今日は朝から快調だったのに、午後3時頃、急に気分がどんよりとして立ち直れなくなった。何とか帰宅し、ソラナックスを飲んだが効果がない。すぐに横になった。

気分がどんよりすると身体も動かなくなる。何も出来なくなる。誰でも気分の変動はあるのだろうが、それが常識の範囲を超えると、気分障害という病名がつく。

今日の突然のどんよりにも、きっかけとか、理由は何もない。ただ、頭の中の天候の変化。これが曲者なのだ。

いつも笑顔の人を見ていると素敵だな、とは思う。きっといつも頭の中が晴れているのだろう。それが努力の賜物だとはまったく思わない。たまたま、そういうDNAを持っていて、環境にも恵まれた運の良い人。人生は不公平だとぼやいてみようか。

脳内空模様は意思や努力では変えられない。自然を前に無力な人間と同じだ。空模様は医者にも見えないし、予測もできない。薬で空模様を変えられるのか。それも分からない。

この一年、純粋に楽しいとか嬉しいという感情が生まれていないように思う。リスパダールが減って少しだけ射精が可能になったが、何と快楽を伴わない。笑顔がない。寂しそうだと言われる。疲れているようだと言われる。

どうやら、私の脳内は異常気象が続いているようだ。原因は10年を超えて服薬している精神病薬の影響ではないのか。もう、正常には戻れない気がする。暗いブログで申し訳ない。もう、眠るしかない。