いよいよ本格的に

暑い季節がやってきますね~っ!

梅雨入りを前に、毎日毎日、

めだかくんたちは産卵ラッシュ!



ちょうど2ヶ月前に我が家にやってきた

「黄金黒鱗」ちゃんたちが

ついに産卵してくれて、

無事に先週、孵ってくれました!



そして、同じく2ヶ月前に

我が家にやってきた

「小川ブラック」ちゃんも

先日、めでたく

産卵しているのを発見!



そして、ついに

可愛い可愛い針子ちゃん数匹が

生まれてきてくれました!



その他にも、

青めだか、

楊貴妃めだかなど

この春生まれの稚魚たちは

すでに数百匹いるんですが、



稚魚たちの一部は、

ミジンコが湧いている

水槽で育てることにしました。



稚魚たちが泳ぐ水面の下には、

小さな小さなミジンコたちが

わんさか、

ピコピコしています。





先日、稚魚たちの成育のために、

ミジンコとインフゾリアを購入したのですが、

昨年、ミジンコの培養に見事失敗しちゃったので、

今年のテーマとして、

ミジンコ飼育に取り組んでいるところなんですが、

腐葉土を入れた水槽でも、

油粕を入れた水槽でも、

ことごとく、全滅。。。。



でも、唯一成功しているのが、

稚魚の水槽で生きているミジンコたち。



知らない間に着実に殖えていて、

殖えたぶんだけスポイトで吸って

親めだかの水槽に入れて

食べさせているのですが、

毎日食べさせても、

また翌日には殖えています。



稚魚の成育にも、

確実に効果的なようで、

ミジンコと同居させていない針子ちゃんたちよりも

大きくなるのが早いようです。



ペットボトルで培養しているインフゾリアを

毎朝、ジャブジャブと注いでいて、

そのインフゾリアを

ミジンコと稚魚たちが食べる。

そしてミジンコが産んだ赤ちゃんミジンコも

稚魚たちが捕まえて食べる、

という食物連鎖が、

うまい具合にできているのかもしれませんね。