マイケル・シーゲル 豪州新聞の追悼記事

 1975年、オーストラリアから来日して吉祥寺に暮らし、南山大で教鞭を執り、神学者として、「正義と平和協議会」の中心的な役割を果たしたマイケル・シーゲル教授について、オーストラリアの新聞が追悼記事をまとめている。

 シーゲル博士にとって、自身のアルコール依存症についてS・ミックの名でまとめたアルコール依存症についての著作が、生涯を締めくくる最も誇りに思っている業績だと自身で答えている。

 



  

https://www.smh.com.au/national/committed-to-family-friends-and-the-land-20190829-p52m2w.html


DSC09214


以下、引用。


Michael Seigel 1947-2019

Michael Seigel was born in Wonthaggi, Victoria, where his father, a shearer and Tobruk Rat, worked as a PMG linesman. The family moved to Barooga, NSW, opposite Cobram, Victoria, eventually numbering five: two girls, three boys. His father’s wartime experiences resurfaced daily. Returning to shearing and in demand locally, he was wracked by alcoholism. Michael’s loving mother kept the family going, but the duress he experienced forged his vocation.


Michael Seigel

Accordingly, in his early teens he began training for the priesthood, moving to Lavington. With others of similar youth, he lived in a Society of the Divine Word (SVD) Minor Seminary run by a disciplinarian cleric, cycling daily to the local Catholic secondary school.

After two novitiate years in Queensland, he completed six years philosophical and theological studies in the US. When he decided to be ordained in Australia in 1972, Barooga’s citizens wanted the ceremony in their town, rather than Wagga Wagga’s cathedral. A local businessman offered his vast grain shed, meticulously cleaned up, and the ordination proceeded to everyone’s satisfaction and pride.



Around then, realising he was his father’s son, he joined AA for life. Assigned to Japan in 1975, he embraced the language and culture, working in Tokyo parishes, making many friends and staunchly supporting AA Japan, which formed that year, fostering a group at Kichijoji. Michael took great pride in his recently published book in Japanese on addiction.

Michael started part-time lecturing at Nanzan University, Nagoya, later completing a doctorate at Birmingham University. Returning to Nagoya parish, he also guided SVD’s Asia-Pacific Justice, Peace and Integration of Creation (JPIC) program, leading to a Rome posting from 1995-2000 as its generalate co-ordinator.

Returning to Nanzan University, he lectured in social ethics, catholic missiology, peace and environmental studies and conflict resolution/reconciliation. Thankfully, his emeritus status on retirement meant he continued the work he loved: conferences, research, publishing, lecturing throughout Japan, with occasional Nagoya Sunday services.

He retained close ties with Australian academics Professor John Pullen, of New England University, Dr Aran Martin, of Melbourne University and Professor Joseph Camilleri, of La Trobe University Centre for Dialogue. Nanzan and La Trobe Universities, in particular, developed a rich program of seminars and publications directed to just and ecologically sustainable peace within and between nations.

In the late 1980s and early 1990s, on leave in the Riverina, he noticed and appreciated how Landcare’s advent had encouraged very effective community action on salinity westwards from Barooga to Deniliquin.

In industrial and post-industrial Japan, many rural communities were dying. The post-war generation had largely migrated, leaving their elders to continue traditional smallholder farming. Empty, disintegrating farmhouses proliferated; numerous black, weedy squares across verdant checkerboards of rice, vegetable and fruit crops indicated family plots more or less uncultivated since the exodus to cities began 60 years ago.

Although some retirees returned home to farm again, many traditional skills had disappeared, and few urban young people were moving back. Moreover, unpopular national-level programs planting Japanese cedar in former hardwood forests were altering the look and feel of landscapes. Mick believed Landcare’s egalitarian philosophy, adapted from Australian experiences, might rejuvenate the Japanese countryside and help communities recover after natural disasters. He formed Secretariat to Promote the Establishment of Landcare in Japan (SPELJ), with Nanzan colleague Dr Kazuki Kagohashi, and had many Landcare collaborators in Aichi Prefecture, which surrounds Nagoya.

Mick considered Landcare an outstanding government-community partnership. From 2008 to 2013, minibus-driver Mick led six tours of rural NSW and Victoria for his Nanzan public policy classes. Impressively, students came from South Korea, Taiwan, Hong Kong and China, besides Japan. One obligatory stop: Cowra’s Japanese Garden, commemorating the mass escape by Japanese PoWs in August 1944.

Mick linked with Australian entities, including Australian Landcare International, facilitating student exchanges, one at PhD level, and other tours directed at rural environmental action and volunteerism. He also organised a visit by Luzon farmers connected with SVD to Mindanao, another Landcare centre, and helped young Japanese Masahiro Kurauchi start his own student environmental and cultural tours.

In 2016, with four Australians, Mick and Nanzan Institute for Social Ethics colleagues committed to hosting an international Landcare academic conference in Nagoya in November 2017. Helped by the Australia-Japan Foundation and World Business Council for Sustainable Development, this successful event, a global first, drew some 65 participants from 11 countries.

Post-conference, he led three more Landcare tours to NSW and Victoria, looking also at youth participation and connection to nature through Intrepid Landcare and Megan Rowlatt in the Illawarra.

Before the conference, a major operation treating oesophageal cancer had seemed highly successful. Last November, Mick competed in the Massive Murray River Paddle, as he had done years before in 1972. He teamed with Dr Elena Tokimoto Ricciull, Japanese-Italian daughter of one of his Tokyo parishioner-friends; they did well, covering more than 100 kilometres.

Sadly, the cancer recurred soon after and Mick died early on July 4, 2019. His legacies: devotion to the Catholic church; intellectual contributions to the causes of peace and decency; a remarkable and useful Australian presence in Japan, for which he had such a deep affinity; a lifelong love of his family; many friends inside and outside his religion; and his broadening influence on Australian Landcare at home and overseas.

This tribute was written by Rob Youl, Australian Landcare International, with the Seigel family.

マイケル・シーゲル 追悼ミサ

DSCF1771

 S・ミックのペンネームでアルコール依存症の克服についても著作を残してきた、神学者、マイケル・シーゲル(南山大学教授)が今年、ガンで逝去されたが、半年が経ち、追悼ミサが吉祥寺で行われる。

 14:00から

 カトリック吉祥寺教会

 司式司祭: 後藤文雄 

膨張する首都圏 脆弱な都市

taifuu

 台風時の計画運休。朝から晴れ渡った首都圏は、しかし、動かない公共交通と停電で大混乱に。一極集中が限度を超えて膨張し、首都圏は災害や変動に脆弱になった。予備のため、スクーターや電動自転車を持っていた方が良いかもしれない。2020東京五輪時にも豪雨、台風、猛暑はやってくる。そうなれば制御できないかもしれない。日本語が通じない外国人でごった返す首都圏で、どのように公式の対策をとるのか何も決まっていない。大震災から8年が経過したが、大きな地震が来た時の自家用車使用規制についても今も何も決まっていない。

 時の政権は、国土強靱化、災害に強い国作りと言いながら、教訓を十分に得られた経験済みの問題に対して、何も初歩的な対策さえ設定していない。私は環状7号線かあるいは山手通り、また、荒川以内の地域は、五輪期間中のマイカー使用を原則禁止で制約しない限り、五輪の安全で混乱のない開催は不可能だと思う。特に東京港周辺など湾岸地域が危険に瀕する。もし、このまま五輪に突っ込むならば無責任を遙かに通り越している。

脆くなった社会基盤

DSC08727

 かつて深夜ラジオが全盛期だった時代があった。ビートたけしから福山雅治まで、幅広くタレントがラジオ枠を持っていたが、今は大物タレントがラジオで活躍する時代は終わってしまった。

 視聴者が減って広告費がとれなくなったAMラジオ。FMと比較してコストがかかり、運営、維持が厳しいということで、希望があればFMに転換しても可という法改正が行われる。過疎地ではAMしか受信できない地域はあるが、赤字転落してでも無理にAMを維持させることができない以上、FM転換はやむを得ない面があるとしても、同時並行で現在、ポケベルも廃止することになっている。しかし、ポケベルをなくしてしまうと、強力な直進性、到達性があるポケベル電波で緊急時の災害信号を確実に送る方法が物理的になくなってしまい、代替手段が他にない。過疎地の災害ラジオも使えなくなる。こうした価値を政府は全くわかっていない。

DSC08729

 廃止が決まっている昔ながらの電話・アナログ電話回線をなくすのも非常に問題で、これはいざとなれば、停電していてもコンセントなしで、繋いだ電話器で呼び出し音が鳴って通話できるが、この銅線インフラも一度なくしてしまうと戻せない。実際、台風15号で被災した千葉県内では、公衆電話と一般家庭の黒電話(電源なし電話)は盤石のまま通話ができている。

 開通工事がなく便利で廉価なインターネット回線のADSLが廃止になったのはADSLを利用できる回線=アナログ回線が廃止されてしまうからであるが、それに替わって国民に売りつけられた光ファイバを使った光電話は年がら年中、止まったり、配線が外れたりして不通になる世帯がある。何兆円もかけて設備投資、公共投資をしてしまったNTTが何とか光に移ってもらわないとそろばん勘定が合わないからだけであって、そうした現実も政府はわかっていない。



DSC08732



 来年から開始される携帯電話5Gはメリットばかりではない。光回線を超えるネット通信ができるが、それは逆に、急激な帯域逼迫、大きな電力消費、強い電磁波、バッテリー発熱、業界の寡占化、情報漏れリスク等、脆弱性や危険と表裏一体であり、現在の日本ではろくなことがない。今回、千葉の台風被害では、軒並み電化した通信機器ばかりにした施設は「陸の孤島」になってしまっている。他方で黒電話の世帯はそのまま使える地域がある。



DSC08737



 デジタル化され、さらに4K、さらに8Kまで、益々、事業が膨張しハイテク化するNHK。その受信料はこれら設備の維持管理の費用だと所轄官庁の総務省、高市早苗大臣は説明するが、高額な受信料と引き替えで、国民はだれも莫大な投資を要する8K放送など望んでいない。1兆円以上もかけて構築し、高市が鳴り物入りで胸を張ったマイナンバー制度も現段階で全く想定された制度の運用になっていない。公共放送だとことあるごとにNHKは強調するが、職員の平均給与が1800万円にもなっていれば、それを合理的な範囲内の「必要な負担」として今日の日本国民が納得するはずはない。N国党という冗談のような政党が議席を現実に獲得したことは、特権階級のように君臨する貴族的なNHKへの不信が強いことを反映している。

災害の停電

tepco2


日本は原油を輸入し、ガソリン、軽油・重油・灯油、ナフサ、アスファルト、タールなどを精製している。軽油、重油、灯油はガソリンを精製・製造する過程で副産物として必ず産出されるが、これを国内需要だけでは全く使い切れないため、もったいないことに大量に海外輸出に回している。

 今回の台風15号の被害は、大幅に想定外の威力とまでは言えないかったが、その進路が首都圏直撃であり、最も風速が強い進行方向右側に置かれた千葉県の被害が大きかった。電柱が多く倒れ、倒木が復旧作業を妨げ、大規模な停電が解消できない。熱帯化した今の日本で真夏に1週間も電力が止まれば生活は続けられない。今回は、東京電力の復旧作業工程の見込みが甘かったこともあって全面復旧は3連休いっぱいかかるらしい。今日を含めて、明日からも猛暑日が続いていたらそれこそ大規模避難の必要があったかもしれない。


tepco

 新しいタワーマンションや都心の高層ビルには標準装備され始めたが、ディーゼル発電機を病院、特養、役所、学校、公共施設、ビル、マンションなどに政策的に設置して、原発と同じようにこうした時にはバックアップとして動くように準備した方が良いと思う。また、寒い地域は冬期の暖房、給湯も灯油で全部、代替できるようにしておいた方が良いと思う。横浜市、川崎市、都内23区などが電柱が多く倒れて今回のような災害になった場合、密集度合いが高すぎて深刻な危機になって麻痺してしまう。豪雪地帯で電気が止まれば凍えて暮らせない。国内で全量を使い切れていなかった軽油、重油、灯油を海外輸出に回したところで温暖化対策にはならない。個人の一軒家への設置は難しいが、今から新しく設置するならば、暴風雨で壊れたり吹っ飛ぶ可能性がある太陽光パネルや、高価ながら1日程度しか持続しない家庭用の燃料電池は、災害時の信頼性が低い。

 温暖化を全く止められなかったツケが一挙に回ってきて、異常気象が日常化した現在、これから毎年こういうことは日本列島のどこかで起こる。


滋賀県警 看護助手 殺人冤罪事件

西山さん 

 かつて看護助手として勤務していた東近江市の湖東記念病院で、患者男性に対する殺人罪に問われた女性が、その後、有罪が確定し、12年間、服役した後に再審開始となって冤罪が判明した事件があった。その詳細がたまたま婦人公論の記事でまとまっていたが、これによれば、冤罪の引き金になったのは、看護助手だった西山さんに軽い知的障害があったからではなく、冤罪が起こる時のいつものお決まりパターン、操作・取り調べが糾問的で自白の強要、見込み捜査、強引な供述の当て嵌めがいくつも重なって発生したことが露呈している。

 https://fujinkoron.jp/articles/-/689

 この事件で、滋賀県警の本部長、署長、取り調べを担当した刑事らは誰一人、処分を受けておらず、懲戒を受けていない。供述調書は刑事の創作どころか、とんでもないでっち上げであり、ここまで強引なねじ込みが通用すると本気で思ったのか、慄然とさせられる。

 日本の警察は捜査の弾劾化が全く進んでおらず、基本的に昔ながらの職権主義が大手を振ってまかり通っている状況にある。「冤罪」というが、警察主導で小さな事件の捻じ曲げ、捻じ込み、当て嵌めの捜査は蔓延しており、供述調書は完全に警察の創作文であることが改めて良く解る。

 警察の民主化や司法の働きは、民主主義社会を測る試験紙であって、その点で日本の「夜明け」はまだ遙かに遠い。

  
 

昭和天皇 秘録 拝謁記

拝謁記3 18世紀半ば、江戸時代に活躍した思想家に富永仲基 がいる。わずか32歳で逝去したが、出版が限られていた時代に今日まで継承されて研究される多くの理論を残した。比較社会学、文化人類学の先駆けでもあった。当時の宗教や倫理の形骸化を批判し現実に生きる誠の道を説いたが、その中で、日本(神道)、インド(仏教)、中国(儒教)の思想的特色を文化類型として捉えて非常に優れた見極めをしていた事で知られる。比較観察する視点を持ち、文化人類学的発想を先取りした思想家でもあった。

 富永は、仏教のインド人は空想的・神秘的な発想を持ち、儒教の中国人は修辞的で何につけ大げさに誇張して自己中心的であると指摘した上で、神道の日本は何につけあらゆる事柄を隠す癖があると述べている。この時代にアジア圏の文化観をここまで相対的に捉えて比較観察できていたことは特筆すべき分析であって、学生時代にこの富永論を読んだ時には、

 「300年以上も前から人間は全然、変わっていなかったのか。」

 と驚かされた記憶が残っている。

 日本人の隠蔽癖は今日、令和の時代に至るまでまるで治ることがないが、その「隠蔽」の一つが戦史の記録についても特徴的に露呈する。ガダルカナル島・一木部隊全滅の玉砕の真相(海軍が陸軍を見捨てて持ち場を離れたこと)や、二・二六事件の詳細(海軍は全て陸軍決起の情報を事前に把握していた)がわかったのは実に今年になってのことであった。それだけでも大きな反響をもたらす歴史の発見であったが、それ以上に秘密に閉ざされ続けてきたのが先々代の天皇、昭和天皇(裕仁)にまつわる事実である。

 敗戦後、まだGHQが統治していた占領期、昭和天皇の発言を詳細に記録した第一級史料が、今年になって田島道治(初代・宮内庁長官)の「拝謁記」として世の中に出てきて大きな反響を呼んでいる。1000万人以上の戦死者が出た破滅的な戦禍に全域を巻き込んだ大東亜戦争への反省。敗戦の道義的責任、自主的退位など、今まで全く知られていなかった記録が戦後74年、令和の時代になってようやく表に出た。初代宮内庁長官・田島道治が非公式に残していた膨大な日記、メモとして今に伝われることになった。象徴天皇の出発点に迫る秘録 拝謁記が、今夜、深夜、再放送される。

 宮内庁や政府文書としても残されてきたはずの記録は未だに「隠蔽」されたままの状態にあり、今日、ここまで事実の公開が遅れたことは全く残念なことであるが、田島長官が小まめに記録を残していたことと、それらが焼かれたり捨てられたりすることなく保存されて、ついに公開されたことは非常に幸運なことであり、極めて貴重な資料の継承として国民的に知られる必要がある。


 NHKスペシャル▽昭和天皇は何を語ったのか〜初公開・秘録 拝謁(はいえつ)記

 2019年8月20日(火) 24時20分〜25時20分

 占領の時代、昭和天皇のそばにあった初代宮内庁長官・田島道治の新資料「拝謁記」が公開された。1949(昭和24)年から克明に記されていたのは、昭和天皇の言葉。天皇は、敗戦の道義的責任を感じ、退位も考えていた。さらに1952年の独立記念式典の「おことば」で戦争への反省を述べようとする。しかし、最終的に戦争の経緯は削除された。なぜかー。天皇と長官の対話から、象徴天皇の出発点に迫る。

出演者   片岡孝太郎,橋爪功
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

 元ホーリネス平塚教会牧師、「星の子どもたち」 小松栄治郎事件の手記、
 「性暴力被害の家族として」  以下で販売しています。 
 http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/52128088.html
Amazonライブリンク
 






カスタム検索