2014年12月

ヨハン教会、金圭東牧師事件 お詫び文を発表

4e65af47.png 宗教法人ヨハン東京キリスト教会(新宿区、http://waseda.yohan.or.jp)は、教会の主任牧師であり代表役員であった金圭東(キム・ギュドン)牧師が、性犯罪、性的不道徳行為と身体的被害を加えるなどの行為を行った一連の事件について

 「教界の皆様へ お詫び」


 と題する文章を、教会公式サイトで公開した。

 http://waseda.yohan.or.jp/cat686/20141221220149.html
 

 すでに辞任した金牧師問題の経緯を説明。

 「被害者の方々と日本教会および韓国教会のすべての方々の前で深い謝罪の言葉を申し上げます」


 と謝罪。被害者の癒やしと回復のために努力を尽くし、透明で健全な教会運営を行うとするなど、6つの決意を表明している。


 しかし、ヨハン教会は金圭東について「解任」したり「除名」したりしたわけではなく、自主的な「退職」扱いとしており、それゆえ1億円を超える「退職金」を金牧師に支払っている。すでに金は何人かの牧師、伝道師を率いて 東京リビングストーン教会 Tokyo Living Stone Church という新しい単立教会をヨハン教会にほど近い高田馬場2丁目に新しく開いて活動を開始しており、これではいったい、何のための謝罪や辞任だったのか、全くわからない。金が新しい教会を設立するための準備金のようにして1億円を超える巨額の金が支払われたとしか思われず、到底、社会的に許容されるものではない。

 注1 http://dailycult.blogspot.jp/2014/09/blog-post.html


 東京リビングストーン教会
 http://livingstone.jp

 東京都高田馬場2-4-12新上地ビル2階
 
 金炳秀 担任牧師 (金圭東の息子)
 尹仁重
 小倉隆志
 辻太輔


 金圭東の名こそ出ていないが、金炳秀は金圭東の息子。金圭東はかつて高田馬場の都営住宅に暮らしており、その際、明治大学の革マル派と衝突を起こして襲撃される事件も経験している。現在も大久保・高田馬場近くに暮らしている。 


 今年、金圭東の不祥事に伴って金とともにヨハングループを脱退した牧師、伝道師は以下の通り。多くがヨハンが設立した自称、神学校、「JTMS」を出ている。

 金×秀 (宣教師)・李心徳 (伝道師)  (ヨハン神戸教会)
 尹仁重 (宣教師)・任菊煕 (筍長、宣教幹事) (ヨハン松本伝道所)
 小川雅裕 (宣教師)・里枝 (伝道師)  (ヨハン高松伝道所)
 小倉隆志 (宣教師)・淑子 (伝道師)  (ヨハン甲府教会)
 辻太輔 (宣教師)・亜希 (伝道師)  (ヨハン早稲田教会)
 朴智× (宣教幹事)  (ヨハン東京教会)



 今回、ヨハン教会によって発表された文章の認定事実でさえ、金牧師の悪質な独裁カルト宣教は目に余る内容がある。


 長年、女性の教職者や元教職者、信徒に対してセクハラ行為を行っていたこと、一部の幹部と親族のみで行う非常に不透明な財政管理、金牧師による常習的な暴力行為があったことも判明。これらはヨハン教会の内部調査委員会の調査で明らかになっている事実である。

 
 キムは2014年8月22日、一連の事件についての責任を認めて謝罪。教会の代表役員や、韓国にある社団法人ヨハン宣教会の理事長など全役職から身を引くことを発表した。

 
 謝罪文では、


 「傷つけられた被害者の方々の為に、これから残りの全生涯を通してお許しを求め、その傷が癒されるように全力を尽くしてまいります」


 と一見、殊勝な謝罪の言葉で被害者や同教会の教職、信徒、また金牧師自身の家族らへ対する謝罪の言葉を並べていた。


 ところが、実際はどうであったか。盗っ人猛々しく、図々しいにもほどがある要求をヨハン教会に求めていたのが金圭東であった。

 
 金の処遇をめぐっては、あまりに重大な違法行為であることから当初、教会の法人規則の解任事由に当たるとされた。したがって、一般の法人であれば懲戒解雇に該当する解任が考えられていたが、教会内部が金牧師を支持する役員で固めていたキムの独裁体制だったため、この期に及んで金を支持する意見が過半数を占めた。それゆえ、解任に必要な3分の2以上の賛成がなく解任が不可能に。そこで自主的な辞任を促したが、その際に引き替え条件として金からは具体的な退職金の金額などいくつかの辞任条件が提示された。


 解任であれば退職金の支払いは不必要と考えていたが、一連の事件で教会が混乱しており、信徒の信仰生活の安定化、一刻も早い事態の収束のためには、金牧師が提示した辞任条件への合意が不可欠であるという、一般市民社会の常識からはかけ離れた信じがたい判断となり何と教会はこれに合意。10月10日に1億円を超える退職金を支払った。暴力団の不当要求に応じるのと次元は同等の許容しがたい泥棒に負い銭であった。ヨハン教会は何が何でも民事訴訟に訴えてでもキムに厳しい法的対応をとらなければならなかった。


 金と金の支持者数人が抜けたヨハン教会は、こうした経緯を踏まえた上で、


 「この事件による被害者の方々と日本教会および韓国教会のすべての方々の前で深い謝罪の言葉を申し上げます。この事態が早急に収束され速やかに安定し、継続的に神の国が日本の地に建てられていくことを切に願いながら、次のようにヨハン教会連合の決意を明らかにします」

 としている。下記の6点を特に列挙している。

 1.今回の事件に対して三位一体の主の前で深い謝罪の意を表します。日本と韓国の福音主義教会と団体に対して傷と被害を与えたことに謝罪します。

 2.この事件による被害者の方々に教会を代表して謝罪し、癒しと回復のためにすべての努力を尽くします。

 3.私たちは教会の名誉を失墜させたことの責任を痛感し、改革しようと福音主義の神学と精神に立って、聖書の確固たる真理に従って生きるように最善を尽くします。教会のリーダーシップ、日本教会、韓国教会との関係、宣教師の方々との交わり、宣教の働き、教会の構造などに関して、改善するように最善を尽くします。

 4.日本と韓国の福音主義教会の指導を謙虚に受け入れ、これからも積極的に協力します。


 5.イエス・キリストの十字架の死と復活の福音を伝え、イエス様の弟子たちを養育し、真の牧者の姿勢で日本宣教に臨みます。


 6.ごく一部の人により、秘密裏に行われていた教会の運営を信徒全ての前に公にし、信徒総意による健全な教会運営を行っていきます。ヨハン教会連合を愛して下さり、祈ってくださっている日本と韓国教会の全ての方々に心から感謝を申し上げ、持続的にヨハン教会連合が日本宣教と世界宣教に用いられるようにお祈りをお願いいたします。


 
 これらは教会の現代表役員代務者である林牧師と、責任役員一同の名で出され、クリスチャン新聞(11月30日号)やキリスト新聞(12月6日号)にも、謝罪広告として掲載されているが、このように目も当てられないキム性犯罪・拝金・暴力問題の扱いに落ちたヨハン教会にもはや自浄能力はない。


 つくばアガペーチャペルのビュンジェーチャン=卞在昌と内容も形態もそっくりの性犯罪、パワハラ、暴行事件を起こした金圭東は、元々、淀橋教会(峯野龍弘、ウェスレアンホーリネス教団主任)の韓国部としてスタートし、急激に信徒数を増やしたため後に発展的に枝分かれした「教会」であった。大久保に拠点があったため、近くにある早稲田大や各種の専門学校などに伝道・宣教活動を熱烈に展開。多くのキャンパスカルト問題を発生させた。この問題については、川島堅二(恵泉女学院大学長)牧師がもっとも詳しく調査し取り組んでいる。


http://religion.sakura.ne.jp

 峯野龍弘は元々、日本基督教団に所属していたが、戦後、昭和中期に教団と激しく対立して喧嘩別れすることになり、

 「日本基督教団に未来はない。」

 と宣言して教団を脱退、ウェスレアンホーリネス教団を設立して今に至っている。バブル期に巨額の建設費で建造した淀橋教会は、建設費が22億円を超えた。これ以降、信徒たちが2つ目の住宅ローンを抱えるに等しい大きな返済の負担を行い、コンサート会場に貸し出すなどの事業活用も行った結果、昨年の段階で残債が8億円以下にまで減っている。


 91edc624.jpgヨハンキリスト教会が主催している宣教イベント、HOPE。韓国から多数の韓国人牧師が来日する。



 
 この曰く付きの二人と韓国発祥の「弟子訓練(ディサイプリング・トレーニング)」を日本に導入するのだと息巻いて取り組んだ人物こそ日本基督教団の議長を4期務め、青山学院院長、日本宗教連盟・理事長、日本プロテスタント宣教150周年記念大会・実行委員長、世界宣教東京大会・名誉会長などを歴任した山北宣久(聖ヶ丘教会・前主任牧師)であった。新興宗教のような不祥事や醜聞にまみれた新興プロテスタントと共同するのは辞めろという周囲からの強い働きかけに何一つ耳を貸さずに暴走を続けた人物である。山北牧師は、金圭東のヨハンキリスト教会が主催する「コスタジャパン」の講師を引き受けたり、卞在昌の小牧者コンベンションの講師を務めたこともあった。

  
 http://www.christiantoday.co.jp/articles/8546/20070108/news.htm

f58fb7a4.jpg ヨハンキリスト教会が主催している夏の学生イベント、「コスタ(Kosta)」。右下に峯野牧師が紹介されている。



 
 
 山北師は現在は主要な肩書きから全て引退しているが、この20年、日本基督教団だけでなくプロテスタント教会や日本のキリスト教に混乱をもたらし、信頼を失墜させ、回復不能の傷を残した張本人でもあった。前回のビュン・ジェーチャン事件に続き、今回、金圭東事件が発覚したが、これらについて山北宣久の責任は、教団内でも一切、問われていない。教団の執行部や幹部がそもそも山北と足並みを揃えていたので共同責任を問われかねない。組織防衛的な無責任が蔓延し、黙って口を拭って知らぬふりを続けるばかりで総括どころか初歩的な反省、問題の洗い出しさえ行われていない。


52ef598b.jpg 青山学院院長時代の山北師。2013年1月11日(Sat) ガウチャー記念礼拝堂、青山学院教職員新年礼拝にて。 



 現在の石橋議長や「信徒の友」、吉岡光人編集長を含め、これらの問題を昔から知っている。教団でこれらの問題が検討されたこともなければ、信徒の友で記事になったこともない。他のキリスト教系新聞やメディアでは重大な問題として扱われている。山北議長時代の新興宗教プロテスタントとのやってはいけない交流は、かつて散々、懸念されていた通りに最悪の結果をもたらした。そのことについてだれも責任をとっていない。「膨大な無責任の大系」の中にある日本基督教団の現状が現れている。


 今なお、こうした自称、聖書主義の新興宗教教会と共同し続けている信じがたい日本基督教団の教会や牧師がいる。いったい、彼らはいつまでこのように気持ちの悪い異様な新興宗教集団と共同していくつもりだろうか。自己陶酔で逆上せ上がったできの悪い学園祭の出し物並みの子供じみた馬鹿騒ぎ。


 峯野がかつて口にした

 「日本基督教団に未来はない。」

 という言葉は、今、当時の峯野の台詞が示した文脈とは違った形でその通りになっている。


 c0b771d8.jpg 

 中央が青山学院の前院長、山北宣久(元日本基督教団議長、東京神学大・神学博士、前聖ヶ丘教会牧師)
 
 右が峯野龍弘(ウェスレアンホーリネス教団・淀橋教会牧師)。

 左が性犯罪で失脚したばかりの金圭東(ヨハン早稲田キリスト教会創設者)

辛坊治郎 STAP細胞事件の「黒幕」を語る

064d5340.png テレビ番組のキャスターを務める辛坊治郎。早稲田大・法卒。読売テレビに入局。アナウンサー、理事・報道局解説委員長、プロデューサーなどを経て、(株)大阪綜合研究所の代表。芦屋大客員教授。


 つい先日、視覚障害者との無謀なヨット航海で遭難したことで有名になったキャスター、辛坊治郎が自身のコラム、【辛坊持論】で小保方・STAP細胞事件について、「黒幕」がいると陰謀論を公開している。「仮説」だとしているが、彼の頭にはすでに公開された報道事実が蓄えられていない。辛坊は、「誰かが意図的に小保方さんが作った「光る細胞」をiPS細胞かES細胞にすり替えて若山教授に渡したってことでしょう。」という。そして、その目的について、

 「一つは理研が成果を上げて国から多くの予算を獲得すること。もう一つは大スキャンダルを仕掛けて小保方さんや理研に大打撃を与えることです。その「誰か」こそが「事件」の本当の黒幕なんです。」

 と黒幕陰謀論を打ち出している。しかし、残念ながらこれらは全て辛坊の作り話であり、全く何の客観性もない。


 まず、小保方博士が世に発表したSTAP細胞は、山梨大・若山研究室の外国人、修士課程の留学生が作成したマウスES細胞が混入していたが、DNAの配列でこの一致はすぐにわかり、理研の笹井センター長が自殺する少し前にNHKスペシャルで放映された内容で証明されている。この外国人留学生自らNHKの取材に電話に応じて答えており、なぜ、自分の作ったES細胞がSTAP細胞の中に混じり込んだのかはわからないと証言している。


 また、小保方博士は、科学雑誌NatureでSTAP細胞論文を掲載される前、同じ内容で3度、Cell誌とScience誌、Nature誌に掲載申し込みをしたが、

 「ES細胞のコンタミ(混じり込み)ではないですか」

 と具体的に疑問点を質問されて雑誌への掲載を拒否されている。小保方博士は論文をきれいにまとめることが非常に下手で苦手だったため、データや資料、写真、グラフなどを整然ときれいにまとめて論文に仕立てることについて高い能力を持っていた笹井センター長が彼女の論文改良を支援して、具体的に細かいところまで論文の体裁に赤ペンを入れるように修正を加えてようやく二度目にNature誌へ掲載申請をして審査が通ったものであった。

 
 掲載決定には実績も知名度もある笹井センター長の名が同時に記載されていることが大きな決め手にはなったであろうが、論文を提出した小保方博士は3度に渡って「ES細胞の混在ではないか」と具体的に指摘されてきたわけであって、そのことを知らなかった、理解できていなかったというはずはない。笹井センター長も混在しているものとは夢にも思わず、知らずに支援した結果、大きな落とし穴に嵌ってストレスに耐えきれず自ら命を絶つことになった。 


 つまり、STAP細胞とはES細胞を使って行った実験ではないですかと3度、国際的な科学誌へ投稿した際に具体的にピンポイントで指摘されていたにも関わらず、笹井博士の支援を受けて小保方博士が自身がずっと温めてきたSTAP細胞論文に、徐々に改良と修正を加えて4度目の挑戦でついに審査に通り、あの幻の世紀の大発見騒動に繋がったもの。これだけのことを他のだれにも知られず秘密裏に行える人物はこの世に一人しかいない。小保方博士、本人である。


 あまりに当たり前のことであるが、それだけ何度も指摘された点については万全の検証実験を行って確認するはずだが、狭い理研の中の、最高の権威を持つセンター長を含むごく限られたメンバーだけで密室研究が進められた弊害で、だれもそれを再現確認せずに大々的に世界へ公開してしまった。


 200回成功したはずのSTAP細胞の生成は1度も成功することがなく、理研の固定器に格納された保存されているはずのSTAP細胞からは一つもES細胞の混在がなかった生成細胞は確認されなかった。理研の検証が始まる前から結論は出ていたに等しい「調査」であった。調査が進めば進むほど小保方博士の残した「博士論文」や「研究ノート」などが出てきて、話にならない幼稚な実態が露わになった。

 
 辛坊治郎がしたり顔で黒幕陰謀論の珍説を唱えたところで、無知な馬鹿が恥の上塗りをする以上の効果はない。このような超がつく勉強不足の人物がマスコミ人、ジャーナリスト・キャスター気取りでコメントを垂れたところで何の価値もない。


 以前にも少し書いたが、むしろ、この事件の「黒幕」的な人物がいるとすれば、小保方博士の弁護を引き受けた三木秀夫弁護士(大阪弁護士会、大阪大・法卒)ではなかろうか。三百代言を地でいくようなあのめちゃくちゃな弁護士が小保方博士を焚きつけて、徹底抗戦をさせなければこのような火だるまの事態にはならず、早期に事件は鎮火したはずのものであった。小保方さんと直接詳細なやりとりをできる立場にあった彼は、あれこれ多くの辻褄が合わない点を目の当たりにしたはずであるが、そのまま強引に徹底抗戦・全面対決の選択肢を依頼者、小保方博士とともに進んだ。もう少し普通の市井の感覚を持った弁護士であれば、ここまで無理を承知の横車をごり押ししたかどうか。ES細胞研究では世界屈指の能力を持っていた笹井さんの自殺という末期的な悲劇までは予見できなかったかもしれないが、少なくとも今回の大騒動を引き起こした責任の一端を三木弁護士ら弁護団4人が負っている。 


 三木のような弁護士を選んで依頼した彼女の責任も大きいが、三木弁護士たち自身の責任もまたあまりに大きい。弁護士は真実や正義のために行動する職業人ではない。金を払ってくれる依頼人のために働く代理人に過ぎない。大阪弁護士会の大物弁護士が見せた今回の姿に、日本の弁護士の実態が良く現れたが、STAP細胞事件は、日本の科学界と法曹界、マスコミ界の汚い実態を白日の下に晒したという点で、大きな歴史を作った事件でもあった。


 

http://www.hochi.co.jp/topics/20141229-OHT1T50006.html

http://yonta64.hatenablog.com/entry/NHKSPECIAL/2014-07-31_NHK-STAP-saibou-shinsou

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20140508/175930/

https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/213224/

http://science.slashdot.jp/story/14/09/16/0418255/STAP%E7%B4%B0%E8%83%9E%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%A7%E3%80%81Science%E3%81%A8Nature%E3%81%AE%E6%9F%BB%E8%AA%AD%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%8C%E7%9B%B8%E6%AC%A1%E3%81%84%E3%81%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B

http://kirishiman.blogspot.jp/2014/08/nhkstap.html




以下、引用



【辛坊持論】信じますか?小保方氏騒動の「黒幕」の存在を…

 スポーツ報知 12月29日(月)7時4分配信

 これは仮説です。「事件」の背景には、いまだに名前が出ていない「黒幕」がいます。関係者の多くは、その存在に気が付いているはずです。

 問題を整理しましょう。小保方晴子さんは「STAP細胞はあります。200回以上作成に成功しています」と公言しました。そして、その自分の言葉を信じたからこそ、監視カメラがある実験室で1000個以上の「光る細胞」を作り続けたんです。

 ところが、この一見STAP細胞に見える「光る細胞」は単に「死にかけの細胞」に他ならず、そんなものをマウスの受精卵に埋め込んでも「全身が光るマウス」などできるはずがありません。

 ところが、ネイチャーで発表された論文では確かに「全身が光るマウス」が誕生しています。STAP細胞以外でこのマウスを作れるのは、山中伸弥教授の(1)PS細胞か、受精卵由来のES細胞しかありません。

 ネイチャー論文によると、小保方さんが作ったのは「光る細胞」までで、この細胞を使って「光るマウス」を作ったのは山梨大学の若山照彦教授です。若山教授は問題発覚後のかなり早い時期に「私が受け取った細胞は、一体何だったんだろう?」と言ってます。彼の発言を信じるならば、若山教授は小保方さんの研究チームから受け取った「何かの細胞」をSTAP細胞と思い込んで「光るマウス」を作っていたことになります。

 以上の経緯を最も自然に解釈するなら、結論は一つです。それは誰かが意図的に小保方さんが作った「光る細胞」を(1)PS細胞かES細胞にすり替えて若山教授に渡したってことでしょう。

 目的は二つ考えられます。一つは理研が成果を上げて国から多くの予算を獲得すること。もう一つは大スキャンダルを仕掛けて小保方さんや理研に大打撃を与えることです。その「誰か」こそが「事件」の本当の黒幕なんです。

 どうです? この仮説、信じますか? 本来、われわれマスコミの責任はこの仮説を立証することですが、今の段階ではそれができず、すみません。来年にはなんとか「事件」の核心に迫れるよう頑張ります。というわけで本稿をもって、本年最後となりました。一年間ご愛読ありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いします。皆さん、どうぞよいお年を!((株)大阪綜合研究所代表・辛坊 治郎)

冒険訓 「辛坊訓2」冒険訓 「辛坊訓2」
著者:辛坊 治郎
光文社(2014-09-12)
販売元:Amazon.co.jp

日本経済の真実―ある日、この国は破産します日本経済の真実―ある日、この国は破産します
著者:辛坊 治郎
幻冬舎(2010-04)
販売元:Amazon.co.jp

中国 この腹立たしい隣人中国 この腹立たしい隣人
著者:辛坊 治郎
実業之日本社(2011-03-01)
販売元:Amazon.co.jp

サラリーマンが嫌う第一位 安倍晋三

eddf8348.jpg 最新号のSPA!に日本人のサラリーマンが嫌う男、好きな男のランキングが出ていた。第一位が安倍晋三。2位の坂上忍、3位の野々村竜太郎を大きく引き離し、4位の蛭子にダブルスコアの圧勝。好きな男の1位は福山雅治、2位は高倉健だった。安倍晋三本人には自分が国民に不人気だという自覚がないらしい。主権者を舐めきって人を食ったような薄ら笑いを浮かべては見苦しい弁明を繰り返す、三代世襲のお坊ちゃま総理には、多くの国民に嫌われているという認識がない。安倍晋三と小泉純一郎との大きな違いは、安倍晋三には小泉のような個人としての人気がないことである。


 「アベノミクスは・・・経済を力強く成長させて皆さんの生活を豊かにする政策です。日本各地域でがんばっているみなさんにも、中小企業、小規模事業で汗を流す皆さんにも景気の好循環を感じ取ることができるように全力を尽くすことが私たちの仕事であります。」

  
 法人税の減税も決まり、経団連は大喜び。大企業、輸出産業のみを著しく偏重して優遇する政策を強行しておきながら、この選挙演説ができるところに、安倍晋三という男が底なしの嘘つきであることが現れている。
 


SPA! (スパ) 2015年 1/6号 [雑誌]SPA! (スパ) 2015年 1/6号 [雑誌]
扶桑社(2014-12-22)
販売元:Amazon.co.jp




取り戻せ、日本を。 安倍晋三・私論取り戻せ、日本を。 安倍晋三・私論
著者:渡部 昇一
PHP研究所(2013-02-09)
販売元:Amazon.co.jp

青山学院 教職員2割が提訴

c0b771d8.jpg 中央が青山学院の前院長、山北宣久(元日本基督教団議長、東京神学大・神学博士、前聖ヶ丘教会牧師)
 
 右が峯野龍弘(ウェスレアンホーリネス教団・淀橋教会牧師)。

 左が性犯罪で失脚したばかりの金圭東(ヨハン早稲田キリスト教会創設者)。

 
 山北宣久、青山学院・前院長は、日本基督教団の中でも非常に問題のある行動をとってきた牧師の一人。この写真にあるように異様なカルト教会、不祥事牧師と長く共同で宣教活動を行った。当時から強い批判を受けていたが、本人は一切これらに耳を貸すことなく、プロテスタント宣教150周年記念イベントで、独裁カルトの浜松HCC・榊山清志と親交を持ち、被害者からの相談資料を丸ごと榊山本人に漏洩した大川従道(大和カルバリーチャペル牧師)らと共同で発起人になるなど、していた。峯野龍弘はウェスレアンホーリネスの創設者であるが、元々、戦後は戦前のまま日本基督教団に所属していたところ、

 「日本基督教団に未来はない!」

 と豪語し、教団と喧嘩別れで絶縁した人物。アメリカの超保守派、イラク戦争時のブッシュやモルモン教徒のロムニーの選挙支援も行ったビリー・グラハム大会を日本で開催した時の実行委員でもあった。


 また、全国にカルト被害を広げているヨハン早稲田キリスト教会は元々、峯野が主任牧師である淀橋教会の韓国部として始まり、それが発展的に枝分かれして独立したもの。写真の金牧師は早稲田大などを中心にしたキャンパスカルトで深刻な問題を生み、今年、金圭東自身が女性信徒や若い女性伝道師らに対する悪質なセクハラを告発されて失脚、ヨハン早稲田キリスト教会の主任を辞任した。しかし、この辞任には1億円を超える「退職金」が支払われるなど、相変わらずの新興宗教独裁カルトの姿を今も露呈し続けている。


 山北宣久議長がこのような曰く付きの人物たちと三者会談で手を取り合って共同声明を出すこと自体が前代未聞の異様な行為でもあった。教団内で、この金圭東事件が公になってからも、これらの失態を延々と繰り返してきた山北宣久牧師の責任が問題になったことはない。散々周囲から指摘され、批判を浴びた中で強引に自身の思いこみで暴走した結果であり、知らなかった、そうは思わなかったとは到底、弁明できない。私自身も山北議長に書簡で彼らとは距離をとるように伝えたことがあったが、穏やかに問題を静めようという試みは全て失敗に終わり、馬鹿につける薬はないと思い知らされたことがある。
 

 山北宣久が前任の主任牧師を務めていた聖ヶ丘教会は渋谷駅から徒歩数分の場所にある教団有数の大きな教会。吉岡康子(吉祥寺教会牧師、現・青山学院宗教主任、准教授)の出身教会でもある。吉岡光人(青山学院大文学部卒、吉祥寺教会主任牧師、信徒の友編集長、元・西東京教区議長)と合わせて、教団が創設、運営している東京神学大・大学院の先輩にあたり互いに親交を持ち、吉祥寺教会の創設80周年記念礼拝にも山北牧師を来賓として招き、彼が記念の説教をしている。

 http://www.aoyamagakuin.jp/education/consistency/rcenter/staff.html


 当時、4期連続で教団議長だった山北牧師は、熊本白川教会の粟津安和(女性へのセクハラで敗訴)、高砂教会の手束牧師(大東亜戦争礼賛で教団の公式な立場を否定、教区負担金も一方的に拒否)などの教団内部の問題に何一つ有効な処分を下すことをせず、問題を放置した大きな責任があるが、その当時から私は吉岡牧師にこのことを直接、訴えたが、護教的で官僚主義的な姿勢のままの彼は「先輩」でもある山北議長を擁護し、何一つまともな対応や働きかけをすることはなく、看過しえない現実の警告に耳を貸さなかった。私はこのことに一生忘れられない強烈な不信感を今に至るまで感じている。

 
 榊山清志事件の関連で以前、不祥事や問題ばかり起こしている自称、福音主義派の新興宗教教会との危険な交流を止めず、目も当てられない失態を繰り返す山北議長の素行について、吉岡光人牧師に訴えたことがある。彼もまた福音派と一緒に行動している山北師について危うい面は感じていた(それが感じられないようではそもそもその時点でおかしい)ようで

 
 「まあ、ちょっと危ないとは思うけどね・・・。」
 

 と答えたことを鮮明に覚えている。しかし、吉岡牧師は山北議長と同じ教団で同じ大学院の先輩後輩の間柄にあり、妻である康子牧師の出身教会でもあったため、電車で30分もかからない距離にあってしばしば会う機会もあるはずだが何も言わないのか、電話一本もかけられないのかと質問した私に対して、教会の牧会は教会ごとに独立して宣教が行われるもので、他の教会のことをあれこれどうこう言うことはできないと応答。逆に私が山北議長について「山北」と呼び捨てにしていることを諫め始める始末だった。もし、そうであれば、教会ごとに主権国家のように独立していて外側から口出しできないのであれば、教団の規約も何もあったものではない。また、その教会の信徒でもない別教会の人間が呼び捨てにしていることをあれこれ言う筋合いもない。

 
 なお食い下がって、浜松HCCの榊山、つくばの卞、大和の大川、ヨハン早稲田の金、淀橋の峯野らと年がら年中連んでいる当時の現状をこれ以上、放置はできないと申し上げた私に対して、吉岡光人牧師はうんざりした表情で

 「どうやって?」
 
 と逆に聞き返してきた。

 「やりようがないじゃないか。」

 彼は私が浜松HCC・榊山との訴訟で彼の不法を公にした経緯も結果も内容も何一つしらなかった。光人、康子牧師に各々1セットずつ判決文や訴状のコピーも揃えて事前に渡していたにも関わらず、「興味がない」ということで「読んでない」からであった。「読んでない」という言葉は直接、彼が私に言った台詞であるが、おそらくこれは事実であってパラパラと手紙と目次に目を通すくらいはしたかもしれないが、内容を熟読はしていない。だから、彼ら吉岡夫妻は榊山事件も大川事件もビュン・ジェーチャン事件も内容をわかっていない。山北がこれらの悪党と連動して崩れていくのは必然の結果であった。彼にとっては電話一本かけることさえも「やりようがない」ことだったようである。


 本来、粟津安和も手束正昭も日本基督教団からは除名されなければならないとんでもない「牧師」であるが、両名とも何の処分も受けずに現在ものうのうと主任牧師職にあり、高額の報酬・謝礼を受け取って生活している。その影響で、高砂教会の手束の下には次世代の若手牧師が集まり、「日本民族総福音化運動」などという右翼団体の民族主義のような異様な排外主義に走り始めている。彼らは在特会のヘイトスピーチと同類である。

 http://www.nihonminzoku-soufukuinka.com/

 http://www.okuyamaminoru.com



 山北はわざわざ熊本まで出向いて聴き取り調査まで行ったが、民事訴訟で粟津が完全に敗訴した後も、被害者女性や粟津の責任を問うて教会からたたき出された信徒達の声を聞くこともなく処分なしに終わっている。

 かつてこのことを吉岡光人牧師に質問した時、彼は苦い顔をしながら
 
 「まあ、しかし、本人(粟津安和)は否定しているからね。今、白黒を決めつけるのも尚早だと思うね。」

 と答えている。当時、学生だった私は、なるほど確かに速断はできないと思ったが、粟津の敗訴が確定した今も、結局、何も教団は変わらなかった。教団自体が非常に官僚主義的で党派的であった。


 他方で、北村慈郎牧師が誰にでも自由にパンを配る方針をとったことについて教団の方針に反したということで教団から免職処分を下され、教団内の社会派(東京神学大以外の修了者が多い)と、教団幹部の主流派(東神大の修了者が多い)との対立は深刻になって今に至っている。この訴訟で教団の代理人を務めているのが島林樹弁護士(中央大・法卒)と高野良子弁護士(女子学院高、上智大法卒)。両弁護士とも吉祥寺教会の所属教会員で島林弁護士は長老職を務め、高野弁護士は日曜学校の先生や青年会の代表を務めるなどしてきた中心的な信徒でもあり、吉岡牧師が教団に紹介して訴訟を担当。この訴訟は教団の勝訴になっている。

 http://uccj.org/newaccount/9642.html

 http://blogs.yahoo.co.jp/bokusi1941/archive/2012/5/13

 https://www.facebook.com/ryoko.takano.3

 http://shimabayashi-law.sakura.ne.jp/bengoshi.html
 

 教団はこの訴訟で、宗教団体内の紛争は法的争訟になじまないとして争い、民事訴訟に持ち込んだ北村牧師らを非難したが、しかし、北村牧師は現実に「免職」になり、教団から受け取る年金も大幅に減額される現実の「処分」を下されているのであり、これが法的に争われるべき紛争ではないとするのは全く無理があり、現に司法もこれを法的紛争として認めて判決を下した。教会や教団、宗教法人であっても治外法権であるわけはなく、こうした主張を出したことは歴史的な足跡として記録に残ることになる。



 Mainichi

 プロテスタントのミッションスクール、青山学院(東京都渋谷区)。教職員の285人が、学院が行った一時金の規定廃止で支給額を減額されたということで、青山学院を相手取って規定との差額、総額約5000万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした。原告には現役の青山学院大教授らも名を連ねている。原告は大学、高等部、中等部などの教職員全体の2割。



 
 教職員の一時金は1953年以降、就業規則で定める規定に基づいた額が支給されていたが、学院側は2013年7月、

 「財務状況が非常に厳しい。取り崩し可能な資金にも余裕がない」

 「手当の固定化は時代にそぐわない」

 として、規定の削除と一時金の減額を教職員の組合に提案。その後、組合の合意を得ないで就業規則から規定を削除した。2014年夏の一時金は、規定より0.4カ月分低い2.5カ月分にとどまった。


 学院側は教職員側に対し、少子化や学校間の競争激化を理由に挙げている。日本の私学はどこも少子化で経営が厳しいが、手厚い人件費が膨張した青山学院は、一般教養を学ぶキャンパスを不便だった本厚木から相模原に移すなどして巨額の資金を使って財務状況が悪化している。


 教職員側は

 「経営状態の開示は不十分で、一方的な規定削除には労働契約法上の合理的な理由がない。学院と教職員が一体となって努力する態勢が作れない」

 「このままでは経営側の好き放題を許すことになる。建設的な話し合いができる関係を再構築する必要があると考え、提訴した」

 と訴えている。2014年冬の一時金支給も規定に基づいておらず、その差額も追加提訴する予定になっているが、これらについて青山学院はコメントしていない。
青山学院 by AERA (AERAムック)青山学院 by AERA (AERAムック)
朝日新聞出版(2014-11-15)
販売元:Amazon.co.jp

福音と笑いこれぞ福笑い福音と笑いこれぞ福笑い
著者:山北 宣久
教文館(2004-12)
販売元:Amazon.co.jp

福音と笑いこれぞ福笑い福音と笑いこれぞ福笑い
著者:山北 宣久
教文館(2004-12)
販売元:Amazon.co.jp

福音のタネ・笑いのネタ
著者:山北 宣久
教文館(2000-04)
販売元:Amazon.co.jp

福音のタネ・笑いのネタ
著者:山北 宣久
教文館(2000-04)
販売元:Amazon.co.jp

おもしろキリスト教Q&A77おもしろキリスト教Q&A77
著者:山北 宣久
教文館(2001-10)
販売元:Amazon.co.jp

それゆけ伝道―元気の出るエッセイ100それゆけ伝道―元気の出るエッセイ100
著者:山北 宣久
教文館(2002-09)
販売元:Amazon.co.jp

それゆけ伝道―元気の出るエッセイ100それゆけ伝道―元気の出るエッセイ100
著者:山北 宣久
教文館(2002-09)
販売元:Amazon.co.jp

ろくでなし子さんが起訴

8712e2c4.jpg 国立西洋美術館前庭のロダン作品。世界に知られたダビデ像。宗教施設のオブジェや出版された数々の書籍。

 五十嵐恵=ろくでなし子(42)さんが起訴されるならば、これらやこれらに類するもの、五十嵐さんの作品に類するものは他に多数あるが、片っ端からこれらも起訴を求める声が上がった場合、法務省、検察庁、最高裁はいったい、どうするつもりなのだろうか。

 
 これが違法というろくでなし子さんの3Dプリンター用のデータよりも、全国のコンビニエンスストアに陳列・販売されているエロ本の方が遙かに引っかかるとしか思われない。
 
 政府の権威主義、官僚主義は、お上が何もかも決めて当然という認識であるらしい。人権の最後の砦、憲法の番人であるはずの裁判所、判事からしてその片棒を担いでいる。逮捕の後、勾留の取り消しを認めずに勾留を認める決定をしたのは、岡部喜代子裁判長(最高裁第三小法廷)。発言制限をすると訴訟指揮をしたのは安藤範樹裁判長(東京地裁)。
ヴァギナ 女性器の文化史 (河出文庫)ヴァギナ 女性器の文化史 (河出文庫)
著者:キャサリン・ブラックリッジ
河出書房新社(2011-02-04)
販売元:Amazon.co.jp

ヴァギナヴァギナ
著者:ナオミ・ウルフ
青土社(2014-01-31)
販売元:Amazon.co.jp

ヴァギナの文化史ヴァギナの文化史
著者:イェルト ドレント
作品社(2005-05)
販売元:Amazon.co.jp

女性器200大解剖図鑑女性器200大解剖図鑑
著者:辰見 拓郎
データハウス(2004-04-15)
販売元:Amazon.co.jp

女性器詰め合わせビニールパック女性器詰め合わせビニールパック
著者:辰見 拓郎
データ・ハウス(2009-12-11)
販売元:Amazon.co.jp

増補改訂版 笠井資料/日本女性の外性器―統計学的形態論 (日本性科学体系)増補改訂版 笠井資料/日本女性の外性器―統計学的形態論 (日本性科学体系)
著者:笠井 寛司
フリープレス(2004-09)
販売元:Amazon.co.jp

ペニスの文化史ペニスの文化史
著者:マルク ボナール
作品社(2001-08)
販売元:Amazon.co.jp

川内原発 事故時の避難計画は手つかずで再稼働へ

17b70aa4.jpg 原子力規制委員会の委員長、田中俊一(福島県出身、東北大・工卒)。日本原子力研究所、日本原子力研究開発機構、内閣府原子力委員会、高度情報科学技術研究機構を経て現職。


 原発利権を漁る原子力村民たち。田中委員長が20日、年明け以降に再稼働する見通しの九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)を視察し、着々と再稼働への布石が打たれる。

 「われわれが求めているのは非常に厳しい基準だが、九電が前向きに取り組んでいることを実感できた」


 委員会は事故が起こった場合の避難計画については策定も審査も担当しない。全ては地元の自治体が担当する。


 再稼働させるにもっとも「優良銘柄」である川内原発は9月、再稼働の前提になった「新規制基準」に基づく審査に初合格。超がつく厳格な設備や運営の補強をされたということになっている。
 
 が、実際に事故が起きた場合の住民の避難計画が全く手つかず。当たり前の話で事故が実際に起こった場合、安全に、完璧に、迅速に、住民を非難させる計画や準備など日本のどこであっても作り上げることは不可能。原子力規制委員会の権限にこれが含まれていないのも、もし、これを含めてしまうと一つも「合格」を出せないからであって、したがって、委員会には避難計画を審査する仕組みがない。

 田中委員長

 「第三者ではなく、当事者が一生懸命考えるのが一番大事。点数を付ける類いのものではない」

 ・・・委員長自ら人ごとのように言っている。では、その「当事者」とはだれなのか。過疎化が進む地方の市町村にそのような避難計画を策定できるわけがない。市町村には原子力や放射能の専門家など一人もいない。予算策定、介護や福祉、公共事業、国からの機関委任事務などで手一杯。巨大な「原発事故が起こった際の避難計画」など途方もない作業で到底、できようがない。


 川内原発についていえば、もし、桜島が数世紀に一度の大爆発を起こし、大量の火山灰を噴出したとすると、原発もろとも周辺の土地が全て火山灰、火砕流、噴煙、溶岩で埋まってしまう可能性がある。そうなれば、もう、避難がどうのこうのという次元の話ではない。原発の炉心がその後、どうなってしまうかは想像するだに恐ろしい破滅的な被害をもたらす。まして、大きな地震を伴った大噴火であれば何一つ手の打ちようがない。
  

 他方、経産省自ら全原発について避難計画を作って実際に準備することも莫大な作業で非常に難しい。要するに、原子力委員会が「審査の仕組みは不要」と自分たちの守備範囲から放り投げることは、原発再稼働に伴った諸問題について、責任逃れと見切り発車そのもの。彼らは未だに

 「事故は起こらない」

 という前提で全ての計画を作り、推進している。福島第一原発事故の時、あれほど関係者が「想定外の事態」を繰り返して無責任な弁明に終始したことはすっかり忘れたようである。東電や経産省が、貞観地震級の津波再発に備えて産業技術総研らを含めた検討会を始める1ヶ月前に大震災は発生した。あれのどこが「想定外」だったのだろうか。


 東日本全域が壊滅する一歩手前ぎりぎりまで追い詰められたあの緊迫感を覚えていないのだろうか。大パニックの中、どこへ逃げて良いのかもわからずに避難する過程で、救急車やワゴン車の中、続々と老人や病人が嘔吐、失禁、失神、意識不明、危篤を多発させ、多数の死亡者が出たことをもう忘れたのだろうか。


 大地震から10年は巨大余震の警戒期であって、その中で大きく新しい危険をさらに冒すのは無謀を通り越して自殺行為である。水蒸気爆発からまだ3年半しか経っていない。記憶の風化が早すぎる。この国の原発を再度動かすことは許容できない。少なくとも今のこの非民主的な安倍独裁政治体制の下では絶対に不可である。


 http://www.fukuishimbun.co.jp/nationalnews/CO/science_environment/914667.html

ロシア トラスト銀行 経営破綻で国営化

94010b66.jpg ウクライナの南部クリミアや東部ドネツク、セバストポリなどを軍事侵攻で強奪したロシア、プーチン。大量の核兵器を含む世界第二位の軍事力を持つために、欧州やNATO、アメリカもロシア相手に軍事力行使をすることができない。

 かつて旧ソ連時代に東ドイツ駐在のKGB職員だったプーチンはドイツ語が話せるため、旧東ドイツ出身のメルケル・ドイツ首相とはドイツ語で互いに会話ができて親しい。メルケルがパイプ役になってこれまで何十回も電話会談、直接交渉が行われたが、プーチンの強硬な態度が変わらず、対露制裁は抑制的だったメルケルもプーチン政権の粗暴な外交を放置するわけにいかなくなった。マレーシア航空機、MH17便撃墜事件でドイツ、オランダ人などが多数巻き込まれて以降、決裂が決定的になった。軍事抵抗は事実上不可能であるため、その代替手段として欧州と協調して強烈な経済制裁を発動している。

 
 これに加えて、アメリカのシェールガス・オイルに対抗するため、サウジアラビアを中心にアラブ諸国が原油供給を増やして原油価格が下落し、原油や天然ガス頼みのロシア経済が危ぶまれて通貨ルーブルが急落。現在、経済パニックに落ちている。すでにロシア国民は預金を引き出してドルや金、家電製品などに替える動きが広がり、取り付け騒ぎになった。

 
 ロシア中央銀行は金利を17%という驚異的な数値に急激に上げて対応したが、その金利をさらに上回ってルーブルは暴落。モスクワに本店を置く中堅銀行の経営破綻が始まった。先頭を切って破綻に瀕しているのがトラスト銀行。すでに預金の払い戻しに応じられない状態にある。この破綻が表に出ることを防ぐため、露中央銀行が金融支援を行う救済措置を22日に発表。預金の流出でこの銀行の資金繰りが悪化したことに対応する措置である。


 「トラスト銀行」は中堅で首都モスクワに本店を置く。金融機関の経営破綻に備える国の機関「預金保険機構」から、最大で300億ルーブル(日本円でおよそ600億円)の金融支援を受ける。一時的に国の管理下に置かれて経営の引き継ぎ先を探す。こうした危うい救済措置はルーブル急落以降初めて。他の銀行の経営に対する不安が国民の間に広がって預金の引き出しが加速すれば、ロシア経済の崩壊に直結する。

 
 同じように経済危機を経験したかつてのエリツィン時代、1998年、外貨準備高はわずか200億ドル。巨額債務もあった。しかし、貿易黒字を保っている今は、外貨準備高が4000億ドル。原油は1バレル・60ドル均衡で推移すれば何とか維持できる状況にあるが、当時と比べると対欧州を中心に巨額の民間債務が非常に大きい。来年はマイナス成長に落ちる(どれくらい落ちるかはまだわからない)ため、危機的な水準にある。

 
 プーチンの支持率は85%を超える。ロシア国民はこれから巨大なツケを支払い続けることになる。







12/24 18:00 ウェスティンホテル東京 チャリティコンサート

72fda6cb.jpg
 クリスマスイブの夜、ロビーにゴスペルの歌声のコンサート。

 チャリティイベントにつき、皆様のあたたかいご寄付をお願いいたします。
(寄付先:ハタチ基金)



ウェスティンホテル東京 恵比寿ガーデンプレイス内

12/24 18:00-18:40 1Fロビー

帝国ホテル クリスマスコンサート 12/23 - 12/24


b5c54c95.jpg


TOKYO FM 少年合唱団

ボーイソプラノの清らかな歌声がロビーに響き渡ります。

12月23日(火・祝) 

15:00〜15:30 帝国ホテルプラザ 1階ロビー


16:30〜17:00 本館1階 正面ロビー
 
 

b15f68c5.jpg
 
早稲田大学グリークラブ
慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団

力強い男声合唱団の歌声によるクリスマスキャロル

12月24日(水) 16:00〜16:30 、18:00〜18:30

本館1階 ランデブーラウンジ内 光の壁前


ホテルオークラ東京 立教大学グリークラブ 12/24

0e5187f2.jpg

Schedule 2014年12月24日(水)

Time 18:00〜18:30



立教大学グリークラブ

創部90年を超える伝統ある大学合唱団。ホテルオークラ東京と関わりが深く、開業時から多くのイベントに参画。1990年より毎年クリスマスイブには、男女混声の美しいキャロルを披露。


曲目

入場曲GLORIA

1. We Wish You A Merry Christmas
2. THE FIRST NOEL
3. もろびとこぞりて
4. White Christmas
5. Deck The Halls
6. らいおんハート
7. きよしこの夜

会場 本館5階メインロビー

入場料 無料
協賛 サントリービア&スピリッツ株式会社


ホテルオークラ東京

神谷町、虎ノ門、六本木一丁目 徒歩5分

プーチンのライバルを支持する集会をロシア政府が妨害

d6f0a341.jpg 独裁者は、自身への批判をもっとも強硬に叩き潰すという共通項を持つ。共産主義体制のスターリン独裁も、急進民主主義体制のエリツィン・プーチン独裁も、体制が違えど「ロシア民族」の国家と国民は、その基本的な性質において変わることがない。秘密警察KGBあがりの強権独裁者を8割以上の支持率で支えているロシア国民の責任もまた大きい。
 


 ロシア大統領、プーチンの「政敵」で、数少ない反政権活動を続けているブロガー、ナバリヌイを支持する集会が、フェイスブックで呼び掛けられた。これがロシア当局の要請で閲覧不可にされている。ロシアの地元メディアも20日、伝えている。


 ナバリヌイは反政権デモの旗振り役。2013年9月のモスクワ市長選でプーチン側近のソビャニン市長に挑戦したが、複数の罪状で訴追されて、19日に検察から禁錮10年を求刑されていた。判決は1月15日に言い渡される。


 この刑事裁判自体が弾圧の一環であるが、この求刑を受けてフェイスブックで抗議集会が呼び掛けられ、プーチンに抵抗することは身の危険を伴う現状にありながら約1万2000人が賛同。しかし、これが20日夜に突如閲覧できなくなった。ロシア検閲当局は「無許可デモに関して最高検からアクセス制限の要請があり、協力した」とこの閲覧ブロックへの関与を公式に認めている。

 
 JIJI
 http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014122100020

知られざる大量放出

9397da3f.png 史上最悪レベルの放射能汚染を記録した東京電力・福島第一原子力発電所の事故から3年半。この事故は今も新しく判明したデータや事実、証言によって検証が修正され続けており、検証し尽くしたとはいえない。

日本の調査は建屋の水素爆発事故後、最初の4日間を対象にしていたが、その後も長期に渡って放射性物質が大量放出されていたことがわかってきている。アメリカ軍が測定していた放射線量データなどがその過程を記録していた。

  
 その詳細について、今夜NHKで放映。



NHKスペシャル メルトダウン File.5「知られざる大量放出」


[総合]2014年12月21日(日)  9:15-10:15 p.m.


 http://nhk.jp/special


独自の取材と科学的検証を重ね、福島第一原発の事故の真相に迫り続けてきたシリーズ「メルトダウン」。今回は、事故から4年近くたって浮かび上がった「知られざる大量放出」に迫る。いわゆる「吉田調書」などで知られる公的な事故調査は、事故から最初の4日間を対象としてきた。しかし、新たに入手したアメリカ軍の放射線量のデータなどを解析すると、これまでの「常識」を覆す放出と汚染の実態が分かってきた…。


いったい現場では何が起きていたのか?番組では、この「知られざる大量放出」を徹底検証。これまで分かった事実と併せて、事故の全貌を浮かび上がらせ、今に突き付けられた課題を探っていく。

浜松市 ダンス教室 チーム・ブレンダ

54a4a75e.png 主任牧師である榊山清志を中心にして、性犯罪、セクハラ、パワハラ、暴行・傷害、献金強要など、拝金主義をひた走り洗脳とマインドコントロールを振り回してきた独裁カルト教会であるライブチャーチ。元々はハレルヤコミュニティチャーチとしてスタートし、浜松、寸座など東海地域を中心に多くの支部教会を持つ。

 http://hcc-family.com

 民事裁判で榊山の不法行為が多数認定されたが、その後、一時勢いを失うものの現在は最盛期に迫る信徒数を回復し、「復興」を果たしている。毎年、大量の新規入会者と脱会者とを出しながら人の出入りが激しい新興宗教団体となった。


 毎年、クリスマスは榊山HCCにとって非常に重要なイベントシーズンであるが、近時、日本中に悪名が轟いたこともあって協力、交流を持つ他教会との縁がなくなりつつあるため、多方面に繋がりを模索している。


 今年は、同じ浜松市でポリネシアンダンス、タヒチアンダンス教室を営むチーム・ブレンダを招待し、今日、21日は午前から夜間までスケジュールびっしりでイベントを組んでいる。

 http://www.t-blenda.com/


 株式会社 TEAM BLENDA(チームブレンダ)は、代表者が池谷 知子。取締役に高部 恵美子。高部は”Emily”という名でダンス講師も務めている。

 
 ハレルヤコミュニティチャーチにはこれまでも関わりを持ってきたことが記されているが、彼女たち自身がHCCの信徒なのか、どのような関係で今日に至ったのかは不明。HCCの闇の記憶は風化してかすれつつある。チーム・ブレンダ、池谷、高部さんたちがこの独裁カルト宗教との縁を切ってもらうことを願ってやまない。


〒434-0038 浜松市浜北区貴布祢2054  

浜北教室 〒434-0037 浜松市浜北区沼265-5 服部ビル3F
  
三方原教室 〒433-8105 浜松市北区三方原町247-8 美容室ノンシャラン2F  

電話/FAX 053-585-8510 【お問い合わせ:080-3061-8331】

 
 

水素ステーション 開設

49a2ce7f.jpg 今でも鮮明に覚えている風景の一つが、2008年の夏、ガソリンの価格が急騰し、1Lあたり185円を超えた時のこと。平日の午前に都内の首都高速が1カ所も渋滞していなかった日である。幹線道路もほとんどが空いていた。盆暮れ正月でもない時期の光景を目の当たりにして、如何に日本人が無駄に自家用車や社用車を使っていたかということを思い知った。走ってみてもスムーズに流れていたが、本来、あの程度の混雑度が正常なものだと痛感。日本は、特に首都圏周辺は鉄道も道路もあまりに混雑がきつすぎて、そこに暮らしている人間に与えている負担が非常に大きい。


 トヨタが燃料電池車、Mirai を発売し、各地に水素ステーションの開所が続く。東日本、関東初の商用水素ステーションが、練馬の谷原に完成。今日、オープンした。運営は東京ガス。東京ガスは、これまで実証事業として、千住と羽田で建設・運転を行ってきたが、経済産業省の「水素供給設備整備事業費補助金」で今回の開設にこぎ着けた。吉祥寺周辺では、この谷原の他、井の頭通りに面した警視庁・高井戸署の隣の土地に建設中。




練馬水素ステーション
東京都練馬区谷原1-1-34

敷地面積 2104.35m2
水素供給方式 オフサイト方式
充填能力 300Nm3/h
充填圧力 70MPa

充填速度 3分間程度/台

主要構成機器 水素圧縮機、蓄ガス設備(蓄圧器)、ディスペンサー、水素プレクール設備



 天然ガス車、タクシーやトラックにある古くからのLPG車と合わせて、燃料が多様化しているが、大気汚染のことを考えれば最大の課題はディーゼルエンジンの排気ガス。ディーゼルエンジンは堅牢で寿命が長いため、20-30年前の車両が今でも現役で多数、町中を走行している。この大気汚染は長く大問題とされ、ようやく今年になってマツダがクリーンディーゼル車を量産化販売し始めたばかり。トラックやバスなど主たるディーゼル車両がまだ手つかずの状態。石原都政の規制もフィルターの目がすぐに詰まって効果が上がらない上、法規制を遵守しない使用者も多い。

 
 軽油取引税を廃止する引き替えに軽油の質を大幅に向上させてディーゼル排気ガス問題の緩和を図るなど、何か抜本的な対策を経産省や環境省で採用してほしいと願ってやまない。
 

総選挙の費用 700億円

006501a1.jpg 総選挙の費用は700億円を超える。今回は投票日が太平洋側以外が豪雪になったため、緊急の雪かきにも多大な費用を要した。内訳として600億円以上と最大のコストがかかるのが投票所の設備や人件費など。しかし、投票所は小中学校だったり役場、公民館、コミセンだったりと本来、金がかからない。要するに人件費が一番高い。


 私が投票に行った投票所は、内部にざっと10人。朝7時から20時まで、2Fの控え室などに交代要員や監督者でいる人たちも含めれば20人を超える。いとこが都内の市役所職員をしているが、職員は選挙の時には管理委員会の仕事を担当。この日当が日頃の給料とは別に特別手当を含めて3万円を超える。
 

 どう考えても金をかけすぎではないか。鉛筆で用紙に記載させ、ジェラルミン箱に入れさせ、それをマシンと人海戦術で数えたり読み取ったり。このような前近代的なやり方をとっている国は他にあまりない。それにもかかわらず渡し損ねや説明ミス、計時ミス、職員の寝坊などあってはならないへまが頻発。毎回のようにこうしたことがある。


 地方では、農業、公共事業、選挙は三大産業だと言われる。悪い冗談だと笑っていられないのは、実態をかなり反映しているからでもある。公選法違反になるようなこと以外にも、選挙そのものに組み込まれている利権構造がある。例えば、選挙のポスターを掲示する木製看板なども驚くほど高いが、急ぎの選挙が多いため競争入札している暇もなく随意契約でまとまることが多い。


 日本の選挙風景ほど気が滅入るものはない。いい年した大人達が子供の悪ふざけや悪のりのように大騒ぎ。しかも目を血走らせて鉢巻き、日の丸旗、ジャンパー、仕出し、だるま、登り旗などあられもない醜態を晒す。目も当てられない見苦しい光景。選挙にかかる費用は民主主義を支えるコストであるが、だからといって無制限にかけまくって良いわけではない。日本は、目に見えない形で、金がばらまかれるように仕組みができている。
政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ―ひとめでわかる図解入り政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ―ひとめでわかる図解入り
著者:池上 彰
海竜社(2008-04-26)
販売元:Amazon.co.jp

小選挙区制は日本を滅ぼす─「失われた二十年」の政治抗争小選挙区制は日本を滅ぼす─「失われた二十年」の政治抗争
著者:浅川 博忠
講談社(2014-03-04)
販売元:Amazon.co.jp

日本の選挙―何を変えれば政治が変わるのか (中公新書)日本の選挙―何を変えれば政治が変わるのか (中公新書)
著者:加藤 秀治郎
中央公論新社(2003-03)
販売元:Amazon.co.jp

日本の統治システムと選挙制度の改革日本の統治システムと選挙制度の改革
著者:加藤 秀治郎
一藝社(2013-10)
販売元:Amazon.co.jp

選挙違反の歴史―ウラからみた日本の一〇〇年 (歴史文化ライブラリー)選挙違反の歴史―ウラからみた日本の一〇〇年 (歴史文化ライブラリー)
著者:季武 嘉也
吉川弘文館(2007-06)
販売元:Amazon.co.jp

週刊ダイヤモンド2014年12/13号[雑誌]特集1 選挙の経済学 決められない政(まつりごと)の正体/本当の「日本の論点」はこれだ! /特別対談 ジム・ロジャーズ vs 竹中平蔵 「人口減と借金まみれの日本に未来はない」/特集2 新日本プロレス 年間観客動員28万人! どん底から奇跡の復活劇の舞台裏週刊ダイヤモンド2014年12/13号[雑誌]特集1 選挙の経済学 決められない政(まつりごと)の正体/本当の「日本の論点」はこれだ! /特別対談 ジム・ロジャーズ vs 竹中平蔵 「人口減と借金まみれの日本に未来はない」/特集2 新日本プロレス 年間観客動員28万人! どん底から奇跡の復活劇の舞台裏
ダイヤモンド社(2014-12-08)
販売元:Amazon.co.jp

路地裏の選挙必勝法―ひたすらドロ臭く勝ち抜く「日本一の選挙参謀」の秘中の秘 (KOU BUSINESS)路地裏の選挙必勝法―ひたすらドロ臭く勝ち抜く「日本一の選挙参謀」の秘中の秘 (KOU BUSINESS)
著者:橋爪 寛一
こう書房(1998-05)
販売元:Amazon.co.jp

議員定数不均衡 = 一票の格差 提訴始まる

ddbe2f79.jpg 

 抜本的な議員定数不均衡解消がなされないまま強行された2014衆院選。「一票の格差」が是正されていなかったことから、毎回、選挙後に提訴されている選挙無効確認訴訟。法の下の平等を定めた憲法に違反するという理由で早速、二つの弁護士グループが今日、小選挙区の選挙無効を求めて各地の高裁と高裁支部に一斉提訴を始めた。


 升永英俊弁護士らのグループは、岡山1〜5区について広島高裁岡山支部に提訴。衆院選の区割り規定は都道府県に1議席ずつ割り振る「1人別枠方式」を採っているが、


 「憲法が求める人口比例の原則に基づいていない」


 という提訴理由。2013年9月時点で有権者数が最少の宮城5区とくらべ、岡山1〜5区は1・19〜1・57倍の格差があったとしている。同グループは全295小選挙区で提訴する。


 山口邦明弁護士らのグループは広島1、2区で広島高裁に提訴。また、大都市部の東京、神奈川、奈良でも訴訟を起こす予定になっている。


 公職選挙法には「訴訟受理から100日以内に判決を出す」との努力規定があり、各裁判所の判決は年度内にも示される。2012年の前回の衆院選(最大格差2・43倍)に関しては、最高裁が2013年11月に「違憲状態」とする統一判断を出している。

 http://www.asahi.com/topics/word/%E4%B8%80%E7%A5%A8%E3%81%AE%E6%A0%BC%E5%B7%AE.html
 

 裁判所に入る弁護士の原告団

e7e2486c.png

自転車を使った選挙運動

16e7fc91.jpg 自転車は環境性能に優れた乗り物であるが、日本の国会議員は運転手付き送迎車に乗り慣れ、市井の人々を軽く見ているような思い上がりが多い。選挙の時にだけ、日頃はまるで乗ることがない自転車で選挙運動を行う姿があちこちで見られる。

 三鷹市の選挙区。与党、自民党からは元金融相の伊藤達也が立候補。彼も日頃は自転車など乗らず、三鷹で乗っている姿など見たこともないが、選挙の時だけ自転車隊列で庶民派をアピール。

 フィンランドなどでは国会議員は時給で働いている。資金や支出のチェックも透明で厳格を極める。名実共に、徹底的に国民への奉仕職、主権者の代表という位置づけになっている。

 そういう声が与党から今まで一度も出てきた試しがない。

一人一票実現国民会議 最高裁判事の審査について全面広告

6399a796.png 一票の格差、議員定数不均衡は戦後すぐの昭和30年代から訴訟で争われてきたが、保守自民党の国会と保守的な最高裁という2つの巨大な壁に阻まれて未だに全く実現していない。本来、参議院も衆議院も東京都だけで40以上の議席がなければならないのだが、全く足りていない状況にある。その分、都民の一票が軽く扱われているということに他ならない。

 
 この問題について、昭和30年代から活動した越山康弁護士の他、それを継承している山口邦明弁護士らの他、今世紀に入ってから「一人一票実現国民会議」の升永、久保利、伊藤真弁護士らが、怒濤の選挙無効確認訴訟を国に対して放つようになってから威力が倍増。次々にあちこちの裁判所で違憲判決や時に選挙無効の判決も出されるようになっている。


 最高裁判事の審査について全面広告が各紙に出されている。日経新聞にも全面広告が出ていて、今回、審査を受ける最高裁判事の中で「一人一票(one vote, one value)」制に反対している3人を具体的に示して×をつけるようにPRされている。


、平成に入ってから一挙に潮目が変わり始めたのは、今回の選挙後も全国で一斉に怒濤の訴訟闘争を始めてくれた弁護士チームの大きな功績。この人達は本当に莫大なお金や労力を使って、主権者たる国民のため「権利のための闘争」をしてくれている。


 http://www.ippyo.org
真の民主主義国家は「一人一票」で誕生する (リーダーズノート新書)真の民主主義国家は「一人一票」で誕生する (リーダーズノート新書)
リーダーズノート(2011-04-29)
販売元:Amazon.co.jp

からしだね館  坂岡隆司

0da96c34.jpg
 
 「からしだね館」の設立者・坂岡隆司

  
 「一粒のたねから」 

 
 
 「からしだね館」は精神障がいのある方々のための自立就労支援施設。社会参加の促進や地域生活支援に取り組む。

 

 こころの時代〜宗教・人生〜「“小さきたね”をまく」

 2014年12月14日(日) 5時00分〜6時00分
 
 Gコード:シェア

 
 「小さな心のたねをまき続けている」という京都の社会福祉法人理事長・坂岡隆司さん。「聖書のことば」に支えられ「神と自分がコラボレーションしている人生」を聞く。



 「街頭で配られた1枚のビラからクリスチャンになった」という、京都の社会福祉法人理事長・坂岡隆司さん(60歳)。「弱きひとたち」に寄り添う毎日を送る。その取り組みは「小さな心のたねを、まき続けること」だと考えている。「世の中は、神が準備していることに、たまたま出会うことの連続。神と自分のコラボレーション」と語る坂岡さんに、「聖書のことばで歩んできた人生」を聞く。

社会福祉法人理事長…坂岡隆司

きき手 杉浦圭子


一粒のたねから (Forest Books)一粒のたねから (Forest Books)
著者:坂岡隆司
いのちのことば社(2014-02-24)
販売元:Amazon.co.jp

次世代の党、坂元大輔 デーモン小暮の偽物で選挙運動

ada56eb7.png 平沼や石原が所属する次世代の党。広島7区から立候補している坂元大輔が、デーモン小暮の偽物を無断で選挙運動に利用し、強い批判を浴びている。小暮は坂元を一切、支援していないため、デーモン小暮ブログにおいて自身が坂元候補と無関係であることを説明し、


 「誤解を生む可能性は大だ。吾輩の肖像を無断で使用した喧伝活動でもある」


 とコメントしている。TBS系列の別番組に出演していた彼は広島に行くことはできない。
 
 
 デーモン小暮を痛く怒らせたのは、成り済ましの別人を作って無断使用した坂元候補事務所に直接、問い合わせをした時の対応だった。電話口の相手は「何が悪いんですか?」というような対応に終始。何も危機感がなかった。


 デーモン小暮は本気で怒ってしまい「首を洗って待っていてもらいたい」と法的な責任を追及する姿勢を出している。

 URL http://www.j-cast.com/2014/12/11223037.html

 URL http://blogs.yahoo.co.jp/demon_kakka_blog


 edc639fc.jpg平沼が肩に手を置いてプレートを持っているのが坂元。

後列左から、中山恭子(参院議員)、山田宏(元・杉並区長)、平沼代表、石原慎太郎など。




坂元大輔 

1982年、昭和57年生まれ。東大寺学園から大検、聖マーチン大(米ワシントン)、大阪市議秘書を経て、維新政治塾の1期生。維新の会から立候補し、その後、次世代の党へ。現在、衆議院議員。

http://www.sakamoto-daisuke.jp


次世代の党 平沼代表と在特会の中曽千鶴子。通称、「おつる」。

2d32574c.jpg

12月13日 土曜 18:30-20:00 0422市民クリスマス 

 12月13日 土曜 18:30-20:00 

 0422市民クリスマス 

 日本基督教団 南三鷹教会 牧師 吉岡喜人 (よしおか・よしひと)

 場所 カトリック吉祥寺教会 
 
 武蔵野市御殿山1   吉祥寺駅南口から7分

 
 今年、メッセージを担当する吉岡喜人牧師は、吉岡光人(よしおか・みつひと、日本基督教団・吉祥寺教会、信徒の友編集長、元西東京教区議長、CCC講師)牧師の兄弟。親子二代の牧師である。

花田紀凱

10ac84f9.jpg

花田紀凱 『WiLL』編集長

元『週刊文春』編集長

1942年、東京生まれ。1966年、東京外国語大学英米科卒、文藝春秋入社。88年『週刊文春』編集長に就任。6年間の在任。1994年、『マルコポーロ』編集長に就任。1995年「ナチガス室はなかった」の記事が国際的な大問題になり辞任、1年後に退社。その後、『uno!』『メンズウォーカー』『編集会議』などの編集長を歴任。2004年11月、『WiLL』編集長。テレビやラジオのコメンテーター。産経新聞にコラム「週刊誌ウォッチング」、夕刊フジにコラム「天下の暴論」を持つ。


 在特会が最高裁で敗訴し、憎悪・人種差別デモの責任を問われて高額の賠償金を課されたが、在特会と親しく記念撮影を行ってきたのは「次世代の党」の平沼代表だけではない。安倍政権の閣僚や自民党議員にも多い。高市早苗(総務相)、稲田朋美(政調会長)、山谷えり子、西田昌司らが在特会の会員と記念写真を撮影している。

 
 花田紀凱は、国会議員にとって記念撮影は

 「人気商売だから断りにくい。いちいち相手の氏素性まで確認できないことも多い。だからツーショット写真なんかどうってことないのだ。」

 として、ことさら大げさに取り上げるのは、何とか安倍内閣にケチをつけようという「意図が見え見え」だというが、しかし、在特会はすでに以前から有名な極右政治デモ団体であり、多くの議員や学者が出演してきた日本文化チャンネル桜の運営にも代表の桜井誠(本名、高田誠)が関わっていた。高市、稲田、山谷ら靖国参拝を欠かさない国会議員が在特会を知らなかったとすれば、そのこと自体が問題である。


 花田はナチスのホロコーストを否定する記事を「マルコポーロ」に盛り込んで失脚したが、彼は未だにあの失敗から学んでいない。


 林真理子が、百田尚樹が出版したばかりの「殉愛」で描かれた、やしきたかじんの死去直前に入籍し、遺産を相続した妻「さくら」事件を各出版社が取り上げないことに疑問を呈すると、

 「プラス、マイナスを総合的に判断した上で、書かないのは当然ではないか。わかり切った話だ。」

 とあけすけに開き直ってこれを擁護するが、もし、そのようなスポンサーの意向を汲み取って利害を踏まえた言論で良しとする立場に立つならば、偉そうにジャーナリスト・言論人気取りであれこれ自説を訴えないことである。所詮、何につけ「総合的に判断」して身の処し方を決めるポリシーを持つ人物の発言には何の信用も置かれることはない。、



http://bylines.news.yahoo.co.jp/hanadakazuyoshi/20141009-00039832/

http://bylines.news.yahoo.co.jp/hanadakazuyoshi/20141010-00039863/

サッカービジネスの不正

4597a7dd.jpg 日本のサッカー界ではまず考えられないが、欧州や南米、中米、アフリカ、アジアのサッカー界では不正が今でも多くある。審判や選手、監督の買収、巨大スポンサーを使った圧力、メディア操作など、サッカー界の不正は多様な形で広く巣食っている。欧州では、国内リーグの試合の他、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)が巨額のテレビ放映権料をもたらすため、チームによっては時に日本のJリーグよりも100倍以上の金が動く巨大ビジネス。権謀術数を使いこなす闇の力学が働く。

 
 2006年、イタリアのセリエAで大規模な八百長が露呈し、超名門クラブのACミラン、ユヴェントス、ラツィオ、フィオレンティーナ、レッジーナが検察から責任を問われた。第一審判決は厳しい内容だったため、各クラブが控訴して結局、2部のセリエBに落ちたのはユヴェントスだけだった。ユーベはそれまで二部落ちしたことがない唯一のクラブだったが、初の陥落は非常にみっともない形になった。主力選手はチームから移籍することにもなった。


 イタリアで発覚したこの事件はカルチョポーリ、カルチョ・スキャンダルと言われ、各クラブは散々懲りたはずだが、今年、またこの八百長疑惑が再発して現在、真相究明が進んでいる過程にある。トト・カルチョ=サッカーの賭けを資金源にしているイタリアマフィアは毎度おなじみになっているが、不正の対象になっている国はイタリアだけでなく、他の国でもある。オランダリーグのように八百長と無縁の国はむしろ少なく、昨年、シンガポールを舞台に八百長が仕掛けられた大規模な事件ではトルコ、ドイツ、スイスなどのリーグ、CL、W杯予選の試合が不正の対象になった。


 スペインも色々な形で不正が横行する国の一つ。先日のスペイン国内カップ、スーペルコパのレアル・マドリードvsアトレティコ・マドリードの試合では、試合終了間際にコーナキックでアトレティコのゴディンと揉めたC・ロナウドがゴディンの顔面を拳と肘で合計3回殴打したことが問題になったが、メディアやスポンサー、協会の圧力でこの映像が公式には配信されない。YouTubeにはアップロードされたが、レアルや協会、スポンサーの圧力で何度も削除を繰り返されている。


https://www.youtube.com/watch?v=Fi3YepfXZmk

https://www.youtube.com/watch?v=7trHLKqb6uA

http://www.mirror.co.uk/sport/row-zed/cristiano-ronaldo-twice-throw-punch-4094729

http://www.latintimes.com/watch-real-madrids-cristiano-ronaldo-punch-atleticos-diego-godin-face-203323

http://fansided.com/2014/08/22/real-madrid-f-cristiano-ronaldo-punches-atletico-madrid-player-face/

 
 このスペインリーグで長く実績を残してきたのが、今、日本代表監督を務めているハビエル・アギーレ。現在、深刻な危機に陥り、実際に刑事で起訴される見込みになっている。スペイン1部リーグ監督時代の八百長に選手とともに関与したと疑われているが、本当に起訴されたならば更迭されないわけにいかない。アギーレの年俸は2億円を超えるが、契約破棄をどうするのか、支払いはどうなるのか、損害賠償をどうするのかなどがわからない。


 前監督ザッケローニがW杯後に退任することは決まっていたにもかかわらず、後任監督の選任が遅れに遅れ、アギーレ監督が就任する経緯も良くわからなかった。JFA・サッカー協会内で人選を担当していた原博実・専務理事(早大・教育卒、三菱重工出身。浦和と東京の元監督)も外国語に弱く、人脈もなく、もっぱら代理人に任せた結果、時間切れぎりぎりでアギーレに決まったと言われていた。


 結果は残せなかったが、前任のザッケローニは誠実で真面目な人柄が顔、表情、発言や振る舞いに溢れていたが、アギーレは見るからに人相が悪く、記者会見での受け答え、代表を指揮している様子を見ても人格への信頼がまるで持てなかった。就任の噂が出た時にネットでアギーレを調べても悪い噂や評価があちこちに出ていたが、私のような素人でも簡単にわかったことが、JFAや原、霜田正浩にはわからなかったのだろうか。アギーレの有罪が確定して辞任した場合、彼らの責任も問われることになる。

英語、語学に力を入れる大学

74f6ebc4.jpg 医学部を除くと日本の私学で一流の大学として慶応、早稲田、上智、ICUがある。歴史と伝統がある早慶は別として、戦後にできたICU、戦後半ばまで一流とは言えなかった上智大が急激に評価を高めた最大の理由は、語学教育に注力したからだと言われている。


 ICUは英語力に応じて入学時に段階分けがあり、2年間はみっちり英語力を磨かれ、その後、専門課程は文系、理系、芸術系など幅広い専門から選択できるようになっている。1年前後の海外留学が非常に多く行われ、日本の大学の中でもっとも国連や系列機関、国際組織で活躍する人数が多い。


 上智大は1960年代までは評価が低かったが、70年代以降、学部再編も含めて外国語教育に着手。外国語学部からは多数の同時通訳者、翻訳者を輩出し、当時としては革新的だった比較文化学部(現、国際教養学部)を新設し、英語での講義受講、単位認定の道を開いた。単位の認定も厳しく怠惰な学生は次々に留年、退学に追い込まれ、すでに80年代には一流大の評価を確立している。


 国際教養学系の学部は慶応(湘南藤沢)、早稲田(国際教養)にもできて、留学生も増加。つぶれた私学の施設を丸ごと買い取って公立大として出発した国際教養大(公立・秋田県)は、ICU学長を務めていた新学長が就任し、設立して一挙に東大、京大に並ぶ高い評価を獲得している。国際教養学系の学部は人材やカリキュラムの準備・確保のため、設立・運営に負担がかかる。そのため、無理に一挙に変えるのではなく学部の講義を英語で行う割合を増やしたり、入試にTOEFL、TOEICを採用したりする大学も増えている。


 異文化コミュニケーション学部や経営学部など、英語の授業を多用する学部を作っていた立教大では、2016年春入試から、文系・理系の全ての学部でTOEFLなど英語外部試験を導入する。実用英語技能検定(英検)準1級以上などを想定し、開始時は10学部で計100人の定員を見込む。立教大は元々、築地の地に語学を中心にしたミッションスクールとして開かれた。西の同志社大も元は神学と語学教育から始まった学校。語学に力を入れるという当たり前の改革であっても今日のような大学間競争時代に入らなければ動き出さないというのは遅きに失しており、まだ何も着手できていない大学は周回遅れになっている。


 今後の日本で働いていく上で英語がまるで出来ないということは、パソコンのキーボードが使えないと同じくらい不利になるため、将来、徐々にその割合を広げていくことになるはずである。全学部で英語の外部試験を導入するのは国公立を含め初だが、今まで他大学でもそれがなかったことが、日本の大学の英語対応が遅れていたことを示している。

 企業からの求人が殺到する国際教養大の就職率は100%。東京外語大、旧・大阪外語大(現、大阪大外国語学部)の卒業生も引く手あまたになっている。日本語以外の言語を使えないとこれからの仕事は非常に厳しい時代になっている。

在特会 最高裁で敗訴

0dc897aa.jpg 「次世代の党」の平沼代表と「おつる」。平沼の父親も戦時中、戦争指導者として活躍したA級戦犯だった。


 愛国者を自称する「在日特権を許さない市民の会」(通称、在特会)の会員らが極端なヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)を行ったことが民事裁判で争われた事件、一貫して司法はこれを人種差別と認めた判決を出していたが、在特会側が控訴、上告を繰り返して最高裁まで争われた。事前の予想通り、最高裁も合計約1226万円の賠償と街宣活動の差し止めを命じた7月の大阪高裁判決を支持、在特会側の上告を退け最終的に確定した。

 最高裁第三小法廷(山崎敏充裁判長) 9日付決定
 
 ヘイトスピーチは人種差別撤廃条約が禁じる「人種差別」であると認定されている。最高裁まで争われたため、今回の決定は判例時報などにも掲載され、重要判例として判例百選にも採用される判例法理になり、高い法源性を持つ判例として確立する。


 通常、時間もかかり手間や費用も要するため最高裁まで争うことは非常に少ないが、在特会の「貢献」によってこれが今後の下級審に強い指針を持つ最高裁判例になったことは喜ばしい。かなり高額の賠償を命じた判決が確定したことは、全国で繰り広げられる在日外国人らへの差別的な活動に一定の歯止めになる。将来の立法にも影響が及ぶはずである。


 在特会 八木康洋会長

 「最高裁が政治的な表現の自由に向き合わなかったことは残念だ」

 と談話を出しているが、むしろ一審から最高裁まで一貫して表現の自由の保護範囲について厳格な判例の基準に照らし合わせて判決を出したのであり、彼らの行為が不法行為を構成する保護されない表現だったからこそ今回の判決になっている。在特会は市民社会で許容される公共性をまるで理解していない。


 今回の在特会には、「おつる」というあだ名で活動している中曽千鶴子が参加している。今年、川西市議会にも立候補した。自称、カトリック信徒ということで宗教的な発言や活動もあるが、彼女の見解は何らキリスト教の立場を代表していない。バチカンからも大司教、司教区からも許容されていない。

 
 詳細は、産経新聞系のブログ

 おつるの秘密日記 酒と薔薇と愛の日々
 http://blog.zaq.ne.jp/otsuru

 でわかる。



 

 今回、在特会の会員らの責任が問われたのは、2009年12月−2010年3月、京都朝鮮第一初級学校(現・京都朝鮮初級学校)の周辺で、かつての暴力団さながらに拡声機や紺色や黒塗りの街宣車を使い

 「朝鮮人を日本からたたき出せ」

 などと脅迫的に演説を繰り返した行為。同校を運営する学校法人「京都朝鮮学園」が損害賠償と街宣活動の禁止を求めて2010年6月に提訴した。外観上はかつてしばしば見られた典型的な民事介入暴力そのものであった。


 朝鮮学園は北朝鮮系の経営であり、教室には金日成、金正日の肖像画が掲示されている。北の主体思想を民族教育として教えている点で非常に問題がある学校ではあるが、だからといって街宣車で取り囲んで何をやっても良いということにはならない。私学助成金を交付するかしないかといった争点とは次元が違うごく初歩的な人権問題になる。


 2013年10月 一審・京都地裁

 「在日朝鮮人に対する差別意識を世間に訴える意図の下、在日朝鮮人という民族的出身に基づく排除で、人種差別撤廃条約が禁止する人種差別にあたる」

 「条約上の責務に基づき、被害者の効果的な保護や救済となるような額にするべきだ」

 と認定、判示し、名誉毀損訴訟としては異例の高額賠償になった。


 二審・大阪高裁
 
 「何の落ち度もない児童らが、民族的出自だけのために侮蔑的な攻撃にさらされた。精神的被害は多大だ」

 と一審判断を支持。


 在特会側は訴訟の家庭で、朝鮮学校側が隣接する公園を占拠していたことに抗議する公益の目的があったと主張し、思想・表現の自由にあたる行為だとして争っていたが、いずれも司法に認定されず退けられている。公園占拠は後からとってつけた理由に過ぎず、正当な動機になっていないので当然でもある。

民主党候補18人 中部電力労組と原発推進協定

deaddfe7.jpg 民主党の代表、海江田万里(慶応大・法卒)。苦戦が続き総選挙でも敗北が濃厚。選挙前から希望を失った最大の敗因は、この人物が代表をしていることそれ自体にある。アベノミクスを批判する海江田だが、大卒後、マネー評論家、野末陳平の秘書から独立して投資アナリスト、財テク指南、経済評論家としてテレビ、雑誌を賑わしていた超がつく無責任なエコノミストだった。年収1500万円を中間層だと言ったり、今、大きな問題になっている安愚楽牧場の出資、預託商法について牧場の広告塔のように積極的な投資をPRしていた人物で、それゆえ現在、民事訴訟で訴えられている被告の立場である。20年から10年ほど前までに自分が出版してきた財テク本のことはすっかり忘れたようである。「全国貸金業政治連盟」(全政連)やパチンコチェーンストア協会から政治献金を受けている。全政連は消費者金融(サラ金)など貸金業界の政治団体。


 菅直人政権時に経産大臣を務め、東京都ハイパーレスキュー隊が決死の放水作業を行うかどうか見極めていた時期に、何の権限もない立場ながら勘違いしてこれから命がけの放水作業を検討している隊員に対し「(放水を)やらなければ処分するぞ」と恫喝の台詞を吐いたり、その後、国会の答弁で泣き出したりと目も当てられない醜態を見せた。


 
 原発事故以降、最初に原発再稼働へ動こうとしたのは3人目に出てきた最後の首相、野田佳彦(早大・政経、松下政経塾卒)。

 「原発を再起動すべき」

 と記者会見で述べたのが初であった。2年前の選挙で惨敗して辞任し、直後の代表選挙に「火中の栗を拾う」と述べて立候補したのが海江田であった。海江田自身も原発廃止派ではなく、党として2030年までの原発廃止を「公約」にしている民主党だが、その実態は決して原発廃止の政策ではない。


 今回の選挙でも民主党の候補は中部電力の労組との間で原発推進協定を結んでいる。少なくともその数は18人。東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)の中部電力管内から小選挙区で出馬している民主党候補者25人の中にこの18人がいる。実際上は、25人全員が同じ立場に立っていると見て良い状況にあり、苦戦が続く選挙で民主党の数少ない支持母体である連合傘下の中部電力を真正面から敵に回すことは民主党には不可能。古橋和大(38歳・元貿易商、静岡8区)も浜岡原発の再稼働に賛成している。まず、新基準の検査に合格することが大切だと何度も強調する。しかし、浜岡原発は相模湾に面した海岸にあり、東海地震時の津波には大きな不安があって菅直人政権時代に運転を停止した経緯がある。経産省や環境省が地元自治体に責任と策定を押しつけた災害時の避難計画についても、地元自治体で全く策定されていない状況にある。そもそも、あの場所では策定が不可能に近い。中部電力から町には53億円の秘密寄付があった時期もある。原発は常に「安あがり」ではなく「密室で」根回しや手続きが進む、高コスト・談合馴れ合い産業である。

 http://hamaoka2009.ciao.jp


 政治にカネの力で近づこうとする経済界。会社は企業献金によって、組合は票と人手を提供する。経団連も長く中止していた企業・団体献金を榊原体制になってから復活させた。完全な「原子力ムラ」であって、候補になる議員はどこのというのはどこの政党に所属しているかではなく、その個人がどのような公約を打ち出しているか、これまでの経歴や実績とともに見極めなければいけない。

 
 海江田万里は

 「これからが勝負だ。必ず挽回する」

 と劣勢を跳ね返す受け答えに燃えるが、その言葉はまるで信用ならない政治家。最悪の実績を閣僚時代に刻んだ元大臣である。このような人物を党の代表に据えてしまった民主党は、その時点で政党としての生命が終わったに等しい。主権者は民主党が国民の信頼を徹底的に裏切った記憶をまだ鮮明に記憶している。次の選挙では第三党に入れるかどうかも厳しい。海江田自身も含め、大宮の枝野や吉祥寺の菅直人も落選の危機にある。下手をすると維新の会、共産党を下回って第5政党に落ちる可能性がある。

 




民主候補が原発推進協定 中電労組と東海の18人

 衆院選で、東海四県(愛知、岐阜、三重、静岡)の中部電力管内から小選挙区で出馬した民主党候補者二十五人のうち少なくとも十八人が、民主党の支持母体である連合傘下の中電労組(組合員一万五千人)と「核燃料サイクル」の推進や「原子力の平和利用」を明記した政策協定を結んでいたことが中日新聞社の調べで分かった。協定は、労組が候補者を「推薦」するかどうかを決める際の条件だが、同党は衆院選公約で二〇三〇年代の原発ゼロを掲げている。

 中電労組が作成した協定書によると、使用済み燃料を再処理して再び使えるようにする核燃料サイクルについて「自給可能なエネルギー源」と位置付け、「安全・安心を最優先に進める」と明記。原発の推進などを意味する「原子力の平和利用」も、同様に「進める」と記載している。

 民主党は衆院選公約で、三〇年代の原発ゼロに向け「あらゆる政策資源を投入」とうたい、公約を補完する位置付けの「政策集」では、核燃料サイクルを「本質的な必要性」などを含めて「あり方を見直す」と書いている。

 本紙が陣営などに確認したところ、政策協定を結んだ民主候補は愛知が八人、岐阜と三重がそれぞれ三人、静岡が四人いた。

 推薦を受けた岐阜の候補者は、政策協定と党の方針は「矛盾しない」と回答。再生可能エネルギーの供給量を現在の需要に見合うよう即時に引き上げるのは「時間がかかりすぎる」ことを理由に挙げた。

 静岡の候補者は「現実的にゼロを目指すことが大事。原発で働く人の生活の保障は当然だ」と話した。一方、「党の脱原発の方針と矛盾する」として労組との協定を結ばない愛知の候補者もいた。

 推薦があれば、票のとりまとめや陣営スタッフの派遣を受けられる。ある陣営関係者は「労組の票は固い。自民に勢いがある現状では、固定票として、のどから手が出るほどほしい」と打ち明ける。

 中電労組は、一二年十二月の前回衆院選でも、民主党の候補と協定を結び、大半に推薦を出している。労組幹部は「われわれが必要と考えるエネルギー政策にご理解いただける候補を応援するのは当然だ」と話している。

海江田万里の「新」マネー総合作戦―高金利時代の財テク必勝法
著者:海江田 万里
プレジデント社(1990-11)
販売元:Amazon.co.jp

ここで差がつく 女性のためのマネー作戦―すぐやれる。確実。有利。 (Kadokawa books)
著者:海江田 万里
角川書店(1985-12)
販売元:Amazon.co.jp

マネー新時代の資産倍増法 (ザ・ベストライフ・シリーズ)
著者:海江田 万里
講談社(1988-02)
販売元:Amazon.co.jp

我が家の生活経済(ホームエコノミー)―いまマネーに何が起きているか
著者:海江田 万里
廣済堂出版(1991-12-01)
販売元:Amazon.co.jp

知らないと損をする新税制時代のマネープラン
著者:海江田 万里
扶桑社(1989-06)
販売元:Amazon.co.jp

金融自由化時代のマネープラン―知らないと損する
著者:海江田 万里
扶桑社(1991-06)
販売元:Amazon.co.jp

海江田万里の明るい定年レッスン―5年後のお金に大差がつく! (廣済堂ベストムック 103号 お金の教科書シリーズ vol. 13)海江田万里の明るい定年レッスン―5年後のお金に大差がつく! (廣済堂ベストムック 103号 お金の教科書シリーズ vol. 13)
著者:海江田万里
廣済堂出版(2007-04-01)
販売元:Amazon.co.jp

今どうすれば一番損をしないか―このままでいると5年で、はだか同然 (プレイブックス)今どうすれば一番損をしないか―このままでいると5年で、はだか同然 (プレイブックス)
著者:海江田 万里
青春出版社(1987-05)
販売元:Amazon.co.jp

トクをする土地と家の本 (’99年版) (別冊主婦と生活)トクをする土地と家の本 (’99年版) (別冊主婦と生活)
著者:海江田万里
主婦と生活社(1998-08)
販売元:Amazon.co.jp

海江田万里の金のなる本海江田万里の金のなる本
著者:海江田 万里
双葉社(1989-07)
販売元:Amazon.co.jp

とにかく速く自分のお金が二倍になる本―金額別いちばんトクな利殖法 (カッパ・ホームス)
著者:海江田 万里
光文社(1988-06)
販売元:Amazon.co.jp

高線量地域に常磐道が開通 

4a4bfdec.png 被爆地域に高速道の常磐道が開通。常磐道を自動車で通過する程度ならば問題ないが、ここに子どもや将来の妊娠・出産の可能性がある女性が暮らせるかどうかとなると話は全く別。


 「平均」で毎時0・6〜0・7マイクロシーベルトということは、ところによっては周囲に2−3マイクロシーベルト前後の線量があるはずで、地形や場所によっては5マイクロシーベルト前後のホットスポットもあるはずである。ちなみに、武蔵野市周辺は、市が測定・公開した平均値でも0.05-0.08くらい、自分で計測しても0.05-0.09前後だった。


 除染作業には特別講習が必要だが、以前これを受講した時もこの数値ならば一通りの作業セット(洗浄できるシューズや衣服、1つ400円前後の興研の使い捨てマスクなど)が必要になる。


 そもそも、3・8マイクロシーベルト(積算線量、年間20ミリシーベルト相当)を「目標値」にしていること自体に問題がある。3.8マイクロ、年20ミリで「安全」だと強弁されていったいだれが信じるだろうか。

 
 安倍政権は福島原発の対応には全く誠意がなく、予算も人材も手だてをしない。何かあれば最後は見殺しにされ、国に見捨てられるという典型例でもある。


 
常磐道・浪江−南相馬IC間 毎時0.6〜0.7マイクロシーベルト

福島民報 12月5日(金)

 環境省は4日、常磐自動車道で6日に開通予定の福島県の浪江−南相馬インターチェンジ(IC)間の放射線量を発表した。10月21日時点の測定結果は平均毎時0・6〜0・7マイクロシーベルトで、目標としていた同3・8マイクロシーベルト(積算線量年間20ミリシーベルト相当)を大きく下回った。 
 年間20ミリシーベルトは、政府が避難指示解除の目安としている数値。同区間の一部は東京電力福島第一原発事故の旧警戒区域内にあり、除染前の平成24年12月から25年2月にかけての測定では平均毎時4・3マイクロシーベルトだった。その後、除染作業などで線量が低減した。 
 このほか、来年3月1日に開通予定の常磐富岡−浪江IC間の線量も発表。10月21日時点で平均毎時0・5〜2・4マイクロシーベルトに低減した。

田母神俊雄 不倫泥沼の裁判

528ccaf1.png 元自衛隊の幕僚長、田母神俊雄。福島県出身で「次世代の党」から衆院選に立候補している。典型的な大東亜戦争史観の人物の一人。アパホテルの社長夫妻が公募した論文事件で責任を問われて辞任したが、このような思想を持つ男が現実につい先日まで自衛隊の現場トップを務めていたという事実が、今の日本の防衛省の性質を如実に物語っている。

 
 今、最新号のフライデーで不倫泥沼の裁判を報じられ、窮地に立っている。本人は反論を出したがそれが逆効果に。底なしの時代錯誤、つける薬のない馬鹿な男は、弁明するほど逆に墓穴を掘るという好例。自分の責任を棚に上げ、二人も子供を作っておいて離婚成立前に妻子を非難したりとどういうつもりなのかわからないが、別の女と再婚したいと公言し、民事裁判でも非常に不利になる。自称、「次世代の党」から立候補した典型的な旧世代の男の喜劇。これに喝采を送る感覚がわからない。


 http://www.tamogami-toshio.jp/news/detail.php?id=33

 https://www.facebook.com/tamogami29

 https://www.facebook.com/tamogami29/posts/700521990044493


 http://www.j-cast.com/2014/12/06222629.html?p=all

 http://www.sankei.com/politics/news/141205/plt1412050032-n1.html



田母神俊雄 Toshio Tamogami
http://www.tamogami-toshio.jp


【フライデーの記事を読んで】
 本日「田母神候補の不倫→離婚」というフライデーの記事が出ました。話が一方的部分があるので、現在結婚しようと思っている女性を守らなければいけないと思い、私の見解を表明しておきます。

 私は妻との関係が上手く行かず自衛隊在職時代から退官したら離婚するという意志を固めていました。妻は私の親族とは全く付き合ってくれないので私の長男としての立場がありませんでした。付き合わないどころか私の母や妹たちの悪口まで言うので一緒にいることが不愉快なのです。彼女は私の父の兄弟が何人いるのかも知らないのです。私の父は平成13年12月に、母は14年の4月に病に倒れ、母は8ヵ月後の14年12月私が統幕学校長のときに亡くなりました。父は4年半の闘病生活の後、平成18年5月私が航空総隊司令官時代に亡くなりました。この間現在の妻は、東京から2時間半もあれば行ける福島県郡山市に、私に促されて、日帰りで一度だけ見舞いに行ったきりです。両親は長男の嫁である私の妻にたった一度の食事の準備もしてもらうことなくこの世を去りました。

 私は自衛隊を辞めた後、ほとんど妻のところに帰ったことはありません。叔父の家などで生活させてもらっていたのです。突然の退官後、航空幕僚長の官舎にあった私の荷物なども妻の住む自宅には送らず、東京に住む叔父と友人の自宅においてもらうことにしたのです。離婚を決意していたからです。その後現在交際している女性と知合い、結婚してくれるようお願いしました。両家の親族に対する紹介もすでに終わっており、親族もすでに了承しています。冠婚葬祭も行き来して、両家の親族とも夫婦として付き合っています。しかし妻は離婚調停には応じてくれないので裁判で現在係争中です。3年前の政治集会では妻は私が現場にいないときに、すでに弁護士を立てて離婚の話をしていたにも拘らず、田母神の妻と名乗って皆様に挨拶をしていたのです。私が登壇させたわけではありません。
 正式に離婚の始めてからすでに5年以上経ちましたが、東京家裁の一審で、夫婦生活の破綻は認めるが、33年の結婚生活に対し5年半の別居では別居期間が短すぎるという理由で離婚は却下されました。現在控訴して12月11日の判決を待っているという状況です。もちろん妻の生活の面倒は私が見ていますし、離婚後も生活が成り立つように相応の負担には応じるつもりです。

 週刊誌などでも何度か面白おかしく報道されましたが、現在交際中の女性が私にとっては一番大事です。彼女を守らなければいけないと思い、今回私の思いを表明しておきます。彼女に篭絡されたなどという事は全くありません。結婚は私のほうからお願いをしたのです。そして彼女は私のために待ってくれています。彼女には大変迷惑をかけて本当に申し訳ないと思っています。

 子どもたちも裁判に巻き込まれて本当に可哀想だと思っていますが、長女、長男とも現在普通に付き合っています。娘の陳述書も妻の弁護士によって書かされたものなのです。しかし私の離婚の意志は固く、もう妻との生活に戻ることは出来ません。我ままですが、私も心が休まる温かい家庭が欲しいのです。時間が解決してくれると思いますが、どうか皆様、静かに見守っていて下さるようお願い致します。

平成26年12月5日  田母神俊雄

http://www.tamogami-toshio.jp
田母神新党 (ワニブックスPLUS新書)田母神新党 (ワニブックスPLUS新書)
著者:田母神 俊雄
ワニブックス(2014-08-25)
販売元:Amazon.co.jp

田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません
著者:田母神俊雄
産経新聞出版(2014-05-09)
販売元:Amazon.co.jp

誇りある日本の歴史を取り戻せ誇りある日本の歴史を取り戻せ
著者:渡部 昇一
廣済堂出版(2014-08-10)
販売元:Amazon.co.jp

田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ
著者:田母神 俊雄
双葉社(2009-02-24)
販売元:Amazon.co.jp

WiLL 増刊 『田母神俊雄 全一巻』」 2009年 08月号 [雑誌]WiLL 増刊 『田母神俊雄 全一巻』」 2009年 08月号 [雑誌]
ワック(2009-07-09)
販売元:Amazon.co.jp

田母神俊雄の人生論―めざすは日本人田母神俊雄の人生論―めざすは日本人
著者:田母神 俊雄
高木書房(2010-07)
販売元:Amazon.co.jp

太田大臣の創価学会=公明党 JTBへ選挙動員を要請

82534251.jpg 今年6月、新社長に昇格した高橋広行(関西学院大・法卒。徳島県出身)。

 総選挙には巨大な組織票を動員できる立場の政党や候補者が圧倒的に有利であるが、今回の選挙でも組織票固めに強みを持つ公明党が底力を発揮している。日本最大の旅行代理店、JTBは衆院選で公明党に協力するようグループ2社に文書で要請している。JTB自身がこれを認めている。


 今、旅行業を管轄する監督官庁は国土交通省。創価学会所属で公明党の太田昭宏が国交相である。同党公認で東京12区から立候補。圧勝が確実。

 JTBによると、この文書は取締役旅行事業本部長名で11月27日付。首都圏在住の社員に公明党の政治活動を支援する署名集めを、東京12区に住む社員には太田の支援者名簿作成に向けた署名集めを要請した。JTBの大口顧客でもある公明党。その母体である創価学会から協力を求められれば断れるはずがない。

 しかし、これは非常に問題のある違法な選挙圧力ではなかろうか。監督官庁の大臣、超大口顧客という立場があって対等に話ができるわけがない。元々は日本交通公社として公的な性格があった社であるJTB。

 「任意の協力を要請しているもので、コンプライアンス(法令順守)上の問題はない」

 と説明しているが、一般市民社会の常識として全く通用する弁明ではない。

 JTBは今年6月の株主総会で常務だった高橋広行(関西学院大・法卒。徳島県出身)が社長に昇格。それまで社長だった田川博己(66)は代表取締役会長に。代表取締役会長だった佐々木隆(70)が相談役になっている。年老いたロートル老人がいつまでものさばっている大企業のやることは21世紀になった今も旧態依然としている。
 
 http://www.jtbcorp.jp/jp/company/message

子どもの性同一性障害 揺れる教育現場

2c09ae09.jpg 同性愛や性の同一性障害についてはこの20年ほどでようやく社会の理解が進みつつあるが、まだ、誤解や無知が広く残っている。特に宗教的な先入観が混じり込んだ眼差しで見られた場合、それは理性の論理ではなく、好き嫌いという感情の次元に問題が入ってしまい、容易に妥協点を見つけることが難しい。イスラム教ではほとんど限りなく同性愛は禁忌とされ、キリスト教でも保守的な原理主義、福音主義の立場では同性愛が強く排斥される。

 近時、同性愛者によって設立され、同性愛者など性的少数者を積極的に受け入れる教会も出てきている。大都市部に多いが、メトロポリタン・コミュニティ教会(N.Y.)など、アメリカにも徐々に数を増やしつつある。

 日本では同性愛者であることを公開したうえで正式に按手を受けた牧師、司祭になる事案も少しずつ増えている。日本基督教団では、堀江有里(同志社大神学部卒)、平良愛香(沖縄県出身)らが知られている。キリストの風集会は平良牧師が代表になり、1995年から都内で月1回の定例礼拝をしている。

 日本基督教団では、25年前くらいに同性愛問題が激しい論点になったことがある。自身は同性愛者では無いが、富田正樹牧師は、文献の記述を吟味した結果として同性愛を容認する論文を書いたことがある。

 
 立教大などの日本聖公会では「性的少数者とともに捧げる聖餐式」というものを中部地区で行っている。聖公会中部教区宣教部による「性的少数者プロジェクト」という限定的な試みであるが、自身も性同一性障害の女性司祭であるアンブロージア後藤香織司祭が担当している。


 http://www.jca.apc.org/femin/interview/20120905horie.html

 http://www.milkjapan.com/1998hn11.html

 学校の教育現場ではさらに対応が難しい。今までは小中学校などで自分の性の違和感を担任や校長に訴えることはなかなか難しいことだったが、最近は人権問題の一つとしてこれら子どもの性同一性障害が教育者の課題になっている。性同一性障害とひとくくりに言われるが、「LGBT」と略されるように、半陰陽、トランスジェンダーなどから、男女双方を相手にする嗜好性が強い二刀流まで、幅が広い。幼少期、思春期はこれらの性質が大きく変動する時期でもあり、対応を間違えるとその後、一生を左右する深い傷、躓きになりうる。

 http://blog.goo.ne.jp/adam_26/e/6eef027ed5ab0608e97951a83d73f10c


 家庭裁判所の決定によって小学生で性別が変わった場合、その後、どのようにその児童を学校で扱うかなど、指針が出しにくい難問が多いこの問題について、今夜、クローズアップ現代で放映される。 

クローズアップ現代 「子どもの性同一性障害 揺れる教育現場」

2014年12月9日(火) 19:30 - 19:56、24:15-24:42


「性同一性障害」と見られる子どもは全国に600人以上。制服や更衣室、部活動の選択などでどう配慮し、周囲の理解を得ていくのか。対応に揺れる教育現場の模索を伝える。
番組内容

ゲスト
岡山大学大学院教授…中塚幹也,
キャスター
国谷裕子
性同一性障害――児童期・青年期の問題と理解性同一性障害――児童期・青年期の問題と理解
著者:ケネス・J・ズッカー
みすず書房(2010-06-19)
販売元:Amazon.co.jp

セクシュアル・マイノリティへの心理的支援―同性愛,性同一性障害を理解するセクシュアル・マイノリティへの心理的支援―同性愛,性同一性障害を理解する
著者:針間克己
岩崎学術出版社(2014-09-01)
販売元:Amazon.co.jp

性同一性障害の医療と法: 医療・看護・法律・教育・行政関係者が知っておきたい課題と対応性同一性障害の医療と法: 医療・看護・法律・教育・行政関係者が知っておきたい課題と対応
著者:川 政司
メディカ出版(2013-02-25)
販売元:Amazon.co.jp

性のグラデーション―半陰陽児を語る (寺子屋ブックス)性のグラデーション―半陰陽児を語る (寺子屋ブックス)
著者:橋本 秀雄
青弓社(2000-05)
販売元:Amazon.co.jp

となりのLGBTさん 性的少数者があたりまえに生きられる日本へ 朝日新聞デジタルSELECTとなりのLGBTさん 性的少数者があたりまえに生きられる日本へ 朝日新聞デジタルSELECT
著者:朝日新聞
朝日新聞社(2013-08-09)
販売元:Amazon.co.jp

LGBTってなんだろう?--からだの性・こころの性・好きになる性LGBTってなんだろう?--からだの性・こころの性・好きになる性
著者:薬師 実芳
合同出版(2014-09-30)
販売元:Amazon.co.jp
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

 元ホーリネス平塚教会牧師、「星の子どもたち」 小松栄治郎事件の手記、
 「性暴力被害の家族として」  以下で販売しています。 
 http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/52128088.html
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
 






カスタム検索