前回に引き続き、今回もジェフリー・アーチャー。しばらく彼の作品を追うことにしました。と言いつつ、飽きたら他の作家に浮気するかもしれません。
英語難易度:★★☆☆☆
おすすめ度:★★★★

何の知識もなく古本屋で適当に購入。よくよく調べてみると、この本は旧版(1977年)と、著者自身の手により改変された新版(1987年)の2つのバージョンが世に出回っているようで、私が手に入れたものは新版だったようです(邦題『大統領に知らせますか?』)。本書に出てくる大統領の生い立ちや素性についてはKane and Abel(邦題『カインとアベル』)、The Prodigal Daughter(邦題『ロマノフスキ家の娘』)に描かれているようなので、そちらも併せて読むとより理解が深まると思われます。とは言え、基本的には一話完結型なので、読んでいなくても全く支障はありませんでした。

ある日、とある上院議員が大統領の暗殺を計画していることをギリシャ人の給仕が偶然耳にする。給仕は英語が分からないふりをするものの、秘密を握った疑いで暗殺される。
FBI捜査官Markは事件の捜査に乗り出す。色々と調べていく中で、銃規制の立法化に奮闘する女性大統領のことを好ましく思っていない上院議員が複数名存在し(彼らは
銃の団体から支援を受けている)、どうやらそのうちの一人がマフィアと組んで女性大統領の暗殺を企んでいるのではないかと言う結論に至る。

Markはプライベートではセクシーな女医と恋仲になり愛を育むも。その女医の父親が銃規制に反対している上院議員で容疑者候補の一人として浮上。苦悶するMark。FBIとしては、大統領の命を守りつつ、犯人も逃したくない。大統領に下手に忠言し事を荒立てると、犯人に感づかれ捕獲のチャンスを失いかねない。そのため大統領には一切知らせず、秘密裏に犯人を捕らえる作戦に出るが…。

最初にワシントン中心部の地図が載っているため、ホワイトハウス、議会、FBIの位置関係が把握しやすく、Markがどの道を通ってどこへ行ったかなどイメージしやすかった。FBIの捜査官は普通の警察官より給料が2倍で、事件全体を把握しているのは上層部の一人だけ。末端の捜査官は上から指示されたことをやるのみ。自分に課せられた任務が、事件にどのように繋がっているのか把握してないし、聞いてもいけない。しかし、誇り高くしっかり仕事をこなす。
アーチャーの創作なのかも知れないが、FBI捜査官の行動が謎めいていてワクワクさせらた。一方で、いつまでたっても銃社会をコントロールできず、未だに女性大統領も出現しないアメリカの現実を皮肉っているようで、痛いところを突いてるなあ…と感じた。

MarkはFBIの仕事を単なる腰掛と思っていて、将来的には弁護士になる予定でいる。なので、仕事に対して緊張感が足りない。恋愛にうつつを抜かし女医に危うく捜査内容を打ち明けそうになる。どうにもこうにもフラフラしていて「プロ意識が足りない!」と、いい加減な私でさえ怒鳴りつけたくなった。あと、大学院生に扮し博士論文執筆のため取材と称し議員の委員会に潜入捜査するのはアリなのか?設定として無理やり感が漂っている。だが、フワフワしていて学生気分の抜けないMarkが、いっぱしの捜査官に成長してく様は好感が持てた。

ところどころ、文学や歴史から引用したと思われるユーモアが織り込まれいて、哀しいかな私には分からない部分もありました。たぶん、ネイティブはこういた箇所で笑ったり、なるほど!と思ったりして、楽しんでいるのだろうなあ。英文自体は平易で読みやすかった。せっかくなので次回は先に挙げた本書のシリーズKane and Abelを読んでみようかな。