本町 ダブルスタンダードスパ
(2020年1月)
日本人・マンション
ファラオの苦悶コース
(ダブルセラピスト+オイルドバドバ)
今回料金:90分29500円

Twitterはこちら!   質問箱はこちら!

オイルドバドバ系を巡るシリーズも終盤に差し掛かってきました
今回は色々と面白い仕掛けを提供してくれるこちらのお店へ

ここで触れていいでしょうか?
こちらあのVRのお店の別ブランド店ですよね
新しいアイデアを世に出していく姿勢は見習いたいものです
VR SPA REMIXXのレポートはこちら!

電話応対は男性
ショートメールにて近くまで誘導され、そこから再度TEL
場所は堺筋本町駅から東へ、メンエス密集地帯からは離れています

コースはたくさんあるのですが
他のドバドバ系との違いを見るためにも最高級をこの目で確かめるべきか?
私はこの料金だと何かしらの自分へのご褒美でないとなかなか・・


【セラピスト】

セラピストさんは30歳後半のおふたり
タイプが違うのもいいかも

少し脇道にそれますが・・
この後リピートするにしてもどちらか気に入れば
その方単独で利用することもできるわけで
このお店はメンエスでは珍しい2回転も取り入れてますよね

コスチュームはお揃いで黒のワンピースでお出迎え
施術するときは当然着替えで、白キャミ+黒パンツ


【店の設備】

ファミリータイプのマンションの一室
複数施術部屋を設けているようですね
外観、内観ともにとてもきれいなマンションです

玄関でふたりのセラピストさんがお出迎え、施術部屋の角のソロチェアへ
部屋中央には大きなビニールシートを敷いたマット
またマット横には大きな鏡を設置
更には天井にも鏡を設置
私は天井に鏡は初めて見ましたが、仰向け時に威力を発揮します
これを見たお店の方は取り入れるんじゃないかなあ?

紙パンツについてはVRのお店と同様に紙パンツルーレットが
私は大当たりを引いたのでしょう
人生初めての経験をしましたよ・・

お風呂場もとても綺麗
スポンジ、うがい薬など備品もバッチリ

シャワーから帰るとおふたりがコスチュームを変えてお出迎えです


【マッサージ】

シャワーから戻りマットにうつ伏せに
まずはおふたりが足裏に座ってふくらはぎから太ももにかけて
おふたりの呼吸はバッチリで力強くもありしっかりほぐされます
ここまでシンメトリックを感じられるのは練習の証でしょう

そのままお尻から鼠径部にかけてもごりごりと
ここまではオイルを多量に使うものも本気のマッサージでした
正直メンエスらしい触り方も見せてほしいなとも思いましたが
この後に控えているものを考えたらこれでよかったのかも

ここからが苦悶の始まり・・


ついにセラピストさんが別々に行動を始めます
計算し尽されているんですよ、これが

おひとりは片足をカエル脚にして鼠径部を担当し、
もうおひとりは逆の腕を手に取って腕を担当
癒しと刺激の両極端というアプローチ

更には鼠径部を担当していたセラピストさんが正座のまま
私の股間の下から足を滑らせ強制四つん這いの姿に
ここでも下半身を常に刺激されながら
もうおひとりが背中、肩といった上半身をしっかりと
(ここはもうマッサージでなくてもよかったかも?)


ここからは記憶もおぼろげなのですが・・
マットに座りセラピストさんが前から後ろからサンドイッチ
極度の密着状態から4本の腕があちこちに・・

最後に仰向けに
天井の鏡に映る魂の抜けた自身の鏡を見ながら
追い込むようにふたりが左右から添い寝状態で
足はしっかりロックされ恥ずかしい態勢で鼠径部も攻められ・・
鏡に映るふたりにもみくちゃにされる様子をぼーっと見ていると
お時間に・・


【施術後の感想】

とにかく考えに考えを重ねたのだろうなと思わせる内容
マッサージパートでは終始本気のマッサージだったのは
セラピスト魂があふれでたところなのでしょう

予約が入れば今いる誰かが出てくるのではなく、
特定のコンビでなくては受けないところもお店の本気を感じます
他のダブルセラピスト店と一緒にしてはいけないと思います

ほぼ唯一そして最大のネックといえば料金ですかね・・
定期的に通うものなのか?それとも自分へのご褒美なのか?
これだけのクオリティとはいえ、ほぼ大阪最高級の価格設定に
お店の意図は?お客も勘違いしてくる方もいそうです


(これを天井に貼り付けていたようですね
下半身は見えないように露骨にしないのも
個人的にはセンスがあるなと)