メディプラスゲル~お試しセットを定期購入して使用した感想

メディプラスゲルのお試しセットをメディプラス(メディプラスオーダーズ(旧))の通販で定期購入して実際に使用しました。メディプラスゲルは敏感肌や乾燥肌にでも使用できると口コミで見ましたが、評判通りのオールインワンゲルだったのか?メディプラスゲルを2年間使い続けた肌の変化を紹介しています。


メディプラスゲル
敏感肌(乾燥肌)専用のオールインワンゲルのメディプラスゲル!

冬も夏も乾燥肌に悩まされ続ける私ですが、メディプラスゲルを使い始めて『なんか肌質が変わったかも?』

おでこや、顎の下にあった吹き出物やニキビもいつの間にかなくなっていました。




 >> メディプラスゲルの【公式】ホームページを確認する!! <<





お肌がツルツルにあるサプリメントを発見しました~

見つけたサプリはコラーゲンやアミノ酸のような美容成分が含まれているサプリではなく、お肌の老化を防いでくれるサプリメントです

しみ、そばかす、しわなどの肌の老化は、元をたどると身体の中にある活性酸素という身体の錆びによるものだと言われています。

この活性酸素を水に変えて体外へ排出してくれるサプリが水素のサプリメント(水素美人プラス)です

suisobijinn1


水素美人は体内の中で水素を発生させて、活性酸素を水に変えて、肌の調子をを整えたり、胃腸を整えたり、疲れを取ってくれたりする、とても画期的なサプリメントです。

その他にも、お酒を飲む前に飲んでおくと、次の日にお酒が残らない、お酒臭くならないという効果もありました。

お酒が大好きで、二日酔いになってしまう方は、水素美人をのんでから、お酒を飲むと次の日は調子よく朝を迎えることができます。

メディプラスゲルと一緒に使うことによって、お肌の調子良くなるのが目に見えてわかるほどです 

これからも、メディプラスゲルと一緒に使っていこうと思いました


⇒ 水素美人の公式ホームページはこちらから





「メディプラスゲル」初回限定特典の詳細はこちら
(パソコン用)


「メディプラスゲル」初回限定特典の詳細はこちらをクリック
(スマートフォン・携帯用)


2013年3月よりメディプラスゲルを使い始めて、そろそろ3年半経とうとしています 


>>スマホ専用ページを確認する




最近は身体のことを考えて、ホットヨガに通うようになりました 

yogaa


メディプラスゲルだけでもお肌の調子は良かったのですが、ホットヨガに通うようになってから、さらにお肌の調子が良くなりました 


ホットヨガのおかげで、20代の頃に味わった、お肌のスベスベ感、モッチリ感が復活した感じです 


ホットヨガでは汗を大量にかいて、身体の中に溜まっていた老廃物を水と一緒に排出してくれます。


いままで溜まっていた老廃物が排出されたことと、ホットヨガ後の水分が吸収されやすい肌にメディプラスゲルという肌に良いものを補ってあげることで、スベスベ感が復活したんだと思います 



LAVAというホットヨガスタジオであれば、全国に200店舗近くあるので、ちょっとした空き時間で通うことができます。

体験レッスンが1,000円で受けることができるので、興味のある方はぜひ体験レッスンを受けにいってみて下さい 


⇒ ホットヨガスタジオLAVA公式ホームページはこちら



DSCF9779


そういえば、最近メディプラスゲルの会社の名前が、メディプラスオーダーズからメディプラスに変わったようです。



「メディプラスゲル」初回限定特典の詳細はこちら
(パソコン用)


「メディプラスゲル」初回限定特典の詳細はこちらをクリック
(スマートフォン・携帯用)



メディプラスオーダーズの通販でメディプラスゲルを定期購入してから、なんだかんだで10ヶ月が経ちました。

>>スマホ専用ページを確認する


メディプラスゲル

朝の洗顔後に2プッシュと、夜のお風呂上りに3プッシュ、メディプラスゲルをかかしませんでした!
(メディプラスゲルをつけないと、顔がひりひりしてしまって痛くなってきます)


メディプラスゲルの使い方のコツは、つけたあとはゴシゴシしない事です。

手のひらで、顔をパックするような感じでなじませます(メディプラスゲルの箱に上手な使い方が書いてあります)


medhipurasu7


メディプラスゲルを使い始めた1ヵ月後には、顎下に出来ていた吹き出物やおでこのニキビが無くなったことは、前回書いたと思いますが、これが一番うれしかったことです。


なんと・・・・10ヶ月たった今でも、おでこのニキビや顎下の吹き出物は再発していません。


あと、最近になって気付いたのですが、
超乾燥肌だった肌質が若干改善されてきたんじゃないかなと思っています。



以前は、洗顔後にすぐに保湿をしてあげないと、化粧水などを塗るとしみてしまうほどの乾燥肌でした。


この乾燥肌はメディプラスゲルを使い始めても、変わりませんでした。


ただ、最近お風呂に入ったあとに保湿を忘れて寝てしまった時でも、起きた時に肌が乾燥していることが無いんです!





これ!今までにありえなかったです!!



もしかすると、メディプラスゲルを使い続けていることによって乾燥肌が若干ですが改善されてきているんじゃないかと思います。
 

顔がいつも保湿されているおかげだと思いますが、最近よく年齢より若く見られます!


すごく嬉しい!!


なんか、メディプラスゲルを使い始めて方ら言われることが増えました。

なんとなく肌の調子はいいのですが、自分はイマイチわかってないんですけど・・・・ 


メディプラスゲルは30日間であれば、使用していても返品すれば全額返金される保障があります。



もし、興味があるのであれば、一度試して欲しいなと思います。





「メディプラスゲル」初回限定特典の詳細はこちら
(パソコン用)


「メディプラスゲル」初回限定特典の詳細はこちらをクリック
(スマートフォン・携帯用)






メディプラスゲルを使い始める前は、おでこに小さいニキビや、あごの部分に吹き出物ができていました


mdhi



スマートフォン専用公式ホームページはこちらから



1ヶ月間ずっと、朝に2プッシュ、夜に3プッシュとメディプラスゲルを重ね塗りを続けてきました 


途中、1週間を過ぎたところで、おでこにあった小さなニキビが消えました


さらに、肝臓が悪いからと思っていた、あごに出来ていた吹き出物も無くなりました



メディプラスゲル! 驚くべき効果です! 



そこから、今までの間は1度もニキビも吹き出物もできていないので、おそらくメディプラスゲルのおかげだと思っています。



またメディプラスゲルはオールインワンゲルだけあって、化粧をする時間が大幅に短縮されました

朝の忙しい時間帯にぱぱっと化粧をすませられるようになって、大変助かっています


ただ、手抜きではないので肌の調子はすごくいいです。



肌の調子が悪くなったら、定期便を解約してしまおうと思っていましたが、2ヵ月後も続けて使おうかと思いました。





「メディプラスゲル」初回限定特典の詳細はこちら 
(パソコン用)

「メディプラスゲル」初回限定特典の詳細はこちらをクリック 
(スマートフォン・携帯用)


                           

メディプラスオーダーズの通販でメディプラスゲルを購入して使い始めて2ヶ月が経ちました。

当初はインターネット限定のサンプル特典を頂くために、メディプラスゲルの定期購入コースで頼みました。


メディプラスゲル

>> スマートフォン専用公式ホームページはこちらから <<



メディプラスゲルが気に入らなくて、もう使わないという場合は電話1本で定期購入をストップすることができます。

私も敏感肌なので、メディプラスゲルは肌に合わなければ即返品しようと思っていたのですが、さすが敏感肌専用オールインワンゲルです!


メディプラスゲルを使い始めた頃より肌が柔らかくなったし、しかも顎下の吹き出物がなくなったことが驚きです


メディプラスゲル(mediplus gel)定期購入継続が決定!!


メディプラスゲルは定期購入2回目からは少し値段が安くなり、 3,690円になります。


<最後は若干使いづらいかも・・・・>


プッシュ式のボトルのいいところは毎回使う量が決まっているので、だいたい2ヶ月経った頃にボトルの中身がなくなってきます。
ただ、最後までメディプラスゲルを使い切りたいのに、ボトル式なので最後まで使いきれない!


そんな時は・・・・・・


DSCF9549



蓋を取って逆さまにしてしまいましょう!



こうやって最後の最後まで使い尽くして、そして次のメディプラスゲルを使いましょう。

または、次のメディプラスゲルが来たときに前の分が余っていたら、メディプラスゲル専用のパックシートを購入して、


メディプラスゲルパックをするのもいいと思います。


初めはメディプラスゲルをお試しのつもりで購入したのですが、使いやすいのと、オールインワンゲルなのに肌の調子が良いのと、
そして、2ヵ月で3,800円とコスパが良いので定期購入になりました。



オールインワンゲルの人気商品になるだけのことはあるなぁと感心





「メディプラスゲル」初回限定特典を確認する! 
(パソコン用)

「メディプラスゲル」初回限定特典の詳細はこちらをクリック 
(スマートフォン・携帯用)

                        

このページのトップヘ