モノづくりっていいね!

映画。映像。デザイン。音楽。演劇。制作の現場は、楽しいよ。

IMG_6703
ミステリが大好きな私は、ミステリ小説の新人賞作品はよくチェックしています。そんなミステリ小説の新人賞の中で、最大の知名度と権威を持っていて、日本のミステリ界を支えた多くの作家を輩出している賞が『江戸川乱歩賞』です。その第65回の受賞作品『NOIRを纏う彼女』(単行本化のときに『ノワールをまとう女』に改題)を執筆した作家が、最年長受賞の記録を更新したことが話題になりました。

いつかは小説、それもミステリを書きたいと思っている私は、とても刺激を受けたニュースでした。(待っていてもいつかは永遠にやってこないと、若者たちに説教しているのでそろそろ本当に始めたい…)

受賞したのは、神護かずみさん。1960年生まれの58才。1996年、『裏平安霊異記』(神護一美名義)でデビューしました。神護さんは化粧品会社勤務をしながらの兼業作家でしたが、2018年に務めていた会社を定年退職し執筆に専念するようになりました。

そうして完成したのが、この作品なんだそうです。

ずっと気になりながら、なかなか読めずにいたのですが、ようやく読むことが出来ました。

以下ネタバレ有り。ただし物語の核心には触れていません。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FDP-stdaMAEMD39
私がプロデュースしているユニット・社畜るーずのメンバー・天職ゆいが、初めて舞台作品に出演することになりました。

いよいよ明日から上演です。

今回久しぶりに演劇に携わることが出来てとても幸せを感じています。やっぱり自分は演劇が大好きなんだと思います。

キャスティングで携わると、制作や演出で携わるのとは違ったわくわく感を感じます。

こちらはその公演のオフェシャルサイト。


出演者には、刀剣乱舞やテニスの王子様、黒子のバスケなど人気舞台作品に出演している俳優や現役のAKB48メンバーが名前を連ねるとても大きな公演です。

そんな素敵な公演に、自分がキャスティングした俳優が出演するというのは、また格別な思いです。

だからこそ是非多くの人にこの作品を、天職ゆいという俳優を知っていただきたいです。そして同じく多くの人にご覧になってほしいです。

天職ゆい扱いのチケットはこちらから!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
今日は番組のリサーとのために、とある住宅街へ一緒に番組を作るディレクターと一緒に足を運んだ。そのディレクターとは今回が初めての仕事。お互いの出方を探り合う、いい機会になった(笑)。

取材は目的のものになかなか出会えなかったり、取材した住民のかたと思いがけず長話をしたりして長引き、昼食の時間が上手くとれなかった。

取材が終わった頃には、2人ともおなかがペコペコになっていた。

そこで、最初に目についた中華屋さんに入ることで意見が一致した。

そこはいかにも昭和な匂いがする中華屋さんで、中では近所の方と思われるおじさんたちが生姜焼きをつまみにビールを楽しんでいた。

なんだかとても懐かしい感じ。

私はこういう店では、必ずシンプルなラーメンかチャーハンを頼む。メニューを見ると『ラーメンと半チャーハン』のセットがあった。私は迷わずそれを頼んだ。

一緒に取材をしたディレクターも同じメニューを注文。「こういう雰囲気の店ならこれだよね」と笑った。

彼とは上手く仕事が出来そうだな。そんなことを思った。単純だけど、こういう感性の一致って、映像を作る上ではとても大事なことだ。

ラーメンはとてもシンプルな鶏ガラスープのラーメンで美味しかったし、チャーハンも普通の(笑)チャーハンでとても美味しかった。

2人とも満足しながら、その街を後にした。

どんな番組が出来るか楽しみが深まった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

マスカレード・ナイト-ポスター
去年からずっと楽しみにしていた映画「マスカレード・ナイト」を観てきました。

上映が始まってすぐに観に行きたかったんだけど、なかなか仕事の調整がつかずいけていませんでした。

去年のちょうど今頃このブログで、「マスカレード・ホテル:木村拓哉×長澤まさみの“異色バディー”再び 続編「マスカレード・ナイト」が2021年公開へ」と言う記事を書きました。それ以来日々楽しみにしていて、予告編が公開されたときにはその思いが絶頂に達しました!(笑)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Nyan7と天職ゆい
人生で初めての経験は、長く記憶に残る出来事になることが多いですよね。私も初めて地上波の生放送のTV番組でディレクターを務めた日のことや、初めて演出した芝居の初日とか、忘れられない出来事がいくつかあります。

でも年齢を重ねると、そうした機会が減ってくるように思います。その代わり増えてくるのが、だれかの人生初に立ち会うことです。

来週また人生初に立ち会います。私がプロデュースしているアイドルユニットのメンバー・天職ゆいの東京での初舞台です。

彼女は、演じる仕事を夢見て東京に出てきましたが、運に恵まれず演じる仕事になかなか出会えませんでした。

そんな彼女がようやく掴んだ演じる仕事が、今回出演する舞台LIVEDOG Produce『Kiss Me You 〜がんばったシンプー達へ〜』です。

当たり前ですが、人生初は人生においてただ一度だけです。

ところでこの記事の写真は、ゆいと初めて芝居を見に行ったときの写真。社畜るーずの姉妹ユニットNyan7沢木まこが出演していた舞台でした。


このときの彼女の感想を聞いて、私は彼女を舞台に立たせたいって思いました。

それからおよそ1年。ようやく彼女にとって人生初となる東京での出演舞台の幕が来週開きます。

実は私は、彼女の人生初への立ち会いは2度目となります。最初は、去年の11月。社畜るーずのメンバーとして、人生初のライブステージに出演した瞬間です。

こんなに早く2度目がくるなんて思っていませんでした(笑)。

今回の舞台公演、ゆいにとって一つ一つのステージが、一生で一度だけの時間です。人生初の体験です。その時間を皆さんと共有できたらうれしいです。

天職ゆい扱いのチケットはこちらから!続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

天下一品のラーメン
仙台の町で一人暮らしを始めたばかりだった10代後半のころ、私は衝撃的なラーメンに出会いました。

ある日のこと、一緒にバンドをやっていた友人から「既成のラーメンの概念を一新するラーメンがある」との情報を得ました。彼は、食べることが大好きで、料理もとても上手かったので、私は彼の舌を信用していました(笑)。そこでさっそくその店に足を運びました。

それが仙台の繁華街で有名な国分町にあった「天下一品こむらさき」でした。

初めて食べた天下一品のラーメンは衝撃的でした。鶏と十数種類の野菜を煮込んで作ったというポタージュのようなスープに、本当に既成のラーメンの概念を打ち砕かれました。

それ以来私は、「天下一品こむらさき」に結構なペースで通っていました。この店では、ゆで玉子が食べ放題でした。貧乏な学生時代を送っていたので、本当におなかがいっぱいになるまで、ゆで玉子を食べ続けました(笑)。

当時はネットなんてものはなく、この天下一品がチェーン店だと知りませんでした。20代前半で東京に出てくるとき、二度とこのラーメンが食べられなくなるかもと本当に悲しかったことを今でも覚えています。

(ちなみにこの店は、2011年3月の東日本大震災でビルが壊れて閉店してしまいました)

東京に来た最初の年は、なんとかテレビの仕事を覚えたくて必死で働いていたので、ラーメンを食べ歩くなんてことはほとんどしていませんでした。

ところがある日会社の先輩から、「三宿に既成のラーメンの概念を一新するラーメン屋がある」という話を聞きました。そのラーメンのスープは、こってりしたポタージュのようなスープだと彼は言ったのです。

しばらく食べていなかった「天下一品こむらさき」と似た味のスープに違いないとさっそく足を運んでみることにしました。

三宿までは、ちょっと頑張れば自分が住んでいるところから歩ける距離でした(今は絶対歩かないけど)。

先輩から聞いた場所に着いて私は自分の目を疑いました。そこには「天下一品」と書かれていたのです。そのときのうれしさは、今でも忘れられません。

そして、自分なりにリサーチをしたら、天下一品がチェーン店であること。仙台にあった「天下一品こむらさき」はその支店であること。東京中に天下一品があることがわかりました。

それ以来定期的に通いました。そして、ナトリウム制限されている今でも、病院で調子がいいと言われた日には食べに行っています(笑)。
IMG_6775





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FDP-stdaMAEMD39
私がプロデュースしているユニット・社畜るーずのメンバー・天職ゆいが、初めて舞台作品に出演することになりました。

公演初日まであと一週間!いよいよ稽古場も佳境に入っているみたいです。実は私自身も久しぶりに演劇に携わっていて、ものすごく楽しい毎日を過ごしています(笑)。

今週は、稽古場に差し入れを手配したり、販売用のブロマイドの写真をチェックしたりとマネージャー業務も増えてきました。

こちらはその公演のオフェシャルサイト。


出演者には、刀剣乱舞やテニスの王子様、黒子のバスケなど人気舞台作品に出演している俳優や現役のAKB48メンバーが名前を連ねるとても大きな公演です。

初舞台のゆいがそんな現場で、周りのクオリティーについて行くためにとても苦労していることは、手に取るように分かります。彼女は、俳優として自分の能力が足りていないことを受け入れながら、必死で稽古に励んでいます!

だからこそ是非多くの人にこの作品を、天職ゆいという俳優を知っていただきたいです。そして同じく多くの人にご覧になってほしいです。

天職ゆい扱いのチケットはこちらから!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
急ぎの仕事で飛び込んだとあるカフェ。

チェーン店のこの店は、大きなテーブルをコロナ対策用のアクリルの板で区切って席を設けている。

その大テーブルのアクリル越しの目の前に座った一人の女性。軽くウェーブしたヘアスタイルとたたずまいがとても柔らかい印象を感じさせる、魅力的な女性。マスク越しでもはっきりした顔立ちが分かる。

その女性が、A4の紙に印刷された台本を、ノートに貼る作業をしてて目が離せなくなった。

ぱっと見、ドラマや映画の台本のフォーマットではない感じ。台詞量の多さやト書きの少なさから、おそらく舞台の台本だと推測できる。それも商業演劇ではなく、小劇場の作品だ。

彼女は、その台本を一枚ずつ丁寧にノートに張り続けている。

小劇場の舞台台本は、製本されていないことが多い。A4の紙に印刷されたものがそのまま束で俳優に渡される。

だからもらった台本をどうか加工し持ち歩くかは、その俳優によって様々だ。自分が使いやすいような加工を施し、稽古に挑む。

例えば、半分に折って、A5のサイズにしてひもやリングファイルで綴じる人も居れば、A4のサイズをそのまま閉じる人も居る。

実にいろんなパターンを見かけるけど、ノートに張っている人は、初めて見た。

彼女が貼り付けている台本の内容がどんな作品なのかとても気になる。そして、彼女がどんな役をどんな風に演じる俳優なのかもむちゃくちゃ興味がわいた。

思い切って話しかけようかなと思ったけど、自分の容姿を鑑み諦めた(笑)。

どこかの劇場で、どこかの稽古場で、彼女に会う偶然を信じてみようと思った。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_5948
私がプロデュースしているアイドルユニット社畜るーずのライブにたまに来てくれる若者がいた。今年の春頃からちょくちょくお見かけしていたのだが、ここ数ヶ月ライブには来てくれていなかった。

おそらくこの方だなと思う人のTwitterアカウントが特定できた。彼は、ヒナコとゆいのことを応援しているとつぶやいていた。

最近お見かけしないのは、ヒナコが辞めたからだと腑に落ちた。

ところが、そのライブで社畜るーずがしばらく活動を休止するというライブで、彼の姿を見かけた。

◆  ◆  ◆

彼はとても印象に残るお客様で、最近ライブに来てくれないことがとても気になっていた。何故彼が印象に残ったかと言えば、一度もチェキを撮りに来てくれないかったから。

チェキは彼女たちのアイドル活動における貴重な収入源だけど、だからといって必ず来てくれとは私は思っていない(彼女たちには申し訳ないのだけれど…)。むしろライブを見てくれただけで、とてもうれしい。

20代前半の頃東京に出てきたての私は、バンドのライブが大好きでライブハウスに通っていた。でもライブに足を運ぶのがやっとなくらいの給料しかもらえて無くて、お目当てのバンドが手売りしているCDを買えなくてとても悲しい思いをしていた。だからいつも、ライブパフォーマンスを全力で楽しもうと決めていた。

彼もチェキは撮りに来てくれないけど、ライブではいつもとても楽しそうにステージを見てくれているし、ライブが終わった後ロビーで出会うと必ず満面の笑みを浮かべて会釈をしてくれた。

そんなこともあって、彼はとても気になる存在だった。

だから社畜るーずの活動休止前最後というライブを彼が見に来てくれたことは、とてもうれしかった。

彼はライブが終わったロビーで、私に手紙差し出してきた。私はゆいに渡してほしいのだと思い、チェキは撮らなくていいから物販に来て、彼女に直接渡していいと言うことを伝えた。

ところが彼は、頑な態度で首を振り続け、私に手紙を押しつけようとする。根負けした私は、その手紙受け取り、その宛名を見て驚いた。

「小野寺さんへ」

そこには確かにそう書かれていた。

私が驚きながらありがとうというと、彼はとてもうれしそうにしていた。そして、深々と頭を下げると、ロビーを後にしてライブハウスを出て行った。

そして、気がついた。彼は一度も声を出さなかった。それどころか、声を出そうとすらしなかったように見えた。

私はバックヤードに入って手紙を読もうとした。ところが、そこにはなじみのグループの運営さんがいて、会話を楽しんでしまった。

結局手紙を読んだのは、その日の深夜、家に帰ってからだった。

そして、その手紙には驚くべきことが書かれていた…。

続く!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FDP-stdaMAEMD39
私がプロデュースしているユニット・社畜るーずのメンバー・天職ゆいが、初めて舞台作品に出演することになりました。

私としても頑張ってる彼女がようやくつかんだチャンスということでいろいろ気合い入っています(笑)。

様々な案件に書類を提出し続けているのになかなか決めてあげられなくて…。その案件のための資料づくりでレコーディングをしたり、ボイスサンプルを作ったり。その度に彼女は全力で頑張ってくれて。なかなか書類を通せない自分の力不足に落ち込んだりしました。

今回の舞台出演は様々な奇跡が起こり、運命が巡ってやってきた案件です。私は、この話が決まったとき、号泣しながらゆいに電話しました(笑)。

こちらはその公演のオフェシャルサイト。


刀剣乱舞やテニスの王子様、黒子のバスケなど人気舞台作品に出演している俳優や現役のAKB48メンバーが出演者に名前を連ねる中、オフィシャルサイトの出演紹介で3段目にゆいの写真を掲載いただいています。

初舞台でそんな重要な役柄を掴むなんてなかなか無いことなんです。この幸運を彼女の未来に向けたチャンスにつなげるべく、今、全力で稽古に取り組み、全力で動員に向けたPR活動を行っています。

是非多くの人にこの作品を、天職ゆいという俳優を知っていただきたいです。そして同じく多くの人にご覧になってほしいです。

天職ゆい扱いのチケットはこちらから!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_4757
私がプロデュースしているアイドルユニット社畜るーずが、しばらくライブ活動を休止することになりました。

一昨年の暮れからバタバタとそんな話が始まり、実際に小野寺プロデュース体制でライブを行ったのが去年の1月のことでした。



ある意味あっという間だったし、自分の足り無さに打ちのめされ続けた日々でした。こんなに早くこんな形で最後を迎えるなんて思ってもみませんでした(笑)。

そんなわけで、現体制のラストライブとなる社畜るーずのライブ、是非とも足をお運びくださいませ。

会場:11/3(祝水) 渋谷DESEO
出演:18:10~18:30
物販:18:40~19:30

予約URL https://tiget.net/events/153811
出演:パステル☆ジョーカー/クレアシオン/ARIStoCRAT -アリストクラット-/ショートカット部/伊藤桃/NINJA紅/BmF/THAT's So/アイコノクラズム/More than wordz/別所あみか/Luna×Holic/Amazing Story/きみかが! /宮永弥夜 /社畜るーず
and more…※順不同

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_6698
実際にそんなに期待している人も居ないだろうし、そんなに楽しみにしている人も居ないと思うのだけれど、ブログが宣伝ツールとしてとても優秀なことは知っているし、このブログもちゃんとしたいって言う気持ちはいつでもあって、とはいえなかなか更新できずに居るのですが、流石に10月一回も更新しないのはどうかと思い取り急ぎTwitterで渋滞中のお知らせ事項を今日はまとめてみようと思いました!

自分のことだけじゃなくて、周りで大活躍中の愛弟子たち(笑)や友人たちの情報もまとめて紹介します。

チェキらっ!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ぴょんぴょん舎盛岡冷麺
久しぶりに会う盛岡出身の友人とぴょんぴょん舎盛岡冷麺を食べてきた!

美味しかったなぁ。やっぱりスーパーの冷麺とは全然違うモノだった(笑)。スーパーのもアレはアレで美味いし好きだけど。

ちなみに盛岡冷麺は、盛岡の麺職人が朝鮮半島に伝わる興冷麺と平壌冷麺を融合させ、創作したのが始まり。

盛岡冷麺と言えば麺!、コシが強く、表面はツルッと喉ごしが良いのが特徴。全国各地の焼肉店で提供されている冷麺(平壌冷麺)はソバ粉を練り上げた黒っぽい麺だが、盛岡冷麺は小麦粉を使った半透明の麺だ。

そして、牛骨に鶏ガラを加えてだしを取った旨みたっぷりコクのあるスープ。冷たくてもしっかりと味わえるこのスープと麺の相性は抜群となっている。

さらに盛岡冷麺に欠かせないのがキムチ。ぴょんぴょん舎のキムチは大根とキャベツのキムチ。こちらが爽やかな酸味と辛味を加えてくれる。

ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺!是非お試しを!

関東界隈だと、以下の4店舗で盛岡冷麺が味わえますよ!(2021年8月現在)

◎ぴょんぴょん舎 GINZA UNA
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座三丁目2-15 ギンザ・グラッセ11F
電話:03-3535-3020


◎ぴょんぴょん舎 Te-su(テェス)
住所:〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ6F
電話:03-5809-7119


◎オンマーキッチン ららぽーと新三郷店
住所:〒341-0009 埼玉県三郷市新三郷ららシティ3-1-1 ららぽーと新三郷2Fみさとキッチン内
電話:048-950-1277


◎オンマーキッチン ラゾーナ川崎店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ 1階フードコート
電話:044-874-8057


通販もありますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日から、ZARDの全389曲が一斉に音楽配信サイトでサブスクリプションサービスで聞けるようになった!うれしくてしょうがない!



ニュースサイトの情報では、楽曲の配信と併せて、本日より東京・新宿駅前の大型ビジョンにて巨大3D三毛猫とZARDのスペシャルコラボ映像の放映がスタートすることも伝えられている。この映像は9月28日までの期間限定で放映されるそうだ。

さらにZARDの展覧会「ZARD LIVE GALLERY」が、10月7日から東京・有楽町マルイで開催されることが決定したことも。この展覧会ではライブ写真や衣装、映像、制作過程が垣間見られる貴重な資料が展示されるほか、ZARDのライブ会場には必ず準備される坂井泉水の楽屋も再現される予定とのこと。

とても楽しみ。

私のTwitterもZARD祭り!(笑)
私がエンタメ業界に入ったタイミングでのデビューだったZARD。彼女の歌には何度も何度も救われてきた。

そんな中でも私が大好きなのは、I'm in love と言う曲。タワーレコードCMソングとして起用され、限定シングルとしても発売された。

この曲は、ZARDが1995年3月10日にB-Gram RECORDSから発売した6枚目のオリジナルアルバム『forever you』(フォーエバー・ユー)に収録されていた。(坂井さんの死後『Brezza di mare 〜dedicated to IZUMI SAKAI〜』に収録となった)

初めてこの歌を聴いたとき、織田哲郎さんの力強いメロディーにのせた坂井泉水さん本人の熱い思いがこもった歌詞。そして大黒摩季さん、川島だりあさんらなどのコーラスに完全にノックアウトされた。

I'm in love 時代は いつも 変わってゆくけど
ヒーローはいるわ
I'm in love 夜明けは いつか やってくるのよ
諦めないで We got power of love


期せずしていろいろあった今日、この曲をサブスクで聴いて、また号泣し元気をもらえたのも、何かの運命かも知れない。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

リケン「素材力だし」こんぶだしこんぶだしスープr
最近、顆粒のこんぶだしを使ったスープをよく飲んでいる。すりおろしたショウガとみじん切りにしたネギが入ったスープは、冷房で冷え切った内臓をしっかりと温めてくれる。味付けはそのこんぶだしのみ。塩分は一切加えていない。ナトリウム制限をしている私のお気に入りの減塩食だ。

去年からのコロナ禍のおかげで自炊率がとても高くなった。残念なほど仕事が減ったせいもあり、私の Instagram のアカウントはすっかりナトリウム制限料理アカウントになっている(笑)。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ