カジノで勝つためのメダルゲーム修行

【カジノで勝つためのメダルゲーム修行】



先週の振り返り。

順調に勝ちを重ねられた一方で、

なんとなくのエントリーをしてしまい、2回含み損を抱えることになってしまった。


今も含み損3万円でこれまでにないプレッシャーを感じている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


7/6()

USD/JPYで+1500

コツコツ勝利。



7/7()

−15000円の含み損。

(+1900で粘る。)

ーーーーーーーーーーーー

前日

USD/JPYについて

107.7でなんとなくエントリー。

ところが、下りマイナス28pips

結果、107.63で負け逃げ。−2226円。



なんとなくのエントリーを減らさなければならない。

MACDの交差点でエントリーを行う。

②尊敬しているYoutuber(筋肉トレーダー)さんの

 タイミングを見習う。(107.3でホールド)

昨日の米国ISM非製造業景況指数は高かった(予想50、実際57)が、

マクロ指数は機能せずに下がった。


さらにオプションの意味がわからずに、

今回107.50でオーダー表に書いてある意味がわかっていなかった。

読めていれば、大口の注文で107.5に値が収束されることを理解できた。

着実に勝利できると思えるところで勝負しないといけない。




7/8()


その後に、USD/JPYでコツコツと勝ちを重ねる。

仕事からの帰り際、吉野家で840円勝つ。

EUR/JPY

121.750

121.729

気が少しラクになった。



7/9()


USD/JPY


5ロットをなんとなくエントリー。

107.399で買ったが下がり続ける。

20EC60A4-000F-4CA8-9F25-1542D99A5698


0E596615-8F57-4FF1-8FD1-B86BDD0CFEF3
 
 

現在106.806。(マイナス60pips。)


コツコツ勝ちからのドカン負けになりそう。

(含み損)

1日ずっと緩やかに下がり続けたため、恐怖すら感じる。

全く上がらない。含み損によって気力も下がってしまう。

怖くなり、少し軍資金を追加。
含み損で強制ロスカットになることが頭をよぎっている。
結局、含み損のまま金曜日の取引を終えた。
終盤は上昇の予兆もあったがどうなるか。
損切りのできない現在のエントリーの仕方ではダメだと
猛省している。。。

 



FX修行2 2020年WEEK1+2(6/19〜7/3)

前回から
1週間の期間を空けて再開した。 
そこから約2週間経ったので振り返る。
(次回からは1週間単位で振り返りたい。)

結果は+7000円。
今の所、トータルで勝ってはいるが、反省の多い状態だった。
<更新を早めにしないと気づきを忘れてしまう。>

以下、詳細、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

6/19(金)
−3740円
いきなり、波乱の予感。
USD/JPY 9分間のエントリーで
4ロットでいきなりぼろ負け。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
6/22(月)
+6000円。
結果は良かったが、
逆張りで痛い目にあった。
マイナス−5160まで行く。
(マイナス12.8pips)
ーーーーーーーーーーーーーーーー

6/23(火)
大敗。

なんとなくのエントリーから 
少しの損切りできず
−1760から、
−5600でも切れず、
ー14200円でついに心が折れて損切り。

EUR/JPY
売:120.187(6/22(月)23:29)
買:120.542(6/23(火)8:23)  

ここで残念なことに、2時間後、
方向は戻った・・・

さらに、悲劇は続き、その場で逆方向に
苛立ってかけてマイナス16000円の含み損へ。

* * *

マイナスのプレッシャーに耐えられなくなり、損切りした。
自分を信じて反省してきたい。

------------------------------------------------------------
6/24(水)
USD/JPYで106円台(ソフトバンクショック?)
の懸念の可能性で起きる。
買いで何度か繰り返し、プラス4000円へ。
(1回で綺麗に大勝ちしなくて良い。上昇トレンドで
+をコツコツ勝つので良い)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6/26(金)

友人との連携プレイで+2600円。
友人の知識を借りてMACDや移動平均線を活用して
勝てた。今までのように博打の如くランダムに
していてはダメだと実感。
早く初心者から脱せられるように知識とその
実践ができるようになりたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6/29(火)

最大の含み損。
EUR/JPY -25000円。
なんとなく、スマホでエントリー。
しかも上昇トレンドの中の逆張り。
政策発表とのコンボ。

EUR/JPY
売:120.688(6/29(月)18:36)
買:120.542(6/23(火)ー:ー)

マイナス1220円で抑えられた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やはり負けているときや、含み損での
気づきが強い。
なんとなくのエントリーを減らし
自分ルールも作りながら
勝率を高めたい。




 



FX
修行20203日目〜5日目。


サボってしまったので

まとめておく。

コツコツ順調に来ていたが、昨日ついに大負けした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


3日目。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


結果は+3700

自分なりにロジックを立てて取り組んだ。

しかし、だましにあって、すぐに負け逃げができず苦しい展開へ。

なんとかマイナス20pips23回あったが耐えられた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4日目


結果は

+1900


FOMCの発表があった日。


FOMCとは、Federal Open Market Committeeの略称で

米連邦公開市場委員会のこと。


詳細は


https://fx.minkabu.jp/indicators/US-FOMC




https://m.youtube.com/watch?v=kMvQWzwF92Y


最近参考にさせていただいているYoutuberの動画を見て、

一瞬ドルが上がる(反発するタイミング)ことを伺う。



D6E06488-AD5C-4FBA-8063-EA69FBC123BB


夜中3時まで起きており、4時まで戦った。

その前のスキャルピングに失敗してマイナス3000だったが、

反発で売り抜けてプラス1900

マクロ経済で学んだ政府の動向に対して、

市場の人々の心理が変化し、それが数値となって為替で

変わるということに対して興奮していた。




* * *


ここまでは、ビギナーズラックでなんとか繋いできた。

ただ、自分でも、このまま技術のない状態でなんとなくプレイする

だけではダメと実感していた。

案の定、完敗することになった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


6日目。

6/12。夜。


結果は−13500

大敗。


01C79954-533E-4FA7-B31A-7E05FEE6FCC5


ユーロ/円について、この日は

昨日のFOMCの発表もあり、米ドルが売られている状況。

その中で、下がっていたユーロが上がりだし、121.5まで上がったときに

それ以上に上がると感じて逆張り。

しかし、そこからは、そのまま落ちてしまい、40pipsロスカット。

マイナス12000

さらに、感情的になり追加で−1350


反省する点は何個もあった。


①エントリーの位置


いわゆる三角持ち合いからの一気に下降トレンドへ。

トレンドラインを一時的に超えており、停滞している三角持ち合いから抜けて上昇すると思っていたが、ならなかった。

そもそも全体的に下降トレンドの中で、最も上がったタイミングで

買ってしまったのはギャンブル的な行為で、反省している。



②負け逃げできなかった


一気に下降トレンドに入る前に、マイナス30pipsから

マイナス10pips程度まで戻るチャンスが3回あった。

しかしながら、3ロットでマイナス3000程度を受け入れることが

できなかった。理由としては、これまでプラス27000が頭にあって

1日平均1500勝ちたかったので、マイナス3000は受け入れられないと

思ってしまったから。なので、買った121.500から、戻りの121、45(1回目)、

121.40023回)でマイナスを受け売れることができず。


そもそも、負け逃げができないのは、ピンチで感情的になっているからである。

 仕組みとして、負け逃げのライン(例えば、マイナス30pipsを超えることがあったら

 予想が外れているのだから負けを認めて10pips程度の負けは受け入れる、など決めて

 から、そのルールを守る/守れない、という次の段階に進めるようにしたい。


③ファンダメンタルのタイミングを考慮できず。


なんとなくエントリーをしてから、終わることができなかった。

結局、2時からのアナウンス(米国債の金利発表)に向けて、

1時半を過ぎたあたりから、それまで持ちつ持たれつであった市場が

急に動きだした。そもそも、2時からイベントがあるとわかっていたが

そこまで意識ができず、気づいたら下降トレンドに変化していた。

始まりだけではなく、終わりのタイミングをあらかじめ意識していきたい。

下降トレンドの渦中にいると、マイナス10203040pipsと突き進むので

何も行うことができなかった。こうなってしまってからでは、マイナス6000

切る、というアクションは難しい。今の自分では半分でも自己ロスカットする

準備はできていない。




* * *


結局成長するには失敗から学ぶしかない。

これは、メダルゲームも、カジノも、FXも同じである。


いきなり再開するとまた負けるはずなので

一度仕切り直し。

カジノもそうだが、いつでもできるからといって

続けることは危険。少しクールダウン。


いったん第1回目のFXチャレンジは終了。

昨日大負けしてとても悔しいが、トータル+14000

前向きに捉えたい。


少しデモトレードの期間を挟んでから、

自信を持って再開する。




このページのトップヘ