昨日10日に様々な報道媒体で既報されているので、すでにご存じの方々もいらっしゃると思うが。
徳島県に住む40代の男性が、マダニが媒介する感染症『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』に感染・発症したという。

同県及び厚生労働省が発表したところによると、飼い犬様を通じて同感染症に感染し発症したのを確認したのは、国内初とも世界初ともいわれている。
ペット様ではない動物を介した感染症については、今年7月、野良猫様を保護しようとした際に噛まれた方がお亡くなりになった件が記憶に新しい。
ところが今回は、ペット様からの感染症が明らかになったわけだ。
このことは、日頃から多くのペット様のお世話を承っている私たちメビー・ラックからしてみれば、決して他人ごとではない。

『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』に感染した患者が判明した国内初の例は、2013年のことだ。
それ以降、西日本を中心に300人以上の感染報告があり、50人以上の方々がお亡くなりになっている。

このことについて厚生労働省は、

”健康なペットからは感染しない。ペットが体調不良になったら接触を控え、直ちに動物病院を受診してほしい”
”体調が悪い動物との接触や、餌の口移しなどペットに対する過剰接触は控えてほしい”

などと呼びかけているが、当ブログの読者はペット様と暮らされている飼い主様方が多数なので、件の男性が『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』に感染・発症した経緯をしっかりと把握なさった方がいいだろう。

この男性の飼い犬様(雑種の大型犬様・メス4歳)は日頃、散歩で外に出る以外は、室内で暮らしていたそうだ。
今年6月初旬、その飼い犬様が散歩後に体調不良(発熱・元気がない・軟便など)を起こし、男性は動物病院に連れて行った。
そして、同月下旬に、飼い犬様が『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』に感染・発症していたことが判明した。

飼い犬様の検査結果を受けた男性は、自身も6月中旬に、発熱・下痢・嘔吐などで体調を崩していたため、9月初旬に病院に赴いた。
その際には、マダニに噛まれた痕はなかったそうだが、念のために採血を行った。
結果、同月の下旬になって、自身も『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』に感染・発症していたことが分かったという。
男性から採取した血液を国立感染症研究所が調べたところによると、その検体から、数カ月以内に『SFTSウイルス』に感染したことを示す抗体が検出されたそうだ。

男性は、飼い犬様のお世話(介護)最中に、度々その手をなめられていたという。
診断結果によれば、その際に、口や皮膚の傷などを通じて感染した可能性が高いらしい。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉