相変わらず、国債の質問が多いので、またもや続きです。前回、価格の変動が金利を変えて行く仕組みを書きました。今回は更に奇妙な価格変動に触れます。そうです、タイトル通りマイナス金利です。「金利がマイナスとはどういう事??」簡単に言えば、「お金を借りてるのに金利をもらっている事。」または、「お金を貸しているのに、金利を支払っている事。」

 実は、米国債と独国債が12月に入ってから、マイナス金利になっています。 両国の短期債(1〜6ヶ月もの)に、極端にお金が集まっているのです。それは、価格変動リスクが少なく、安全性が高い。そして、いつでも現金に換えられるからです。

 例えば、年利2%で1年償還の短期国債があるとします。そこにどっとお金が流れ込んで、価格が103円になったとします。

 前回の公式に当てはめましょう。

 (2%+(100−103)÷1)÷103= 約 ー0.97%

 つまり、お金を払ってでも、安全なものに換えておきたい。という心理でしょうね?平たく言えば、保管料を支払って、預かってもらっていると言った方が分かり易いかもしれませんねぇ!

 まだ他にも変な事が起こっています。債務危機の震源地であるヨーロッパでは、金のリース市場でもマイナス金利が続いています。
 
 金のリースは、もともと金(GOLD)の借り手が金利(リース料)を支払う仕組みなんですが、現在、ヨーロッパの銀行は、信用不安からドルの調達が難しい状態に陥っています。それでもドルを調達しないといけませんので、保有する金を貸し出して、更に金利を上乗せしてとドルを受け取っています。

 こんな事も、ヨーロッパではマイナス金利を助長しているんです。