2019年03月11日

石川県よりレストアのご依頼 その4

DSCN0690












ガンコートが仕上がってきました。

ブレーキオイルに侵されそうな所は当社では

ガンコート仕上げを推奨しています。

DSCN0695












とくににマスターシリンダーが一番色がめくれる所なので

有効です。

純正はアルマイトなのですが古い素地にアルマイトをすると

ボロボロの表面になります。

DSCN0694












キャリパーも同じく

ニップルの回りからめくれてきます。

当社でもここ最近施工していますが

数年は綺麗な状態を保つと思います。

DSCN0685












次は定番の作業

クラッチアウターのダンパー交換です。

リベットを削り

DSCN0687












バラバラにして

ダンパー交換

DSCN0688












最後はピンをプレスにて潰して

出来上がりです。

水曜にはヘットとシリンダーが仕上がってきますので

エンジンを組上げます。




mc_again at 10:52│ 作業