e9f7b87d.jpg 日本は政治と宗教に関する発言が極端に少ない。それらをしないことが前提、了解とされている社会でもある。したがって、これらの事柄については裏でこっそり勧誘や活動をしていたり、秘密を保ったまま話をしたりすることが多い。

 しかし、今回の安保関連法案については、著名人が公的にはっきり発言をする姿が目立つ。テレビやラジオ番組でもそうであるが、自ら容易に発信できるネット上で自分の立場を鮮明に発言する数が多い。

 大部分は「反対」の立場。芸能界で政治色、宗教色はタブーであった。自民党や公明党、経団連、創価学会を批判することは考えられなかった。ざっと数えるだけでも多くの人たちが初めて沈黙を破って訴え始めている。
 
 松本人志 
 8/9 フジテレビ 「ワイドナショー」
 このままでいいと思うなら「平和ぼけ」だ。9条は日本を守る憲法だったかもしれないが、言い方を変えると、なめられている。


 のように「賛成」の立場もいる。潜在的にはもっといるはずだが、目立った発言は少ない。


 安倍晋三という宰相とその周囲を取り囲んでいる人々には共通項がある。高村正彦、麻生太郎、北岡伸一、宮家邦彦、白石隆、神保隆、細谷雄一、坂元一哉、中西輝政。みな、自分たちが外交、安全保障分野の「専門家」であり、「エリート」だという強い自負心を持っている。その反映があの傲慢きわまりない、国民を舐めきった尊大な態度、発言、権力の振り回しに繋がっている。


 自称、国際政治エリートの彼等のやってきたことといえば、あのブッシュ・チェイニー政権がしでかした、アフガニスタン、イラク戦争を強力に推し進めたことである。この中でだれ一人、イラク戦争を批判したり事前に空爆の中止を公言した人物はいない。

 首謀者ビン・ラディンを暗殺しても勢力が消えないアルカイダ、それを遙かに凌ぐ膨張を遂げたISの暴虐に繋がった。彼等の中でだれがこの責任を取ろうと進言したか。イラク、シリアの難民受け入れなどどこ吹く風。あの史上稀に見る異様な侵略戦争が、今の時代を何もかも引っかき回して最悪の混乱をもたらしている。その大混乱をもたらした張本人たちが何を言っている?
 
 
 
 長渕剛 
 7/19  フジテレビ 「ワイドナショー」
 感覚として、戦争が近づいている気がする。どうやって阻止すべきか。子供が死ぬんだ、自衛隊員たちが死ぬんだぞと
 
 久保田利伸
 7/22 Twitter 殺さない、殺されない。この時代、この平和ルールを保持する国がどれだけ尊いか
 
 
 今井絵理子 元SPEED
 8/15 Twitter 戦争を経験していない人が(法案に)賛成というのは説得力がない。今の流れはプチ戦争なら賛成!みたいに見える。
 
 SMAPの中居正広(43)
 フジテレビ 「ワイドナショー」
 「若い子が声を上げるのはいいことだと思う。動かなければ(法案が)十手しまうという意識を持っている。僕はうれしかった。」
 SHELLY(31)
 7/15 Twitter 今も雨の中デモを続ける方々は本当にかっこいい。若い世代が立ち上がってる事を誇りに思う。日本、どうなっちゃうんだろう。 
 渡辺謙(55)
 8/1 Twitter 一人も兵士(自衛官)が戦死しないで70年を過ごしてきたこの国。どんな経緯で出来た憲法であれ僕は世界に誇れると思う。
 
 
 高田延彦 元プロレスラー
 7/6 Twitter
 安保法制は憲法違反。まともな論拠がない上に安倍氏、中谷氏(防衛相)などなど(主張が)横暴でむちゃくちゃだ
 田村淳
 7/15 Twitter
 法案の理解を深めないと賛成、反対の判断できないと思う。お前が政治を語るなと言う人へ。僕も国民なので語りたい。
  笑福亭鶴瓶(63)  8月8日放映 東海テレビ「樹木希林ドキュメンタリーの旅」
 「政府がああいう方向に行ってしまうというのは、止めないと絶対だめ」と発言。
 「普段、人間として(政治のことを)考えていても放送で言おうと思ったことは一回もない。(政治は)プロに任せればええって言うけど、もう任せていたらあかんと」