2005年11月14日

島田行雄大井町長ふじみ野市長に 5

合併後おこなわれた「ふじみ野市長選挙」で、島田行雄大井町長が武藤博上福岡市長
を7300票もの大差で破り初代ふじみ野市長に当選した。
今まで各市町村で展開されていた「合併バトルロワイアル」では町長が市長に勝つな
んて普通ではありえず、あらためて上福岡市の弱小ぶりが実証されました。上福岡市
長側は会派を一本化した自民党と公明党の市議を固めて優位に立とうとしましたが、
市民運動派上福岡市議だけでなく保守系上福岡市議の数人も大井町長側に付く始末。
このとき既に上福岡市長側では内部崩壊が進んでいたのでしょう!
あと武藤博上福岡市長は「富士見市を入れなければふじみ野市にならない」と富士見
市を入れた再合併を公約に入れていたので、それが「ふじみ野市は1市1町合併のま
までいい」という島田行雄大井町長との違いになったと思います。それに関しては今
回の市長選挙が「上福岡市長と大井町長の分裂選挙」になった時点で私は気付いてい
ました。
この8年半で武藤博上福岡市長は上福岡市内をさんざん食い物にし続けました。一例
を挙げますが上福岡七夕祭りの会場となる商店街を台無しにする「桜通り延長工事」
や上福岡2小跡地との交換による「中央公園拡大計画」…この2つはどれも「市民が
一切喜ばずに土建業者だけが喜ぶ計画」です。そのため武藤博上福岡市長は上福岡市
を滅ぼした人として後世に名を残すと思います!
私としては島田行雄大井町長の方が上だと思いましたので、上福岡市民としても一票入れました。


meckey_no2 at 08:55コメント(0)トラックバック(0)上福岡市消滅阻止  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

meckey_no2

Profile
MECKEY
高校選択で地元の高校を拒否したばかりに「新田恵利さんと同じ高校になりそこなった私」・・・こんな私だからこその青春記、私にしか書けないから残す事にしました。私も実際に体験した学園ドラマ「金八・ごくせん」には負けないと思います。
  • ライブドアブログ