メビー・ラック BLOG~今も明日もLucky Life~

あなた様とあなた様の大切な存在が 今も明日もLucky Lifeを送れますように

ペットホテル (REST・STAY) ペットシッター シニアペットヘルパー デイケア保育 シニアペット様ホーム 手作り食&おやつ・プレミアムフード&おやつ オーダーメイドペットグッズ 謝恩グルーミング 迷子ペット様捜索

カテゴリ: ペット全般

猫様にとって有害植物となり得る代表的なものには、過去ブログ『無知の危険 2』や『無知の危険 3』で取り上げた植物類のほかに、ナス科の植物も挙げられる。

・ナス
・トマト
・ジャガイモ
・ピーマン
・ベラドンナ
・ホオズキ

これらナス科の植物に含まれる”ソラニン”という物質は中枢神経系に作用する毒性を持っているらしく、猫様が経口摂取してしまうと溶血作用を示し、つぎのような症状などを引き起こしてしまう危険が指摘されている。

・嘔吐
・下痢
・発熱
・食欲減退
・呼吸困難
・心拍数の異常
・血圧上昇及び低下
・胃腸障害
・痙攣

上記に書いたような症状などが悪化すると、最悪の場合はお亡くなりになってしまうので断じて油断は出来ない。

中毒症状を引き起こす原因となる成分である”ソラニン”という物質は水溶性のため、流水などにさらすと水に溶け出す性質を持つ。
だがしかし、反対に、熱には比較的安定を保つ物質らしいので、加熱したからといって有害性が少なくなるものではないというから要注意である。

ちなみに。
”ソラニン”の中毒症状は、私たち人間にも起こり得る。
とりわけ、ジャガイモの収穫期になると頻発するという。
というのも、ジャガイモの場合、芽の部分に”ソラニン”が多く含まれているからで、その処理方法を誤って中毒症状を起こしてしまう人が増加するのがジャガイモの収穫期と重なるらしい。
買ってきたジャガイモの保存方法に失敗して芽が出てしまった、という有様を当ブログ読者の方々も一度は経験したことがあるだろうが、前述した通り、ジャガイモの芽には中毒症状を引き起こす”ソラニン”が多く含まれているので、しっかりと取り除くようにして頂ければと思う。

では、どれくらいの量の”ソラニン”を口にすると危険なのか――
一説によると、成人が中毒症状を引き起こしてしまう量は約200~400mgで、小児の場合は、その約10分の1程度である20~40mgが上限だと推定されている。
それを鑑みると、私たち人間よりも体の小さな猫様が”ソラニン”を大量摂取してしまえばどうなってしまうのか……その危険性は想像に難くないであろう。

いわずもがな、猫様の体質・体調・年齢によって個体差が生じるので、一概には限度量を定められない。
かといって、だ。
”ソラニン”の大量摂取は猫様の健康を脅かす危険性があるといわれているので、とにもかくにも、ナス科の植物類を猫様が大量摂取しないように、飼い主様方には気をつけて頂きたい。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉

過去ブログ『無知の危険 上』で取り上げた悲劇の事故について、当ブログ読者の方々はなにを思うのであろうか。
酷な言い方を承知の上、当ブログ読者の方々(とりわけペット様と暮らす飼い主様方)がこのような悲劇に直面しないよう、あえて指摘させてもらえば――
実際に兄弟猫様二匹と暮らし、尚且つ、日々多くのペット様のお世話を承るプロの身としては、これは不慮の事故では済ませられない。
『ユリの花が猫にとって有害だと知っていた私は、チューリップが原因に違いないと悟ったのです』と本人自身がインタビュー内で述べている通り、この事故は、ひとえに飼い主様の油断が原因で起こった事故だからだ。

それはそれとして。
ペット様にとって有害となる食物・植物・飼育環境などについての知識が浅すぎる飼い主様方には、これまで何度も驚かされたことがある。
たとえば今回のように、チューリップが猫様にとって有害植物であるということは、私としては基本中の基本知識であるわけだが……実情、それを知らない飼い主様は意外と多い。

そこで、だ。
当ブログでも、猫様にとって有害となり得る植物を紹介しておく。
とはいうものの、猫様にとっての有害植物の数は700種類以上あるとされているので、すべてを書き出すのはブログ上では無理がある。
よって、普段の暮らしで目にする頻度が高いであろう身近な植物に的を絞って書き出しておくことにする。
すでにご存じの方々もいらっしゃるであろうが、愛猫様のためを思って、これを機会に復習するつもりで目を通して頂ければと思う。

先ずは。
猫様にとって有害植物となり得る代表的なものには、ユリ科の植物があげられる。

・チューリップ
・スズラン
・ユリ
・ヒヤシンス
・シュロソウ

これらユリ科の植物は、猫様にとってかなり危険度が高い植物だといわれていて、目に入ると視力障害を招いたり、場合によっては失明の恐れもあるとされる。
加えて、猫様がほんのわずかでも口にしてしまえば、

・口腔や咽の灼熱感
・嘔吐
・食欲不振
・下痢
・沈鬱や無気力感
・脱水症状
・手足のしびれや全身麻痺
・腎臓障害
・呼吸困難
・循環不全

などを引き起こしてしまう危険がある。
さらに厄介なのは、回復しても慢性腎不全や膵炎に移行することもある点だ。
また、ユリ科の植物を経口摂取してしまった場合の深刻なケースだと、たちまちにして中毒を起こし、それが全身に回れば腎臓に重度なダメージが残り続け、最悪の場合には命を落としかねないものも存在するので要注意である。
ちなみに、ユリ科の植物については、花・茎・球根・花粉だけではなく、生けている花瓶の水を舐めてしまうだけでも危険だとされている。
なので、猫様が暮らす室内にユリ科の植物を飾ることは絶対に避けるべきだ。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉

立ち上げ日は、もっと以前になるのですが。
メビー・ラックは本日、現在の位置に店舗を構えてから三周年を迎えました。
私たちが今日の日を迎えられたのは、これまでにメビー・ラックをご利用くださった、すべての飼い主様方・すべてのペット様方のおかげです。
皆様方のご支援・お力添え・ご愛顧に対し、厚く御礼を申し上げます。

さて。
心中に去来する想いを綴ればきりがないので割愛致しますが、三周年を迎える今日までの日々には、実に様々な出来事がありました。
飼い主様方お一人お一人はさることながら、ペット様方におかれましてもそれぞれが個性豊かで、誰一人として同じ存在はないものだとあらためて思う次第です。

あなた様方すべての存在が、私の胸に尊い印象を与えています。
あなた様方とのすべての瞬間が、私の記憶に深く刻まれています。
だから私は、いつでもすべてを思い出せます。
そうして、そのすべてに、いつもいつも感謝の念を積み重ねています。

諸事情で遠方に暮らすことになり、頻繁に会うことがかなわなくなった飼い主様方とペット様方――
天国へと旅立つその瞬間まで、共に介護に携わらせて頂いた飼い主様方とペット様方――
今は安らかに永眠なさっている飼い主様方とペット様方――

誰一人の例外なく、私はあなた様方の存在を忘れることはありません。

また、

かわらずに、今日も、それぞれらしく暮らしている飼い主様方とペット様方――
そして今日、『ペットホテル』・『デイケア保育』・『トリミング&グルーミング』などで、当方にご滞在中のペット様方――

あなた様方においても、上記と同様の想いを抱いています。

私たちメビー・ラックは、これから先も飼い主様とペット様の『Lucky Life パートナー』としてお役に立てるように一層の精進をして参る所存です。
より良い『Lucky Life パートナー』としての高みを目指すべく、各種事業内容の精査を怠らずに歩み続けます故、今後とも倍旧のご愛顧とご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

最後に。
私事ではございますが、メビー・ラックと共に歩み、今は天国で暮らす保護犬様『ライク』・『モア』、保護猫様『モコ』にも、心より感謝を申し上げます。

ありがとう
みんなのおかげで、メビー・ラックは今日も誰かの役に立てているよ

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉
メビー・ラック代表 岡村・スタッフ一同

あらゆる事故を未然に防ぐことや危険を回避することに考えが及ばない飼い主様は、”犬様想いの良い飼い主”ではないだけに止まらず、”他人に対しても良い行いをする人間ではない”といえよう。
過去ブログ『なにも見えない 前編』で書いた、一定の時刻になると井の頭恩賜公園の西園エリアに集まってくる飼い主様集団は、その最たる人物たちである。

この件で勘違いしてほしくないのは、他人に怪我を負わせてしまうかもしれないというリスク回避を怠り、平然とノーリードで犬様を遊ばせる飼い主様だけのことを指しているわけではない、ということだ。
その集団に属しているすべての人物が、同じように”犬様想いの良い飼い主”ではないし、”他人に対しても良い行いをする人間ではない”といえる。

上記のように書くと、

「同じ集団内にいるが、自分は犬様をノーリード状態にしていない」

と主張する飼い主様がいるであろう。

だがしかし、である。
第三者から見れば、その主張は免罪符替わりにはならない。
犬様をノーリード状態で遊ばせている飼い主様の振る舞いに対して、

「あらゆる事故を未然に防ぐことや危険を回避するために、ノーリード状態で犬を遊ばせるのは止めましょう」
「井の頭恩賜公園の西園エリアは公共の場なのだから、周りの人への配慮と自分の犬の安全を第一に考えなければいけないのではありませんか」

というような忠告または指摘をしないでいるからだ。

ひょっとしたら、ノーリード状態で犬様を遊ばせている人物は、その集団の中でのリーダー格なのかもしれない。
だからほかの人物たちは下手に忠告をして仲間外れになることを恐れ、見て見ぬふりをしているのかもしれない。
あるいは、本当はノーリード状態で犬様を遊ばせるのに反対の立場だが、リーダー格の人物やその腰巾着たちに反撃されるのが嫌で、表面上だけは笑顔で取り繕っているのかもしれない。

いずれにせよ、だ。
きつい言い方になるが、それらは結局、自己保身に過ぎない。
自分の立場を守ることと引き換えに、もしかしたら他人が怪我を負ってしまうかもしれないと分かっていても尚、ノーリード状態で犬様を遊ばせることに目を瞑るのはいかがなものか。
自分は本当にそれでいいのか――どうか自問自答してみてほしい。

ところで。
井の頭恩賜公園の西園エリアには、当該飼い主様集団以外にも、”犬様想いの良い飼い主”ではないし、”他人に対しても良い行いをする人間ではない”といえる飼い主様が現れる。
その人物こそが、過去ブログ『なにも見えない 前編』の文頭で書いた、残念且つ非常識な飼い主様のことである。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉

過去ブログ『決して他人事ではない 上』で取り上げた件は、”飛び出してきた犬を避けようとして転び、けがを負った”という損害賠償請求の訴訟であるが――
このような状況が非日常的だと、私は感じない。
というのも、これに類似した場面を実際に何度も目撃したことがあるし、自らも被害者として体験しているからである。

今回、損害賠償請求の訴訟を起こした男性会社員は、ランニング中に、前方から飛び出してきたミニチュアダックスフントを避けようとして転倒したという。
ということは、それなりのスピードが出ていたことだろう。
また。
飛び出してきたミニチュアダックスフントの側も、それなりのスピードで走っていたと予想される。
双方がそのような状況下にあっては、怪我の程度が相応なものになるであろうことは想像に難くない。

ところで。
類似した場面に遭遇して、あわやの危険を感じるのは、なにもランニング中だけに限らない。
歩いている最中であっても、道の角から急に飛び出して来られれば肝を冷やす。
その相手が犬様ではなく、自動車や自転車の場合もあるだろう。
それぞれが自分のことだけを考えてスピードを出しているので、とりわけ、通勤・通学などが重なる朝の時間帯は危険極まりない。

さて。
今回の事故は、損害賠償請求の訴訟にまで発展してしまったわけだが、原因はどこにあったのか。
それは一目瞭然。
判決内容で言い渡されている通り、飼い主様がミニチュアダックスフントを放してしまったことに原因があり、その過失は重い。
リードを付けて散歩していたミニチュアダックスフントが、なぜ、突然に走り出したのか――
飼い主様は、なぜ、リードから手を離してしまったのか――
記事中の文言だけでは詳細が定かではないが、どんな言い訳を並べようとも、飼い主様の責任が問われる。

裁判官が判決で述べているように、動物は時に予想できない行動をする。
飼い主様には、それを含めた保護責任がある。
だからこそ、犬様の散歩中には、必ずリードを付けなければならない。

そういった義務を怠る飼い主様に共通していること――
それは、自分勝手な思い込みや油断に溺れている点だ。
他者への配慮や親切心などは持ち合わせず、常に自分本位の考え方を押し通すことしかできない点も共通している。
犬様のお散歩友だちと称して集まる飼い主様たちの集団においては、それらの悪しき共通点がより増幅するので怖ろしい限りだ。

とにもかくにも、だ。
当ブログ読者、とりわけ犬様と暮らしている飼い主様方には、件の事故や判決に関し、”決して他人事ではない”と考えて頂ければと思う。
他者に怪我や迷惑をかけないためにも、ご自分と暮らす犬様のためにも、飼い主様ご自身が常日頃から高い意識を持ち、義務を怠らないようにお気をつけ願う。

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉

このページのトップヘ