父の日。娘から電話はなかった。もっとも昔から電話があったことは無かった。

朝、コンビニ。
昼、スーパー。
夕、コンビニ。
散在だ。

気分は戦争妄想。今、日本は戦時中。そんな妄想。しかし、いつか現実になるという不安。それでもみんな仕事に行くのだろうな。不思議の国の亜里沙。

父は目の手術をして人前に出られる顔でないという。大事にして欲しい。母には死んで欲しい。

明日は通院。デポ(注射)をやるのだろうな。強引だな。そんなもんさ。そして、ヘルパーさんと、KH氏。

一人暮らしは無理だよ、とぼやいてみる。何も変わらない。何となく日曜日が終わったな。弱気だよ。こんな病気を抱えて一人暮らし。神経が引き裂かれる感じ。神経がボロボロになった感じ。

楽しみね。すべてが不安に押しつぶされる。薬はもう残っていない。1日分、前倒ししたな。悪い子だ。

節約という悪魔の囁き。イライラする。何となく死ねればいいのに。