趣限無ブログ

特撮、マンガ、模型、映画、アニメ、読書などについて更新。当ブログの写真はすべて無断転載禁止です。

けものフレンズのファンがけもフレカフェ、けもフレショップ、東武動物公園でのコラボイベントなどに出向いている今なら、多摩動物公園のサーバル舎前がすいてきてるかなと行ってきました。一時期、けもフレの聖地巡礼スポットとしてやたらと混んでいた場所ですね。

聴覚がするどいサーバルが嫌がりそうな、大きな声でオタトークをする人達が時々来たりもしていましたが、さすがに混雑具合は一時期よりマシになっていたかと。

いや私もけものフレンズのファンではありますが、けもフレを構成する要素の中で最も好きになったのが元ネタの動物達みたいで、いつの間にかそっち関係の施設にばかり優先して行くようになってます。


「公式発表前のネタバレ(以下、早バレ)をまき散らす奴は、みんなを楽しませるためだの何だのと言い訳をしようが嘘だ。自分の欲望を満たすためだけにやっている」

「早バレを勝手に公開する奴、拡散させる奴は知的財産の泥棒だ」

「早バレをする奴は、友達が妊娠したのを本人より先にフェイスブックで発表するような酷い奴だ。情報を発表するタイミングを決めるのはあんたじゃない。本人やその家族だ」

「早バレをする奴は、公式サイドが頑張って考えてスケジュールを組んだ、作品を盛り上げるためのプロジェクトを台無しにしている

「本来予定されていた公式発表の直後に、最新情報を知らなかったファンのみんなが一斉に『すごーい! こんなの初めて見るよー!』って体験をする機会も早バレを拡散した奴が奪った」

なぜ公式発表前の情報をネタバレされると困るのか、とある企業の公式さんが物凄く丁寧に『
なぜリークは困るのか』 というページに書いてくれているのですが、それを読むのが面倒な人のため思いっきり要約・意訳したのが上記です。

ツイッターで該当のページにリンク貼っても、ツイートアクティビティ(アクセス解析)を表示したら、リンク先に移動するのを面倒臭がってた人が割と多かったので。

公式発表前に流出してしまった情報を拡散するのと、公式発表後の情報を拡散するのは、まったくの別問題だということがわかりますね。

はいそこ、「流出させる公式サイドが悪い」なんて言わない。関係各所の末端に位置する者にまで徹底監視を実施し続けるのには、莫大なコストが必要なのを察してあげましょう。不景気なのに大変なんだよ、あっちも。

ましてや自分の目の前に回ってきた早バレを「これはもう流出した情報なんだから、いいよね?」と再拡散させるのは、他人が万引きしてるのを見て、

「わーい! デジタルデータの万引き楽しそー! 自分もやるー! みんなにも教えてあげるねー!」

犯罪を見習った挙句、それを武勇伝としてネットで公開してるようなものです。

「何やら万引きっぽい行動を目撃してしまったが……俺の見間違い(この場合は嘘バレ)だったかもしれないし……こういう時どうすればいいのかわからない、咄嗟に動けない……ッ!」

となるならまだしも、「自分もやるー!」はおかしい

それで、早バレを発表したり、拡散したりして目立ちたいという欲望については自己顕示欲とか承認欲求などの名前がついてると思うんです。

無断でパクってきた画像や情報を並べてアフィリエイト収入を得るまとめサイトに早バレが載っていた場合、まとめ管理人の金銭欲も絡んでいるでしょう。

本来は公式の側が得ていたはずのアクセス数や広告収入などを、横取りしていくまとめサイトはオタク業界の寄生虫みたいなものです。

他にも腑に落ちない要素があります。

「早バレによって不利益をこうむる企業や公式サイドの人々が実在していて、そういう被害が出ることを不快に思うファン達もいるというのに『自分達もファンですー、あの作品を応援してますー』みたいな態度を取りながら、『あの作品』の足を引っ張る早バレを話題にしてまで騒ぎたい人達が持っている欲望」

には適当な名前がついてるのかなーと気になったのですよ。騒ぐという行為そのものへの欲望には、自己顕示欲とか承認欲求、金銭欲と重複していない部分もあるんじゃないかと。

人に迷惑をかけようが、まるっきりお構いなしに騒ぐ(他人に迷惑をかけずに生きていける人はいませんが、そのことについての配慮が度をこして足りなくなってるのは……)、しかも苦言をていされるとイライラして攻撃的になったり、自分達を正当化する理屈をこねはじめたり、

「俺らを指摘する奴にだって問題がある」

と論点をそらす等々、騒いでる人達が盗人たけだけしい反応をしがちだという状況については、集団心理に呑まれて気が大きくなっている、群集心理に酔って調子に乗っている、集団ヒステリーに陥って正常な判断力を失っている、ネットの祭り現象に乗っかってバカ騒ぎをしているなどと言うことはできるでしょう(以下、集団ヒステリー)。

以上を前提として、そんな集団ヒステリーを自分から求めるという欲望があるなら――こういう風に騒ぐの、やたらと好きそうな人が今ネットでどんどん可視化しやすくなってますし――、それを端的に言い表す用語があるんじゃないかと色々検索したんです。心理学、脳科学、社会学、行動経済学あたりに関する領域かなと。

そしたら完全一致というほどではないけど、それっぽい言葉がいくつか出てきました。

集団欲集団本能群居本能

これらの詳しい意味については、目の前の端末で各自検索して頂くとして、私はもう「あっ、これ本能だったのね」と目からウロコが落ちましたよ(以下、集団欲)。

つまり集団欲がエスカレートすると、集団ヒステリーを自分から求めるようになるんじゃないかと。ネットの発達によって、集団ヒステリーを味わえるシチュエーションに次々とひたれるようにもなってますし。この状況下においてワイワイ騒げば、集団欲を手軽に満たせます。

本能なら、仕方ない……とは言えませんよねぇ、それなりに本能を理性でコントロールできてこそ人間なんだから。周りに迷惑をかけてまで性欲を満たしたがってる人や、食欲のおもむくまま病気になるほどカロリー摂取し続ける人なんかを見ると、色々な意味で「うわぁ……」と引いちゃいますもの。

というわけで私は、集団欲があるからって過剰に騒ぎたい人らは厄介だなぁと思いながら今後も生きていくことになりそうです。

本能のコントロールができてないなら、「うわぁ……」って引かれてもしょうがないでしょ? どんなに自己正当化をしても、「うわぁ……」って引かれることを避けるのは難しいでしょ? 人間は理屈だけで生きてるんじゃないんだから、というわけで。

早バレを話題にして騒ぐのを根絶できないのは百も承知ですが、しかしだからといって、いやーまったく集団欲こじらせた人はどうしようもないねぇと悟りの境地に至るのは難しいというお話でした。

今回の考察は「公式発表前のネタバレを拡散してまで騒ぎたい人達」以外にも当てはまりそうで、もっと整理したり、書き足したりできそうなテーマですが、ひとまずお時間が来ましたのでこの辺で。



参考文献というか、最近読み返してる本

『空気の研究』山本七平


関連リンク

早バレって何? 何でいけないの?

↑このページのトップヘ