2018年06月30日

読書メモ:「勝負論 ウメハラの流儀」 梅原大吾

プロゲーマーの梅原さんの本を読みました。
名前は知っていましたが、本は初めてです。

格闘ゲームは詳しくないですが、
どのような分野でも情熱を持って打ち込んでいる方は凄いと思います。
そういった人の考えを読めるのだから、本は良いですよね。

目先の勝ち負けではなく長期的視点の大切さ、
失敗から何を学べるか、
情熱を持つこと、
自分の頭を使うこと、
感情をコントロールすることの大切さ、などなど。

やはり大事な事は、具体のゲームの世界だけに通ずる話だけでなく、抽象な、普遍的な考えになるようです。


読み終わった後、気になったのでYOUTUBEでストリートファイターの大会動画を観ました。
内容はもちろん良くわかりませんでしたが、映っていた梅原さんの表情は、この本に書いてあるように、冷静そのもので、勝っても負けても、心はざわつかず落ち着いているようでした。

プロのゲーマーとかかっこいいです。
今後も活躍して欲しいです。

ゆゆゆ at 14:20|PermalinkComments(2) 読書 

2018年06月13日

読書メモ:「超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由」 Testosterone他

筋トレを行う事で全てが解決出来るという本です。

ぶっとんだ内容にも思えますが、意識や考え方次第でどうとでも変わるということを考えると、間違っていないと思っています。

筋トレで自分に自信が付く事で、様々な事が好転していく。
非常にあり得る話ですよね。

文章も面白いです。

「いざとなれば、上司も取引先などの相手も簡単にぶっ潰せる、と思える事による謎の全能感。」

ちょっとおぼろげな記憶ですが、こんな趣旨の記載がありました。
こういう考えは好きです笑。


ちなみに私は筋肉無いヒョロヒョロですけど、筋トレしてみようかなという気になります。
習慣にするまで大変そうですが。
ストレッチが好きでよくやるので、ストレッチの時間を減らして、空いた分でやってみようか、、、。

ゆゆゆ at 12:16|PermalinkComments(0) 読書 

2018年06月06日

キャンピカ富士ぐりんぱ 2018/6/1〜6/3

二回目のキャンピカ富士です。
今回はいつも良くしてもらっている友達家族と二泊。

初めて行った時はフリーサイトに泊まりましたが、今回は区画サイトに。

<気温について記録>
富士山の二合目なので、気温は平地より低いと分かっていたため、
ダウンジャケット、フリース等、衣類は割と持っていきました。
晴れている時は半袖で良いくらいでしたが、曇りが続くと急に寒くなるという感じでした。
夜は焚火で暖まりながらも、寒がりな自分はダウンジャケットを着込みました。

そして、寝袋は今回二度目の使用のAEGISMAX M2。
テント内で確認できた最低気温は約12℃。
上:長袖(スマートウール)、ダウンジャケット(ユニクロ)、フリース(ユニクロ)。
下:ウールの厚手タイツ(モンベル)、化繊ロングパンツ(MHW)。
といった服装で特に問題無く就寝。
子供が急に起きた時は寝袋から上半身を出して対応した為、激寒でしたが。
しかし、子供たちはテントでも割と寝てくれて助かります。

<施設について記録>
お風呂があってとにかく助かります。清潔で快適そのもの。
夜は風呂出た後に冷えてしまいそうなので入らずに寝てしまい、翌日明るい時に入るというスタイルで行きました。


富士山も時々見えました。近いと迫力あります。
IMG_3868

ゆゆゆ at 23:38|PermalinkComments(0) アウトドア 

2018年05月23日

AEGISMAX M2 寝袋初使用

神之川キャンプ場に行った時に、AEGISMAX M2を使用したので、記録です。

5/19、最低気温は予報だと13℃。
何度か起きた時に、テント内の気温を確認したところ、自分で確認できた最低温度は15℃。

M2はフードレスです。
寒がりなので少し不安でしたが、今回の気温では全く問題ありませんでした。
帽子等も持って行きましたが被ったりせず。

着込んだ服は以下。
・モンベルの中厚手の化繊長袖
・ノースフェイスのライトヒートジャケット(ダウンジャケット)
・マウンテンハードウェアの化繊の薄手のパンツ
・スマートウールの中厚手の靴下

コンフォート7℃、リミット2℃となっていますが、
上述の通り寒がりなので、もし10℃以下になるならダウンパンツも着込む必要がありそうです。

ゆゆゆ at 22:22|PermalinkComments(0)

2018年05月22日

神之川キャンプ場 2018/5/19〜20

神奈川県相模原市の青根地区にある神之川キャンプ場に一泊してきました。
私の両親、と愛犬イタグレ一匹。妻の両親、と妻の弟、と共に行きました。
家族が楽しく過ごせてなによりです。
昨年は大井川鉄道に行ってキャンプしましたが、今年は藤野の「ぐるっと陶器市」を見に行ってからキャンプしようとなりました。

IMG_3774


ぐるっと陶器市は、かなり広いエリアで催されていました。
我々は「ひだまりの家」等の4つの出展が固まっている場所へ行きましたが、
シュタイナー学園の駐車場に11時頃に到着し、ギリギリ入れました。
その後は満車になり割と並んでいたので、行くなら早めですね。

食べ物が出店されていたので、屋外でご飯を食べました。
暑かったですが、外はフェス気分で楽しいですね。
長男は、いちごかき氷を2杯爆食いしておりました。

その後、アートヴィレッジという場所へ寄ってから、15時前にキャンプ場へイン。
サイトも川と森の傍で、周りのお客さんともいい距離感でよいエリアでした。
予約の手紙に、親族3家族で行くため、静かに過ごせる所が良いですと書いたからでしょうか。
関係無いかもしれませんが。
ちなみに、一週間以上前に予約したい場合は、往復葉書での予約が必要です。
なぜこの時代に葉書なのかは謎です。

トイレは高規格キャンプ場ほどではありませんがまぁ綺麗です。
洗い場は綺麗、お湯は出ない、といった感じです。
寒かった為使用しませんでしたがシャワーもありました。


夕飯はカレーとBBQで、23時頃まで焚火を囲んで、就寝。
子供はカレーと焼き鳥と果物が大好きで、驚くほど食べていました。
子供達は3歳と1歳なので、まだこういった楽しいイベントも覚えていれないでしょうから、残念ですが、まぁ自分達もそうだったはずなので、しょうがないですね。
大きくなったら写真を見せまくりたいなぁと思っています。

綺麗な川、綺麗な森、
自然の中で過ごして、脳みそもリフレッシュされ、皆さん大満足でした。

IMG_3786

ゆゆゆ at 12:18|PermalinkComments(0) アウトドア