大阪メンズエステ 備忘録

30代後半のサラリーマンが備忘録として実際に大阪のメンズエステ店を体験したときのことを残して行きます。
数ある大阪のメンズエステ店の口コミサイトのひとつとして参考にしていただけたら幸いです。

梅田 バリケア
(2018年9月)
日本人・マンション
90分10000円
(90分13000円から初回3000円引き)

Twitterはこちら!   質問箱はこちら!


最近は誉めるところがあればレポートにというスタンスでお店を探しているのですが、なかなかいいお店がなく・・
今回もどうかなと思う一方で改善点が明確なので取り上げることにしました

場所は梅田の東通商店街から外れた裏路地にマンション、といってもここは初めて
入り口からして場末感が漂ってきます

電話応対は男性が対応
店名も名乗りませんし、割引もこちらから伝えなければ適用してくれません
場所はショートメールで部屋番号まで

セラピストは30代前半
少し大柄ですが許容範囲内
黒ワンピですが、胸が大きいせいかブラが大分はみ出ています


【店の設備】

かなり築年数の経過したワンルームマンション
廊下をぬけると施術用のベッドが鎮座しています
うーん、久々のベッドか・・

お風呂は廊下で脱衣
ユニットバスで排水がかなり怪しいです
紙パンツは指示がなく、そのままベッドへ


【マッサージ】

まずはうつ伏せ
タオル越しではなく、直接圧をかけるところから
早速ベッドの上に上がってきてくっついてくれるのは好印象

まずはふくらはぎからももにかけて
ベッドの上は狭いですが、あくまで上でくっつきながらマッサージしてくれるようです

足を折り曲げてからはその足を挟みながら密着
せらぴすとさんの肉感もあり気持ちいいのですが、
どうもベッドの上だと窮屈さを感じてしまいます

続いて上半身は私にまたがって
後ろからも密着が続きます

ここからはベッドから降りてフェザータッチタイム
私はあまり好きでないのですが、全身を何往復も


仰向けになってからは頭上からお腹に向けて
胸を思いきり顔に押し付けてきますが、高さのせいかちょっと痛い・・

この後はまたフェザータッチ

足元へ回って再度ベッドの上へ
膝を立てて足の甲の上に太ももを置いて足を固定
ふくらはぎから太ももを

終盤は半身を私に預けるような体勢で密着しながらのマッサージで施術終了


終始密着を心がけた内容はいいなと思う反面、ベッドであるためにその良さが半減されているような気がしました
可能であればマットに変えてやってもらえたら大分変わるのかなあと思います

あとはみすぼらしさが散見されるので少しでもそれを隠す努力をしていただけたらと





南堀江 Rishe(リッシュ)
(2018年8月)
日本人・マンション
100分15000円
(90分14000円から2000円引き
+コスプレ1000円、ディープ2000円)

Twitterはこちら!   質問箱はこちら!

堺筋本町のお店をと思って予約したのですが、南堀江に行くことになってしまった今回のお店
HPを見る限りいい印象ですが果たして・・

電話応対は女性が対応
しっかりした対応で好感が持てます
場所はショートメールで部屋番号まで

セラピストは20歳くらい
小柄な方が対応してくれます

コスチューム黒いワンピースですが、コスプレを選択するとキャミソールに
ちなみにオプションは以下の3つ

ホットオイル 1000円
鼠径部ディープ 2000円
コスプレ 1000円


【店の設備】

とても綺麗で雰囲気を作り出せているワンルーム
部屋は狭く、ペアソファとマットでかなりを占めています
マットの横には時計が、そして全面には巨大な鏡が設置

お風呂はとてもきれいだし脱衣するところも広いのですが、脱いだ服の置き場がないのが痛い
(これはすぐに用意すればいい話ですよね)
紙パンツはボクサータイプとTバックから選択
ボクサータイプは後で横を切るとのこと
またここのTバックはいわゆる横スカ

【マッサージ】

セラピストさんの話ではオプションを選択するとほとんどの時間が鼠径部になるとのこと

まずはタオルの上から圧をかけて
続いてタオルを外して直接ペタペタと全身をタッチ

ここから本題のオイル
ふくらはぎから太もも、お尻までオイルを塗っていきます

ポジションはマットのサイドに位置し、距離感は遠いなという印象

ただこれ以降は宣言していた通り、オール鼠径部となります

足を折り曲げてからの鼠径部は紙パンツのサイドがガラ空きにも関わらず強気の施術

下半身を終えた時点で仰向けになるよう指示
うつ伏せ上半身はやらないようですね

ここから頭の上にポジションを移し更に鼠径部
いわゆるおっぱいプレスを長時間受けながらの鼠径部攻めが最大の見せ場なのでしょう

最後に私の腰の横に移動して締めの鼠径部で終了となります


密着がおっぱいプレスのみでなんだか激しい偏りがあるように思いましたが、この内容であれば需要は十分にあるのかなと

とはいえ、お店で説明を聞かなければ内容が分からなかったのも事実で、予めHPなどでもう少しアピールできればいいのかなと思いました





新大阪 Potion(ポーション)
(2018年7月)
日本人・マンション
100分11000円
(90分12000円から1000円引き+10分)

Twitterはこちら!   質問箱はこちら!


今回は有名店の新大阪のお部屋へ
いつからか新大阪にも部屋を持ったようですね
ちょこちょこと新大阪にもう1部屋というお店が増えている気がします
やはり出張客をターゲットにしてるんでしょうか?

電話応対は男性が対応
どの媒体を見たかの確認があり、先方から割引後の料金を提示していただけます
場所はショートメールで部屋番号まで

セラピストは20歳前後
背の高い凛々しいセラピスト
コスチュームがヨレヨレなワンピースなのがもったいない・・
それでも露になっている肌がとても健康的な印象を与えてくれます


【店の設備】

一般的なワンルームです
最初のやり取りで壁際に机を挟んでお客とセラピストが座る形
そんな距離が離れていなくても

最初に部屋に入って気づくのがマッサージ台が設置されていること
ただ上には時計など置かれていてそこで施術するわけではないとすぐ分かりひと安心

マットは部屋の中央に、タオルもヨレヨレ感が出ていてもったいない
鏡は姿見が部屋の端に置かれていますが、施術を見るためのものではないよう

お風呂は脱衣するところが廊下であるくらいで許容範囲内
紙パンツはボクサータイプが置いてあるものの、履かなくてもOKとのことでそのままマットへ


【マッサージ】

セラピストさんはまだ業界に入って間がなさそうで、大した研修も受けてなさそう?
全般的に手の動きがとても早かったり、ただマッサージをこなしていく感は仕方ないところ

ただ、自然にやれているのでしょうか?
セラピストさんとの距離感は常に近く、接触多くあったのは加点要素です

まずはふくらはぎからももにかけてペタペタ
足を折り曲げてからは鼠径部というか内側の足の付け根をつまむ?斬新な施術

この間ずっと足の間にいるお陰でセラピストさんの足と触れあったり、お尻の感触が伝わってきたり

続いて上半身は私にまたがって
背中はほぼオイルを塗るだけ
肩や首は我流でしょうが、ごりごりと時間をかけます

肩から手のひらまでを丁寧になぞってくれるのもなかなか気持ちいいです


仰向けになってからは膝を立てて足の甲の上に太ももを置いて足を固定、ふくらはぎから太ももにかけて入念に

最後に「鼠径部しますね」と宣言され、足の間に入ってきて丹念に


もうちょっとお店が手を加えたらいいのでは?と思うところは多々ありますが、料金の安さを考えれば目をつぶっていいところでしょうか

少しもったいないなという気もしますが、こういったお店があってもいいのではないでしょうか

ちなみに部屋を出たところでちょうど90分経過
こういうところももったいない・・





このページのトップヘ