猫様にとって有害植物となり得る代表的なものは、まだまだある。
以下に記した植物などは私たち人間が食する機会も少なくないので、より身近に感じる方も多いだろう。

・ネギ
・アサツキ
・タマネギ
・ニラ
・ニンニク
・ワケギ
・ラッキョウ

これらの植物を猫様が経口摂取してしまうと、つぎのような症状などを引き起こしてしまう。

・ふらつき
・心臓の鼓動が速くなる
・嘔吐
・下痢
・発熱
・血尿
・血便
・貧血
・黄疸
・口内粘膜蒼白

上記に書いたような症状などが悪化すれば、痙攣を伴ってお亡くなりになってしまうケースもあるといわれている。
症状を起こす原因となる成分は”アリルプロピルジスルフィド”と呼ばれているもので、これが猫様にとっては有害物質となってしまう。
”アリルプロピルジスルファイド”の具体的な有害性はなにかというと、猫様の赤血球の中に含まれる”ヘモグロビン”を酸化させてしまうことにある。
それによって、溶血性貧血を引き起こしてしまうのだが、溶血性貧血になると体のすみずみにまで酸素を送ることができなくなってしまう上に、血液をつくる骨髄にも影響を及ぼすことが指摘されている。

猫様に対してそんな危険を孕む”アリルプロピルジスルファイド”について忘れてはならないことは、たとえ加熱したとしても猫様の赤血球に及ぼす影響はなくならない、という点だ。

猫様は自分好みの食べ物かどうかを匂いで判断している。
よって多少の個体差はあるが、基本的には、文頭に書いた植物類などを自ら進んで口にすることは稀である。

だからといって、手放しで安心は避けて頂きたい。
というのも、文頭に書いた植物類は、私たちの日常において様々な料理で重宝されているからである。
つまり。
猫様が好物としている肉類・魚類を用いた料理には注意が必要というわけだ。
たとえばカレー・肉野菜炒め・すき焼き・煮物などがそれに当たるが、肉類・魚類と一緒に調理した植物類にはそれらの匂いが沁み込んでいる。
そうなると、匂いにつられた猫様がうっかり口にしてしまう危険性は高まる。
その点でいえば、文頭に書いた植物類を猫様が生の状態で直接食べることは稀でも楽観視はできない。

では、どれくらいの量の”アリルプロピルジスルファイド”を口にすると危険なのか――
一説によると、猫様の体重1Kgあたり15g~20g程度で中毒を引き起こすといわれている。
だがしかし、猫様の体質・体調・年齢によって個体差が生じるので、一概には限度量を定めらない。
文頭に書いた植物類を少し口にしただけでも中毒を引き起こしてしまう猫様がいるし、必ずしも中毒になるわけではない猫様もいる。

それにしたって、だ。
症状の差はあれど健康を脅かしかねないので、文頭に書いた植物類を猫様が口にしないように、飼い主様方においては充分にお気をつけ願う。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉