2017年12月10日

阪神JF

阪神JF

この時期の2歳牝馬には厳しい条件になる阪神マイル。

今年のテーマは

「厳しい経験と豊富な経験でも挫けない根性〜おませさん」


◎モルトアレグロ
スペイツタウンといえばNHKマイル2着のリエノテソーロ。
短距離、ダートのイメージでゆくゆくはそちらにシフトしていくのでしょうが若い時期は経験とリズムで乗り越えられるおませさん。

新馬戦ダート勝ち→芝1200を出遅れ捲って2着→田んぼ馬場の延長1400を自力で差しきりと、どんな条件でも崩れず投げ出さない精神力は厳しい馬場マイルG1で活きるはず。

京都1400からの臨戦が苦戦しているのは軽すぎる条件から厳しい条件になることが理由で東京1400からの方が遥かにベター。そこに田んぼ馬場という厳しい条件がプラスされたのだから今回乗り切る下地は出来ているはず。

疲労やストレスよりリズムが問われる2歳戦なら一発に期待します。


○リリーノーブル
2連続圧勝で能力上位。
楽勝故にG1で揉まれたときに心配ではあるルーラーシップ産駒だが前走内を突いたレースをしたのは素晴らしい経験。
それを見たら上位評価をせざるを得ない。

▲ロックディスタウン
走れる可能性のある1番人気なのでマイルールの▲
違う内容のレースで2連勝した経験は大きい

△マウレア
ディープ産駒
迷ったが2戦とも馬群を割るレースをしているのは好感
内枠なので今回も馬群を割れるなら十分圏内


×トーセンアンバー
前走は混合重賞で3位だったが、その前3走は全て上がり最速。無欲の追い込みなら

×ラッキーライラック
疲労ストレスよりリズムとはいえ同距離重賞勝ちは嫌な感じ。それでも2歳戦なら






mboma0039 at 14:23コメント(0) この記事をクリップ!

2017年12月09日

中日新聞杯とその他のレース

中京は内外フラットで中距離はダンチヒ短距離はロベルト持ちにアドバンテージ

中山阪神も内外フラット想定で極端なバイアスはなし


中京新聞杯

◎メートルダール
1人気本命は怖いですが休み明け延長で広いコースの外枠なら崩れそうもなく

○ヴォージュ
前走は休み明け道悪を2人気惨敗で疲労ストレスなく叩いた方が良いタイプ。一気の節目割りも妙味だしナカヤマフェスタはダンチヒ内包なのも好感

▲ストーンウェア
左回りならまだ底を見せておらず格上げの鮮度と54キロなら

△ロードヴァンドール
楽に前に行けそうなメンバーで逃げればかなりの苦→楽


他に買いたい馬もいないので

馬連◎流し
3連複◎○流し(印以外も)





中山9レース
◎サンシロウ
中山1800走るショック大好きネオユニヴァース産駒の短縮
馬柱の躍動感も魅力


中山12レース
◎コンフィデンス
中山1800走るショック大好きネオユニヴァース産駒の短縮
馬柱の躍動感も魅力(手抜きじゃない笑)
















mboma0039 at 11:16コメント(0) この記事をクリップ!

2017年12月03日

チャンピオンズCとその他のレース

普段ダートはその日のバイアス程度でしか買いませんがG1なので軽く


チャンピオンズC

◎グレンツェント
ショック大好きネオユニヴァース産駒の地方から中央の短縮ショック。昨日のダートを見た限りキングマンボが走っていたので母父キングマンボも好感。
同舞台の東海S勝ちが強い内容ですし、その気になったボウマンJで一発期待

○キングズガード
▲ノンコノユメ


馬連ワイドBOX




中山10レース
◎ルグランパントル
とにかくサドラーもトニービンも持っている母系が魅力
厳しい流れになれば


中山11レース
◎ラヴァーズポイント
短縮内枠のマイネルラヴ産駒
母父グレイソブリンも好感


中山12レース
◎マイネルフレスコ
中山の中長距離安定のステイゴールド産駒
3分の1を間違えなければ笑


阪神11レース
◎ギモーヴ
こちらもハービンジャー3頭だが非根幹の外回り替わりで交互の走る番


阪神12レース
◎ダイシンバルカン
ダート実績がアドバンテージになりそうな馬場で


中京10レース
◎キョウワゼノビア
前走不利でVライン
引き続き内枠で集中できる





mboma0039 at 11:22コメント(0) この記事をクリップ!

2017年12月02日

チャレンジCとその他のレース

開幕週なので軽く

中山はエアレーションが効いているのか重い血統にアドバンテージですがトラックバイアスはなさそう
阪神中京もフラット想定です


チャレンジC

◎マサハヤドリーム
前走はスローを出遅れずっと外を回る展開で物理的に厳しい流れ。メイショウサムソン産駒は休み明け特注でこの馬の休み明けが2.0.0.2で次走が1.0.0.2ここ勝つとキレイです笑

休み明け勝つと次走負けて負けると次走勝つと...


中京11レース
◎エントリーチケット
先行馬多く締まった流れになれば短縮の出番
前走1400だが中京で上がり最速も好感だし差せば位置取りかかる1200成績0.1.0.0馬


中山12

新旧体力勝負?
中山は体力やパワーのいる馬場でサドラーやトニービン持ちにアドバンテージ。だがしかしサドラー持ちは1人気のドーヴァーのみ。ならば一昔前の体力血統ビーマイゲストに期待。

◎カルヴァリオ
母父に膨大な体力を供給するビーマイゲスト持ち
馬柱の躍動感からも先行位置取りかければ勝ち負けかなと







mboma0039 at 13:19コメント(0) この記事をクリップ!

2017年11月25日

Mラジゲスト出演しました

久々に競馬談義ができて、またお二方の人柄に癒されました。

とにかく楽しい時間をすごせました。

ありがとうございます。
 

JC予想です。


http://keiba-mradio.com


mboma0039 at 04:04コメント(2) この記事をクリップ!

2017年11月24日

ジャパンカップ

今年のJCは天皇賞組の肉体的な疲労や精神的なストレスをどうとるか。もっと言えばキタサンブラックの状態次第となりそう。

ひとつだけ確定なのはサトノクラウン消しなこと。

前走は得意な道悪でバラけて揉まれない内を通れたことや結果的に内を通った馬にアドバンテージだったこともプラスになったにせよキタサンブラックのクビ差2着は立派。

ですが立派すぎましたね。
接戦ストレスも肉体的な疲労もかなりあったと思います。
これが前哨戦や弱い相手ならまだ酌量の余地はあった?とも言えますがガチでやりあった相手が「現役最強馬」だったことは致命的で今回A組が確定なら個人的には絶対に買えない馬。

消します。
 
キタサンブラックにしてもあの馬場で出遅れ内捲りからの接戦は少なからず反動はあると思いますが数々の疲労やストレス不安を蹴散らしてきた馬で基本的な耐久力に優れた馬なので正直今回走られても納得です。

悩ましい。

今年のテーマは「キタサンブラックは義務を果たせるのか?」

要するにキタサンブラックがレースを支配できるのかということ。

今までキタサンブラックが1人気の義務を果たし勝ってきた
レースではペースが程よく締まり上がりの速すぎない底力の問われるレースばかり。なので連れてきた相手もキレキレの瞬発力がある馬ではなく体力のある馬が多いのです。

面白いのがキタサンブラックとシュバルグランが一緒に走った全6レースでキタサンブラックが勝ったレースではシュバルグランも全て馬券に絡みキタサンブラックが負けたレースでは一度も馬券に絡んでいないこと。

体力系ハーツクライ産駒のシュバルグランはキタサンブラックが作る体力の問われるレースが合う訳でキタサンブラックが義務を果たせなかったレースでは好走てきていません。

さらに東京2400は2500と違って体力や底力より瞬発力の生きるコースなのでシュバルグランにはあまり向いていないはず、昨年3着ですがこれはキタサンブラックが2500的なレースにしたからであり今年シュバルグランが好走するにはキタサンブラックがレースを支配できるのかに掛かっているのではと思います。


逆にキタサンブラックがレースを作れないとするとアドバンテージのあるのは瞬発力のあるタイプか鮮度のあるタイプでしょう。

同じ東京2400のG1を勝ったレイデオロ、マカヒキ、ソウルスターリング辺りがその候補でしょう。


◎マカヒキ
捻って捻ってこの馬に...

最強世代と言われたこの世代のダービー馬。
同世代のサトノダイアモンドやディーマジェスティなどの近況から最強世代とはなんだった?など言われていますが個人的には最強世代故の現状だと思っています。
強い相手同士でガチンコでやりあった反動だと。
強い相手になればなるほど反動は大きい訳で逆にやはりこの世代は最強だったと感じています。

肉体的な疲労は時間とともに抜けますが精神的なストレスはそう簡単ではないので今回マカヒキが好走できるかどうかはその一点に尽きると思うのですが前走を何回もいや何十回も見た結果として戻ったと判断しました。

直線後方から伸びたところで進路が無くなり内へ→また進路が無くなり外へ切り返し最後は「狭いところを割ってきた」走りは精神的に前向きな馬ではないとできません。

さらにキタサンブラックがレースを支配できないとすればキレるディープインパクト産駒がシックリきますし走りを見る限り距離が伸びるのはベターかと。


○レイデオロ
鮮度抜群の3歳ダービー馬
スローのダービーを早めに仕掛ける好騎乗はあったにせよ、そういう流れで勝ったのは今回している想定からは好感。

▲キタサンブラック
走れる可能性のある1人気馬は▲がマイルール

△ソウルスターリング
鮮度的に古馬初のレイデオロより下の評価だが延長ベターでまだまだ鮮度のある3歳馬

注シュバルグラン
キタサンブラックが勝てるなら


今回はちょっとイレギュラーな買い目です


馬連ワイド◎→○▲△

馬連ワイド▲注

mboma0039 at 13:59コメント(0) この記事をクリップ!

2017年11月19日

マイルCS

昨日のリフレッシュ馬券は残念でしたがリフレッシュしたと思われた自分も寝不足の疲労と湯冷め?でリフレッシュ失敗でした笑


京都馬場は荒れたところに土曜の雨。本日は晴れて良馬場に回復してもかなり荒れた馬場を想定します。

ペースが速くなれば軽い京都の例年とは全く違う競馬になると思っていて、逃げ馬のマルターズアポジーが物色される人気構成を考えると精神力のある短縮馬か流れの外からの無欲の追い込みに賭けられる馬にしか穴の資格はないと思います。

週始めのインスピレーションの通り今週は堅いと思いますが
荒れるならこの想定の決め打ちしかないかなと。

で、ガチガチを買ってもつまらないので精神力のある短縮馬のヤングマンパワーか流れの外から無欲の追い込みのガリバルディの2択になるわけですが...



◎ガリバルディ

本命にこちらを取った一番の理由は休み明け2走前が厳しい流れ→前走凡走のガリバルディに対してヤングマンパワーは
休み明けからの前2走が共に軽い質のレースだったこと。

今回が厳しい流れで荒れた馬場というタフな流れに向かうには近走で厳しい競馬をしていることが望ましいという理由です。

で、ガリバルディは交互の走る番で厳しい競馬好走からの出し入れで昨年のマイルCSが前残り競馬で最速上がりの7着。

ポテンシャルの問題はありますが今年の馬場で無欲の追い込みならノーチャンスではないでしょう。
因みに父違い(サンデーサイレンス)のマルカシェンクも8年のマイルCSが上がり最速の6着笑

今年のディープ産駒はサングレーザーとサトノアラジンとガリバルディの3頭だけですが肉体的に疲労のあるサングレーザーや精神的にストレスのあるサトノアラジンよりは走ると思うので忘れた頃のディープの庭(京都マイル)で一発に期待します。

もちろん荒れた今の馬場はノーザンダンサー系アドバンテージなのは百も承知。ただG1の京都マイルなのですからね。


○レッドファルクス 

本来キツイ条件になる1200→1600の根幹距離間の延長ですがデュランダル以来近々のG1馬はむしろ買いに改めましたので笑

格や能力はメンバー1でしょうし休み明けや延長をこなせる量もあるので崩れないと思います。



ワイド◎○(3連複◎○→総流し)
◎複勝(ワイド◎→総流し)











mboma0039 at 14:54コメント(0) この記事をクリップ!

2017年11月18日

今日は野湯でリフレッシュ

[画像:85f24729.jpg]
[画像:34a79770.jpg]
[画像:b0f16415.jpg]
[画像:030330b3.jpg]
[画像:bcd111e1.jpg]
夜中に着いて真っ暗の中ひと風呂からの酒おでん
仮眠とっての朝風呂

川の方はやや温めでしたがリフレッシュできました

てことで今日は休み明けリフレッシュ馬券を軽く



京都11レース
アントロメダS

◎レッドソロモン
休み明け特注メイショウサムソン産駒
ダウンのサドラー内包道悪特注なら走れるタイミング
昨年Vも後押し



福島12レース

◎プレイヤーサムソン
こちらも休み明けメイショウサムソン産駒
もう1頭メイショウサムソン産駒がいますが人気もなくより間隔空けたこちらを本命に

mboma0039 at 12:39コメント(0) この記事をクリップ!

2017年11月12日

エリザベス女王杯

京都の芝は道悪が続いた影響か荒れた馬場。
感度の高いきれっきれの馬よりやや鈍いタイプにアドバンテージ。

今年のエリザベス女王杯はズバリ「逃げちゃダメ」

逃げといっても脚質的な話ではなく気持ちの話です

個人的なことなんですがヘタレL系ハービンジャー産駒で揉まれそうな条件や格上げ、ましてG1ではほぼノータイムで消してきた馬なんですが今年のハービンジャーはおや?

Lとは真逆なCっぽい戦績の馬がチラホラで早い段階から新生ハービンジャーなどと言いながらも消しては来られ買っては惨敗を繰り返していつからかハービンジャーに目を反らして来ました。

けどそろそろ真面目に向き合おうと決めたのです笑

ちなみに昨日もハービンジャーから買って惨敗したので相性はすこぶる悪いのは間違いない


◎モズカッチャン
連勝からフローラS勝ちはまだ許せるが次走オークスでも連対はもうC系の戦績です。まぁどんなに戦績がC系でも本質がL系で取るスタンスなので例えば加齢とともにM3タイプのバランスが衰退していけばLだけ残りヘタレハービンジャーになると思っています。なので若ければ若い時ほどこの馬のC質は強いと。
休み明けローズS惨敗→秋華賞3着も集中力の高さが見てとれます。

で、問題はさらに今回Gで耐えられるのか?
なんですが春のクラシック時期に条件戦を使っていた馬で休み明けの2走前も凡走なら疲労はなしとみます。
また秋華賞の負け方は勝ちに動く1人気がやるレースで最後に差されたのは仕方なく下手に内を割ったり追い込むよりはストレスも軽減されるでしょう。

「1人気がやるレースをした」これ大事

強いC質のある3歳の今なら内枠もプラスで本質L系で延長オークスをこなしたなら延長エリザベス女王杯も大丈夫でしょう。

因みに他の秋華賞組は疲労ストレスあり消しです。


○ミッキークイーン
鈍いタイプで今の馬場なら状態や臨戦含め昨年より走れるタイミング

▲ヴィブロス
前走は詰まったのと展開だけで普通なら

△クイーンズリング
昨年からの節目割り



◎単
馬連◎流し




mboma0039 at 15:01コメント(0) この記事をクリップ!

2017年11月05日

アルゼンチン共和国杯とみやこS

東京芝は外差しの決まりにくい馬場。先行内差しにアドバンテージ

アルゼンチン共和国杯

◎スワーヴリチャード
休み明けハーツクライで内枠延長なら普通にタイミング
というかココで勝ってもらってJCでレイデオロとともに人気で飛んでもらう予定なので...

○ハッピーモーメント
目黒記念先行3着が光るも物色逃れしているのならベタに。
逃げてみたら面白いと思うのだが


アルバートはのんびり外差しで構えていたら取りこぼすので強気に行けば



馬連ワイド◎○




みやこS

抜けた人気2頭が外にいるなら内から買うのが定説?


◎タガノヴェリテ
去勢明けで馬体を減らさず格上げを圧勝するのは中々みない。相当効果があったか?反動より集中に入っる可能性の方が高そうで。


◎単復



今日はあまり積極的に買いたいレースもなくココも軽く











mboma0039 at 15:11コメント(0) この記事をクリップ!
楽天市場