2016年03月

路上を不法占拠 段ボールを強制撤去 京都市 水野種苗店

a58cdd3b.png 路上の段ボール強制撤去 京都市が代執行、店側反発
 
 京都新聞 3月25日(金)


 水野種苗店 京都市上京区桝形通出町東入青竜町238 075-231-6521

 


 京都市は25日、上京区桝形通出町東入ルで、種苗店前の歩道上に積み上げられていた段ボール箱などを行政代執行で強制撤去した。道路法違反による行政代執行は1979年以来。

 市によると、種苗店は従来から歩道に商品などを置いて通行の支障になっており、市は2002年度以降、是正指導を繰り返していた。一時、改善がみられた時もあったが、再び大量の物品が歩道に置かれたため、2月24日に道路法に基づく除却命令を出した。

 代執行は午前9時に始まった。市職員や作業員の計30人が、長さ22メートルにわたって積み上げられた段ボールや雑誌などを除去し、トラックに運んだ。作業は夕方までかかる見通し。費用は約60万円で、市が同店経営者に請求する。

 種苗店を経営する男性(53)
 
 「戦前から露店が出ていた場所で、昔から歩道に並べて商売をしていた。すべて撤去せよというのは心外だ」

 と反発している。

ISを支持するイスラム教徒

71380459.jpg イスラム教には宗教的寛容という概念が乏しい。サウジアラビアやカタールのようなイスラム宗教国家では、イスラム教を離れる脱教は死刑と定められている。実際にそれが刑罰で執行されることはそれほど多くないが、他の宗教へ改宗することはムスリムにとって命がけの選択になる。今回、バングラデシュで殺害された男性のように、イスラム原理主義の民間人によって私刑として殺害されることも多い。 

 イスラム教の国家として最も「民主的」とされてきた国がトルコだが、近時、エルドアン大統領の独裁政権が続き、徐々に宗教政治色が強まって政教分離が危うい状況にある。イスラム教という宗教それ自体が近代市民社会の諸原則、つまり、基本的人権の尊重原理や民主主義と相容れない教義を持っている以上、イスラム教やムスリムと市民社会との融和、共存には一定の限界があり、乗り越えられない大きな壁がある。


 ISが本来のイスラム教ではないとしばしば言われる。愛、平和、調和を基礎にするイスラムの教えを何も反映していない、偽イスラムに過ぎないとムスリムから再三、批判を受けているが、ISは厳然として今も大規模に存在し、広範囲に実効支配を続け、すでに50カ国から2万人以上の「義勇兵」がシリア・イラク入りしている。油田は破壊され、原油の闇取引も厳しい制裁で締め上げられたはずが、ISの資金は大きく減ってはいるものの枯渇していない。なぜかというと、シリアの周辺国、サウジアラビアやカタールから巨額の資金がISに流れていたり、隣国トルコがISとの間で原油の闇取引を行っているからである。


 トルコがタンクローリーで大量の原油をシリアからトルコへ運搬している様子をロシアが衛星写真を公開して暴露したことからわかるように、EU入りを目指すトルコは根深くISとの繋がりを水面下で持っている。また、サウジやカタールは形式上、外交上はIS掃討作戦に協調し、制裁に参加しているということになっているが、サウジやカタールは部族社会であり部族長、王族、富豪の一部には巨額の資金援助をISに対して行っている者が数多くいる。スンニ派のサウジ、カタールら中東の盟主国は、シリア、イラク、イランなどシーア派の民族を蛇蝎のように嫌っており激しく弾圧する。また、石油利権、イスラエル問題などを巡って決して欧米に対しての怨恨感情が消えていないため、西洋社会を敵視するISを資金や人材、兵器などの面から支援するイスラムは多い。


 ISに心情的に魅了されているイスラム教徒は、実際は世界中に多数おり、したがって、ISが偽イスラムであり、イスラム教ではないと言い切ることもムスリムとしての位置づけを否定することもできない。そうでなければ、世界中の医者やエンジニア、デザイナーに至るまで、十代の若者を含めて男女問わずISに続々と義勇兵に参戦している事実を説明できない。現地入りしてあっという間にその地獄を知った時にはすでに遅いが、その外側にいる段階ではISの洗脳に直接、強烈に影響されているムスリムは多く、表だって堂々とISに共感する自分を公に出来ないだけであって、実際はISの活動に喝采を送っているイスラム教徒はかなりいる。欧州が受けたテロ被害を自業自得だとドライに受け止め同情や非難をしないムスリムは実際はむしろ過半数であるかもしれない。

  
 


 http://www.sankei.com/world/news/160324/wor1603240009-n1.html

(共同)

 キリスト教に改宗の男性殺害で声明 バングラデシュ「牧師を見せしめに」


 バングラデシュからの報道によると、同国北部クリグラムで22日、イスラム教徒からキリスト教徒に改宗していた男性(68)が殺害され、23日までにイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)支部を名乗るグループが犯行声明を出した。

 地元警察によると、1999年に改宗した男性で、22日朝に散歩しているところを3人組の男に刃物で刺された。声明は「(キリスト教の)牧師を見せしめにした」としているが、男性は牧師ではなかった。

 バングラデシュでは昨年9月から、外国人などを狙った襲撃や殺人事件が相次ぎ、ISが犯行声明を出した。昨年10月には邦人男性も殺害された。

IS志願者の日本人が身柄拘束、強制送還

f3890eb5.jpg

 「イスラム国」を名乗るISに加入しようとしたところでトルコ警察に身柄を拘束された23歳の日本人男性が国外退去処分になり強制送還された。今日、24日夜、帰国している。和歌山県在住の若者でイスタンブール経由で19時10分ごろ、関西空港に到着。

 
 トルコの地元メディアや世界各国のメディアが報じている。M.M.というイニシャルである彼はトルコ南部のガジアンテップでトルコ軍警察に拘束された。

 携帯電話にソーシャルメディアを通じて知り合った「イスラム国」関係者と連絡を取り合った形跡が残されていたという。兵士として参加する予定だったようであるが、シリア入国前に身柄を拘束されてむしろ非常に幸運であり、ISの元に入った場合、逆に人質に使われる可能性が高かった。

 母親は  

 「オランダの方に行くみたいな感じだった。おもちゃのモデルガンは持っていた。そんなに大それたようなことする子とは思ってなかった」

 と答えている。兵器マニア、戦争フリークというわけでもなかったようである。和歌山県警が経緯を任意で聞く予定になっているが、笑い話で済む話ではない。

 昨年も北海道大学の学生がISへ入国しようとして大きなニュースになったことがある。ISへ接触するということはただごとで終わる行為ではなく、今回のように事前にブロックされて強制送還されたことは非常に幸運なことであった。



http://www.dailysabah.com/investigations/2016/03/23/turkey-detains-japanese-man-seeking-to-join-daesh-in-syria


7c4ebe1b.jpghttp://www.hurriyetdailynews.com/japanese-man-to-join-isil-captured-in-turkeys-southeast.aspx?pageID=238&nID=96816&NewsCatID=509


http://www.csmonitor.com/World/Global-News/2016/0323/Turkey-detains-would-be-ISIS-recruit-from-Japan

http://www.japantimes.co.jp/news/2016/03/24/national/japanese-man-deported-turkey-trying-join-islamic-state-group-reports/#.VvPYp-KLSUk


https://www.washingtonpost.com/world/middle_east/japanese-aspiring-jihadi-detained-in-turkey-official/2016/03/23/f07b9520-f173-11e5-a2a3-d4e9697917d1_story.html


http://www.japantimes.co.jp/news/2016/03/23/national/turkey-detains-japanese-man-seeking-to-join-is-in-syria/#.VvPYpuKLSUl


http://www.timesofisrael.com/turkey-detains-japanese-man-seeking-to-join-is/

http://news.trust.org/item/20160323142540-w4kc4

https://citizentv.co.ke/news/japan-detains-national-for-trying-to-join-is-119518/

http://asia.nikkei.com/Politics-Economy/International-Relations/Japanese-detained-in-Turkey-for-trying-to-join-Islamic-State-reports

http://www.globalpost.com/article/6750189/2016/03/23/turkey-detains-japanese-seeking-join-syria






イスラム国「世界同時テロ」 (ベスト新書)イスラム国「世界同時テロ」 (ベスト新書)
著者:黒井 文太郎
ベストセラーズ(2016-03-09)
販売元:Amazon.co.jp

僕がイスラム戦士になってシリアで戦ったわけ僕がイスラム戦士になってシリアで戦ったわけ
著者:鵜澤 佳史
金曜日(2016-01-27)
販売元:Amazon.co.jp

ISISイスラム国 残虐支配の真実ISISイスラム国 残虐支配の真実
著者:大高 未貴
双葉社(2015-07-18)
販売元:Amazon.co.jp

放射能 科学は放射線の影響にどこまで迫れるのか

NNNドキュメント「THE 放射能 科学は放射線の影響にどこまで迫れるのか?」

今日、深夜に放映。

2016年3月13日(Sun 日) 24:55−25:50


THE放射能
人間Vs.放射線 科学はどこまで迫れるか?

福島第一原発事故は、推定90万テラベクレルという膨大な放射能を放出した。セシウム、ストロンチウムをはじめ、聞いた事もないテルルといった多様な核種が大地を汚染した。人も動物も昆虫も植物もその中で生きていかねばならない。

「放射能」は、人や生態系にどんな影響を与えるのか。100ミリシーベルト以下=低線量被ばくの健康への影響はあるのかないのか?科学者の間でも意見が真っ二つに分かれるのはなぜか?最先端の研究と映像で迫る。



希ガスは大気中に拡散し、半減期の短いヨウ素131などはすでに消えました。しかし半減期の長いセシウム、ストロンチウムをはじめ、聞いた事もないテルルといった多様な核種が日本の大地を汚染しました。人も動物も、昆虫も、植物も、汚染の中で生きていく事を余儀なくされています。

今年2016年は福島第一原発事故から5年、チェルノブイリ原発事故から30年の節目となることから、環境に放出された「放射能」が、人間や生態にどのような影響を与えるのか、最先端で研究を続ける専門家への取材をもとに映像で迫りたい。

〈企画・取材・レポート〉
 倉澤治雄(科学ジャーナリスト・元日本テレビ解説主幹)


放射線の影響で最も気になるのが、長期にわたる低線量の被爆です。低線量被爆をめぐっては、「100ミリシーベルト以下では影響ない」「まだ分かっていない」「影響は確認できない」など、誤った言説が一人歩きし、政策もこれら言説に沿って避難区域への強引な帰還を行おうとしています。番組では意見の分かれる科学者たちの両サイドを取材し、放射線影響評価の真実に迫ります。

人間に対する影響で最も心配されるのが、子供に現れる小児甲状腺がんです。福島県が行っている「県民健康調査」の結果については、福島県立医大で調査の中心となった鈴木教授を取材。氏は染色体に現れる異常の特徴からチェルノブイリにみられた小児甲状腺がんとは違うし、今後福島でがんは発生してこないと主張しています。


一方、東大・児玉教授は遺伝子マーカーの分析を通じて、福島の子供の甲状腺がんは放射線由来だ、と主張します。また正確な統計手法に基づく岡山大・津田教授の客観的な分析によれば、福島で今後がんの多発が懸念されると主張します。これら見解の異なる科学者の主張を通じて、放射線の影響評価がいかに困難で、私たちにわかりにくくなっているか、解き明かします。

そもそも放射線は細胞レベル、遺伝子レベルでどんな影響を与えるのか、科学は放射線の影響をどこまで突き止めることが出来るのか、取材により明らかにしていきます。


また番組では事故から5年目となる現在、汚染が福島第一原発からどのように広がっているのか再度確認し、放射線が人や動物、植物、環境にどのような変化をもたらしつつあるのか検証します。放射線の影響とは未だ特定はできませんが、事故後の調査で観測されている「モミの木の異常」(放医研)や「ヤマトシジミの異常」(琉球大)、「ワタムシの異常」(北大)牛、猿などの研究を伝えていきます。


また放射線治療の現場、放射線による品種改良、害獣駆除、細胞レベル・遺伝子レベルの研究現場などを取材し、現在の科学が知り得る放射能の最先端、並びに限界を伝えます。

福島第一原発が爆発して5年、この先5年、10年、20年、放出された放射能が、人間や環境にどのような影響を与えるのか、また次の世代の子供たちのために、私たちは何をすべきなのか、原発の賛否を超えて、正面から見つめたいと考えています。


福島の原発事故でセシウムやストロンチウム、聞いた事もないテルルなどの核種が大地を汚染した。放射能は人や生物にどんな影響を与えるのか。最先端の研究と映像で迫る。


出演者
ナレーター nona


制作 日本テレビ

高浜原発 稼働後に差し止め判決

4b4f11bd.jpg 福井県の高浜原発3・4号機について、大津地裁は運転停止を命じる仮処分の決定を出した。現在も稼働中の原発について停止を命じる司法の決定は初めて。

 この仮処分決定を出した山本善彦裁判長は、かつて、原子力安全委員会の審査中の時には審査の過程を見守るべきだという判示で原告の訴えを認めなかったことがあり、決して国に対して厳しい判断ばかりを出している裁判官ではない。

 今回の高浜原発は、再稼働直前に4つのボルトの緩みから冷却水漏れが露呈し放射性物質が施設内に流れ出る失態があり、再稼働の初日に電源のトラブルから緊急停止した経緯もある。直前にこれらの事実が露呈したことが決定に影響したかどうかは定かではないが、政府や電力業界の強引な再稼働政策について司法が強烈なブレーキをかけた判断は非常に重要で、今後の日本のエネルギー政策へ与える影響においても大きな衝撃がある。

 

新所沢駅 松明堂音楽ホール 年内で閉館

c34bd8eb.jpg 西武新宿線、新所沢駅から5分、古楽を主に演奏してきた松明堂音楽ホールが年内で閉館する。その後、取り壊されるのかなど詳細は不明。
 
 いかにももったいなく惜しいことで、どこかの音楽大が丸ごと買い上げるとか、何かできないものだろうかと思われてしかたがない。


 http://shomeido.jp/ongaku/

 https://twitter.com/shomeido_ongaku

 松明堂音楽ホール @shomeido_ongaku

 【 松明堂音楽ホールより重大なお知らせ 】

 当ホールは平成9年の開館以来、皆様にご愛顧頂いて参りましたが、諸般の事情により2016年12月末日を持ちまして営業を終了する運びとなりました。
皆様の長年にわたるご厚情に心から感謝申し上げます。

イエメン 「神の愛の宣教者会」の高齢者施設がテロリストが襲撃

 サウジアラビアの南に位置するイエメンで、「神の愛の宣教者会」が運営する高齢者のための施設がテロリストによって襲撃され、4人の修道女と12人の入所者が殺害された。マザー・テレサが創立した宣教者会。

 イエメンでは、1998年にも会の3人のシスターが殺害されている。イエメンでは、イスラム教シーア派(主にペルシャ語圏のイラン、イラクやシリア系)が、元々のイスラム教正統であるスンニ派の政権に対して反政府活動を展開し、シーア派の一つ、フーシ派(ホウシー派)が台頭して急激に治安が悪化している。隣国サウジアラビアはこれを押さえ込むために非常に躍起になって軍事介入を広げている。

田母神俊雄らの業務上横領 東京地検特捜部が捜索

2781f68d.jpg 福島県出身、第29代、航空自衛隊の航空幕僚長を務めた田母神俊雄の関係先を業務上横領容疑で東京地検特捜部が捜索した。

 田母上のこれまでの発言は広く知られているが、安保法案の採決時、委員会室の委員長席をスクラムでブロックし、強行採決の指揮を執った佐藤正久(自民党、元イラク先遣部隊長)、元自衛隊制服組幹部の中谷元防衛相もそうであるが、こうした強硬な元制服組の武官が日本の国防を実際に担当していたという事実は、日本の文民統制、シビリアンコントロールが有効に機能しているのかどうか、危ぶまれる。現在、武官が文官と同じ水準に省内での地位が引き上げられる改革がされつつある。かつてない勢いで旧日本軍、自衛隊の権力が増強されつつある時代にある。
 


 産経新聞 3月7日(月)


 田母神俊雄氏の関係先を業務上横領容疑で捜索 東京地検特捜部
 

 平成26年2月の東京都知事選に出馬した元航空幕僚長、田母神俊雄氏(67)の政治資金の一部が使途不明となっている問題で、東京地検特捜部は7日、業務上横領容疑で田母神氏の資金管理団体の事務所(東京都千代田区)などを家宅捜索した。都知事選で選対本部長を務めたテレビ番組制作・衛星放送会社「日本文化チャンネル桜」の水島総(さとる)社長(66)ら選挙スタッフが昨年12月に告発していた。

 田母神氏は昨年2月に会見し、政治団体「田母神としおの会」には都知事選後に約6千万円の残金があったが、衆院選前には約1千万円に減少しており、調査の結果、会計責任者だった50代男性が横領を認めたと発表していた。

 田母神氏側の説明によると、この男性は高級クラブでの遊興費や生活費などに充てていたという。

 田母神氏は同3月、都知事選と26年12月の衆院選に立候補し落選したが、これらの選挙で寄付などで集まった1億数千万円のうち、男性が約3000万円を遊興費などに流用したとして、この男性に対する業務上横領罪の告訴状を警視庁に送付していた。

 その後、昨年12月、選対本部長を務めた水島社長ら選挙スタッフが、この男性だけでなく、田母神氏と選対事務局長も関わっていたとして業務上横領罪で東京地検特捜部に告発していた。

 水島社長は産経新聞の取材に「選挙に関わったスタッフが勇気をもって内部告発した。不正は許してはいけない。東京地検特捜部には使途不明金の全容を解明してほしい」と話した。

(株)ロマンティコ 氣賀澤麻人



建設業者に対する営業停止命令について
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2016/02/20q2t300.htm


平成28年2月29日 都市整備局


両社とも、リフォームなど上限金額である500万円以上となる請負契約を締結し、建設業法違反で営業停止処分になった。


株式会社メディビック 窪島肇
港区芝一丁目7番5号

株式会社ロマンティコ 氣賀澤麻人
港区赤坂五丁目1番1号


問い合わせ先
都市整備局市街地建築部建設業課
 電話 03-5388-3358

(株)メディビック 窪島肇




建設業者に対する営業停止命令について
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2016/02/20q2t300.htm


平成28年2月29日 都市整備局


両社とも、リフォームなど上限金額である500万円以上となる請負契約を締結し、建設業法違反で営業停止処分になった。


株式会社メディビック 窪島肇
港区芝一丁目7番5号
https://www.medibic.com/corporate/management.html



株式会社ロマンティコ 氣賀澤麻人
港区赤坂五丁目1番1号
http://ameblo.jp/ransdreamfactory/entry-10575265190.html
https://www.facebook.com/asato.kigasawa

問い合わせ先
都市整備局市街地建築部建設業課
 電話 03-5388-3358

創価学会のPRビデオ

 安倍政権の自民党と連立を組んでから、それまでの党是、綱領や公約をことごとく放り投げてきた公明党。9割以上の党員が創価学会員である。次の選挙に危機感を持っているらしく、近時、独自に製作したPRビデオを流している。

 http://www.sokanet.jp/pr/cm/kizuna-b.html


 しかし、実態をどれほど隠蔽しようとも、教祖の池田大作をはじめとして数々の不祥事、事件を引き起こしてきたカルト宗教団体であって、一たびここに引きずり込まれた以上、どれほど金を巻き上げられるか、知っている人は少ない。例えば、葬儀の際の香典は全て創価学会が持っていく仕組み(形式上は寄付、お布施とされる)になっている。その代わり、葬儀それ自体は学会の葬祭部が駆けつけの手伝い要員も含めて無料でやってくれる。

 
 政権の甘い蜜に誘われて党の公約を全てかなぐり捨て、その後の選挙で結党以来の惨敗を繰り返した旧社会党、今の社民党と同じ道を走っているようにも見える。個人的にはそうなってほしいと願う。この政党は現在の日本に不要の宗教ごっこ政治家たちでしかない。








牧師、石原正治(アブラハム石原) 逝去

ebff0608.png

 サンノゼにあるカリフォルニア星の教会の牧師、石原正治(アブラハム石原)さんが2月8日、逝去された。まだ六十代だったが、突然の心筋梗塞による急逝であった。


 https://www.facebook.com/abe.ishihara

 
 岐阜県出身。その後、駒込にあるアッセンブリーズオブゴッド教団の神学校、中央聖書学校へ進み、国内の教会で数年、活動した後に日系人が多く暮らすカリフォルニア州へ渡米。開拓伝道を行って現在に至っている。妻は同じ中央聖書学校で出会ったみつえさん。夫婦ともに米国へ帰化し、それぞれ「アブラハム」、「シンシア」という名に改名している。

 http://www.cbc-j.ac.jp/about.php

 https://www.facebook.com/cynthiamitsue.ishihara

 
 教会の敷地内に老人ホームを設立し、日系人の要介護老人に対して介護サービスを提供する仕事もしている。

http://calstarag.org

 息子、娘がいて二人とも元気に活躍している。

 https://www.facebook.com/luke.ishihara
 
 https://www.facebook.com/knitneko
 
 石原牧師は、悪名を轟かしている独裁カルト教会、浜松のハレルヤコミュニティチャーチ(別名、ライブチャーチ)にゲスト牧師として招かれ、何度も説教を担当していた間柄であったが、榊山一族からの暴行、性犯罪、パワハラなどの相談を受けた被害者たちから相談を受けたことがきっかけで被害者支援に転じ、民事訴訟ではHCCの教祖、榊山の責任を追及する書証を出して対決した経緯がある。
 
 http://www.geocities.jp/yuukino_kai/7kou17yosii.html

 当初、被害者らから相談を受けた時には、榊山清志らがそれほど悪辣な無法行為をしていると信じず、被害者の訴えを疑っていたというが、自ら事情を調べるうちに広く関係者らからの報告や連絡もあって、自分がかつて浜松で目の当たりにした出来事と符合することから疑念を強め、榊山自身に反省と謝罪、賠償を提案したがこれを拒否されてそれまでの蜜月関係を絶縁するに至った。


 静岡新聞が出した記事を紹介しただけで、筆者である私も榊山のHCCから「誹謗中傷」、「名誉毀損」、「肖像権侵害」、「著作権法違反」を理由に民事訴訟を提訴されたが、静岡地裁・浜松支部での争訟になり、私の完全勝訴で終わっている。ちなみに榊山はこの公判に一度も出てくることはなかった。全て、松下泰三弁護士が出廷、副牧師の中村が傍聴するだけであった。

 http://www.geocities.jp/yuukino_kai/7hccjunbi2.html

 
 目を覆うようなみっともない醜態を晒した榊山一族による多数の被害者を支援して救済に奔走した牧師はアブラハム石原ただ一人。彼ほど責任感を持って活動した人物は、他にはだれもいない。名古屋の毛戸健二、遠州牧師会の会長を務めた蓮井康人や吉井寛昌、被害者らから相談を受けた大川従道(大和カルバリーチャペル)、毎年のように浜松で特別伝道礼拝に説教牧師として招かれていたビュン・ジェーチャン(つくばアガペーチャペル)ら、皆、被害者を見殺しにしたどころか、逆に裁判で榊山側の訴訟支援を行ったもの(吉井、毛戸、大川)、自らもセクハラ、パワハラで訴訟まみれになり失脚したもの(ビュン)、被害者から提供された資料を守秘義務に反してあろう事か加害者である榊山に丸ごと送付して提供したもの(大川)など、開いた口がふさがらない愚か者たちばかりであり、榊山清志事件は、日本中にうようよ存在しているこれらインチキ牧師、カルト教会、独裁聖職者たちを芋づる式に引っ張り出すきっかけとなった歴史的事件であった。


 私は何度か石原牧師と直接会ったことがある。昨年のクリスマスカードではとても元気そうだったので急な心臓発作での他界を全く想定していなかった。榊山らを偽キリスト教徒と見抜けなかったことを最後まで「いや、まずかったです。」と悔いていた彼であったが、十分にその後、果たすべき責任を全うした人生であった。


 Rest in peace. Mr. Ishihara. 


 
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

 元ホーリネス平塚教会牧師、「星の子どもたち」 小松栄治郎事件の手記、
 「性暴力被害の家族として」  以下で販売しています。 
 http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/52128088.html
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
 






カスタム検索