2010年08月28日

木村多江さんが新作映画『東京島』についてお話されました

木村さんって演技がうまいですよね。

原作:東京島の清子は、真剣に生きる、というより、
したたかに生きる、ずる賢く生きる、というもっと
生臭いもののように思えましたが、映画では少し違うのかな?
原作の清子はデブなおばさんという設定ですが、
木村さんはだいぶ違いますよね、細くて色気あって。
どんな清子を演じるのか、少し興味があるので、
DVDが出たら見てみたいと思います。

「ポジティブに切り替えるだけですごく生きやすくなる。
たとえば、嫌なことをずっと考えて眉間にシワができるよりも、
大口あけて笑い飛ばしてできる笑いジワの方がいい。
実際、清子は(顔が崩れるほど)ぐちゃって泣いたり、
大口あけて大笑いしたりしていますから」ですって。
超が付くほどネガティブなわたしには耳の痛いお話。
笑い上戸なんですが泣き上戸でもあるので、
そういったところだけは清子っぽいかなぁ。

あーこが気にしている話題はなんですか?


桐野夏生の原作をもとにした映画『東京島』が
28日(土)から公開されるにあたり、主演を務める
木村多江のインタビューが届いたそうです。

清子を演じるうえで彼女が核に据えたのは
「真剣に生きていること」、そして清子を演じて得たものは
「ポジティブに切り替えた方が人生面白い」
という気づきだと明かしているとか。

FX系貯蓄で人生プラスに。

「ポジティブに切り替えた方が人生面白い」木村多江が映画『東京島』を語る
http://news.ameba.jp/pia/2010/08/78566.html

参考☆いろいろ話題NEWS

じゃ、最近太ったのもいいことにしておきます。

mb05 at 03:47コメント(1)トラックバック(0) 
日記 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by スタービーチ   2011年06月29日 11:48
スタービーチよりも出会えると評判の今最もアツいサイトがオープン!業界トップクラスの会員数と独自の検索サービスで即日会える!

コメントする

名前
 
  絵文字