2017年07月09日

七夕賞

最近Twitterばかりに下手な予想を垂れ流しサボってばかりですみません。

見て下さる数名の方?いつもありがとうございます。

七夕賞です。

馬場はフラットで良いと思いますが速い時計が出るので一昔前の様なイメージだとやられます。


◎フェルメッツァ
まさかのディープ産駒本命です。
というかこの馬はディープ産駒ではないと思ってます。母系が強いのかスローの上がり勝負は苦手で絞まったペースの持続力に長けたタイプ。
レースを見ると皆が辛くなった所をしぶとく伸びるイメージでマルターズアポジーが作る小回りのペースはピッタリでしょう。まぁ前走が同条件好走なんで分かるわ!って感じですが軽く間隔開けてリフレッシュしたのも好感でコース実績物色逃れしてるのもベター。
強気な騎乗希望。

○マルターズアポジー
正直小回りの1800なら負けると思わないが2000がどうか?ただ条件は合うしアッサリも十分。

▲バーディイーグル
ホップステップジャンプのブライズタイム産駒で叩いて集中。ただ疲労と紙一重なのは気になるところ。

△ヴォージュ
ナカヤマフェスタ産駒で馬柱の印象ほど軽い馬場向きとは思えず寧ろパフォーマンス上げる可能性まであり。

×ゼーヴィント
こちらもディーマジエスティと同配合の重いディープ産駒。母父ブライズタイムに休み明けのイメージはないというか真逆なので出来れば飛んで欲しい。


馬連◎→○▲△× おさえで印以外もパラリと
3連複◎流しと◎→○▲△×→印以外にも




2017年06月25日

宝塚記念

道悪でやや外の伸びる馬場

少頭数で少し残念な宝塚記念です。

キタサンブラックの強さに出走を諦めた陣営もいるでしょうが、自分は諦めません笑


ベタに道悪でステイゴールドのレインボーライン?

唯一の牝馬でマイルから異端ローテのミッキークイーン?

実績は十分のシュヴァルグラン?はないか…

人気急落のミッキーロケット?

逆ショッカー確定?のゴールドアクター?


◎ゴールドアクター
逆ショッカーで馬券を取りたいだけ…ではない

今年3戦目で前2走が人気より走らず人気落としているが元々がローカル2600などで強く王道からはややズレた馬。だからこそのグランプリホースであり、この舞台は向くはず。キタサンブラックをグランプリで破ったのもこの馬です。
道悪もOKでこのジョッキーが普通に乗るとは思えず。逃げて活性化すれば頭まで。

○レインボーライン
ベタに道悪のこの舞台ならステイゴールド産駒に思い印を打たないわけにはいかないかなと。


▲キタサンブラック
ノーコメントで…

単勝◎○
馬連◎○▲BOX





2017年06月18日

函館SS

簡単に…

時計が速い洋芝で摩擦の少ない特殊な馬場。
内外フラット想定で。

◎エイシンブルズアイ
ダート1200でS補完からの高速の芝替わりでタイミング

○シュウジ
▲セイウンコウセイ
△キングハート
×ブランボヌール

馬連◎流し
3連複◎→○▲△→○▲△×印以外にも


2017年06月11日

エプソムCとマーメイドS

時間ないので簡単に

エプソムC

◎マイネルハニー
休み明けリズムチェンジ
東京芝は外伸び馬場ですが先行馬が外回すと物理的に後ろからだと差し損ねるパターンに期待して逆張りの先行馬から。ボールドルーラー持ちも好感。

○パドルウィール
▲アトラスエンブレム
△マイネルミラノ


馬連◎流し
3連複◎→○▲△→○▲△印以外もパラパラと



マーメイドS

◎マキシマムドパリ
こちらも休み明けリズムチェンジ

○キンショーユキヒメ
異端の短縮馬


ワイド◎○か3連複◎○流し


2017年06月10日

6月10日予想

今日の勝負

東京12レース

東京芝は外枠差し有利想定


◎ナンヨーアミーゴ
ダウンの外枠ハービンジャー産駒。
トラックバイアスも合っていて前走休み明け5人気8着でストレスもなく叩き2走目は1.0.1.0
さすがに走ると思うのですが…

○フジマサアクトレス
追い込み馬で前走先行活性化。
差せばトラックバイアスに乗れる位置取りショック

▲ムーンマジェスティ
短縮向きなアドマイヤムーン産駒。
無欲の追い込みに期待


△スカルバン
先行して位置取りショック掛かりそうだがトラックバイアスとは逆。先行して外回せば。


△ショウナンアンセム
勝って同条件。内枠は合うが外伸び馬場で乗り方は難しいので出来れば飛んでほしい一番人気


馬連3連複◎流し


3連複◎→○▲△→印以外もパラパラと

2017年06月04日

安田記念

昨年は少頭数で荒れるなら人気馬には物理的に無理な流れと読み馬連3連複的中しましたが、今年は多頭数で先週のダービーの事もあるのでいつも通りの締まった流れの安田記念想定でいきます。


そうなると近走マイル以下経験のない短縮馬には辛く、また近走マイル未満の経験しかない馬にも辛いレースになるでしょう。

近走中距離経験しかなく前走頑張りすぎたステファノスや同じく中距離経験ばかりのアンビシャス、短距離ばかりのレッドファルクス等の微妙な馬を消したい願望込みですが…

てことでそれ以外の馬からなるべく疲労やストレスの無い馬をピックアップ。


◎エアスピネル
近走マイルばかりでマンネリぽいがスローで人気より負けている前2走から疲労やストレスはなく締まった流れの自力勝負ではパフォーマンスを上げるでしょう。節目割りとまではいかなくても1人気からの開放で義務を果たさなくて良いのはかなりのプラス材料。

○サトノアラジン
前走1人気9着からの臨戦で疲労ストレスなし。
こちらも3走連続1人気からの開放で節目割り。
外枠でスムースな競馬が出来そうなのも好感。

▲ロゴタイプ
昨年は○でしたが今年はひとつ印を下げます。
スローが得意な訳でもなく今回は短縮で締まった流れなら好位差しで純短縮ショッカー。
短縮組で近走マイル経験のある馬はこれとディサイファのみ。

△ディサイファ
鮮度の無いディープですがロゴタイプ同様近走マイル経験のある短縮馬。準逆ショッカーになる可能性もありこの人気なら。

×グレーターロンドン
鮮度抜群ディープ産駒。
疲労ストレスはないが状態どうなの?

×イスラボニータ
疲労ストレスあるさ前走ルメールが上手すぎたので正直切りたいが引き続きルメールなら複圏はあるかと。

注コンテントメント
香港馬ではビューティーオンリーの方が人気ですがモレイラはルメールの何倍上手いんですか?
これはおさえないとダメな気がします。
マジックマンですし…

馬連◎→○▲
3連複◎→○▲→○▲△×

コンテントメントの単







2017年05月28日

日本ダービー

弱い弱いと言われてきた今年の3歳牡馬による日本ダービーです。

ダービーといえば当日の人気とリズムのバランスでだいたい当たる〜堅いレースというイメージですが今年は抜けた馬がいないことや皐月賞が大荒れだったこと、そもそもメンバーが小粒なことなど荒れる要素は結構あると思います。

ただダービー馬は特別なんです。
将来的に名馬にならなければいけないのです。

ワンアンドオンリー笑

高貴なダービーと考えたらいつものように前走の人気と着順と今回の人気。これはかなり重要です。今年唯一その資格があるのは青葉賞1人気1着で本番のダービーでも1人気濃厚なアドミラブル。

青葉賞組が勝てないジンクスや2400連戦の疲労などマイナスデータもありますがそれらを跳ね返すのがダービーの1人気。

今まで青葉賞組からダービー馬は生まれていませんが青葉賞1人気1着で当日も1人気になった馬は過去にいません。←これ大事

ダービーの1人気は普通のG1の1人気とは訳が違う。

これだけは言っておきたい。

アドミラブルがダービー馬になる可能性は低くないと思います。


普通に考えたらスワーヴリチャード本命でいいと思っていましたが無難な馬は競馬においては無難ではないのが定説ですしM人気なのも嫌な材料ではあります。


で。

今年のダービーで鍵となるのは何か?ずっと考えていましたが…


『マイル質の皐月賞』

これが一番しっくりきます。

突如の内伸び高速S質馬場になった皐月賞からダービーへのローテを考えます。

マイル質の皐月賞と言われて真っ先に思い付くのはダイワメジャーが勝った2004の皐月賞。

2着はコスモバルクでしたが3着メイショウボーラー4着コスモサンビームという短距離寄りの馬が上位に来たのと内伸び先行有利の馬場で外を回した差し馬は物理的に無理な所も今年と良く似ています。そしてダービーでは皐月賞の上位馬が全滅しNHKマイルからのキングカメハメハが勝ち皐月賞をついて行けず惨敗の差し馬ハーツクライが2着、青葉賞勝ちのハイアーゲームが3着しました。因みに皐月賞差して惨敗のキョウワスプレンダが4着(13人気)し同じくスズカマンボが5着(15人気)でした。

マイル質の皐月賞で好走した馬はダービーでは厳しくその皐月賞が内伸びの高速特殊馬場だとさらにダービーには厳しいローテになるのかなと。

イコール相対的に皐月賞で外を差して惨敗した馬の巻き返しと別路線組にアドバンテージが生まれると。

結論

高貴なダービー馬としての資格も青葉賞1人気1着から初のダービー1人気というアドバンテージからもアドミラブル。

皐月賞差して惨敗組からはアメリカズカップ、スワーヴリチャード、カデナ、レイデオロ。

その他別路線組からはダイワギャグニーとサトノアーサー

ペルシアンナイト、アルアインは4.5着でお願いします


◎スワーヴリチャード
無難なのが嫌でしたがマイル質の皐月賞からはこの馬が一番しっくりきます。
2004の皐月賞からダービーで巻き返したのはハーツクライ。

スワーヴリチャードの父です。


○アドミラブル
青葉賞組初の1人気の後押しでジンクスを破れるか。個人的にはアッサリもあると思います

▲カデナ
この人気は美味しい皐月賞巻き返し候補

以下3着候補

×ダイワギャグニー
×サトノアーサー
×レイデオロ
×アメリカズカップ


馬連◎○▲BOX
三連単
◎○▲BOX
◎○▲→◎○▲→×















2017年05月21日

オークス

馬場はやや内有利もペース次第では差しも。
追い込み競馬は厳しいか。

レベルの高い今年の牝馬で桜花賞を上位に見るのが普通でしょうがレベルが高い故の疲労も心配なところ。

勝ったレーヌミノルはもちろん2着のリスグラシューの前走は馬群に沈んだと思ったところから伸びてきたのがヴィクトリアマイルで負けたミッキークイーンの阪神牝馬Sの走りに似ていて頑張りすぎた疲労は心配。

アドマイヤミヤビのローテはベターだしマイルだと忙しそうな走りで延長も好感。惨敗後で疲労はないが負けすぎなのは気になる。どっちを取るか

ソウルスターリングも1人気3着で疲労はなさそう。やや内有利の良馬場も合いそう。

疲労を鍵とするなら2走前下級条件→トライアル好走馬となる訳だが…

本命はハローユニコーンの予定でしたが田辺J落馬で乗り替わりでは流石に評価落とすしかないか。


◎ソウルスターリング
繰り上がりで本命

○フローレスマジック
相性のいいディープ産駒
余裕をもってここメイチのイメージは好感が持てますし内枠もベター

▲ハローユニコーン
痛恨の乗り替わり。
500万勝ち→忘れな草勝ちと連勝のリズムと疲労の無さはアドバンテージ。2走連続上がり最速もオークスへのローテ的にはベスト。

△ブラックスビーチ
ディープ産駒でこちらも下級条件→トライアル勝ち馬


馬連◎流し
縦目も少し






2017年05月15日

4年前のオークス考察

2013年時のオークス考察転記です。


毎度毎度のオークス特注ローテのクイーンC、フラワーC好走→桜花賞差してちょい負けの小柄な馬ですが、ここ最近傾向が変わってきた印象です。


大きな理由は阪神競馬場改修工事の影響で、桜花賞の舞台である阪神マイルとオークスで求められる質が近くなったことで桜花賞とオークスが直結してきたからでしょう。

直結する=巻き返しづらいすなわちオークス特注ローテが効かない。

てことなんでしょう。

ここでデータを。

過去20年のオークス複圏馬の内訳ですが、15回は桜花賞組独占か桜花賞組2頭と別路線組1頭。

別路線組が2頭入ったのは5回のみなんですね。
ここが桜花賞組有利の理由ですね。

ただ阪神改修工事以降の6年では半分の3回で別路線組が2頭複圏にきています。

これは明らかに傾向が変わってきています。

理由は桜花賞が直結することから巻き返し組が馬券に絡みづらいことと、直結するものの差して好走したストレスや疲労で桜花賞好走馬でオークスを勝つには1枚上のポテンシャルが必要なこと。
実際桜花賞とオークスを連勝したのはブエナビスタ、ジェンティルドンナ、アパパネと後のスターホースのみ。

しかもみな人気馬なら今後のオークスでは別路線組の穴馬から軸馬を探すのがベターではないでしょうか。


ここまで。



んー恥ずかしい笑


んでその後のオークスは…

2013→桜花賞組1頭その他2頭
2014→桜花賞組2頭その他1頭
2015→桜花賞組2頭その他1頭
2016→桜花賞組1頭その他2頭

2勝2敗のかっぷりよつ。
改修前のデータからしたら2勝2敗でも改修後の傾向は2013年に感じた通りで間違ってはいないでしょう。

今年はどうなるか…ですが今回は桜花賞組が強力過ぎるのは否めない。
さぁどうする。

強力過ぎるからこそ疲労が心配とも言えますしね。

傾向が変わってもオークス特注ローテ馬がいれば無条件に本命にすると決めているのですが今年も該当馬はいないので前々走下級条件→トライアル好走組の穴に期待でしょうか。

アドマイヤミヤビが小柄なら楽だったのになぁ笑










2017年05月14日

ヴィクトリアマイルC

高速馬場なら短距離適性問われる東京マイルなのでレッツゴードンキやソルヴェイグ辺りが気になっていましたが、道悪が残り。
毎日王冠の日の馬場に近い外伸び馬場なら中距離系の人気馬も走れてしまうので困りました。

体力とパワー。穴は前走で前に行っていた馬(S補完)をテーマに。



◎ミッキークイーン
実力のある馬に運も味方したら逆らってはいけない。1番人気を本命にするのは勇気がいりますが崩れないと思います。

○デンコウアンジュ
メイショウサムソン産駒で道悪特注で体力あるサドラーズウェルズ系前走捲りバテで活性化されそうで小回り→東京替わりも好感

▲フロンティアクイーン
同じくメイショウサムソン産駒

△クリノラホール
母父クロフネが魅力の前走先行バテ馬

△クイーンズリング
こちらも前走先行バテ。メイショウマンボと被る

△ジュールポレール
初G1の鮮度。前走先行

注ルージュバック
消し候補だったがこの馬場は絶好。
毎日王冠の日の馬場に近く外に出せれば頭まで。枠も良くないがバラける馬場なのでその可能性は高く。


三連単
◎→○▲△→○▲△
○▲△→◎→○▲△
◎注の2軸マルチもパラパラと。




楽天市場