9069f01a.jpgシオン宣教団、松江福音教会の松本光弘牧師の下で会計係を務めていた行政書士のSさんが、経理の不正を松本牧師に指摘したところ対立するようになって解任。その後のパワハラを受け続けたことで精神的に追い込まれ自殺した事件。松本は今も事実や責任を認めていない。

 この事件で夫を失った妻のSさん(島根県在住)はその後、継続的にこうした自死の問題を訴えているが、小さなシンポジウムを報道機関が取材する機会も増えている。

 しまね分かち合いの会・虹 桑原正好さん

 がこうした自死遺族の人たちをまとめた活動を中心的に担っている。