December 06, 2005

今日観た映画〜12/5

 忙しい、だからこそ映画を観たい。2時間という没頭の時間を、あ・え・て作らなければ、仕事なんかしていられません。映画のいいところは、会社でイライラしたことを忘れさせたり、映画の登場人物になった気分で爆破シーンをじっくりと見る。仕事のしすぎは、心をどんどん“グレー”にします。晴れないし降らない、グレーな心。


 ってことで、今夜の「今日観た映画〜ダイジェスト版」。



ボーン・スプレマシー
ボーン・スプレマシー

誰かが「マットってジミーだよね」と言った。ただそれだけの映画。



ボーン・アイデンティティ
ボーン・アイデンティティー

こちらは始めのストーリー。どっちも「ジミー」だぜ!



アビエイター
アビエイター プレミアム・エディション

やっぱりディカプーは、アカデミー賞無理だって。



レイ
Ray / レイ

信じられないほど似ていた。



香港国際警察
香港国際警察 NEW POLICE STORY (通常版)

やっぱ、ジャッキーはいいね。



小林サッカー
少林サッカー デラックス版

ジャンクフードはお好きですか?



眠たいので今日はこれにてバイバイキーン  
Posted by mazebon_1977newborn at 01:42Comments(0)TrackBack(0)奇人変人な映画ナナメ読み

November 03, 2005

今日観た映画〜11/1

 ハメをはずしすぎたのは「夏のせい」と、季節のせいにして横暴な態度をとる人。結構まわりにいます。また、忙しいときは「心を忘れてるよ」と、言葉の成り立ちで小難しいことでさらに忙しくさせたりします。結構まわりにいます。しまいには「理屈から言うと…、筋を通すと…」なんて、さらに頭でっかちのバカ丸出しのお前!どーでもいいけど、俺に映画を見せろ!バカ!


ミッシング
アマゾンに画像がない!南米で起きた(アルゼンチン)で起きた大量虐殺のもの。これがまたカルトな集団(ナチのような集団)が、人をさらって殺してしまう。で、主人公のバンデラスは未来を予知できる能力があり、さらわれた人の行方、状態を予知する。そんな映画でした。


花とアリス
花とアリス 特別版

鈴木杏。やっぱ苦手かも。原稿を書いているとき、どうしても「」にしたくなる。未発達なあのほっぺ、実は本当に「太って」いるんじゃないのかと思う。でも、人気があるからいいんでしょうね。内容は…岩井俊二っぽくていいんじゃないの?


ドッグヴィルの告白
ドッグヴィルの告白

間違って借りてしまった。本当はドッグヴィルを借りたつもりだったのに。あ〜あ。


あずみ
あずみ スタンダード・エディション

アヒル口がむかついていたけど、この映画を観て変わったね。上戸彩、いいんじゃないんですか〜!あの切り方、いいんじゃないんですか〜!!北村龍平監督だから、ちょっと内容に期待したけど(秘宝を読みすぎて、変な見方になった)、いいんじゃないんですか〜!!!今回観た映画の中ではこれが一番良かったな。  
Posted by mazebon_1977newborn at 01:15Comments(0)TrackBack(0)奇人変人な映画ナナメ読み

October 22, 2005

今日観た映画〜10/22

仕事がばたつき、なかなか映画を観る時間がなかったが!ロケ地見学はした。宮崎あおい。かわいいですね。実物なんかは、そりゃ〜も〜フリーズするほどにかわいい。世の中には「美人」いや、「かわいい女の子」はいるんです。


キャスティング・ディレクター
キャスティング・ディレクター

主人公がヤクばっかりしていて、ちょっとはハードボイルドな映画と思いきや、駄作。間延びしすぎのような感じがします。ジャケットを見て!キャストレンタルしましたが、完全なる嫌悪感。見ない方がいいかもしれません。キャストがいい=内容がいいとは決して結びつくものではないこと、を改めて分からせてくれます。ショーン・ペン、ケヴィン・スペイシー、メグ・ライアン。コレだけのキャストで…あ〜時間を返してくれ!



二重誘拐
二重誘拐

さっきのものよりダイブいいですね。ウィレム・デフォーはケヴィン・ベーコンの方がいいと思いました。いや、ラストを見ると、やはりウィレムがいいなと思うんですが。それにしてもロバート・レッドフォードの白いシャツ姿は似合わないですね。黒いTシャツをズボンに「イン」が最高にかっこいいと思います



エル・マリアッチ
エル・マリアッチ コレクターズ・エディション

超!低予算ですけど、めちゃくちゃかっこいい。でいて面白い。さすがロバート・ロドリゲス監督。この映画を観ると、怖いものなしで毎日が過ごせそう。今後もこういった味の映画は欠かせませんね。



やっぱりダメだ。宮崎あおい。ファンクラブに入りたくなってきた。いつか、俺の携帯電話まで連絡して欲しい。そして、ご一緒に「ディナー」なんぞいかがだろう!?
宮崎あおい 2005年度 カレンダー
  
Posted by mazebon_1977newborn at 02:16Comments(0)TrackBack(1)奇人変人な映画ナナメ読み

October 14, 2005

今日見た映画〜10/13

私の血は赤ワインでできているのよ」と、川島なおみが豪語したのなら、ライバル意識むき出しでこう言う。「俺の頭の中は映画とビールとワサビーフでできている」と。今週もビデオ3本。そして劇場で1作品。今回は良かった、というのが率直な感想。脚本、監督、キャスト、すべて「よくできました」だ。


バッドサンタ
バッドサンタ

ジャケットを見て唖然とした。まさか、「バーバー」のビリー・ボブ・ソートンが!なんていう悪い顔をしているのか、と。タイトル同様、サンタを演じるビリー・ボブは不良なサンタだ。泥酔状態で子供相手に「早く帰れ」「うせろ」を連呼。仕事場のデパートでは、とにかく女を見つけたら即!お持ち帰り。更衣室、駐車場、ハチャメチャだ。しかし、そんなサンタも純粋(いや、クレイジーなガキ)に翻弄され、同情なんぞし始める。それが仇となり、今までの強盗やら、罠やら、とんでもない事態になってしまう。最後はオトナなエンディング。…この映画で一番ウケたのは…「ビリー・ボブがねーちゃんにピンボールの打ち方」を教えているところ。1人で大爆笑ですよ!これはバカウケしました。100000000点


バイオハザード
バイオハザード

やっと観たバイオハザード。「フィフス・エレメント」で何かと騒がれたミラ・ジョボビッチ。この映画でも、やっぱりその役柄はイタかった。何なんだろう…。身長が大きいし、動きもなんだかぎこちないし、口はいつも半開きのような。見た後の空虚な感じは、ひょっとして観ちゃいけない映画を観たってこと?


バイオハザート2アポカリプス
バイオハザード II アポカリプス デラックス・コレクターズ・エディション

要するに続編。内容は想像通りの「空虚感漂うイタイ内容」。でも、収穫あり。ミラではなく、ギロリー。彼女が前面に出れば良かったのに。なんで!ミラなんてもう映画で見なくていい。女性からは「109好き」やら「かわいい〜」なんて呼ばれいるから、お前はファッションの世界にいろ!賞味期限を己が知ってほしいものです。(連絡お待ちしています)それにしてもギロリーの方が目立っていた。スカイブルーのチューブトップで、印象に残る顔立ち。もったいないなぁ〜。エンディングでは…またもや続編を感じさせる終わり方。もうやめちまえ!


シン・シティ
Frank Miller's Complete Sin City Library [Amazon.com Exclusive] (Paperback)

Frank Miller's Sin City: That Yellow Bastard 2nd Edition

Frank Miller's Sin City: The Hard Goodbye (Frank Miller's Sin City)

良かったの一言。ロバート・ロドリゲスは好きなので、これ以上の褒め言葉は思いつきません。いや〜よかった。DVD出たら詳しく書こっと  
Posted by mazebon_1977newborn at 00:26Comments(0)TrackBack(0)奇人変人な映画ナナメ読み

October 08, 2005

今日見た映画〜10/8

 今回観たのはビデオで3本。テレビでも見たけどなんだかイマイチ。劇場で見るのがやっぱり一番ですけどね千葉ロッテの前夜祭みたいに、もっと劇場へ人が流れて欲しいです。レンタルビデオ屋は…DVDが猛烈な勢いで増えるし…DVD規格の今後は、一体どうなることやら…。


「モーター・サイクル・ダイヤリーズ」
モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版

一時期、裏原な若者たちに「ゲバラ人気」なるものがあった。某オシャレ雑誌にも、モノクロだけど特集が組まれていた。その内容を見て、ベイプな奴らは理解しているのか!?いや、しなくていい。チェ・ゲバラの若かりし頃の放浪旅な映画。旅することで人生観が変わり、いいのか悪いのか自己確立する人がいる。この映画、途中までバイクで旅するけど…やっぱりバイクのエンジン音がイイですね〜。旅ってやっぱりいいです。エンディング近くのモノクロ映像、これもまたイイ。観ているだけで、今すぐハングオンしたくなります。編集の仕方も、見やすくていいし、時間の流れ方も問題なしだと思います。


「16歳の合衆国」
16歳の合衆国

今の日本の若者を象徴しているもの、でもあると思います。心の中の、グレーな部分って言うのか、やりようもない心の変化。ケヴィン・スペイシー製作だから、何かあるなと感じたのは私だけでしょうか?16歳の心の動きはコレでチェックですね。主人公に似た顔した男が、会社にいます。怖いですね〜。


「スパイ・バウンド」
スパイ・バウンド

ヴァンサン・カッセルモニカ・ベルッチ、どちらも好きです。イタリアの宝石モニカは何歳だったけ?目じりのシワが気になるけど、美人ですよね。もちろん、モニカが出ている、テリー・ギリアム監督の「ブラザーズ・グリム」もチェックしますが、ぱっと見たときの、吸い込まれるような美しさがあります。ヴァンサンは、いつも裸シーンがある。しかも、ヨガのような、太極拳のような動き。この映画の内容はあえて触れません。キャストだけで見ていていいです
  
Posted by mazebon_1977newborn at 23:49Comments(0)TrackBack(0)奇人変人な映画ナナメ読み