今日は、僕が何かしらの形で関わった医師国家試験予備校について書いていこうと思います。
お金払ってるし、批判とかしても良いですよね(汗

TECOM
まずは医師国家試験予備校としては最大手のTECOMです。
最大手にもかかわらず、僕は模試と前日講座しか利用していませんでした。
現役生でしたので卒業試験や実習なんかでTECOMのビデオ講座を見る時間が無かったんです。
ビデオ講座を申し込んだ人の中には、「ビデオ見ることを諦めた」と言っている人もいました。
ちょいとビデオ講座開始の時期が悪いんじゃないかと思います。
MECの方が早いので、既にMECでビデオ講座の申し込みしちゃってたし・・・
また、ビデオ見た人でも「Dr.三苫が合わない」と言っている人も多かったです。
でも、ネット上(主に2chですけど)では絶賛している人も多いですよね。
Dr.三苫は絶賛する人と合わない人の極端な気がします。
これからTECOMのビデオ講座を申し込もうという方は、是非サンプルで合う合わないを判断して下さい。

では、僕が申し込んだものについてです。
1.模試
全部で4回あります。僕は4回すべて受験しました。
ここは全ての模試について解説講座が付いてくるのが良かったですね。
さらに、2月くらいにそれまでの模試の最重要事項をまとめた講座が無料で配信されます。
1つでも模試を申し込んでおけば見れるので、最低1つは申し込みましょう。
個人的には解説講座を担当されるDr.井出がTECOMで一番上手に講義するんじゃないかと思います。
ただ、あの服のセンスはどうなんだろ?
初見のときは思わず吹き出してしまいましたw
1月や2月の段階で模試の復習をすると、第1回は簡単なので受けなくて良かったかなぁとは思います。
重要なテーマは繰り返して出題されるので、4回すべて受験すると忘れたころに重要事項の確認が出来て良いと思います。
でも、卒業試験や実習の邪魔にならない程度にね。

2.前日講座
とにかく量が多いです。これだけやれば、いくつかは国家試験でも出るに決まってます。
広く浅くって感じなので、「前日やることが無い」or「みんなと同じことをやっておきたい」という方が受講すればいいんじゃないでしょうか。
精神安定剤以上の期待をかけるとがっかりします。
講師は4人で、割り振られた時間がバラバラなのは何でなんでしょう?
個人的には、前日はホテルや自宅でゆっくりしてた方が良いんじゃないかなと思います。

MEC
僕の大学がメインで扱ってたせいか、3つの予備校の中では一番関わりが多かったです。
模試とビデオ講座、それに直前講座を利用しました。

1.模試
全部で3回あります。僕は3回すべて受験しました。
春模試はメジャーと産婦人科、小児科位しかないので受けなくても良いのでは?
1月段階で復習すると春模試の難易度はやばいです。
簡単すぎて復習する意味を見失ってしまうくらいです。夏と冬の模試だけで良いと思います。
不満としては、冬模試の解説講座が無いことです。最後だからこそ分からないところは潰しておきたいのに・・・
ちなみに解説講座はDr.孝志郎が担当します。

2.ビデオ講座
僕が申し込んだのは、「マイナー講座」「産婦人科講座」「小児科講座」「公衆衛生講座」です。
6月くらいから視聴可能なので、6月と卒業試験前に見直しました。
一回目では全体を大まかに掴み、2回目でもうちょっと細かいことまで目を通すって感じでしたね。
あ、公衆衛生だけは確か11月くらいから視聴開始でしたね。
必要な事と不必要な事を割り切って教えてくれるので役に立ちました。
んじゃ、次に講師陣について。
・Dr.孝志郎
個人的にはあまり合わない人です。でも、彼を好きな人は結構多いですね。
授業は体使ったり、体験談を話したりと記憶に残る授業をしてくれる人だと思います。
違う講座で同じことを何回もしゃべってる気がするんですが・・・
きっと大事なことなんですよね?
・Dr.田中
眼科講座はこの講師ですね。滑舌が悪くて聞き取れないことがあるのが何ともかんとも・・・
ただ、2回目に視聴すると良いこと言ってんなぁという感じです。
申し込んだ際には、是非2回は見て下さい。
・Dr.松喜
産婦人科講座の講師です。
この先生も体使ったり、小道具使ったりで記憶に残る授業をしてくれます。
テキストもよくまとまってます。僕はこのテキストを産婦人科領域のイヤーノート的に使ってました。
ただ、雑談が長い。雑談のせいで講義が伸びてるのに、まだ雑談をする・・・
これが無ければ文句なしに良い先生だと思います。
・Dr.高橋
公衆衛生の講師です。
ご存知STEPシリーズの筆者でもあるので、授業は例えや毒も混じり合っていて、僕にとっては分かりやすかったです。
公衆衛生は自分で勉強するのが面倒くさい科目なので、どこかしらの予備校のビデオ講座は取った方が良いんじゃないでしょうか。

3.直前講座
Dr.孝志郎、Dr.松喜、Dr.高橋が担当です。全5講義だったと思います。
産婦人科と公衆衛生は45分くらいずつで1講義にまとめられてます。
それぞれの講師によってスタイルは違いますが、最後の総まとめ&予想としては役に立ちました。
ただ如何せん視聴開始が国家試験1週間前なのがいただけないです。
もっと早ければ、細かいことまで復習する時間があったのに・・・

MAC
すみません、国家試験解答速報しか利用してません。
なので、基本的にノーコメントです。
でも、他よりも早く解答を提示したことはありがたかったです。

2ちゃんねる
予備校じゃないですが利用してました。
主に「第105回医師国家試験スレッド」と「医学部学生と研修医のための教科書ガイド(http://www.medst.info/)」を利用してました。
国家試験スレッドでは事務的な質問も出来ましたし、問題を出し合ったり、語呂が載ってたりと案外勉強の助けになってました。
医学部学生と研修医のための教科書ガイドはどんな参考書、問題集が良いかということについて参考にしました。
情報の取捨選択を行えば、2ちゃんねるは勉強の助けになりますね。



人気ブログランキングへ