との戦いがメインなんですが、色違いのソードフォームなのが
最大の敵ってのもちょっとなぁ…(−−;)と思わざるを得ませんね。
しかもネガタロスってモモタロスのリデコみたいなデザインだしね。
(でも体のデザインに「N」って入ってるんだよ)
せっかくの映画なのにもったいないなぁ、って思っちゃいましたね。
まぁ、元々Vシネマの企画だったんだからしょうがないけどね(笑)

それはともかく、アクションでは全フォームにイマジンそれぞれの活躍もあり、で
おなかいっぱいな気分でしたけどね(^^;)
それにゼロノス組もちゃんと活躍しててバッチグ〜(笑)

あ、そういえばウラが侑斗に一時的に憑依しちゃったシーンもあって面白かったですよ。
契約関係なしに憑依できるようになったのかよ(笑)

えーと、それからもう一つ言いたい事が。
キバ出さなくてもよかったんじゃね?(・д・)
ぶっちゃけ「とりあえず出しました」的な登場の仕方しかしてないし、それも電王のピンチを
救うと言うオイシイところを持っていくだけだし、キバの活躍を期待した人はがっかり
したんじゃないかと勘繰っちゃいますね。
まぁ、元々キバを出すつもりはなかったんだろうから、無理矢理でもしょうがないけどね(笑)

今回ので電王はホントに終わりなんだろうなぁ、とちょっと寂しくもありましたが、
次はキバの映画を楽しみに待つとしましょう。どんなのが出来るかちょっと不安ですが(笑)

仮面ライダー電王最終回!

電王の最終回終わりましたね〜。(;´д`)
残り30分でどうやってまとめるのかと心配してたんですが、全く問題なかったと思いますよ。
詰め詰めの感じはありますけど、謎の部分はほとんど説明したし、イマジンズとのお別れも悲しくもなく、むしろ希望が見られる余韻を残した終わり方でしたね。

という事で、各所にツッコミしつつ感想。

・「望みを言うよ」
戦えばイマジンは消えてしまうと分ってて「最後まで一緒に戦ってくれる?」という悲壮な決意の良太郎と、粋に「お前の望み、聞いたぜ!」と切り返すモモのカッチョよさはネ申

・カードを使い切ったゼロノス
いくらなんでも生身で戦うのは無理だろ、侑斗…無茶しやがって(つд`)

・絶望的な戦い
とんでもなく多い雑魚イマジンとの果てしない戦い(←何かこれ昨日の00でフルボッコになってるガンダムとイメージが被るね(笑))に加えてカイが時間を破壊する!
ってところで何でCM(笑)

・最後の謎、解明
やっぱり桜井さんと愛理さんの赤ちゃん(未来の特異点)ってハナさんだったんだ!(・д・;)
最後の最後ですんごい謎、つーか伏線が回収されてかなりビックリ。
イマジンが消した未来の時間で唯一残ってた特異点ハナさんの存在がある事で、イマジンの時間に決して繋がらなかったって事だけど、それだったら最初からハナさんを狙えばよかったんじゃね?って思うんだけど、イマジン側はハナさんが消えた時間の特異点だって気付いてなかったのかな?(・・;)
分岐点に関しては、桜井さんと思わせて愛理さん、と思わせて愛理さんの赤ちゃん、でも実はハナさん、と結構ややこしくさせてたのは面白かったですね。
視聴者も勘違いさせられてたし(笑)

・最終決戦開始
キンちゃーん!亀ちゃーん!!(TдT)帰ってきたよー!ナオミちゃんGJ(・∀・)
みんな実体化して戦いつつ、電王全フォームを活躍させていく演出はとんでもなく燃えるね!
(・∀・)
ハナさん、危ない!と思ったらジークも登場!?(・д・;)
しかも、ベガフォームも久し振りに(笑)登場で、めっちゃてんこ盛りなバトルなんですけど!
最後はみんなの力を結集してデスイマジンを撃破!俺の必殺技ファイナルバージョンがめっちゃカッチョいいよ〜(;´д`)

・イマジンはみんな消える…
デスイマジンを倒してカイも消えると同時に周りのイマジンたちも消滅…
ゼロライナーに残された「侑斗へ シイタケちゃんと食べて」の書き置きがもう泣ける…(つд`)
悲しみにくれる良太郎にも涙腺が…

・と思ったら…
消えてないのかよ!(・д・;)何かすげーコント仕立てになっちゃってますけど(^^;)
えーと、オーナーの言葉からすると、人の記憶を唯一の拠り所にする事でしか存在する事が出来なかったイマジン達だけど、この1年過ごしてきた良太郎の記憶だけじゃなくてお互いの思い出がある事によって自分の存在を確実に存在しうるものにできたんだろう、って事でいいんですよね?(^^;)
デネブもちゃんとゼロライナーにいる事が分って「シイタケ入れんなー!」と憎まれ口を言いながらも素直に喜んで泣いてる侑斗と「ただ今」と言うデネブに涙腺決壊だよ〜(つдT)
良かったな、みんな

・消えていく桜井さん
最後のゼロノスのカードを使っちゃった事で存在が消滅しちゃった桜井さん。それでも愛理さんは「いつか、きっと…」って言ってるから時間の中に存在はできてるってことだろうから、いずれまた別の形で2人は出会って未来の特異点であるハナさんが生まれるんだろうな、と思いますね。そうでないとホントにハナさんが消滅しちゃうしね(^^;)

・いよいよお別れ
タロスズは消滅せずに存在できる事になったけど今の時間にいる存在じゃないから結局はお別れする事になるわけなんだよね…
っていいタイミングでClimax Jump!がかかるんだよな〜、やばいぜ、涙腺がやばいぜ!(笑)
侑斗とデネブがさよならしたらデンライナー組へ。画面上は良太郎にお別れの挨拶してるんだろうけど、実は視聴者に向けての挨拶にもなってる憎い演出(^^;)
こうしてお別れの挨拶とかされちゃうと「あ〜、ホントに終わっちゃうんだな〜(;´〜`)」ってじんわりと実感させられちゃいますね。

モモの「また会おーぜ!」と良太郎の「いつか、未来で…」のセリフに希望が見えるハッピーエンドな終わり方を感じさせられましたね。
平成ライダーの終わり方って結構最後がグダグダになって「何これ…(;´д`)」な最後になるのが多かったですけど、電王に関してはほぼ理想的な終わり方になったので個人的には大満足です(^^)

シリーズ1年を通して見て途中で中だるみする事もなく、ストーリーが破綻する事もなく、キャラ達の性格や立ち位置がブレる事もなく、ホントに「最初から最後までクライマックス」を貫いて走り抜いた正にパーフェクト!な作品でしたね。(あくまでも個人的な意見だから反論不可(笑))

自分の中では2007年の作品で1,2を争う勢いでハマった作品でした。
電王スタッフ、お疲れ様、そしてありがとう!\(・∀・)/

明日電王最終回…

仮面ライダー電王が明日最終回ですね。もちろん感想は明日の放送後に書くつもりですが、それを前にしてこんなの↓を買っちゃいました。
ゼロノスベルト
放送終了を目前にしておもちゃが投売りになってるんですが、その中でもかーなーり安くなってたゼロノスベルトを買っちゃいました(^^;)お値段1500円なり。
これって結構安くない?(・・;)と思ってついつい手を出しちゃいましたよ(^^;)
電王ベルトやケータロスもそこそこ安くはなってましたが、電王ベルトは放送当時に色んなお店のおもちゃコーナーにデモ用として置いてあるやつをいじって遊んだ事があるので、もういいやって気分でスルーしちゃいましたよ(^^;)
ケータロスはベルトと一緒に遊ばないと面白くないってのもあるんでこれもスルー。
ソフビも半額以下になってたんですが、今更なぁ…とも思うのでこれまたスルー(笑)
どうせ来週にはライダーキッズが発売されるからそっちで補完できるしな。

変身用アイテムのおもちゃは結構買ってきたつもりですが、ライダーのベルトは初めてじゃなかったっけ?と自分でもビックリ(^^;)しかも主人公のじゃないし(笑)
次回作のキバのベルトはどんなギミックになるのかまだよく分ってませんが(光と音はあるんだろうけど)すごくよかったらそっちも買ってみたりして(^^;)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ