ee2c7c38.jpg カザフスタンのフィギュアスケート選手、デニス・テン。国始まって以来の世界的スケート選手で銀メダリスト。母国では国民的英雄になっている。デニス・テン、プロの音楽家だった母親の影響で7歳から音楽学校に通っていた。声楽の合唱団の他、楽器の練習もしていて、当時の教師、タチアナ先生によればその時の成績も優秀だったという。それが今、演技の音楽選びや音楽と演技の調和に関して非常に役に立っていたという。
 
 古典声楽の合唱団出身者が今、アジア人として期待のアスリートになった。羽生と並ぶスレンダーな体型で華麗なスケートを武器にしている。音楽に始まってスポーツの世界へ。運命は不思議なもの。同じアジア人として嬉しいことでもある。