2018年04月

自民党・菅原一秀 統一協会から支援

7f55436b.jpg ここ武蔵野市に隣接する練馬区は東京9区。自民党の菅原一秀(早実高、早大政経、日商岩井、練馬区議)が衆議院議員を務める選挙区。この菅原が、統一協会の教団イベントに参加し、その信者運動員(国際勝共連合、UNITE)と密接に関わっていた疑惑が露呈した。カルト新聞の藤倉氏が報じている。

 http://dailycult.blogspot.jp/2018/04/10000.html

 菅原は、2017年11月、統一教会=現・家庭連合の若手2世組織、勝共UNITEが主催した改憲大会に参加。イベントのゲストスピーカーとして、自衛隊の元空将、織田邦男と共に挨拶している。これについて右翼、民族・国家主義の評論家で、現役神主でもある吉木誉絵がツイッターで書いたことから、菅原の統一協会人脈が浮かび上がった。(2017年11月3日23時28分)

 このことについて、藤倉記者は菅原本人だけでなく、15日に投開票された練馬区議会議員の補選に立候補していた、菅原の秘書を14年務めた柴田さちこ(自民党公認)にも合わせて取材している。どちらも関わりを否定しているが、事実として報じられている上、二度目以降の藤倉記者の取材を完全拒否して逃げ回っている様子が、このことが事実であると強く疑わせる。菅原議員は以前に自身の愛人問題が出た時にも逃げ回ってそのまま問題に蓋をしてしまったことがある。

 統一協会は、桜田淳子も広告塔として活動を再開したが、合同結婚式以外に霊感商法、しつこい洗脳勧誘などで金銭被害、精神被害を受ける被害者が多数、半世紀以上続いて出ており、被害者弁護団も強く抗議記者会見をしている。
 
 菅原議員に限らず、共産主義打倒を目的の一つに掲げる統一協会は、共産主義に勝利するという意味で国際勝共連合を設立。この設立には安倍晋三の祖父=岸信介や、福田康夫の父=福田赳夫らが関わっている。それゆえ、その後、勝共連合は統一協会の青年部信者を実働部隊として動員し、反共の政党である保守・自民党を長く選挙の都度、非常に手厚く支援する選挙運動部隊として活動し続けている。


 安倍、岸、福田の二世繋がりだけでなく、山谷えり子、稲田朋美、高市早苗など、非常に多くの自民党員がこれまでに選挙への関わりを報じられているが、自民党にとって選挙で勝つためには支援組織がどれほどブラックであろうと見境も節操もなく、全く関係が無い。

松本光弘牧師によるパワーハラスメント事件

c63e9f8b.jpg 松本光弘牧師によるパワーハラスメント事件において、自死した男性Sさんの妻が、3月29日、付き添いの牧師と共に松江市の法務省人権擁護局で人権相談を行った。Sさんの夫は、松江福音教会内において松本牧師からの嫌がらせを受けて自死したが、その詳細な経緯を伝えている。

 Sさん自死後も、他の信徒が自死未遂をされ、付き添い牧師とSさんはその方からも相談を受けた。また、その方以外にも、松本牧師のイジメや嫌がらせの為に、自死を考えられた信徒がいた実態も伝えている。これほど自死問題が連続して信徒の中に続く異常な教会は珍しい。

 松本牧師の言動に傷付き、教会を出た人も少なからずおり、そうした人たちとの連携も行っている。このまま放置をしておく事は出来ず、人権相談、情報の公開を続ける予定にしている。NHKや新聞社による取材も続いている。

ピースメーカーズフォーラム 5月に開催

40a6e3d4.jpg


ピースメーカーズフォーラムというプロテスタントの牧師が集まって行うキリスト教のパーティが予定され、案内状があちこち多数に郵送されている。
 

 大川従道
(大和カルバリーチャペル主任牧師。聖学院高、青山学院大神学部卒。)

 山北宣久
(東京神学大修了。聖ヶ丘教会主任。以下の要職を歴任。日本基督教団議長、日本宗教連盟理事長、青山学院院長、日本プロテスタント宣教150周年記念大会実行委員長、世界宣教東京大会名誉会長。)

 滝元順
(リバイバルミッション主催・滝元明の息子、愛知・新城教会、榊山仁子と兄姉)

 奥山実
(日本民族総福音化運動協議会総裁、いのちの水計画実行委員長、日本リバイバル同盟(NRA)初代議長 、福音自由教会牧師、聖霊の第三の波の主唱者。)


 案内状を発送している事務方は森敬子氏(81歳)。飯田橋駅前にある日本基督教団、富士見町教会所属。世田谷在住でこれまで学習塾経営で成功して財をなした。現在は独身。何かと機会を見つけては立ち回ることが多い人物で、信徒や神学生とのトラブルが多くある。沖縄に細田氏と共に李相烈、吉田美宝子らを呼び込んだ人物でもある。


 これまで毎年長く、キリスト教徒の国会議員を集めたクリスマス晩餐会と同じ趣旨、人脈の中にある。元々、森敬子氏が元首相の羽田孜の妻、綏子と息子の羽田雄一郎が富士見ヶ丘教会にいることから親しい間柄となり、民主党人脈を広げて木俣佳丈(参・国会議員)、土肥隆一(衆、国会議員)らとも繋がった。

 清野順子(民主党の政策委員、牧師の娘)が土肥隆一と赤坂のホテルで祈祷会を行っていたことが始まり。ここに森が入り、その後、この祈祷会はなくなっている。

 森氏はさらに「VIPクラブ」にかかわり、佐々木満男弁護士らとの関わりが深い。ほとんど、森敬子氏は教会やクリスチャンを利用するイベント主催者、商売人に近い。中野駅南口の中野ゼロを会場に開催されている集会も多く森氏の主催となっている。

 これまで、元暴力団の自称宣教集団ミッションバラバ、菅原亘、村上好信(カリスチャペル)、竹内アガック、マルセまゆみなど、多くの著名な信徒を取り込むが長続きしていない。
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

 元ホーリネス平塚教会牧師、「星の子どもたち」 小松栄治郎事件の手記、
 「性暴力被害の家族として」  以下で販売しています。 
 http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/52128088.html
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
 






カスタム検索