2021年01月22日

北九州よりレストアのご依頼 その3

DSCN5136














腰下の作業でミッションをクロスに致します。


DSCN5138














キックシャフトのギヤの径が大きくなり

ますので、ケースのこの部分の加工が

必要になります。

DSCN4991














ケースを閉めまして


DSCN5200














フレームに搭載


DSCN5201














内燃機作業も仕上がりました。

ピストンはY社のオーバーサイズ

DSCN5202














カムもY社のST1を装着です。


DSCN5204














キャブレーターは定番の

FCRです。




mc_again at 14:47│ エンジンO/H