2008年11月

リガ大聖堂少年合唱団

da7b1f45.bmp 旧ソ連が解体し、多くの東欧諸国が誕生してからすでに15年ほどが経つが、旧体制の覇権的共産主義の桎梏から解き放たれた多くの民族が、その文化の独自性を発揮してきらめきの芸術世界を広く開くことができるようになったことは大きな実りの一つであった。

 バルト三国という小さな国がある。リトアニア、ラトビア、エストニアの3つ。旧ソ連に併合されて弾圧と圧制の苦渋をなめ続けてきたが、東欧の宝石と称される多くの文化的遺産を継承している。

 その一つが800年の歴史を持つリガ大聖堂が伝えてきた合唱団。ラトビア有数の合唱団であるリガ大聖堂少年合唱団。知られていないがラトビアは合唱大国でもある。ソ連からの独立時には音楽祭で長く禁じられていたラトビアの賛歌を歌い祖国への熱い思いを新たにしたシーンが有名である。

 ラトビアの首都・リガはロマネスク、ゴシック、バロック様式などの様々な歴史的建造物が建ち並ぶ文化遺産の街。そのシンボルであるリガ大聖堂は欧州の町によく見られるように町の中心となっている。リガの街ができた 1201年に建てられており、そして、この合唱団は 1240 年に創設されている。

 今回、来日コンサートが予定されている。リガの宗教音楽、ラトビアの民謡などは滅多に聞くことができない。

 リガ大聖堂少年合唱団 クリスマス・コンサート
 http://ints.co.jp/riga
 
 指揮者:マルティンス・クリサンス
 オルガン:アイワールス・カレイス(リガ大聖堂オルガニスト)

 2008年12月10日(水) 19時開演

 目白 東京カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック関口教会)

 ¥5,000
 ※未就学児童の入場は不可。
 
 プログラム
 ウギス・プラウリンシュ:「ミサ リジェンシス」よりキリエ、サンクトゥス
 シューベルト:アヴェ・マリア
 J.S.バッハ/グノー:アヴェ・マリア
 J.S.バッハ:トッカータとフーガ(オルガン・ソロ)
 ラフマニノフ:アヴェ・マリア
 モーツァルト:「レクイエム ニ短調K . 626」よりラクリモサ、ホスティアス
 ラトビア民謡と周辺の国々の民謡

 きよしこの夜  
 御使い歌いて(グリーンスリーブス) 
 イギリスのキャロルとパッヘルベルのカノン
 フランク:天使のパン  
 アデステ・フィデレス(神の御子は今宵しも) 
 もろびとこぞりて
 ヘンデル:ハレルヤ

 主催   アルス東京

 お問合せ・ご予約: チケットスペー03-3234-9999

ノエル 歌で綴るバロックの調べ

3fd78f49.jpg この5月、吉祥寺の武蔵野市民文化会館小ホールにて私が主催したコラールコンサート、

「Hymnus 祈りの歌」

においてデュオで教会音楽を歌い上げた高橋美千子と村田悦子がこの降誕節に二俣川と池袋にてクリスマスコンサートを予定している。

 Noel 〜 ノエル  歌で綴るバロックの調べ

 グレゴリオ聖歌からヘンデルのメサイアまで、中世の声楽を2つの声と1つの楽器で演奏。二人は昨年までアンサンブル・プラネタで共に活動していたメンバー同士。伴奏はオルガンを使用予定。クリスマスソングを歌う力はなかなかの高橋はカトリック信徒でもある。

出演:
ソプラノ 高橋 美千子
アルト  村田 悦子
オルガン  米沢 陽子

演奏予定曲:
来たれ、エマヌエル
あら野のはてに
オー、ホーリーナイト
デュオカンタータ (ヘンデル) メサイアから

横浜公演
12月3日(水) 開演19:30
サンハート音楽ホール(相鉄線二俣川駅0分。旭区民文化センター)

東京公演
12月21日(日) 開演13:30 自由学園明日館 講堂(池袋西口歩5分)

チケット:(両日とも)
全席自由 前売3500円 当日4000円
アン・メサージュ事務局 
dolci_accenti(atmark)yahoo.co.jp
FAX: 03-3825-1961

パリ木の十字架少年合唱団

d0aaf02e.bmp 100年以上の歴史を持つ教会音楽ボーイソプラノ聖歌隊、パリ木の十字架少年合唱団。8年ぶりの来日公演が明日から3日間連続で首都圏にて行われる。24人の子どもたちが夢のような歌声で降誕節の始まりを告げる。
 
 11月29日(土) 17:00開演
 宇都宮文化会館 大ホール
 栃木県宇都宮市明保野町7-66
 
 11月30日(日)17:00開演
 伊勢原文化会館 大ホール
 神奈川県伊勢原市田中348
 
 12月1日(月)18:30開演
 東京カテドラル聖堂(カトリック関口教会)
 文京区関口3-16-15
 
 予定曲目
 <第1部> 青い衣装にて
 フランス大衆音楽及び世界の有名楽曲で構成

 <第2部> 白いマントに木の十字架
 クリスマスキャロル及び聖歌で構成
 
 終演後にファン交流会を予定

第一部
ミュージック・ユニヴェルセル Musique Universelle / France - R. Pierrepont
こだま Eccho / Italie - O di Lasso
マルッシア Marussia / Ukraine  Arr:R.Pierrepont
澄んだ泉にて A la claire fontaine / Quebec  harmo:M.Garcin
テチェ・ヴォダ・テチェ Tecce voda Tecce / Tchequie - Harmo: B.Pokorny
ソルヴェイグの歌 Chanson de Solveig / Norvege - A.Grieg
ばら色の人生 La vie en rose / France - E.Piaf
イッツ・オーライ It's All Right / U.S.A - J.K.Green
バン・ンウェン・オン・ティ・ボ Ban nwen on ti bo / Antilles harmo:R.Trussardi
モーツァルトの子守歌 Wiegenlied / Autriche - W.A.Mozart
パリ・パナム Paris Paname / France - D.Faricier

第二部
ジングルベル Jingle Bells / J. Pierpont
荒野の果てに Les anges dans nos campagnes / Gevaert
きよしこの夜 Douce nuit, Sainte nuit / Grubert Arr:R.Pierrepont
アヴェ・マリア Ave Maria / F.Schubert
アイルランドの祈り An Irish Blessing / J.E. Moore Jr.
聖夜 La nuit / J.P. Rameau
キャロル・オブ・ザ・ベルズ Carol of the bells / M.Leontovitch
子らよ、ともに歌え Pueri Concinite / J.R. von Herbeck
ディンドン空高く Ding dong! Merrily on high / C. Wood
諸人こぞりて Joy to the Lord / L.Mason
赤鼻のトナカイ Rudolph the reinder nose / J.Marks
ホワイトクリスマス White Christmas / France-D.Faricier

アンコール
上を向いて歩こう Ue wo muite arukou / Japon - Sukiyaki  arr:R.Pierrepont
クリスマス・イブ Christmas Eve / Japon - Tatsuro Yamashita arr:R.Pierrepont

ららマート 吉祥寺店

4f1e024e.jpg 吉祥寺で24時間営業しているスーパーは少ない。吉祥寺通りと五日市街道が交差する武蔵野八幡宮の角、八幡宮交差点にあるフーデックスくらいではなかろうか。他店舗では24時間やっているところが多い西友百貨店も吉祥寺店は23時までである。

 吉祥寺大通りと中央線の線路が交差するガード下、映画館に隣接して「ららマート」吉祥寺店があり、こここは深夜2時まで、つまり、終電車が終わってからも買い物ができる食料品店舗として人気だった。お酒などもあったが、どうしてもお客が北と南にそのまま流れてしまい、駅歩1分という立地だが鬼門の場所になっており、思ったほどお客さんが入っていかない。

 24時過ぎの売り上げも予想よりは大きく下回って人件費、光熱費などの負担が響いたらしく、この度、会社更生法、民事再生法のどちらだったかは忘れたが倒産してしまい、管財人となった弁護士の「告示」が張り出され、工事現場用のフェンスで囲まれてひっそりしている。ここはららマートを経営していた株式会社ワールドの本社があった場所でもある。後継のテナントはまだ不明。良い店だったので残念だ。

 ららマート 吉祥寺店
 〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町2-3-15 バローレ吉祥寺
 電話 0422-45-8101 AM.10:00〜深夜.2:00

ボーン・クリスチャン

88a769e2.jpg 写真は歴史的いんちき牧師であるビリー・グラハムの息子、フランクリン・グラハム。父ビリーよりもさらに過激に好戦的である。親子でイラク戦争、ブッシュ政権を熱烈に支持。宗教右派の象徴的存在であるグラハム財団2代目継承者のクリスチャン2世牧師である。これを「素晴らしい伝道者」と絶賛していた人物が大和カルバリーチャペルの大川従道。彼もクリスチャン2世である。フランクリン・グラハムは2005年、グラハム大会のため沖縄に来日。沖縄の教会を二分する大論争を呼んだ。父ビリーが「イラク戦争には否定的であった」という認識は完全な間違いで戦況が泥沼化してから発言を少し変えたが、開戦前、開戦直後の半年は「聖なる戦い」と公言して支持していたのであった。

 日本国内でも福音派、カリスマ派など北米流の新興プロテスタント教会や牧師たちの非常に多くがビリー・グラハムを偉大な伝道者と位置づける。このように考えるのはほとんど彼らのみでありその幼い認識に驚かされるが、彼らの視野は狭くビリー・グラハムの政治的立場、社会的位置づけ、歴史上の役割をほとんど知らない。子どもの頃、私もビリー・グラハム国際大会に日曜学校ぐるみで連れて行ってもらったことがある。

 今、問題になっている沖縄の独裁教会、カルト教会はほとんど全てがフランクリン・グラハム国際大会を支持して参加した経緯がある。フランクリンの主な発言についてはこちら。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/フランクリン・グラハム
 http://exchristian.blog80.fc2.com/blog-entry-16.html

 **********

 現在、日本中の話題を独占している元厚生相事務次官殺害事件。46歳の実行犯容疑者、Kについての情報はさっぱりわけがわからない。当初、年金テロだとか何とか言われていたのは何の根拠もない誤報であった。情報の錯綜で踊りに踊ったマスコミも、政治家も、評論家も揃って無責任な姿を見せている。
 
 容疑者は佐賀大学工学部を中退していたそうだが、子どもの頃から数学が得意な成績も悪くない、普通の人間であったらしい。大学在学中あたりからおかしくなっていったようだが、詳しいことがまだわからない。彼の親はプロテスタントのキリスト教徒であったそうだ。今年、佐世保のプールで銃を乱射して思いを寄せていた女性水泳インストラクターを殺害、自身も教会で発砲し自殺という事件を起こした若い男も幼少時からカトリック信徒だった。

 物心つかないうちから信仰生活とともに生き育った人のことをボーンクリスチャン(born Christian)という。「ボンクリ」と縮めて言われることもある。クリスチャン2世、3世などは多くがこれに当たる。一般にこうした人は多かれ少なかれ、その人格形成に少なからぬ影響を受ける。プロテスタントではクリスチャンファミリーに育った子どもの多くが成人後、牧師になることが多い。また、そうした2,3世同士で結婚することも多く、それゆえ、教会同士が少なからず縁戚関係になっている。私もクリスチャン2世として育ち記憶の初めから日曜学校の風景が飛び込んできている。通っていた教会の牧師夫妻には3人の子どもがいたが、そのうち一人の男の子は同い年、幼稚園から中学校まで同じだったので彼を通じた繋がりや記憶も深い。どれほど努力しても自分の内側からキリスト教の世界観を完全に拭い去ることは不可能で、クリスチャン2世の感じるものの見え方や息苦しさについては良くわかる。

 20世紀の哲学世界にもっとも大きな影響力を残したと言われる一人、ドイツの実存主義哲学者、マルチン・ハイデッガーもカトリック信徒の両親に生まれた。両親は教会職員であり生活はカトリックとともにあった。以前にも書いたようにハイデガーは初めはカトリックの神学生として修道会で学びを始めたが、後にそれを辞め司祭ではなく学者の道を歩き始める。徹底的にキリスト教世界から受けた影響を自身の哲学からは排するべく壮大な体系を残したが、最後に遺言として言い残したことは、葬儀ミサをカトリック教会でやってほしい、親友のキリスト教徒、ヘルダーリンの詩を悼辞として朗読してほしい、ということだった。彼の墓地の墓石は夫婦並んでいるが、十字架が記されていない。しかし、あれほどの哲学論を残し、一時はナチスの理論的支柱とさえ言われた彼も最後はキリスト教ととしての桎梏を完全に振り払うことはできなかった。
 
 クリスチャン2世は多く、その人生に決定的な制約を負わされる。それを良い成果への原動力として使いこなす人もいれば、それに最悪の形でつぶされる人もいる。自分で選べなかったこととはいえ、どうなろうと最後は自分次第であり、自分の責任である。自分の頭で考え、責任を持って行動し、人生を決めていくことができない自称、キリスト教徒が多すぎて、結果として偽物牧師、不法の者の跳梁を許していること、独裁教会を増殖させてしまっていることは全く情けないことである。

 私の友人にも何人もいるが、成人になってから信徒になった人の方が遙かに人間として優れており、醸し出す存在感に圧倒される人が多い。まるでかなわない、全く追いつけないと思わされるような雰囲気を持つ人。多くそうした人は社会人としても普通に、慎ましく、飾らぬ庶民として暮らしている。

アマルコルド・シンガーズ

9221ef5a.jpg アマルコルド・シンガーズ (アンサンブル・アマコード)が来日している。今週末、土曜には吉祥寺の武蔵野市民文化会館でもコンサート予定。

 1992年にライプツィヒ聖トーマス教会少年合唱団の元団員たちによって結成。そのレパートリーは中世ルネサンスの作品が中心。その他、マドリガルやロマン派、および現代作曲家作品、声楽曲の多くのジャンルに及ぶ。ア・カペラ専門の歌い手たちである。第1回オーストリア合唱オリンピック入賞。ドイツ音楽コンクールで優勝(2002年)。ドイツでは、ゲヴァントハウス管弦楽団、聖トーマス教会少年合唱団と並びライプツィヒの楽壇を代表するアンサンブルである。

 今回初来日。公式サイト http://www.amarcord.de

 日本大学カザルスホール
 2008年11月27日(木)19:00 開演
 ¥4,500(税込)
 
<曲目>
ヨーロッパのルネッサンス
トーマス・モーレイ:今は五月祭の季節
作者不詳:赤ワインを飲む時−トゥルディオン
エラスムス・ヴィトマン:マルティンスガンス
ハンス・レーオ・ハスラー:思いは乱れて
アロンソ・デ・アルバ:ラ・トリコテア
アドリアン・ヴィラルート:わなをかける老婆たち

ヨーロッパのロマン
ロベルト・シューマン:ミンネゼンガー/ 憩いなき愛
エドヴァルト・グリーク:ハン・オーレ
エドワード・エルガー: 吹きすさぶ風よ/ 祝宴を見つめ
カミーユ・サン=サーンス: サンタレッロ
フランツ・シューベルト: 月の光 D.875
トーマス・アーネ: 5声のための輪唱・歌クラブ

コメディアン・ハーモニー歌手たちの3曲
エルンスト・フィッシャー:スペインの夜の魔法
L・ホーヴァルト(マティアス・ツェラー編曲):贈り物
エミール・パルム(グレゴル・マイヤー編曲):納屋の屋根裏で
J.S.バッハ(ワード・スウィングル編曲):フーガ ハ短調 BWV.847
ダリー・ランズウィック(マティアス・ツェラー編曲):ヨハンの解体

フォォーク、ポップス曲もある。

ラオックス吉祥寺店 年内で閉店

3609727f.JPG 吉祥寺大通りに面して店舗を構えてきたラオックス。隣の旧近鉄百貨店に入居したヨドバシカメラ吉祥寺店ができるまでは多くのお客さんで賑わい、30年近くここで営業している老舗。家電販売が落ち込み業績が悪化した際も1995年前後、ウィンドウズの爆発的売れ行きでパソコンブームが到来、その勢いで吉祥寺では数少ないパソコン関連の店舗として息を吹き返し、現在に至っている。

 しかし、ヨドバシカメラが空前の規模で出店したことで大津波に飲まれた。年内、大晦日で完全に仕事を終えて撤退予定で現在、売り尽くし閉店セール中。

 ちなみにこのラオックスが入居しているビルは非常に古くなったビルである。上階には武蔵野市の清掃事業などを請け負っている武蔵野美装などが入居している。階下のデニーズも閉店・撤退し、大型のセブンイレブンが入居するため内装工事を行っている。ここはセブンイレブンを抱えるイトーヨーカドーグループの鈴木敏文が吉祥寺南町に暮らしていることから、地元吉祥寺にセブンイレブンが少ないためてこ入れ出店しようということで、コンビニには不向きな立地のテナントながらかなり強引に旧デニーズの後継テナントとして出店している。

 ラオックス吉祥寺店
 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20
 0422-21-3471
 http://www.laox.co.jp
  平日:10:30-20:00
 土:10:00-20:00
 日祝:10:00-19:30

エンヤ Oiche Chiuin (chorale) 

29006980.jpg アイルランド北部ドニゴール州グウィドー出身の歌手、エンヤ・ウォーターマーク。1961年生まれで本名、エンヤ・ニ・ブレナン(Eithne Patricia Ni Bhraonian)。伝説的な名曲となり、英国ロンドンのボーイソプラノ、リベラがカバーするなどした「オリノコの流れに乗って」で一躍世界の音楽界に踊り出し、その後、グラミー賞を4度獲得。すでに高い評価を得ている国際的歌手であるが、今年、クリスマスシーズンにあわせて新譜を完成させ、この12日に発売された。

 『雪と氷の旋律 And Winter Came

 通算で7枚目、3年ぶりのニュー・アルバムである。

 2008/11/12 発売  WPCR-13203 税込:2,580円

 現在、エンヤは来日中で今週、植樹祭やツリーの点灯式、および新作アルバムのPRプロモーションなどで都内を中心に姿を見せる。NHKの紅白歌合戦にもゲスト出演予定が組まれている。

 この中に最後の一曲が、

 Oiche Chiuin(chorale) イーハ・ヒューイン(コラール)

 日本語では、「きよしこの夜」として知られている曲が彼女の母言語、ゲール語で歌われる。このキャロルが最後に入っていることからもわかるように今回のアルバムはクリスマス・アルバムの予定だった。ところが、ダブリンのAILE STUDIOで進めたレコーディングの課程で幅広い季節的テーマが湧き、主題がクリスマスだけに収まらなくなった、という。エンヤはカトリックのキリスト教信徒であるが、たしかに降誕節のための宗教曲、というだけでなくもっと軽快な、白銀の雪原に響く音世界という趣を出した曲が多い。

 White is in the winter night

 はまるで雪原をトナカイが引くそりが弾みながら滑っていくかのような光景を想起させる。

彼女が作る純粋クリスマスアルバムを聴いてみたかったが、自然に曲想が広がった結果のアルバムであるならば次の楽しみに。演出はニッキー・ライアン、歌詞がローマ・ライアン。

 01.雪と氷の旋律 / And Winter Came
 02.Journey of the Angels
 03.White is in the winter night
 04.O come, O come, Emmanuel
 05.Trains and winter rains
 06.ありふれた奇跡 / Dreams are more precious
 07.Last time by moonlight
 08.おもちゃの兵隊 / One toy soldier
 09.Stars and midnight blue
 10.The spirit of Christmas past
 11.My! My! Time flies!
 12.きよしこの夜 Oiche Chiuin

沖縄リバイバルチャーチ ゴスペルユニット・グローリア

40ec7260.jpg グロリアの最新作シングル
 
 平和の祈り アッシジのフランチェスコ

 マザーテレサが最も愛した祈りとして有名な「平和の祈り」に感銘を受けた彼女たちがこれを独自の歌にして作り上げた。彼女たちが沖縄リバイバルチャーチ(ORC)儀間盛夫の下で彼のために働いていることは認められることではない。しかし、彼女たちには音楽の才能がある。

 **********

宗教団体ではなく会計上、個人事業主として活動し現在、沖縄地裁民事部にて訴訟係争中の金まみれ牧師、儀間盛夫が主任を務める沖縄リバイバルチャーチにはゴスペルユニット、「グローリア」がある。現在は2人の女性だけで活動しているが、開始当時は男性2名と女性4名のバンドであった。その後、男性のドラム担当Aなどが抜け、女性4人の活動が続き、さらにそこから儀間を見限ってキーボード奏者だったAが抜けている。

リーダーボーカルだったのは宮城睦美。現在、彼女は沖縄の県内で視聴されているFM21のパーソナリティとして仕事をしており、こちらが多忙となり現在、「グローリア」を休んでいる。

http://www.fm21.net/timetable%20saturday.html

 代わってボーカルになったのが彼女の妹、石原典子。キーボードの譜久村明子とともに今も沖縄リバイバルチャーチ(ORC)などを中心にして活動している。

http://sound.jp/gloria/

 FM21は経営している社長がクリスチャンらしく県内のプロテスタントキリスト教関係者が多く関わっているラジオ局。あれこれ沖縄にやって来る牧師たちの多くもこのラジオ出演に頻繁に出演している。沖縄リバイバルチャーチ(ORC)と並んで問題になっている訴訟係争中の教会、沖縄福音センター美浜教会に所属している訴訟関係者の一人、津覇京美もこのFM局で「てぃひら」というラジオネームで音楽活動をしている。二人とも県内のクリスチャンには知名度が高く、人気もあり、地元には浸透している。この二人とも所属教会の牧師が引き起こした不祥事を目の当たりにしているが、残念なことに二人とも各々の牧師を強く擁護し、教会の独裁化を止める力にならない。各々の教会では中心的なリーダー役信徒となって活動している。

 特に毎週、沖縄リバイバル教会の「礼拝」で石原典子は賛美リードをしているが、「グローリア」のウェブから試聴すればすぐわかるように彼女が持つ歌の才能は素晴らしく、この歌を聞くために教会に行く人たちも少なからずいる。彼女は既婚者で夫も併せてORCの信徒として活動している。夫は元々ORCではない教団の出身であったが、現在はORCの儀間に依存している状態。彼女がもし、儀間と袂を分かって外へ出る決断に踏み切れば彼女の存在感から言って多くの信徒に影響する。「グローリア」は教会外の活動が広くテレビCMソング、ライブ活動、イベントに参加し、クリスチャンではない音楽家とも交流が豊富にある。

 大和カルバリーチャペルの大川従道や、ハレルヤコミュニティーチャーチの榊山清志と似ているが、沖縄リバイバルチャーチの儀間盛夫はこうしたゴスペルバンドを通じた音楽活動を積極的に活動に使っており、「グローリア」はその切り札的なユニットになっている。

 沖縄リバイバルチャーチに関しては、他にもバレエなど舞台、演劇活動の軸として、高良幸子バレエ団代表の高良幸子がおり、ORCの信徒である。教え子にはブロードウェイで活動しているダンサーもいる。彼女はまだ儀間盛夫のORC所属信徒ではないがすでに何度かORCで演じたことがあり、少なからず結びつきを持ちつつありこれ以上引きずり込まれないかどうか、懸念されている。

 高良幸子バレエ団・研究所
 沖縄県那覇市鏡原町34−45−308
 電話番号 098-858-9889

豪邸に暮らし、高級車を乗り回し、巨大礼拝堂を建設、億単位の金を信徒から集めて金まみれの儀間盛夫は「神から下った啓示」と豪語して千人教会を目標に掲げ信徒を圧している。儀間が「牧師」と呼ぶに値せず、不法の者であることは明白である。多くの信徒の人生を破壊しながら膨張してきた沖縄リバイバルチャーチ、儀間盛夫・盛人親子に対して対決の姿勢をとった元信徒の女性らに、沖縄県内の周辺教会や牧師たちは多くが非難を浴びせて訴訟の取り下げを進言する始末だった。それらは皆、福音派、カリスマ派、バプテスト派、単立教会など、自らは「聖書主義」に基づく「正統なプロテスタント」と述べている人たち。

 ハレルヤコミュニティーチャーチの榊山清志事件の際も、裁判で全てが決着し、圧倒的な情報量で彼の悪逆非道、無法行為が明らかになってから手のひらを返したようにかつて榊山と親交を持っていたことについて沈黙し始めた教会や牧師がいくらもある。そのほとんどは反省、謝罪、悔い改めなどしないままに黙って口を拭うのみ。みな、早く目を覚ましてほしいと願う。

 なお、京都中央チャペルの牧師、今井直喜が、沖縄リバイバルチャーチの儀間盛夫、盛人を2002年に訪問した際の様子をインターネットに記載しており、そこに儀間親子の顔立ちや礼拝堂の外観や内部の様子が見て取れる。

 1.外観と内部 http://www.chuochapel.com/imainaoki/naoki/okinawa.htm
 2.儀間盛夫http://www.chuochapel.com/imainaoki/naoki/okinawa2.htm

ブッシュ やけくそ政策乱発

8889e96e.jpg 泥沼の戦争2つと金融恐慌で何をして良いのかわからないパニック状態、残りの任期が2ヶ月を切ってまるでやる気がないジョージ・ブッシュ。歴史にどのように評価されようと知ったことではないと開き直り、政権末期にやけくその暴政を振り回し始めた。
 
 1. 「絶滅危惧種法」に基づいて行う環境影響審査(endangered species rules)を撤廃

 新規に高速道路やダム建設などの大規模開発事業を許可する際、その地域の野生生物保護を目的としてアセスメントを行う法律。30年ほど前から実施されているが、もはやどうなっても良いと破れかぶれで政権末期に駆け込みで規制を外し、環境影響で不許可になっていた案件、困難な事業に一挙にゴーサインを出すのが狙いとみられる。

 ブッシュ政権のぺリノ大統領報道官は20日の記者会見で、野生生物保護を管轄する内務省が審査撤廃の検討を進めているとして、

 「絶滅危惧種法は役に立たない絡まった網だ。」

 と開発事業の妨げになっている法律の撤廃を目指すとしている。
 
 アメリカの国章にも使われているハクトウワシなど絶滅危惧種を保護するべく、開発事業の計画段階から環境影響審査をすることが義務づけられているが、ブッシュ政権は審査を撤廃、各事業を管轄する省庁判断で着工できるよう規則変更する予定とのこと。

 2.また、ブッシュの地元、テキサスは油田や発電産業が盛んな地域であるが、発電所建設許可に関し、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの増加見通しの事前評価を撤廃することも検討。計画が止まって石炭火力発電所の早期着工を狙っている。電力事業は大資本による民営化が急進し、カリフォルニア州などでは電力が止まる事態も発生している。

 3.さらにブッシュは自身の支持者らを中心に、すでに有罪が確定して刑事罰を受けた人物らに多数、駆け込みで恩赦する暴挙にも出ている。

 副大統領チェイニーがこれまでに再三、イラクの隣国でアメリカと犬猿の仲になったイランを追加空爆する可能性を発言していたが、さすがにそれは回避されそうな見通しがあるが、その代わりの締めくくりは露骨であった。歴代最低の支持率に転落したジョージ・ブッシュはなりふり構わないどうしようもない男になった。福音派、宗教右派、原理主義のクリスチャンにとって「希望の星」であり、「私たちと同じ考えを持つ大統領」として熱烈なエールを送られた男の晩節である。彼が邪悪な人物であることはわかりきっていたことだが、不正選挙で二度までもこの男は超大国の指導者に選ばれている。かつて一度でもこの歴史的大罪者を支持したことがあるものは猛反省をしなければならないが、未だにその気がないものが多数存在する。人間がいかに愚かにできあがっているかを良く示している。

クリスマスツリー

1718de11.jpg * 母校、池袋にある立教大のクリスマスツリー。この2本はもみの木でもドイツトウヒでなく、ヒマラヤ杉という樹種であると在学中に知らされた。一般のメディアにも再三、撮影されて紹介され有名になっている。新座キャンパスのそれも立派だが、私が愛着があるのは池袋のこれ。ツリーへの点灯式が毎年11月に行われ、瞬間ふわっとした歓声が上がる。学生時代にはそれが楽しみだった。私だけでなく全ての立教人に共通する懐かしい記憶。あの4年間は幸福でいっぱいであった。
 
 立教大クリスマス日程
 
 東京芸術劇場(池袋駅西口前)にて「メサイア」公演
  
 だんだんと年も押し迫り、待降節(クリスマスシーズン)である。
 
3年前にガンで他界された若林ひとみさんが晩年に残した2冊の著が

 「クリスマスの文化史」 白水社

 「名作に描かれたクリスマス」岩波書店

 である。特に後者は他界される1週間ほど前に書店に並んだのだった。彼女の渾身の作である。「クリスマスの文化史」については原稿の入力や推敲などを一部、お手伝いさせていただいたことを懐かしく思い出す。彼女はワープロが専門でウィンドウズ、マッキントッシュを問わず、パソコンが使えなかった。編集者とのメールでファイルの送信などまだ学生時代の私が少し担ったりしていたので思い入れがある書である。

 若林さんはキリスト教徒ではなく、また、もっぱらドイツ語圏(オーストリーやスイスの一部を含む)が専門であったが、ハプルブルグ家研究などと合わさってクリスマス史全般を深く考究されていた。信徒の目ではなく客観的な研究者としての目で観察されていたのでたいへん均衡がとれた詳細な解析があり大いに感嘆させられたことを思い出す。クリスマスケーキ、クリスマスキャロル、サンタクロースやクリストキントなど同じ欧州でも大きな差があった。

 クリスマスツリーはクリスマスに欠かせない。このツリーは比較的世界全体で違いが少ない要素の一つである。主に幼木の常緑の針葉樹が使われる。歴史を刻み大木になったものも名物になることがある。装飾が困難を極めるが、世代を越えて愛されるツリーとなる。東方世界であるロシアでもヨールカという飾り付けがある。元来は新年を祝うものとして使われたが、ロシアのクリスマス期から飾られており、実際はロシア版クリスマスツリーとして楽しまれている。

 日本ではもみの木が圧倒的に有名であるが、欧州ではドイツトウヒ(学名、Picea abies)が主に用いられる。日本では他にエゾマツ、トドマツなど針葉樹で流用される樹種も多いが、広葉樹、照葉樹が使われることは聞いたことがない。なぜ、もみの木やトドマツなどモミ属の樹木が使われるかというと翻訳上の勘違いであったようだ。

 樹木の種名、abiesがマツ科モミ属の属名、Abiesと同じで、種と属を勘違いし、和訳時、ドイツトウヒと日本国内のモミ属樹木(モミ、エゾマツ、トドマツなど)を混同してらしい。結果として形も似ており、エゾマツなどは本家ドイツと同じトウヒ属の樹木であまり外観上の違いがわからずそのまま今日に継承されている。
 
 針葉樹で常緑樹が使われるのは、欧州には照葉樹、広葉樹があまりないことと、常緑樹は長い冬季も葉を落とさないことから生命力の象徴とされた理由による。照葉樹、広葉樹には落葉するものが多い。また、まっすぐ上に伸びることがまっすぐな信仰心の陶冶を想起させること、欧州にこの種の常緑樹が多く生育していたことなどもある。

 まだ、識字率が低かった時代、絵画、音楽、演劇、舞台などで宣教がされていた頃、中世カトリックの降誕祭で演じられた舞台の序幕、「失楽園」でアダムとエバが神の怒りにふれる際、善悪を知ることができる「知恵の樹」として常緑針葉樹が用いられたことが始まりではないかとする見方もある。本来、赤い実(なぜかこれがリンゴとされていることが多い)をつける照葉樹はクリスマスシーズンには落葉するので、赤い実をつる下げる樹木として代用したのが常緑針葉樹だったようだ。『クリスマスの起源』(O.クルマン著)による。
 
 ツリーのてっぺんには何もないこともあるが、装飾がされることもある。キリスト降誕を告げ知らせた

 「ベツレヘムの星 (Star of Bethlehem)」

として星が飾られることが多い。これはジョットの絵画などでは尾を引きながら夜の天空を駆けるハレー彗星とされている。英国などでは天使が飾られることもある(クリスマス天使)。
 
 また、他にキャンディや蝋燭、サンタクロース人形、モールのひも、疑似雪などで装飾されるが、豆電球(細長いタイプの豆電球など)で飾りをつけることが多かった。現在、これは耐久性、堅牢性と照度がとても優れていることから発光ダイオードを使うことが圧倒的になった。だが、光ファイバーを流用して電飾部品にしたものも含め、あのLEDの光は目に刺さるように強い性質があり、また、全く揺らぎがなく安定しすぎていてどうも個人的には好きになれない。信号機の発光体としては優れているが、クリスマスツリームキではなさそうである。本来、蝋燭の火が一番雰囲気が出るものの火事を起こす危険性からすっかり使われなくなったが、豆電球の明かりの方が雰囲気は出るような気がする。
 
 なお来月、横浜で若林さんの所有していたアンティーククリスマスグッズの展示会(販売は一切していない)がある。

ららぽーと豊洲 アトリウムコンサート

3fd78f49.jpg 今年5月、優れた音響を持つ武蔵野市民文化会館小ホールにて教会音楽コンサートを行った高橋美千子、村田悦子が来月、クリスマスコンサートを行うことをふまえ、本日、豊洲のららぽーとで無料のアトリウムコンサートを15分間、開催する。日頃はパイプオルガンのコンサートであるが、今日はオルガンが伴奏に使われてソプラノとアルトの二重唱。米沢陽子がオルガン伴奏を務める。

 G.F.ヘンデルのデュエット曲
O Holy night
など

 11月24日(月・祝)
 演奏時間帯  19:00、20:00 各々15分間
 
 東京メトロ有楽町線、ゆりかもめ線 豊洲駅
 ららぽーと 2Fアトリウム
  
 出演:
 米沢 陽子(Org.)
 村田 悦子(Alt.)
 高橋 美千子(Sop.)

クリスマス みなとみらい号

80bdff48.jpg 来週から待降節(クリスマスシーズン)に入る。キリスト教の教会暦、礼拝暦、典礼暦ではここが出発点で一年をぐるっと回ることになっている。

 さて、このクリスマスシーズンに合わせ、東京メトロ(旧営団地下鉄)や都営地下鉄、埼玉高速鉄道などから横浜中華街、みらとみらい地区へのクリスマス直通列車が23日のみ運行される。日比谷線、南北線、三田線、埼玉高速鉄道線から出発する。東急目黒線・東急東横線を経由し、横浜から横浜高速みなとみらい線となる。元町や横浜中華街、山下公園、桜木町、みなとみらいなどへはたいへん便利な路線である。東海道線、京浜東北線を利用するよりも安く、速い。

 臨時列車「みなとみらい号」

 賞品が抽選で当たるイベントもある。普通列車扱いであり、別料金はかからない。予約なし・普通運賃のみでだれでも乗車できる。パスモやスイカでも乗れる。
 
 東京メトロ日比谷線「北千住」 → 横浜高速みなとみらい線「元町・中華街」

 都営三田線「高島平」 → 横浜高速みなとみらい線「元町・中華街」

 埼玉高速鉄道線「浦和美園」 → 横浜高速みなとみらい線「元町・中華街」

 運転日 2008年12月23日(火・祝)
 運転本数 各ルートとも元町・中華街ゆきが1本。

ペトロ岐部と187殉教者 列福

43f8eeb9.jpg 会場になる長崎ビッグNスタジアム。
 長崎市松山町2-5
 ・長崎電気軌道本線大橋電停すぐ
 ・JR浦上駅 歩15分
 両翼99.1m 中堅122m 収容人員25,000人

 明日、長崎で開かれる

 「ペトロ岐部と百八十七殉教者」

 の列福式は、日本のキリスト教史上、列福される人数としては1867年以来の規模となる。日本全国からあらかじめ申し込みをした信徒らを中心に2万人以上が集まると予想されている。会場の長崎ビッグNスタジアムが25000人しか入れないため、予約申し込みをしていない人は当日、いきなりの参加はできない。私の友人もでかけていったが、宿はどこも満員で電車で1時間程度は遠いところを探さないと見つからなかったらしい。

 京都の大殉教  1619年
 長崎の大殉教  1622年
 江戸の大殉教  1623年
 
 は日本三大殉教とされている。海外からやって来た司祭、修道士を含み、斬首や火あぶりによって殉教したのであった。

 会場は長崎市内にある交通の利便性が良いところ。1997年に市営大橋球場を改築してオープンした。2000年にはプロ野球のオールスターも開催された優れた設備を持つが、収容人数が少ないためあまり使われない。九州ではソフトバンクの福岡ヤフードーム、巨人のキャンプ地であるサンマリン宮崎と並ぶ名球場。天然芝が美しい。

ハーベストチャーチとホープチャーチ

 新興プロテスタントの一つでハーベストチャーチ(http://www.harvest-church.jp)という教会群がある。福岡、熊本など九州を中心に教会が広がった。福岡ハーベストチャーチ(http://fhc.qee.jp)が中心的な教会として存在している。シンガポールにあるシティーハーベストチャーチ(http://www.chc.org.sg/eng)など海外とのネットワークもある。ホープチャーチアルファジャパンヒズコールチャーチ牧師・細江政人)、ゴスペルハウス静岡、京阪グレースチャペルなど多くの名で連携的に動いているようである。

 熊本ハーベストチャーチの主任牧師は中村陽志。福岡生まれ、福岡育ち。熊本刑務所で教誨師を務める。

 熊本ハーベストチャーチ
 熊本市本荘町733−7 浦上ビル2階
 電話 096(364)5090
 http://yoji-dream.at.webry.info

 先に、ハーベストタイムミニストリー(http://www.harvesttime.tv)の主幹、中村健一の番組に中村陽志が出演した様子は以下で閲覧できる。 
 
 第1回 http://www.harvestinternet.tv/program/tvdetails.php?pnum=143&l_code=
 
 第2回 http://www.harvestinternet.tv/program/tvdetails.php?pnum=142&l_code=

 いずれこれらの教会についても書かなければならないことがあるかもしれない。

マイケル・ジャクソン イスラム教徒へ改宗

629b9805.jpg 家父長主義的な父ジョセフの絶対的支配の元、子役時代から家族で結成した「ジャクソン5」のスター歌手として、また、ムーンウォークや軽快なステップを華麗に舞台で見せつける天才的ダンサーとして、世界的なアーティストになったマイケル・ジャクソン。バーレーンで黒い女性のイスラム装束を身にまとい歩いたりする姿が知られていたが、このほどイスラム教に改宗。名前をキリスト教の天使の名である「Michael」から「Mikaeel(ミーカーイール)」に変更した。

 Michael Jackson 'converts to Islam and changes name to Mikaeel

 マイケルの母、キャサリンはあの異端キリスト教カルト、「エホバの証人」の信者であり、その影響をマイケルも強く受けていたが、かつて「スリラー」の作曲を担当したSteve Porcaroの家でアルバムを録音中、すでにイスラム教徒に改宗していた作曲家であるDavid Wharnsby、演出家のPhillip Bubalから話を聞いたからだと言われる。

 イスラムの教えにすぐに強い共感を持ったマイケル。イスラム教の指導者であるイマームがモスクから呼び出されてシャハーダといわれる信仰告白を行いイスラム教の世界に足を踏み入れた。

 西洋、欧州のキリスト教離れはこの20年で非常に進行しており、イスラムへの改宗(元日本代表監督、フィリップ・トルシエなど)、オイルマネーで沸き返るイスラム圏への帰化申請(南米のサッカー選手など)も増えている。

仙台ラブリ聖書教会牧師 藤本光悦

 仙台ラブリ聖書教会という教会がある。
 
 「プロテスタント正統教会のバプテスト主義」
 
 をとっている教会で、
 
 「聖書を純粋に神の言葉と信じている福音的プロテスタント」
 
 とされている。「ラブリ」はフランス語で避けどころ、休み場の意らしく、これを名にとったのは人生に疲れた人、迷った人、重荷を背負いきれなくなった人たちなどに聖書の真理による自由と解放を与えたいためであるといっている。

 主任は藤本光悦牧師。彼が自身で公にしているプロフィールから読みとると元は暴走族に属し喧嘩に明け暮れる青春時代だったが、改心してキリスト教の道へ。神学者としては『実用聖書注解』を執筆するなど研鑽を積んだとされている。

 いのちのことば社が刊行している雑誌、「百万人の福音」に不登校児などを扱うチャーチスクール、シューブとして登場して紹介されたこともある。

 主なプロフィール
 http://slabri.com/staff/p_fujimoto.html
 1977年、高校2年で救われる。救いと同時に献身。
 1984年、仙台バプテスト神学校卒業。神学校卒業後当時神学校の校長だったジョン・ マクダニエル師の開拓伝道を手伝う。
仙台ラブリ聖書教会設立。1986年牧会をしながら、 共立基督教研究所に入学し、宇田進師に師事する。
 1990年卒業。宣教学修士。
 1991年、弟子訓練と出会い、韓国サラン教会における弟子訓練セミナーで弟子訓練牧師としての召命を受ける。
 1995年 弟子訓練神学校を設立。
 1998年 こどもミッションを設立。

 この牧師の著しい特徴は、「弟子訓練」プログラムを綿密に組み立てて運用する教会を形成すること。独自に弟子訓練神学校を設立している。教会のスタッフは事務担当も含めると総勢20人を超える。

 仙台を出てあちこちに講演、説教活動に出かけることもあり、榊山清志(浜松HCC、ライブチャーチ)や金圭東牧師(ヨハン早稲田キリスト教会、ウェスリアンホーリネス淀橋教会から枝分かれした韓国人教会)らとも面識がある。榊山清志も独自の「ハレルヤ聖書塾」を設立して弟子訓練(ディサイプリング)に注力した人物であったが、藤本牧師の採用した手法もこれと良く似ている。

 著書は多数

『救われたということ』 (いのちのことば社:1993年)
『実用聖書注解』「ユダの手紙」 (いのちのことば社:1995年)
『子どもディボーション』 (小牧者出版:1996年)
『こどもディボーションノート』 (こどもミッション:2000年)
『act! マルコの福音書』-「生徒用/指導者用」
(こどもミッション:2002年)
『こども聖書勉強』(こどもミッション:2002年)
『聖徒たちを整えよ!』(弟子訓練神学校:2004年)

 仙台ラブリ聖書教会
 http://slabri.com
 牧師:藤本光悦 (FUJIMOTO Koetsu)
 J-VIC主事:阿部知恵 (ABE Chie)

 〒984-0838 仙台市若林区上飯田 4-20-31
 TEL: 022-289-4587
 FAX: 022-289-6562

 ※月曜は休み。 

 この藤本牧師について注意深く観察している。

サッカー博物館(日本サッカーミュージアム)

d8ce9e20.JPG 文京区にある日本サッカーミュージアム。歴代の殿堂入りしたメンバーの顔プレートも飾ってある日本のサッカー界にとって中心的な博物館とされている。

 用事があって母校に立ち寄った帰り、少し足を延ばしてみた。地下1Fが展示室になっていて、「ピッチ入場券」とされていた500円の入館料だが、内容的には全然おもしろくない。客もがらがら。他にだれもいなかった。この展示内容ではだれも見に来ない。サッカー界も川淵元会長の独裁が長く続き、今も院政中。だんだんとプロ野球のナベツネ化している。

 〒113-8311
 東京都文京区本郷3-10-15 JFAハウス  
 TEL 03-3830-2002 FAX 03-3830-2003
 http://www.11plus.jp

希望の家 ひつじ

e115676c.jpg つい数ヶ月前まで武蔵野市の西の端、八幡町に近い西久保の商店街に店舗があった希望の家・ひつじ。この度、武蔵野市民文化会館や武蔵野郵便局、武蔵野保健所の近く、三鷹通りに面したマンションの1F店舗に引っ越ししている。キリスト教関連の小物を売っている小さな店。店内のスペースにはまだかなりゆとりがあり、品揃えがかなり乏しく見ているだけで楽しいといえるほどはものがない。
 
 ここの店主は吉祥寺本町、成蹊大学の近くにある吉祥寺キリスト集会に通っている。どちらかといえばあまり愛想がよいとは言えず少し話しかけにくい。吉祥寺キリスト集会はドイツ人のゴットホルド・ベックが開いた集会所であるが、肝心の彼は年間を通じて世界中のあちこちにバイブルキャンプなどに出かけており、あまりこちらの礼拝には出ていないそうである。78歳になった彼も一時、白血病と闘病期間があったが、現在はほとんど快癒に近い状態になったので北米やドイツ、スイスなどを中心に出かけることが多い。

 
 希望の家 ひつじ Haus der Hoffnung: das Lamm
 AM 11:00〜PM 6:00  * 火曜 PM 1:00〜6:00
 日曜定休
 武蔵野市中町3-4-4 テイジン武蔵野ビューハイツH号室
 TEL/FAX 0422-56-0420
 http://www.h5.dion.ne.jp/~taka-w/index.htm


 吉祥寺キリスト集会
 http://www.christ-shukai.net
 〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町4-9-11 
 0422-21-8450  ゴットホルド・ベック

若林ひとみ アンティーク・クリスマスコレクション展示会

cb17a2bc.gif 元文京区議会議員でドイツ語翻訳家、また、クリスマス研究では一級の成果を残して惜しくもガンによって他界した若林ひとみの三回忌がこの11月25日である。彼女は学生時代から私の直接の知り合いでもあり、尊敬、信頼していた有能で正義感漲る方であった。まるで地上に舞い降りた女性版ミカエルのようでさえあり、その急逝は全く惜しいことであった。

 彼女は学生時代からこつこつとドイツ、オーストリアを毎年クリスマスに訪問しており、そこで買い付けてきた細々としたクリスマスにまつわるアンティークを多数、保有している。現在、それらは全て妹のまりさんが保管しているが、これを三回忌に対応して展示会で一般公開することになった。場所は横浜である。

 “若林ひとみ アンティーク・クリスマスコレクション”

 収集の原点である、幼稚園の日曜学校で配られた宝物のクリスマスカードから、最後の収集となった、2005年9月のドイツ訪問で手に入れた1800年代のドールハウスまで、数多くのコレクションが展示される。かつてこれを文京区の自宅から彼女が引っ越しして最後を過ごした湾岸地域へワゴンで運搬したのは私であった。手伝いの女性の方と同乗し速度を出さず、振動を与えないように、間違っても事故を起こさないように慎重に運転したことが懐かしく思い返される。

 若林ひとみが30年かけて収集した貴重な品々である。ご高覧いただきたく思う。妹のまりさんは初日の10日、14日、最終日の21日に会場にいる予定。普段は仙台でコーヒー店をしている
 
 関東学院 創立125周年記念事業
 http://www.kanto-gakuin.ac.jp/news/new08.html
“ 若林ひとみクリスマスコレクション 展示会 ”
 
 「クリスマスの文化史」 (白水社)
 「名作に描かれたクリスマス」 (岩波書店)

 2冊の著作に掲載したコレクションを中心に、数多くのドールハウスやガラスのオーナメント、第1次大戦中に戦場の兵士に送られたガチョウの羽のツリーなど、貴重なアンティークを公開。

 12月10日(水)〜21日(日)9:00〜18:00  (最終日は15:00で終了)

 神奈川県民ホールの第5ギャラリー (横浜 山下公園前)

 後援 ドイツ大使館・ドイツ観光協会
 協力 白水社・岩波書店

 12月14日(日) 14:00〜15:00  ギャラリートーク 「若林ひとみとクリスマス」

不法の者

bc5964b8.jpg *多くの問題を起こして自滅したトッド・ベントリー(Todd Bentley)。かくも異様な男を指導者として仰ぎ心酔する人がいるのか、理解できない。

 *******

 新約聖書のうち最古の文章は使徒パウロが記した「テサロニケの信徒への手紙・その1」である。これに続いて、さらに「テサロニケの信徒への手紙・その2」という書簡集が「その1」からあまり時をおかずにしたためられたと言われている。おそらく執筆された場所はコリントであったろうと言われるが、定かではない。また、「その1」と異なりこの「その2」書簡集を書いたのがパウロ本人であったかどうかは必ずしも判然とせずそのため「擬パウロ書簡」に分類されている。用語法や文体も異なっており、おそらくはパウロの考えを継承して発展的に伝えようとした筆者がいたのであろうと想定されている。

 この「その2」には重要な下りがある。人々が多くキリスト再臨について勘違いしていることをたしなめようと記されている箇所であり、先だって不法の限りを尽くす滅びの人たち、偽預言者が続出することが強調される。

 テサロニケの手紙 その2 第2章
 
 「その時になると、不法の者が現れる。・・・不法の者が来るのは、サタン(悪魔)の働きによるのであって、あらゆる偽りの力と、しるしと、不思議と、また、あらゆる不義の惑わしとを、滅ぶべき者どもに対して行うためである。
 
 彼らが滅びるのは、自分らの救いとなるべき真理に対する愛を受けいれなかった報いである。そこで神は、彼らが偽りを信じるように、迷わす力を送り、こうして、真理を信じないで不義を喜んでいた全ての人を裁くのである。」

 現在、日本の新興プロテスタント教会世界では異様な独裁牧師が続出し不祥事の連鎖が止まらないが、ことは北米大陸でも同様で彼の地における惨状は日本以上に目も当てられない面がある。

 写真のトッド・ベントリー(Todd Bentley)という自称牧師の「リバイバリスト」が近時しでかした「レイクランド・リバイバル」はその異様なカルト性ゆえ多くの犠牲者を出し強い反響を呼んだ。かつてカナダでは「トロント・ブレッシング」という大きな事件があったが、北米の新興プロテスタントカルト現象は手を変え品を買え、場所と時期を変えながら散発的にあちこちで噴出し続けている。とてもではないが扱いきれる問題ではないので、このあたりを参照していただきたく思う。

 http://www.637200.net/cat17

 http://d.hatena.ne.jp/mmesachi/20080826
  
 また、マルコーシュの「ハーザー」でいくつか特集を組んでいる。あのリバイバル新聞でさえ、偽預言者、ベントリーには一定の問題があったことを認めている。
 https://ssl12.secureserver.jp/~revi000/revival.co.jp/syasetu/fuchi03.html
 
 先に引用したテサロニケの手紙・その2は、すぐ後に続く第3章で
 
 「働きたくないものは食べてはならない。」

 という一節を示している。今日これは「働かざるもの食うべからざる」という言い方で広く一般化しているが、東方教会であるロシア正教会世界などでも
 
 「手にたこができているものが初めに食べる。」

 といった表現はロシア文学の中にしばしば登場する。

 要するに、カルト化した独裁教会の「宣教師」、「伝道者」、「牧師」と自称している連中は、まともに働きもせず信徒を圧倒的に支配し、金を巻き上げようとしているならず者たちであり、その方法としてキリスト教を使っているに過ぎない。浜松の榊山清志(HCC、ライブチャーチ)にせよ、沖縄の儀間盛夫・盛人(沖縄リバイバルチャーチ、略称ORC)や仲原正夫(沖縄キリスト福音センター美浜教会、http://mihama.church.jp)にせよ、古くから「偽預言者」と書かれて伝えられてきた悪党が日本にもうようよしている。聖書の言葉を都合良く利用してでたらめ三昧を行う彼ら悪党は、不法の者、滅びの者、偽預言者と呼ばれるにふさわしい。

湾岸戦争症候群 帰還兵の4人に1人が発病

01fce76a.JPG 湾岸戦争中、完全化学防護服を着て訓練に参加したフランス外人部隊兵。サウジアラビアのHafral-Baten 近くの砂漠にて。(1990年10月26日)

 アメリカ退役軍人省の専門家委員会は一昨日、イラク戦争の遠因になっている湾岸戦争(1991年)から帰還した米兵の多数が脳神経系の記憶力低下、全身の痛みなどの「湾岸戦争症候群」で苦しんだり死亡したりしていることについて

 「主に脳と神経系への有毒物質による障害である。帰還兵の4人に1人が発病している。」

 とする報告書を発表した。15年以上も前の話が今頃になって出てくる理由の一つは、イラク戦争やアフガニスタン戦争での被害者米兵が再発する可能性が問われている点にもある。

 今回は研究データ数百点を詳細に分析し、症候群の主因を
 
 1.毒ガス兵器に備えて投与された予防薬
 2.殺虫剤

 の二つのいずれか、あるいはいずれもに絞り込んだ。また、他の様々な物質の影響も否定はできないと指摘している。特に疑われているのが91年にイラクで神経ガスを処分した際、風下にいた兵士たち。彼らは脳腫瘍による死亡率が他の兵士の2倍になっていると発表。また、他の戦争との比較から、いわゆるシェルショック=戦闘などによる精神的な後遺症とは根本的に違うと結論している。

 一部で指摘された劣化ウラン弾などの影響は否定しているが、高温で酸化して大気中にばらまかれた微少金属のエアロゾルや残留放射能との関係は今も強く疑われており、必ずしも断定できない。

ORCの儀間盛夫と関わった人たち

 これまでに沖縄県内最大の「教会」、沖縄リバイバルチャーチの金まみれ牧師、儀間盛夫と関わりを持ってきた教会、教団、牧師たちは多い。沖縄県内のそれは多すぎて書ききれない。彼らを見てみると沖縄キリスト福音センター美浜教会(仲原正夫)、大阪御国教会テモテ朴)に関わった牧師や教団、教会と多く重なっている点が特徴的。いつも「似たような」奇妙な新興のプロテスタントが寄り集まる。かつて子ども時代に直接、見聞きした人たちも幾人か混じっている。不祥事や問題を起こしてきた人たちが並ぶ。

 ここに記したものは2002年以降、この数年に限ったものだけだが、すでに2001年に儀間は長一夫との間の1億200万円詐欺事件が民事問題からこじれて刑事告訴に発展しており、それにもかかわらず大規模な礼拝堂の新築を完成させるなど金に纏わる問題を強く窺わせていた。まともな教会、牧師ならばほとんど近づいていない。儀間がでたらめ連中であることはすぐにわかったことで、要するにそうしたチェック能力が彼らにはまるでないということ。残念なことに彼らの劣化した判断能力はかつてよりもよりひどくなっている。

 浜松のハレルヤコミュニティチャーチ(ライブチャーチ)主任牧師、榊山清志事件についても、裁判が全て確定判決となり山のように極悪非道が明らかになった今なお彼は自身の辞任どころか謝罪、賠償すら何もしていない。そして、その榊山をこの期に及んで擁護している「牧師」たちがぞろぞろ。事態をこのまま放置すればまた同じことの繰り返しで、第二、第三の榊山が続く。すでにその「候補者」は知る限りだけでも二桁に届く。

 何度も書いたように望んで教会不祥事を公開しているわけではない。「身内」の恥をさらすことが趣味のはずがない。私自身としてもたいへんな危険、打撃、負担、不利益を負っておりできるならば明日にでも辞めたいと思うが、このまま事態を放置すれば将来の被害を大幅に拡大することがわかりきっているのでしかたなく続けているに過ぎない。聖書主義に立脚するプロテスタント教会の牧師と称される方々は、実名記載で果敢に情報を公に開く義務をだれ一人他に果たされておられない。各々の教会や教団、牧師らが自浄能力を持って適切に取り組んで下さればそれで良い話(そしてまたそれが当然の話)であるが、現状、そうした可能性は全く見えずむしろ多くの教会においても15年前と比較して遙かに状況が悪化した。

 目に余る偽キリスト者、インチキ牧師、でたらめ教会がここまで拡大してしまった現状をせめて止めるために大がかりな外科手術をするとすれば今は最後のチャンスに近い。敢えて公開しているのはそうした理由からであり喜んでやっているわけではない。日本のプロテスタント世界は燎原に火が回ったかのようである。しがない平信徒がかくも甚大な犠牲を払って半鐘をたたいたところでさしたる効果は上がらないが、それでもやらないよりはましであるが、こうした現実それ自体が甚だみっともない。日本の牧師は教会のカルト、独裁や諸々の教会不祥事についてあまりにも無力、無責任に過ぎる。
 
 ● ORCの儀間盛夫と関わった人たち一覧

 有賀喜一 全日本リバイバルミッション代表、日本教会成長研究所全国講師、ハガイインスティチュート国際教授、大教会主任牧師フォーラムなどで儀間と親交、儀間を訴訟で支援、2002年5月6日沖縄リバイバルチャーチ礼拝堂新築完成の献堂式で祝辞を送る 
 
 川崎廣  ライフミニストリーズ日本教会成長研修所総主事 
  
福江義史   高知クリスチャンセンター牧師 
  
斯波光正 主都福音キリスト百合ヶ丘教会(日本福音キリスト教会連合) 
 
石原良人 ICBC牧師/JCMNコーディネーター

 ハ・ヨンジュ牧師 オンヌリ教会(1998年5月)

 松岡広和師   「僧侶から牧師へ」講演会(1999年6月)

ベン・ワング(香港) セルチャーチトレーニングセミナー(1999年11月)  

森祐里(ゴスペルシンガー、ゴスペル音楽院講師) コンサート(2003年7月6日)
 
 韓国オンヌリ教会 伝道チーム来る (2003年8月23日)
 
 飯田克弥牧師 Jハウスチャーチ (2003年9月28日) 
  
道本純行牧師 大阪・八尾教会 (2003年)
 
ニューホープチャーチから牧師と信徒(2003年12月11日)
   
真島牧師 ニューホープ東京  (2003年12月28日)
    
上原令子(ゴスペルシンガー) ゴスペルコンサート
    
小坂忠牧師 (フォースクエア教団秋津教会、ゴスペルシンガー)説教・コンサート * 小坂師はHCCの榊山清志とも親交を持っている。 

 在原繁宣教師 アルゼンチンから来日(2005年10月13日)
   
李英洙(リー・ヨンス)牧師  シャイニングアロー・ミニストリー 静岡サミル聖書教会 
  
根間民雄牧師(アガペー・コミュニテー・チャーチ、儀間を訴訟で支援)

ヘンリー・グルーバー牧師  歩く伝道者
  
宮城栄牧師 沖縄ミッションチャーチ  
 * 儀間盛夫とは高校時代からの友人。アムウェイビジネスを手がけている。信徒にも多くアムウェイ会員がいる。宮城牧師は沖縄アムウェイ第三位の高額所得者とされている。

 スティーブン英子

 小坂忠牧師  ワーシップセレブレーション (2007年1月27日)

 ホン・ヨンギ牧師  ヨイド純福音教会 「4次元の人」セミナー&聖会

 韓国ゴスペルバンド トリニティー ワーシップコンサート(2008年10月12日)
 
 大橋秀夫 (JCGI主事、クライストコミュニティ牧師、儀間を訴訟支援。大教会主任牧師フォーラムで儀間と親交)
 
 榊山清志(ハレルヤコミュニティチャーチ浜松教会主任牧師、大教会主任牧師フォーラムで儀間と親交)

 大川従道(大和カルバリーチャペル主任牧師、大教会主任牧師フォーラムで儀間と親交)

 尾山令仁(牧師、元ビリー・グラハム国際東京大会実行委、大教会主任牧師フォーラムで儀間と親交)
 
 
 また、儀間とペンテコステ系の教団とはどういうわけかこれまで親交があり、交流が深い。

 日本ペンテコステ親交会主催 第35回教役者大会 
   分科会 「働き人クラス」講師(2000年2月)

日本福音ペンテコステ教団主催 夏期聖会講師(2000年8月)

 として招かれたりしている。また、東京の駒込に本部がある日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団(AG)の研修会、修養会講師としても講師として招かれている。

 日本AG教団 関東地区修養会(1999年8月、神奈川にて)

日本AG教団 国内伝道委員会主催 伝道研修会(2000年6月)

 これは、ORC(沖縄リバイバルチャーチ)の40歳代男性信徒に日本AG教団の大物牧師夫妻の息子が所属している縁などからかもしれない。日本AG教団の村上密牧師(京都教会)が儀間と訴訟で激突し始めてからはさすがに講師招致は止まったものと推測される。

 儀間はまた、東京の銀座教会にも講師として招かれたこと(2003年10月9日)がある。国際性豊かな様々な人種、国籍の人たちがいる教会での奉仕とされているので、おそらくジョン・ウェスレー系のメソジスト教会の銀座教会が持つ、「福音センター」での講師だったのではないかと思われる。

 なお、京都中央チャペルの牧師、今井直喜が、沖縄リバイバルチャーチの儀間盛夫、盛人を2002年に訪問した際の様子をインターネットに記載しており、そこに儀間親子の顔立ちや礼拝堂の外観や内部の様子が見て取れる。

 1.外観と内部 http://www.chuochapel.com/imainaoki/naoki/okinawa.htm
 2.儀間盛夫http://www.chuochapel.com/imainaoki/naoki/okinawa2.htm

ジョセフ・ナイ

83739243.jpg ジョセフ・ナイは私が学生時代、いわゆる「ソフトパワー」論で国際政治学を風靡したきらめきの学者として有名になった人物である。ハーバード大学JFK政治・行政スクールの教授などを歴任し、クリントン政権で国務次官補、国防次官補を務めた。東アジアに常に10万人の米軍を維持する体制を取りつつ、文化力、政治力、外交交渉力などによるハードパワー(軍事力)のみに依存しないアメリカ政治を提唱していた。

 やや消極的ではあれ結局、あのイラク戦争を支持したナイに国際政治を読み解く力があるのかどうか。私はナイが立派な学者だとも思わないし、尊敬もしないが、皮肉なことにナイ・イニシアチブでさえこの8年で木っ端微塵に壊してしまった大統領が現在のジョージ・ブッシュ。現在のアメリカは「ソフトパワー」などと言っていられる余裕はなく、対外的な信頼や尊敬は失墜し、ポリティカルな「ソフト」面では何の威信もない国家に転落。ナイが提唱したソフトパワーの一つ、「議題設定(アジェンダ・セッティング)」能力もあの大統領では何の切り札にもならない。

 今夜、NHKのクローズアップ現代に次期大統領、オバマの課題を検討するべく

 「オバマの“変革”どうなる米国・世界」

 が放映され、ナイがテレビ出演予定。ブッシュ期8年の超一国行動主義をどのように終わらせて対話、国際協調を達成するかについて論じる予定。英語を用いて海外の要人にインタビューする際のキャスター、国谷裕子の度胸と迫力は他の追随をなかなか許さないほど満点であり、どのような番組になるのか、楽しみである。

  ハーバード大学特別功労教授 ジョセフ・ナイ
 
 NHK 総合テレビ1      19時30分から
 NHK 衛生BS2 BS11  20時32分から

キリスト教修道制の成立

b0012c87.JPG

 キリスト教修道制の成立 創文社 戸田聡 5500円

 戸田聡(一橋大学他非常勤講師)
 A5判/288頁 2008年03月
 ISBN 978-4-423-46062-7   c3022

目次
 第1部=修道制の成立をめぐる諸論点(最初の隠遁者テーバイのパウルスは存在したか/『アントニオス伝』の史料価値をめぐって/無学な修道者アントニオス/キリスト教修道制の成立とマニ教/エジプトにおけるキリスト教修道制の成立をめぐる覚書/ローマ期エジプトにおけるキリスト教の普及をめぐって) 
 
 第2部=キリスト教修道制の成立(『師父たちの金言』とポントスのエウアグリオス/古代末期におけるキリスト 教修道制の成立/キリスト教修道制の成立をめぐる諸論点の詳論) 補論=初期修道制と主知主義(グノーシス主義と修道制/なぜエウアグリオスは秘教的だったか)
 
 *****
 
 先週の土日は久しぶりにある修道院に泊まり込みで練習の合宿だった。こうした修道院では朝から夜まで日に何度も礼拝やミサを行っている。そこでは日に7度、行われており、これが1年365日続く。修道院とは俗世と隔絶されたそういう独特の雰囲気を持つ場所。

 キリスト教には修道院を持つ宗派がある。東方教会のロシア正教なども、西方教会のカトリック、アングリカンも修道院制度を持っている。逆にプロテスタントには男性のものであれ、女性のものであれ、修道院制度はない。

 元々キリスト教は地中海世界に始まったわけだが、これが南のアフリカ大陸へ下がり、3−4世紀の地中海世界、とりわけエジプトの砂漠の中に広まってここでの禁欲生活にルーツを持つのがキリスト教修道制であると言われている。人間が生存するための諸条件がない過酷な場所、生きられない場所として荒野や砂漠はある。キリストもここで40日の断食を行ったと記されてきた。こうした地へ敢えて隠遁に挑戦したのが、「修道者の父」といわれるアントニオス。

 多くが命を落としながら行った彼らに連なって、さらに多くの先駆者たちが修道制の始まりとなっている。修道制の成立はキリスト教史上、大きな意義を今日に至るまで持っている。だが、この修道制の詳細な成立の過程、およびそもそも修道生活はどのようなものだったかについては今でも必ずしも明らかではない。

 筆者の戸田聡は これまで修道院制度について研究を重ね、翻訳などにも力を注いでいる。

 修道院の歴史―砂漠の隠者からテゼ共同体まで
 K.ズゾ フランク (Karl Suso Frank原著)、戸田聡 (翻訳)

 今年、これまでの研究成果の積み重ねをふまえて彼が学術出版を専門に出版している創文社からキリスト教修道制の通史をまとめた新刊を出している。それが

 キリスト教修道制の成立 創文社 戸田聡 5500円

 成立以来、千数百年にわたって時に大きな動乱や脅威に翻弄されながらしかし、常に変革と刷新を継続してきた修道生活は、宗派によって、あるいは地理的な条件などによって多様な形態と思想を備えるようになっている。教会史、文化史や人物史研究・女性研究の成果を踏まえて簡潔に概観している。

書評は、本村凌二(東京大学教授) / 殉教に代わる救済として / 「読売新聞」2008年07月13日
 特集記事として、大貫隆・戸田聡・豊田浩志・出村和彦 / 特集・修道制の成立 / 「創文」511号
 
 関連HP
 http://www.geocities.jp/orchr01 
 http://history.husigi.com
 http://ariadne.jp

e255101c.jpg * 修道院の歴史―砂漠の隠者からテゼ共同体まで
 K.ズゾ フランク (Karl Suso Frank原著)、戸田聡 (翻訳)

スタジオジブリ・宮崎駿 今日の深夜、再放送

 スタジオジブリはつい十数年前までここ吉祥寺にあった。今もジブリ美術館は吉祥寺駅からまっすぐ南へ行ったところ、井の頭公園の西園はずれにあるし、その運営を手がけている有限会社二馬力などは武蔵野市にある。

 この宮崎駿、今日の深夜に再放送されるNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」の未公開トーク特別編で不遇時代の乗り切りについて話している。
 
 NHKプロフェッショナル 仕事の流儀
 
「つまらない仕事で人に認められることですよ。つまらない仕事でも自分のアイデアをふんだんにつぎ込んで。僕よく言われました。そんなにアイデア出してたら枯れちゃうよ、って」。

 ただ、自作の「ルパン三世 カリオストロの城」について、その内幕を話して作品を気に入っていないことを話した。

 「(文句を言える立場ではないから些細な仕事でも)楽しみながらやりました。とんでもない失敗も何度もやりましたけど。知らん顔して。何度でもスタートは切れるし、運命が決まっているなんて嘘だと思います。その代わり、自分の自我を満足させる映画を作っちゃダメですね。人を楽しませようとして作んないと。・・・(カリオストロの城については)どんな風にラストを締めくくるかって、最初からあったプランがあるんですよ。それがやりたさにA、B、C、Dってやってっいったらこれ以上は(セル画の)枚数書けないって言われて突きつけられたんですよ。公開に間に合わないって。」

その結果、大幅に想定していたストーリーを変更することに。

「スケジュールのために作り替えざるを得なかったんですよ。これはダメージが残るんですよね。ブレーキをかけなければいけなかったっていうのは、ものすごい挫折感でした。」

 物作りをしている人、芸術の仕事に関わっているような人には特にぴんとくるところがありそうな台詞であった。

ランカスター校 クワイアボーイズ 今夜から4夜連続放映

f94d5e30.jpg 先にNHKの「地球ドラマチック」で放映された英国男子校、ランカスター校の音楽教師が男子合唱団を作ろうと奮闘する

 シリーズ クワイア ボーイズ
 
 http://www.nhk.or.jp/dramatic/backnumber/144.html

 好評だったのでこれを完全版にして今夜21時10分から4夜連続で放映される。

 クワイア ボーイズ 
 
 第1回 カッコ悪くて歌えるか! 11月17日 (月) 午後9:10~10:00

 イギリス中部の都市、レスター。スポーツで有名な男子校のランカスター校は、サッカーやラグビーなどが得意な生徒は多いが、イギリスの少年のご多分に漏れず、合唱となると誰もが顔をしかめる。そんな学校に合唱団を作るという使命を帯びて若い合唱の教師、ギャレス・マローンが乗り込んだ。

 ギャレスが、「歌なんか歌えないよ」とみなが口をそろえるランカスター校に歌声をよみがえらせ、ついには彼らをイギリス屈指の音楽ホール、ロイヤル・アルバート・ホールの舞台に立たせるまでの奮闘に密着する。

 第2回 素直になれば 11月18日 (火) 午後9:10~10:00

 イギリス中部、レスターのスポーツで有名な男子校ランカスター校。「恥ずかしくて歌えない」という少年たちに歌うことの魅力を伝えるために乗り込んだカリスマ合唱団指揮者、ギャレス・マローンの奮闘に密着するシリーズの2回目。
ついに合唱団の練習が始まった。ギャレスはまずは夏の学校行事で歌を披露して彼らに自信をつけさせることを目標に定め、歌うことの楽しさを少年たちに教える。


 第3回 涙の説得工作 11月19日 (水) 午後9:10~10:00
 イギリス中部、レスターのスポーツで有名な男子校ランカスター校。「恥ずかしくて歌えない」という少年たちに歌うことの魅力を伝えるために乗り込んだカリスマ合唱団指揮者、ギャレス・マローンの奮闘に密着するシリーズの3回目。

 歌う楽しさを体験した少年たちの新たな目標として、ギャレスはイギリス屈指の音楽ホール「ロイヤル・アルバート・ホール」の舞台に彼らを立たせたいと考える。そのためにはさらに合唱団のメンバーを増やすと同時に実力もつけなくてはならない。ギャレスと少年たちの挑戦が続く。

 最終回 まさかまさかの大舞台 11月20日 (木) 午後9:10~10:00
 イギリス中部、レスターのスポーツで有名な男子校ランカスター校。「恥ずかしくて歌えない」という少年たちに歌うことの魅力を伝えるために乗り込んだカリスマ合唱団指揮者、ギャレス・マローンの奮闘に密着するシリーズの最終回。
ロンドンでもっとも権威ある音楽ホール「ロイヤル・アルバート・ホール」の舞台で歌うことになった少年たち。一方、ギャレスは校内のラップグループも合唱団に加わることができるように曲をアレンジし、さらに多くの生徒たちを巻き込んでいく。一緒に歌うことのすばらしさに目覚めていく少年たちと彼らを見守る家族。多くの人びとの思いが膨らむ中、本番の日が近づく。

 「クワイア ボーイズ」は、『地球ドラマチック』(教育テレビ)で放送した番組の完全版です。地球ドラマチックで紹介できなかったエピソードもある。

 「恥ずかしくて歌えないよ!」 
 
 「合唱なんて男子のやることじゃない!」

 スポーツの名門校として有名な、イギリスの男子校ランカスター校の生徒たちにとって、人前で歌うことなんて、チョ~恥ずかしい!! 
 そこに乗り込んだのが、ロンドン交響楽団などで合唱団の指揮者として活躍してきたギャレス・マローン。
 
 合唱なんかに全く興味を持たない少年たちを教えることになったマローン先生は、「合唱を通して生涯忘れられない経験をさせたい」と熱く語り、あの手この手でアプローチ。全校生徒の前で自ら歌ってみせたり、脈のありそうな生徒に個人レッスンをしたり、ラップグループを組む少年たちに声をかけたり・・・。
 
 はじめはしぶしぶだった少年たちも少しずつ興味を持ち始め、「合唱団を作ろう!」というマローン先生の呼びかけに、なんと170人もの生徒が集まりました。目標は、権威あるロイヤル・アルバート・ホールで歌うこと! 数ヶ月後にロイヤル・アルバート・ホールで行われる、イギリス最大の若者の音楽イベントへの出場を目指して、マローン先生と少年たちの挑戦が始まりました。
 しかし越えなければならない障壁がいっぱい。ランカスター校の少年合唱団は、果たしてひのき舞台に上がれるのでしょうか?

 原題: The Choir -Boys don't sing-
 制作: Twenty Twenty Television (2007年 イギリス)

微笑と虐待 証言・アブグレイブ刑務所事件 今夜放映

0d4ea0d9.jpg 2008年11月17日(月)  午後10時00分〜10時49分
 NHK 1チャンネル・総合テレビ
 
 微笑と虐待 
 証言・アブグレイブ刑務所事件

 http://www.nhk.or.jp/special/onair/081117.html

 歴史的にはおそらく21世紀を代表する悪夢の事件として記憶されるであろう、イラク戦争中にイラクのアブグレイブ刑務所で大規模に発生した捕虜への虐待、虐殺、人権弾圧事件。アメリカの上院でも公に未公開の写真が多数、議員の委員に示された際には、それらアメリカ国内の議員からさえ強い非難を浴びた最悪の事件であった。アメリカ人はすっかりアブグレイブ事件やグアンタナモ事件を忘れてしまっているが、アラブ・イスラム世界では全く忘れられていない。加害者の記憶はすぐに風化し、神経が鈍るものである。
 
 この事件で頭から袋をかぶせて他は全裸の姿にしたまま務所内の廊下で一列に並ばせてイスラム教徒の男性捕虜に虐待を行い、その前でくわえタバコ姿で指を出して微笑みながら記念写真を撮影した米軍女性上等兵、リンディ・イングランドは世界中に有名になってしまった。

 今回、NHKスペシャルでこの女性兵からの詳細な証言をとることに成功。また、これらの写真を告発して公に出した元アメリカ軍憲兵(彼はその後、実に悲惨な人生を送ることになる)、刑務所の最高責任者だった女性の元准将、ジャニス・カーピンスキーらからも証言をとっている。
 
 ちなみにこの60年で最悪の大統領として支持率、人気ががた落ちになった政権末期のジョージ・ブッシュ大統領は、

 「ア、アブ・・・ガ、ラブ」 
 
 など、何度発音しようとしてもこの刑務所の名すらまともに発音できなかった惨めな姿をニュースで世界に放映されたことがある。

 今夜、放映予定。

 * 以下、NHKから抜粋。
 
 2003年にイラクで起きたアブグレイブ刑務所虐待事件。兵士たちが笑顔でイラク人収容者を虐待している様子を写した写真は世界を驚愕させた。

 事件発覚後に行われた軍法会議では、虐待・拷問は兵士たちの自由意志で行われたと認定。写真に映っていた、もしくは撮影した7人は全員が有罪、降格の上、軍を放逐された。しかし、虐待を命令したとされる軍上層部は罪に問われなかった。
 
 アブグレイブ刑務所がいつからどのようにして虐待の舞台になっていったのか、なぜ兵士たちは満面の笑みを浮かべて虐待・拷問に加わったのか、番組では、虐待をした女性の元上等兵、虐待写真を内部告発した元憲兵、そして刑務所の最高責任者だった元准将から生々しい証言を得ることに成功した。
 
 彼らの証言から浮かび上がってきたのは、アメリカがイラクの民主化という「善意」とテロとの戦いという「理想」を掲げる一方で、密かに進行していたアメリカ軍の狂気そのものだった。新たに得られた3人の証言や記録をもとに、アブグレイブ刑務所虐待事件の知られざる真相に迫る。

沖縄リバイバルチャーチ 1億円詐欺被害事件

 主任の儀間盛夫、その息子である盛人が自称、牧師を務める儀間の個人事業主商店扱いである単立教会、「沖縄リバイバルチャーチ」。この教会は信徒数をこの10年ほどで急増させ、年間獲得献金が非常に多額に上る。教会会計の信徒向け開示は一切なく、そのことは司法で係争中の民事訴訟での宣誓証言で本人たちも認めている。
 
 強い資金力を持った儀間の教会運営の実態を垣間見ることができる非常に重要な事件が1997年3月〜1998年1月の間にあった。

 長一夫・長勝子一億円詐欺事件

 である。

 これは儀間が長に騙されて詐欺被害に遭い1億円を失った事件。長一夫(ちょうかずお)、長勝子(ちょうかつこ)は夫婦でありこの事件の主犯。勝子は韓国人である。儀間盛夫が長夫婦に新会堂の建築資金1億200万円を騙し取られたとされている。長夫婦はかつて朴テモテが君臨する御国大阪教会と関わりがあったといわれれているが、詳細は定かでない。

*****************************************************

2004年4月26日 沖縄タイムスの新聞記事による

那覇署は、架空の土地売買取引を持ちかけ、市内の沖縄リバイバルチャーチ牧師、儀間盛夫さんから教会建設のための土地購入資金1億200万円を騙し取ったとして、元不動産業の長一夫容疑者(57) とその妻の勝子容疑者(48)=浦添市大平、住所不定の建築設計業、大谷正直容疑者(60)の三人を詐欺容疑で逮捕した。

調べでは、長容疑者らは男性(牧師)が土地を購入し教会堂を建築しようとしていることを知り、購入資金を騙し取ろうと計画。偽の領収書を作成するなどして那覇市内にある他人名義の土地を購入する売買契約を結んだように見せかけ、

 「那覇市内に6600平方メートルの土地がある。土地代さえ払ってくれれば自分たちで教会堂を建て教会に寄贈する。」

 と持ちかけ、1997年4月から1998年1月まで計8回、土地購入資金1億200万円を詐取した疑い。長勝子容疑者は直前の1997年3月頃、沖縄リバイバルチャーチの教会に入信し、その後、儀間盛夫さんに長一夫容疑者を紹介した。

造成工事が着工されないことから不審に思った儀間盛夫さんが追及したところ、土地売買契約は架空のものだったことが判明。儀間盛夫さんは返金を求めたが、長らは投資している、すぐに返すなどと弁解して応じなかった。

1999年1月、儀間さんは三人の容疑者らに対して1億200万円の返還を求める民事訴訟を起こし全額返還の和解が成立していた。その後、長容疑者らから数十万円の返金があっただけで返済が滞り、長容疑者らは事務所を閉鎖し、行方不明になった。このため儀間さんは2001年6月に長容疑者らを刑事告訴。沖縄県警は同日午前、同容疑で全国指名手配中の大谷容疑者を東京都内のホテルで、長容疑者夫婦を浦添市内の自宅でそれぞれ逮捕した。

***********************************************

 この事件は沖縄県内の地元紙2紙に1億円詐欺事件として同年5回新聞に掲載されている。

新聞掲載日
2004年4月26日 長一夫、勝子、大谷逮捕
2004年5月14日 長、大谷詐欺罪で起訴
2004年7月15日 長一夫、大谷正直初公判
2004年10月27日 長一夫被告 懲役4年6月
2004年11月5日 大谷被告 懲役3年

 儀間が会堂建築の費用、1億200万円を現金で振り込めてしまうということはそれだけの巨額の資金を個人資産として持っていたということである。儀間にとって悪夢の記憶であり、あまりおおっぴらに説明したくない性質の事件であるが、この事件も含めて教会信徒や周辺の幹部、儀間盛夫の弟、儀間光夫らも一貫して儀間盛夫を擁護している。

 また、儀間がこの詐欺師、長夫婦に騙されたとされる期間(1997/3〜1998/1)に儀間の周辺では以下のようなことをしている。

1.自宅を建築 (この自宅建設は当時、教会の一般信徒には隠されていた。この自宅は非常に豪華なものであり、外観からもすぐにそれとわかる。)

2.1997年12/19にトヨタ・マジェスタを購入。教会の信徒には詐欺犯である長からの贈り物だと説明されていた。後にこのマジェスタは元信徒の上江洌尚子らが言及した後、消えることになる。

3.1998年11月頃、急に沖縄リバイバルチャーチの教会員を緊急に集め、長一夫・勝子夫婦の詐欺被害にあったことを説明した。この直前の10月、儀間はアメリカ→南米→ハワイと回る1ヶ月近くの旅行に出ていたが、南米を旅行中にサタン(悪魔)が自殺をしろと耳元で囁く声がした、自殺すれば生命保険の1億円が入る、騙された被害額の一億円を補えと聞こえた、と話し、本当に自殺しようと思ったと泣き崩れそうな様子を信徒に見せて説明。信徒の多くは先生がかわいそう・・・と涙を流して同情しているものが多かった。

 4.ところが、この詐欺事件発表の3ヵ月後、1999年2月、儀間夫妻はイスラエルへ旅行に出かける。この時、一人、教会堂建築献金を捧げるために自身の生命保険を解約して献金していた男性が儀間の行動に異議を出した。詐欺で献金を騙されて失ったという一言で済ませるのは納得出来ない、旅行に出かける余裕があるならばその会堂献金を返して欲しいと儀間に求め、話がこじれていった。その男性はそれまで男性が儀間に捧げてきた「十一献金」遡って全額返すよう要求するなど対立が激化。儀間はこの男性には悪魔が入っていると断定、その男性のみならずその家族も教会から除名処分となり追い出された。 

沖縄リバイバルチャーチ 儀間盛夫・盛人の名前・顔写真を削除

 主任牧師、儀間盛夫の個人商店、個人事業主扱いで「教会」として運営されている儀間の集金組織、沖縄リバイバルチャーチ(略称、ORC)。ただ今、ここにかつて所属していた元信徒の女性ら複数と土地・不動産の権利関係争い、および損害賠償など金争いで民事訴訟が係争中(沖縄地裁・那覇庁舎民事部)。裁判の情報が公開された後、全ての情報が削除されてウェブサイトが閉鎖されていたが、復旧された。

 しかし、従来ははっきりとわかりやすく目立つように表記されており、また、通常、教会についての公式HPであれば必ず記載されるはずの牧師の名が主任の儀間盛夫、息子の盛人ともに名前、顔写真を削除した状態で復活されている。

 http://w1.nirai.ne.jp/orc/index.html

 このように「牧師」の名と顔を削除して再構築した理由については不明。
 
 なお、儀間親子の顔立ちについては、こちらでみることができるが、すでにspysee.jp からも削除されたコンテンツとなっており、数日内にこのキャッシュも見えなくなるであろうと思われる。写真をとっておきたい人は今のうちにコピーしておくと良い。
 http://209.85.175.104/search?q=cache:8-mTNOGUb3QJ:spysee.jp/儀間盛夫+儀間盛夫&hl=ja&ct=clnk&cd=3&gl=jp

 なお、京都中央チャペルの牧師、今井直喜が、沖縄リバイバルチャーチの儀間盛夫、盛人を2002年に訪問した際の様子をインターネットに記載しており、そこに儀間親子の顔立ちや礼拝堂の外観や内部の様子が見て取れる。

 1.外観と内部 http://www.chuochapel.com/imainaoki/naoki/okinawa.htm
 2.儀間盛夫http://www.chuochapel.com/imainaoki/naoki/okinawa2.htm
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

 元ホーリネス平塚教会牧師、「星の子どもたち」 小松栄治郎事件の手記、
 「性暴力被害の家族として」  以下で販売しています。 
 http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/52128088.html
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
 






カスタム検索