2011年09月20日

2011年9月17日 秋冬ジギングシーズンスタート・・・?@ビクトリー2

机の上が片付かないMebiusさんです。
何度も言ってる気がします。

さて9月17日は秋シーズンのジギング開幕戦ということで、ビクトリー2にお世話になってきました。

同行者の都合がつかなかったので珍しくソロ出撃です。
当日は生憎の雨模様で合羽を着こんでのジギングは暑そうだなと思ってると、出港する頃には雨も上がる。
出陣なんだけど
キャビンで黒田船長と雑談しながら色々教わりつつ、白石に到着。
ポツポツと単発の感度が映る状況からスタートするも、船中誰もヒットせず。
Mebiusさんはステイ130gをシャクってたのですが一度、水深70mラインでアタリがあって乗せ損ね。
どうも渋い様子。

その後、真鯛が釣れてるとの情報で白石の90mラインを叩くもヒットは得られず。
なんとか釣らせようと頑張っていただいているのか、白石から冠島海域まで幅広く何度も走り回ったのですが釣果には恵まれず。

他船もかなり渋い状況だったようです。
港までの帰り、またもキャビンで黒田船長と雑談してたのですが、途中で舞鶴から戻ってきたと思われる巻き網漁船を発見。
夜のうちにごっそりと取られてしまったのかもしれないな~・・・と。
聞くところによると船体の色から鳥取は境港の船とのこと。

ジギングで丸坊主ってのも久しぶりな気がします。
潮が悪かろうが巻き網が入っていようがイルカが通過していようが、少なくとも釣れる可能性がある場所に連れていってもらってて釣れてないわけですから修行が足りませぬ。
上達するための第一歩は自分が下手糞だと気づくことである と、なんとなくカッコつけた言い方で締めくくりとします。  

Posted by mebi_log at 22:29Comments(0)TrackBack(0)ジギング/キャスティング | 海・大物

2011年9月10日 今シーズンの秋冬エギングは・・・@丹後半島

すっかり筆不精なMebiusさんです。

さてちょっと前になりますが、9月10日はオヤヂ様共々日本海へ出撃してきたわけです。
この時期の日本海ということはもちろんアオリイカの新子なわけですが、今年は一潮くらい遅れてるみたいな前情報。

夜明けとともに1箇所目のポイントに入ると、すぐに入れ乗り状態。
ただしサイズが・・・
マイクロサイズですよ
こんなのが混じってくる。
できるだけ小さいのを避けるために3号エギで沖の深場を狙うも、あんまりサイズアップできず。

そして日が高くなるにつれて入れ乗り状態は終了するも、沖から寄せてしっかり興奮させれば釣れる状況が続く。

しかし、やはり釣れども釣れどもサイズが上がらないのでポイント移動を繰り返す。
普段あまり行かない場所まで足を伸ばしてみるも状況は変わらず。
まぁ、釣れるといえば釣れるんです。
ただサイズがMAXでこんなもん。
コロッケサイズですよ
食べるには丁度よいのですがねぇ。

リリースサイズ込みで40杯ほど釣った気がします。
オヤヂ様も同様の釣果でしたが、こちらは胴長20cmに迫るちょいマシサイズを釣ってるのです。
またオヤヂ様に釣り負けてる気がします。

<今回の釣果>
 ・アオリイカ 40杯くらい
 ・コウイカ 1杯

<今回のタックル>
 ロッド:スーパーカラマレッティ 832M-AR
 リール:10ステラC3000
 ライン:サンライン PE-EGI HG 0.8号
 リーダー:呉羽 シーガーグランドMAX 2号

<今回のルアー>
 エギ王Q Live3.0号(各色)  
Posted by mebi_log at 22:13Comments(0)TrackBack(0)エギング | 海・小物