2010年12月29日

子宮けいがんワクチン、本当にいいのか?

正直、このワクチンが本当にいいのか疑問です。

接種者の大半が思春期の女子だそうで、
このワクチンの独特な接種時の痛みにショックを受け、
自律神経のバランスが崩れるのが原因と思われますが、
気を失って転倒し怪我をしたケースもあるそうです。

子宮けいがんのワクチンは他の皮下注射をする他の感染症の予防注射より
痛みが強いそうです。

来年も羽毛布団マニアな整体師の日記だといいですね。

でもこのワクチンは“がん”を予防するワクチンなので、
思春期を迎える女のお子さんをお持ちのご家庭では、
このワクチンにもっと関心を持ってもらって
痛いから止める、ではなく多くの人に積極的に受けてほしいワクチンです。

FXで旦那の収入を抜いてやる♪って言ってました。

子宮頸がんワクチンで副作用、失神多発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101227-00001223-yom-sci

それは接種する部位が方近くの筋肉に注射するためで、
肩の筋肉への注射は子どもを産んだ女性なら我慢できる痛みだけど、
まだ思春期の女子が耐えられる痛みか?となると
いささか疑問が残ります。

たしか毎年胃がん検診を受けるときに、
胃の動きを止める為の注射が肩への筋肉注射だったように思います。
あの注射も相当痛いですが、そんな感じの痛みなのでしょうね。

来年は、携帯電話の送受信画像にこだわる男の日記も読みたいです。

子宮けいがんを予防することができるワクチンが開発され、
接種する人が増えましたがこのワクチンの副作用として、
気を失ってしまう例が多い事が厚生労働省の調査で明らかになりました。


うわさでは不妊症になるという話もききました。

mb05 at 01:11コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字