2015年11月09日

SHIMANO SWなスピニングの実際の糸巻量(主にPE3号)

絶賛Blog放置プレイなMebiusさんです。
いや、ほら忙しいわけで。
それでも釣りには行ってるというか、行かないと精神的に病んでしまうので行ってますゆえ、サボってた分の釣行記もぼちぼち書きます。(投稿日付詐欺を行って時空を歪める宣言

さぼってた釣行記の前に、個人的な防備録の意味も込めて愛用しているSHIMANOのSWなスピニングリール各番手の実際の糸巻量をば。
SHIMANOなスプールたち

一応はメーカー側としても基準となる糸巻量は発表してますし、メーカーWebサイトやら取扱説明書やらスプールに書いてあったりしますが、メーカー想定と異なる糸巻く場合もあるわけで迷うこともあるわけです。
例えば近海で一番出番が多いであろう8000番サイズだと、13ステラSW8000番スプールには「PE4号300m」という糸巻量が記載されてるわけです。
ただ、丹後だと4号ではなく3号までってことが多いように思います。
3号の糸巻量についてスプールには記載が無いので、09ツインパワーSW8000スプールを見てみると「PE3号410m」なる記載。
それで実際に下巻き入れてトータル400m巻いてみるとかなりエッジ落ちするわけですよ。
そりゃ基準となる糸が違ってたり巻くときのラインテンションが違ってたりで誤差が出るのは判りますが、早巻きロングジャークを多用するMebiusさんとしてはエッジ落ち=スプールが細くなる=速度低下でいまいちスッキリしないので、きっちり巻いたらどれだけ入るか。
各番手ごとに書いてみました。

尚、Mebiusさんはスピニングリールに糸を巻く際
・糸巻形状は必ずフラットになるように座金調整を行う
・スプール軸にビニールテープを1周巻く(滑り止め)
・スプール軸に直接結ぶ糸は10号程度のナイロンラインを1ヒロ(これも滑り止め)
・滑り止めの糸にFGノットorPRノットで下巻きPE(入れない場合はPE本線)を接続
・下巻きPEとPE本線の接続部にもPE本線の号数*4の号数のナイロンライン1ヒロを挟み、このナイロンライン両端にPRノットで下巻きPE、本線PEを接続
・下巻き、もしくはPE本線の下1/3を巻く際はミヤマエのテンションアジャスターで5kg程度のテンションを掛けて巻く
・PE本線 先200mくらいは同テンションアジャスターで1.5kg~2kgのテンションを掛けて巻く

てな感じで巻いてますので、参考までに。
持ってない番手や記録してない番手とか巻いたこと無い号数については書いてませんのであしからず。

・08ステラSW/09ツインパワーSW 6000番
 →PE3号 300m(よつあみ ジグマンWX4、SジグマンX4,X8)
 これはメーカーの記載どおりですね。
 十分なテンションを掛けずに巻くと250mくらいしか入りませんので、
 250mしか入らないって人はもっとテンション掛けて巻くと300mきっかり入ります。

・09ツインパワーSW 8000番
 →PE3号 400m+(よつあみ ウルトラキャストマンX8 200m+下巻きPE3号200m)
 上記巻き量でちょっと余裕あるので、だいたい記載の通り3号410mのスプールだと思います。

・13ステラSW8000番
 →PE3号 500m(よつあみ SジグマンX8 300m+同糸下巻き200m)
 08/09スプールがだいたいスペック表どおりだったのでそれに合わせて
 トータル400m巻いたらえらくスプール落ちしました。
 そんなわけで今回巻き替え時に下巻きを200mまで増やしたらぴったり。
 まさか寸法変わった?

・13ステラSW10000番
 →PE3号 550m+(よつあみ SジグマンX8 300m+同糸下巻き250m)
 若干エッジ落ちしてるので、あと20mくらい巻けそうな感じです。

・09ツインパワーSW 12000番
 →PE6号 300m(よつあみ ウルトラキャストマンX8)
 →PE5号 350m(よつあみ ウルトラジグマンX8 他)
 5号についてはスプール記載通りでした。6号は270mってことになってますがきっちり300m入りました。

・13ステラSW 14000番
 →PE6号 300m(よつあみ ウルトラキャストマンFD,オッズポート)
 →PE5号 350m(よつあみ ウルトラ2ジグマンWX8)
 こっちはPE6号についてはスプール記載通りです。
 んでもってPE5号の糸巻量が09ツインパワーの12000と同じです。
 正確に測定はしてませんが、AR-Cスプールのツバ部を除いた実際の
 スプール軸径とスプール径が同じなんじゃなかろうかと思ってます。
 尚、5号は最初400m入ると思って巻いたらおもいっきりオーバーフローしました。

・08ステラSW 18000番
 →PE10号 250m(よつあみ ウルトラキャストマンX8)
 まぁこんなもんでしょう。

・08ステラSW 20000番
 →PE6号 500m(よつあみ ウルトラキャストマンX8)
 これもスペック通り。

・08ステラSW 20000MAX
 →PE6号 600m(よつあみ ウルトラ2ジグマンWX8)
 スペック通り。ここまでくると自力で巻くのが非常にめんどくさいです。

てなことで、手持ちのスプールの実際の糸巻量一覧でした。
がっちりテンション掛けて巻かないと色々とトラブルの元になるんで、自力で巻く自信がない方は信頼できるショップに任せましょう。

尚、Mebiusさんに任せようとされた場合、めんどくさいので高級焼肉か高級寿司店での夕食あたりを要求します。  
Posted by mebi_log at 22:21Comments(0)TrackBack(0) ジギング/キャスティング | Mebiusさんの道具

2015年10月24日

2015年10月24日 3BAKAがイく@ビクトリー2

慢性の肩こりに悩むMebiusさんです。

さて10月24日は3BAKA揃ってのビクトリー出撃。
前日入りして気合を入れての出航です。

当日は鱈からスタート。
潮が効いてて良い感じです。
船中次々竿が曲がり、Mebiusさんもさらりと3本ほど捕獲。TKOも同じく3本。
こうなるとスローピッチのHENTAI使い手、井沢はさぞかし・・・

と、思いきや0本。
何かリズムが合わなかったようです。

その後は白石に戻って青物狙い。
活性渋い中のチャンスを狙っていきます。

ここで鱈ボウズの井沢がようやっと覚醒。ハマチ~大メジロと連発します。
これはスローでやらんと取れないパターンかなとか考えてると絶好の感度通過のアナウンス。
すぐさま底取り直して早巻きロングジャークを2セットでドスン。
巻き合わせいれると重い感触が伝わるも、どうも引きがおかしい。

浮かせてみるとやっぱり。2本掛かってました。
だぶる

その後は活性上がらず、タイムアップ。
TKOのクーラーに魚詰めてたのですが
たまには満杯
割とすごいことに。

青物に関しては活性の高まるワンチャンスでしっかりと水中にジグを置けたことが勝因のように思います。

引き続き精進です。

<今回の釣果>
・タラ 3本
・メジロ 2本  
Posted by mebi_log at 23:30Comments(0)TrackBack(0) ジギング/キャスティング | 海・大物

2015年10月07日

2015年10月7日 ベイマックスで出撃@ビクトリー3 ベイマックス

そんなわけでベイマックスでの出撃です。Mebiusさんです。

ベイマックス
当日はほかの船が根こそぎ出船停止になる強風。
やっさんに無理言って出てもらいましたがポイントは限られます。

朝イチのポイントでは反応得られず。
移動後のポイントでどうにかこうにかスミイカ1杯。

イカの反応が渋いので魚狙いもしてみますが、ライトジギングでサバフグが3つほどとイマイチ。
いかんせん風が強すぎてすぐにポイントを流れきってしまうゆえ伸び悩みです。

最後にもう一回アオリイカ狙い!てことで頑張ってどうにかこうにか1杯確保。
虎の子の一本
ここで時間切れ。
午前便ですが、湾内のポイントであればかなり回ることができました。

凪の日にリベンジしたいところ。

<今回の釣果>
・アオリイカ 1杯
・スミイカ 1杯
・サバフグ 3尾  
Posted by mebi_log at 23:30Comments(0)TrackBack(0) エギング | 海・小物

2015年09月30日

2015年9月12日~13日 最高峰への挑戦@マリーンチャレンジャー青森大マグロ

引き続き忙しいらしいMebiusさんです。
気の利いたギャグのひとつでも飛ばせるくらいの余裕が欲しいところですが、それどころではありません。

さて半月少々前になってしまいましたが、いってきました。
青森マグロキャスティング。

今回のメンバーは我等が黒田船長、黒潮海の甲野さん、おなじみの井沢、そしてMebiusさんの4名。
出船は土曜朝からなので金曜昼過ぎのフライトで青森へ向かいます。

天気予報に一抹の不安を感じつつ、夕方には初日の宿となる津軽小泊館に到着。
港に停泊しているマリーンチャレンジャーを探しにいきます。

探すことしばし。
マリチャレin青森
見慣れた船が見つかりました。
  続きを読む
Posted by mebi_log at 22:14Comments(0)TrackBack(0) ジギング/キャスティング | 海・大物

2015年09月11日

2015年8月29日 恒例のアオリ新仔調査@丹後半島

えらい時間に投稿してますが気にしてはいけません。Mebiusさんです。

お察しの通り、謎の忙しさに追われております。
Mebiusさんの悪癖のひとつとして、忙しすぎたり何だかんだでストレスが溜まると衝動買いを行ってしまうってのがあります。
んでもって最近の衝動買いとして、4k解像度で28インチなんていうディスプレイを買ったわけですが。

無駄に広いデスクトップ
スケーリング125%にしても、全画面でめびろぐ見るとこんな感じです。
4kなコンテンツも今のところゲームくらいしか無いので、一般向けに普及寸のはしばらく先だなと思った次第。

珍しく釣り以外の話題が長くなりかけたところで、8月29日の様子です。
例年通り、オヤヂ様とアオリ新仔調査に出かけてきました。

色々あって現地到着は朝10時過ぎ。
新仔は数は多いものの、成長はちょっと遅れてる印象でした。
あと、ここ数年、盆明けくらいから大挙して1.5号くらいのエギでいじめられてるからか、もうスレてます。

どうにかこうにか抱かせるも
新仔にもほどがある
こんなサイズ。

早生まれだったり飛びだったりでちょっとはマシなサイズでもおらんかとできるだけ遠投して探るも釣れるのはこんなもんでした。

ちなみに、Mebiusさんの姪っ子(3歳)がイカ刺しが大好きらしく。
そもそも3歳児がイカ刺しなんぞ食ってええのか、というツッコミはともかくとしてできるだけ捕獲して帰って来いと、オカンおよび妹殿から指令が下ってたのでオヤヂ様ともどもぽちぽちとキープ。

どうにかこうにか一人頭15杯くらいは釣れた模様。
ちょうど9月の前半から半ばに掛けて荒れ気味の天候が続いたので、その間にフィッシングプレッシャーから開放されてればぼちぼち成長したアオリの数釣りを楽しめるかもしれません。

さて次回はいよいよ青森マグロ遠征です。
・・・タナゴまとめが間に挟まるかもしれませんが。

<今回の釣果>
・アオリイカ 15杯くらい  
Posted by mebi_log at 03:43Comments(1)TrackBack(0) エギング | 海・小物

2015年09月06日

2015年8月21日~22日 浦島沖調査といつもの浦島@ビクトリー2

暇が欲しいMebiusさんです。

さて半月ほど前になってしまいましたが、8月21日~22日にかけてビクトリー乗船してきました。

21日は浦島のさらに北側、300mラインの調査です。
300めーとる
今回は3BAKAでの出撃でしたので井沢がジグで、TKOが鯛ラバ(雷神)&インチクで、Mebiusさんはエサという全方位射撃での調査。
  続きを読む
Posted by mebi_log at 21:53Comments(0)TrackBack(0) ジギング/キャスティング | 海・大物

2015年08月30日

2015年7月25日 スランプってのは抜け出せないもんで@ビクトリー2

ご無沙汰。なMebiusさんです。
夏場は暑いのと忙しいのとで更新遅れ気味ですが気がつくと1ヶ月以上放置してるという。

さて忘れかけてますが、7月25日は3BAKAでビクトリー半夜便。

まずは浦島ですが、どうにかこうにか頑張るもレンコダイ1尾。
その後のイカ狙いでは数欲しかったので豊後スッテ+電動リールタックルで漁師モードで全力で数伸ばそうとしますが・・・。

BUKKAKE
なかなか渋く。

23時くらいまで頑張ってどうにかこうにか10杯とスルメイカ1杯。

なかなか渋い。
漁師モードで頑張ったんだけど

<今回の釣果>
・レンコダイ 1尾
・シロイカ 10杯
・スルメイカ 1杯  
Posted by mebi_log at 22:56Comments(0)TrackBack(0) エギング | 海・小物

2015年07月22日

2015年6月後半のタナゴまとめ

Mebiusさんです。
好きなバラエティ番組はバミリオンプレジャーナイト。(とうの昔に放送終了)

さて冒頭のどうでもいいボケはほっといて、6月後半のタナゴまとめです。
7月は台風やらなんやらの影響で出れてないのが実情だったりします。

6月21日
ポイント開拓のつもりが、当日早朝の集中豪雨で目星をつけていたエリアが増水中で探れず。
いつものポイントで竿を出してぽちぽち。
シロヒレ
小さいけれどシロヒレの♂も出ました。

ヤリタナゴとシロヒレ♀
ヤリタナゴとシロヒレ♀

アブラボテとその他
アブラボテとその他。

<6月21日の釣果>
・シロヒレタビラ 3尾
・ヤリタナゴ 10尾くらい
・アブラボテ 20尾くらい
・カワムツ 3尾


6月28日
wogey隊長が出撃されるとのことで早朝から馳せ参じる。
腰を下ろして釣れるポイントでしばし雑談しながらぽちぽち。
その後、本命ポイントに移動していつも通り釣ってるとモリタ氏も合流。
なかなか良い感じでアタリが続きました。
ヤリタナゴは引き続き綺麗
ヤリタナゴは婚姻色が薄れてきた個体も多かったのですが、こんな感じでほぼ100%なのも。

けっこう釣れる。
何回かリリースしながらでしたが、集合写真。

<6月28日の釣果>
・シロヒレタビラ 1尾
・ヤリタナゴ 10尾くらい
・アブラボテ 30尾くらい  
Posted by mebi_log at 21:41Comments(0)TrackBack(0) たなご | 淡水域

2015年7月4日 朝から晩まで釣るのです@ビクトリー2

1ヶ月以上放置してたMebiusさんです。
色々と忙しくて忘却の彼方です。

放置してた間の行動のいくつかは井沢のBlogにちらちらとMebiusさんが映ってるので筒抜けという説もあります。

さて7月4日はビクトリーにて浦島と夜のイカ便のダブル出撃でした。
天気予報をよく見ずに出撃したもんで、合羽を家に忘れてきたときに限って
合羽もってないときに限って
雨も降るっちゅうもんです。

出船時間までにはどうにか止みましたが。
  続きを読む
Posted by mebi_log at 21:24Comments(1)TrackBack(0) ジギング/キャスティング | 海・大物

2015年06月15日

5月末~6月前半のタナゴまとめ

ネタの賞味期限切れの前に消化するMebiusさんです。

そんなわけで5月末から6月前半のタナゴ。

2015年5月30日
前日に井沢から電話あって「土曜何か予定ある?」てなことでタナゴ釣り行くべと伝えると同行するとのこと。
当日は昼前にピックアップに行って移動、昼も過ぎた頃現地到着で釣り開始。
中だるみの時間もありましたが絶好調。
途中からモリタ氏も合流してしばし入れ食いを堪能したところで、夕方から雨予報だったので早めの切り上げ。
シロヒレはやっぱり美しい。
小さいけれどもシロヒレ♂が1尾混じりました。やっぱり美しい。

やっぱり数は出ます。
キープ用のバケツの容量が小さいもんで、酸欠防止のために何度もリリースしながらなんで最後の集合写真はこんな感じ。
井沢もかなりの数釣れたみたいです。

<今回の釣果>
・シロヒレタビラ 1尾
・ヤリタナゴ 20尾くらい
・アブラボテ 50尾くらい
・カワムツ 10尾くらい
・アメリカザリガニ 2尾

2015年6月13日
ずいぶん天気が良かったのでふらりと出撃。
入梅してるもんで水量が気になりましたが本命ポイントに入れるくらいだったので一安心。
アブラボテがMAX。
あっという間にこんな感じ。
早々にリリースしてほかのポイントの様子見に向かいます。
最近魚影がめっきり減ってしまったポイント周囲を散策してみるとアブラボテ主体ですがポロポロと出る場所発見。
婚姻色がギラギラに出ているうちは実績場所で・・・て思ってましたが、そろそろ開拓再開しようかなと思う今日この頃。

<今回の釣果>
・アブラボテ30尾くらい
・ヤリタナゴ10尾くらい
・アメリカザリガニ 1尾  
Posted by mebi_log at 22:01Comments(0)TrackBack(0) たなご | 淡水域