メビー・ラック BLOG~今も明日もLucky Life~

あなた様とあなた様の大切な存在が 今も明日もLucky Lifeを送れますように

ペットホテル (REST・STAY) ペットシッター シニアペットヘルパー デイケア保育 シニアペット様ホーム 手作り食&おやつ・プレミアムフード&おやつ オーダーメイドペットグッズ 謝恩グルーミング 迷子ペット様捜索

2017年08月

昨日、”御尤もな研究結果”についての記事を目にしたので、以下にその内容を転記させて頂きます。

『犬も退屈は苦痛です──刺激が少ないと脳が縮むと研究結果
2017年8月30日(水)18時30分
松丸さとみ

<英王立獣医大学の調査で、退屈という感情は人間特有のものと思われていたが、動物も退屈を苦痛に感じ、ひどく退屈した犬の脳は、縮んでしまう危険性がある、と指摘した>

あくびや寝てばかりは退屈な証拠?
日がな一日、退屈そうに寝そべっている飼い犬を見て、「犬は気楽でいいよな〜」などと思ったことはないだろうか。実はそれ、犬にとっては「危機」かもしれない。ひどく退屈した犬の脳は、縮んでしまう危険性がある、と指摘する調査が学術誌「アニマル・ビヘイバー(動物の行動)」に掲載された。

調査を行ったのは、英王立獣医大学の上級講師シャーロット・バーン氏。英紙タイムズが伝えた。

バーン氏の調査チームは、家に残された犬の動きをカメラで観察した。たいていの犬は、あくびをしたり、吠えたり、遠吠えをしたり、クンクン鳴いたりしていたが、中には無気力にかなりの時間を寝て過ごす犬もいた。バーン氏によると、こうした様子は不安が原因になっている場合もあるが、多くは単にものすごく退屈しているためだという。

脳細胞が死んでいく
バーン氏は、「退屈という感情は人間特有のものと思われていたが、動物も退屈を苦痛に感じる」と言い、犬に限らず家畜や動物園の動物などは、刺激が少なすぎる環境にいると脳が縮んでしまう恐れがあると同氏は警告している。動物が刺激を受けない状態が長く続くと、脳の神経細胞(ニューロン)が死んでしまうため、そのような動物の脳は、シナプスが少なくサイズも小さい傾向にあるという。

しかしバーン氏は、動物が退屈するという側面について、これまであまり研究がなされていなかったと指摘。退屈というのは主観的なもので、直接測定したり判断したりすることが難しいが、動物の動きを観察したり、脳の活動を測定したりすることで、その動物が退屈しているか否かを判断できる、と述べている。

私たちも、退屈な状態がどれほどつらいか、経験したことがあるだろう。例えば飛行機で、エンターテイメント機器が故障した座席での長距離フライトなどは苦痛でしかない。

バーン氏は、人間の場合、刺激のない退屈な状態が長く続くと認知障害が起こるが、それは動物にも当てはまると指摘する。特に現代の家畜は、野原で草を食むというより、狭い小屋の中で育てられることが多く、退屈な状態から逃れられない環境で飼育されることになる。このような環境だと、動物に深刻な苦痛を与えることになるとバーン氏は主張している。「動物にとって刺激とは、人間同様、贅沢なことではなく必要なこと」と訴えている。

これからは、飼い犬が暇そうに大あくびをしていたら、散歩に連れ出したりボール投げをしたりするように気をつけると、いつまでも脳が元気な犬でいてくれるかもしれない』

上記の”御尤もな研究結果”を読んで、犬様と暮らす飼い主様方は、なにを思いますか?

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉



にほんブログ村 その他ペットブログ ペットホテルへ
にほんブログ村

お手洗い後に飲み物の買い物を済ませて売り場を出た際も、男性はまだ立ったままであった。
三匹の猫様たちのねぐらに向けて、熱い視線を注いでいる。
私がそちらに近づいても尚、男性は視線を固定したまま報告してきた。

「ここから見える範囲では、三匹に動きはありません」
「そうですか。ところで、彼らのねぐらがある草むらの向こう側は、どうなっているのかご存じですか?」
「草むらの先はフェンスで囲われているはずです」
「そのフェンスは、周辺に生息する野生の生き物が通り抜けできそうなつくりですか?」
「いや。網目の細かさからするに、潜り抜けるのは無理だと思います。猫でも難しいんじゃないかと……」
「では、よじ登ることは?」
「うーん……それなら、できるような気がします」
「フェンス際には、毎日近寄るのですか? たとえば、掃除などで、ですとか」
「いや、基本的には近寄ることはありません。メンテナンスですとかは専門の人間が担っているので。こっちの仕事は、サービスエリア利用者が行き来する範囲の清掃などが主ですから」
「なるほど……」

私はさらに尋ねた。

「このサービスエリアの敷地外、つまりフェンスの向こう側は、どういう立地になっているのですかね?」
「フェンスの向こう側にも、草むらが続いているはずです。その先は、幹線道路が走っています」
「民家などは?」
「ありますよ。ただ、昔ながらの家々や、今はシャッターが下りっぱなしの店がいくつか建っているだけで、廃れた街並みといったところでしょうか。あとは畑がちらほらと点在している感じです」
「分かりました」

ねぐらにいる三匹の猫様たちがフェンスをよじ登り、そちら方面まで足を延ばす可能性がゼロとはいいきれない。
逆に、そちら方面の猫様たちが、サービスエリア内の敷地にやってくることも、なくはないだろう。
とくに、発情期に差し掛かった時期ならば、移動距離が延びることは大いに考えられる。
その可能性の裏付けを取るために、このサービスエリア内で、今までに三匹の猫様たち以外の猫様を見かけたことがあるかどうか、私は男性に尋ねた。

「うーん……ないですね。もっとも、仕事が終わって帰宅後には、どうなのか分かりませんが」
「ほかの従業員の方は、どうでしょう?」
「あの三匹以外の猫がいたとかいう話は、聞いたことがありません。ちなみに、民家などが建っている幹線道路付近でなら、猫を見かけたことは何回もあります。生きている猫もいれば、残念なことに車に轢かれて亡くなっている状態の猫も、です」
「そうですか……」

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉



にほんブログ村 その他ペットブログ ペットホテルへ
にほんブログ村

すっかり張り切っている男性は、私に尋ねてきました。

「三匹の猫たちの誰かが動き出すまでの間、ほかに手伝えることはありますか?」
「現時点では、大丈夫です。それもよりも、張り込みはどれだけの時間続くか分かりません。すべては、彼らの気分次第だからです。ですので、今のうちにお手洗いに行っておく方が良いと思います」
「分かりました」
「それと、飲み物や食事類も用意なさっておいた方が賢明です。お戻りになるまで、私はこの場に待機していますので」
「はい。じゃあ、行ってきます」

男性は、トイレに向かって小走りして行った。

幸いにして、この日の天候は悪くないので、張り込みをするにはもってこいだ。
多少の風が吹いているものの、暑くもなければ寒くもない。

ただ、夜を迎えたとはいえ、サービスエリアにはまだ多数の人たちがいる。
場所柄、まったく人気がなくなることはないだろう。

それでも、建物外の敷地で揚げ物類を売っているブースは、もはや店じまいの支度を始めている。
完全に店じまいになれば、三匹の猫様たちに与える目的で揚げ物類を購入する人はいなくなる。
加えて、もはや陽が沈んでいるので、三匹の猫様たちは日中よりも人目につきにくい状況である。

上記を加味すれば、三匹の猫様たちを無事保護するには、これからが正に勝負の時間といえるので、私は気合を入れ直した。

そうこうしているうちに、男性が戻ってきた。
手には、ペットボトル入りの飲料とボトルガムを持っている。

「食事類は大丈夫ですか?」

私の言葉に、男性は笑った。

「仕事の後はいつも、ちゃんとした晩飯は食わないんですよ。とはいっても、代わりに酒を欠かすことはないんですがね」
「そうなんですね」
「あ、でも大丈夫ですよ。今晩はもちろん、晩酌よりも猫たちの保護の方が最優先なので」
「焦らず、慌てず、できるだけ早期に無事保護ができるように、お互い頑張りましょう」
「はい!」
「それでは、私もお手洗いと飲み物を買いに行かせてもらいます」
「どうぞ、どうぞ」
「もしも彼らに動きがあったら、すぐに電話をください」
「分かりました!」

お手洗いに向かう途中に立ち止まり、振り返って男性の様子を見ると、ベンチには座らずに立ちっぱなしだった。
猫様たちのねぐらの方向を、真っ直ぐに凝視している。

あれじゃあ、気合の入り過ぎで、集中力が長持ちしそうにないなあ……。

一抹の不安を抱いたが、男性の気持ちは分からないでもない。
私は再び歩き出した。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉



にほんブログ村 その他ペットブログ ペットホテルへ
にほんブログ村

ねぐらで丸まっている三匹の猫様たちについて、前回ブログ『サービスエリアの空の下 24』の文末で綴ったような見解を持った私は、男性にお願いした。

「可能な限り彼らが落ち着く環境にして、できるだけ早く無事に保護するために、一旦この場から離れましょう」
「はい……」

落胆の色を、男性は未だ隠せずにいる。
それを少しでも解消してあげるには、何かを手伝わせる方がいいだろう。
責任を伴う仕事を任せる意思があることを、私は話した。

「先ずは、無事保護に向けて考えているプランを説明させてください。先ほど、『直接的な手伝いは不要です』と申し上げましたが、三匹を保護するには、やはり手伝って頂くと助かることもあるのです」
「分かりました! では、あそこで話を聞かせてもらうのは、どうでしょう?」

落胆の色が一気に消えた男性は、今いる場所から少し離れたベンチを指さしている。
三匹の猫様のうちの誰かがねぐらから出てきた場合、すべてとはいえないが、そこからなら変化に気づけやすい。
私は賛同し、男性の後に続いてベンチに移動した。

「早速、プランを話させて頂きます。保護作業といっても、通常、対象となるのは一匹であることがほとんどです。ですが今回は、三匹を保護しなければなりません。ですので、すべてを私一人で行うのが、必ずしも得策といえないわけです」
「つまり、人手が必要になってくる場面を想定しているわけですね?」
「その通りです」
「それで、こっちは何を手伝いましょう?」

どうやら、男性の”乗り気”に再び火をつけることに成功したようだ。
分かりやすいほどに、目が活き活きとしている。

「手伝って頂きたいことの一つは、監視作業です」
「……監視? 猫たちの……ですか?」」
「そうです。ねぐらから彼らが動き出したとしても無理に尾行する必要はありませんが、所謂、張り込みという形で、彼らの行く先を見張って頂ければと思っています」

三匹の猫様に血縁関係があるとはいっても、片時も離れずに行動を共にしていることは考えにくい。
白猫様の子どもであるキジ白猫様二匹はもう子猫ではない以上、尚更である。
故に、ねぐら以外の場所にも移動するはずで、それがどっちの方面なのかを知れば、今の活動エリアよりも、保護するのに適切な場所が見つかるかもしれない。

そのことを話すと、自身に任された仕事の重要性を再認識したようで、男性は力強く頷いた。

「分かりました。しっかりと監視しておきます!」
「あとは、彼らにエサやりをしようとしている誰かが現れた場合、それを止めさせて頂けますか? このサービスエリアで本職として働いておられるので、例えば注意の仕方に関しては、私よりも長けていらっしゃるはずですので」
「大得意とはいえませんが、任せてください。上手く対応してみせます」

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉



にほんブログ村 その他ペットブログ ペットホテルへ
にほんブログ村

三匹の猫様たちと男性がいるサービスエリアへは、およそ予想していた時刻通りに到着できた。

F様・A様・Kちゃん宅を出発する際に電話をかけた時、

『今はおそらく、草むらの奥にいると思います。例の、ガムテープでグルグルに巻かれた段ボール箱ごと棄てられた場所です。三匹とも、あそこをねぐらにしていますので』

と男性から聞いていたので、その付近に近い駐車スペースに車を停めた。
そして一先ずは車を降り、草むら辺りまで歩いた後、男性に電話をかけようとした。

その時、草むらの奥からこちらに向かって動く気配を感じたので、私はスマフォ画面から顔を上げた。
男性だ。

「どうも、お待たせ致しました」

その声かけで私に気づいた男性は、破顔一笑しながらこちらに寄ってきて、声をひそめた。

「……ちょうど今、三匹は、ねぐらにしている草陰で丸まっていますよ」

まるで秘密の潜入作戦を行っているかのような”乗り気”な素振りを見せる男性を見て、私は思わず吹き出してしまいそうになった。
だが、男性の”乗り気”な気分を害してしまうのは申し訳ないので、どうにか堪えて答えた。

「そうですか」
「どうやら寛ぎ中みたいです。どうしましょう? 早速、三匹の保護を実行しますか? こっちは、何から手伝えばいいですかね?」

一度火のついた”乗り気”の炎が勢いを増したようで、男性の目は、らんらんとしている。
それでも私は、残念な事実を伝えた。

「お気持ちはありがたいのですが……彼らを保護するための、直接的な手伝いは不要です」
「え……そうですか……」

男性のあからさまな落胆ぶりに戸惑いを覚えたが、致し方ない。
私が行うべきは、三匹の猫様たちを無事に保護することである。
ならば、努めて冷静に、あくまでも効率的に、どこまでも実直に、三匹の猫様たちの無事保護に向けて、適切な行いをするまでだ。
私は、淡々と述べた。

「無事に彼らを保護するための確率を少しでも上げるためには、極力、彼らに警戒心を抱かせないことです。ですので、彼らの保護は、私一人で行いたいと考えています。ご理解ください」

いつも顔を見せ合う間柄といっても、いつもとは様子の違う”乗り気”な男性の様子に対し、三匹の猫様たちは、大なり小なりの違和感を抱いているはずだ。
どれだけの長さだったのかは定かではないが、ねぐらで寛ごうとしていたのにもかかわらず、男性にずっと見張られていたのだとしたら、三匹の猫様たちが落ち着かなかった可能性も否定できない。

その観点から、三匹の猫様たちは寛いでいたのではなく、警戒心を抱きながら丸まっていたのだと、私は判断した。
寛ぐどころか、ずっと気を張りながら、男性の様子を窺っていたのだろう。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉












にほんブログ村 その他ペットブログ ペットホテルへ
にほんブログ村

このページのトップヘ