f87b6155.bmp 独裁カルト牧師である大橋秀夫(日本福音自由教会、クライスト・コミュニティ代表牧師)が主事、全国講師として手がけるJCGIネットワーク。教会増殖、牧師研修の支援を行なう新興プロテスタント系の組織であるが、昨年も6月にこの教会成長研修が神奈川の本郷台キリスト教会(牧師・池田博)で行われた(6月18日−20日、第6セッション)のに引き続き、今年も来月、9日−12日の日程で関東地区研修が同じ本郷台キリスト教会で開かれる。昨年は千田次郎らの講義が行われた。千田もまた独裁カルト牧師の榊山清志(HCC浜松)と親交を持ってきた牧師として知られている。「バルナバミニストリー」(コーチング)などがテーマに取り上げられた。 

 今年、2010年度 教会成長研修は、4月から11月まで、3泊4日の研修が合計3回となっている。新興プロテスタント系の教会から牧師や伝道師が研修生として合宿に参加し、

 「健全な教会形成、教会を生み出すことについて、また教会成長の基本的な知識を学習する」

 とされている。

 自身の教会について、3年から10年の「教会成長計画書」を作成するというプログラムになっている。また、年1回は海外から大物牧師を特別講師として招待し、研修を全国規模で受けるということになっている。この研修へ参加する牧師や伝道師は限定されており、関東地区教会成長研修所世話人会やJCGIネットワークの卒業生の推薦が必要となっている。費用は年間20万円。これまでよりも大幅に値下げされている。

 このJCGIネットワークの卒業生の面々がすごい。榊山清志(ハレルヤコミュニティーチャーチ浜松教会)、儀間盛夫(沖縄リバイバル教会)といった、日本中に悪名が轟いている独裁カルト牧師の名がずらりと並ぶ。金まみれ、裁判まみれ、不祥事・醜聞まみれの自称牧師たちがいじり回している「教会」。およそ彼ら自身が自称する「健全」とはまるで評しえない実態がある。

 JCGIネットワーク(JCGI)は、その前身が「日本教会成長研修所」。教会の成長、増殖を至上命題として掲げているCGM(Church Growth Movement)の旗手としての組織であった。

 メンバーはこのようになっているが、一目瞭然でわかるように深刻な問題のある人物がずらりと並ぶ。

理事長     有賀 喜一(全日本リバイバルミッション代表)
副理事長    小笠原 孝(練馬グレースチャペル主任牧師)
理 事(財務) 池田 博 (本郷台キリスト教会主任牧師)
理 事 (財務)三谷 康人 (元鐘紡(株)専務取締役、家の教会伝道師)
理 事     千田 次郎(恵泉キリスト教会バルナバ牧師)
理 事     菅原 亘 (神戸キリスト栄光教会主任牧師)
理 事     高澤 健 (アジアンアクセス日本代表)
顧問      羽鳥 明 (太平放送協会名誉会長)
顧問      尾山 令仁(聖書キリスト教会会長牧師)
総主事     川崎 廣(山形クリスチャンフェロシップ牧師)
協力主事    大橋秀夫(クライストコミュニティ代表牧師)
職 員     千葉節子

連絡先
山形事務所
〒990-0067 山形市花楯1-2-12 ロイヤルビル3F アジアンアクセス JCGIネットワーク
    TEL(023)626-3326
    FAX(023)626-3327

所沢事務所
〒359-1104 所沢市榎町6-16 アジアンアクセス
 TEL(042)925-4101
 FAX(042)924-7231


 大橋秀夫 著書一覧
 「教会成長読本」、「成長する人・しない人」、「21世紀を生きる―366のメッセ―ジ」、「ヤベツ、悲しみの中の祝福」、「成長を助けるミニストリー」他。