DSC03446

 海外取材・写真ジャーナリストの伊藤詩織さんが、ジャーナリスト記者の山口敬之さん(元TBS支局長、慶大・経済卒)から性暴力を受けたとして民事訴訟で争っている事件。本日10月7日、東京地裁で結審(裁判長は鈴木昭洋)した。判決は12月18日、午前10時30分からに言い渡される。

本訴 平成29年 ワ 33044号 損害賠償請求事件
反訴 平成31年 ワ 2458号  謝罪広告等反訴請求事件

原告(反訴被告) 伊藤詩織
被告(反訴原告) 山口敬之

 最終弁論の準備書面を双方が提出し、結審後に伊藤さんは、参議院議員会館(福島瑞穂議員が予約)で開かれた裁判報告集会に出席した。

まず、原告代理人の西廣陽子弁護士が全57ページ、最終準備書面の内容について概略的に説明。伊藤さんの尋問時の供述は終始一貫しており、著書、「Black box」の内容と同じで綻びがなく信用できること、それらは証拠に基づいていること、山口さんの証言は大きく変遷しており信用できないこと、人権侵害による具体的な損害が発生していること、山口さんの反訴に対する反論などが盛り込まれたと解説された。

DSC03425








 この事件は安倍晋三総理、菅官房長官と親交があった元TBS支局長・ジャーナリスト、山口敬之さんに対して裁判所から出された準強姦の逮捕状が、捜査刑事が帰国を待ち構える成田空港で執行される直前に、警視庁の部長、中村格(なかむら・いたる、福岡県出身、東大卒、86年から警察庁)によって停止された経緯がある。

nakamura

 伊藤さんは検察審査会にも訴えたが、2度に渡って退けられ、不起訴が確定したため、逮捕状を執行しなかった理由を中村部長に問いただすため書簡での質問も行ってきたが返事なし。二度に渡って中村部長を公道上で見つけて声をかけ、説明を求めたが、二度とも猛然と全速力で走り去っていった経緯がある。よもや自分の人生で警察官を追いかけることになるとは思ってもみなかったと著書に記されている。

 伊藤さんの告訴内容についてまとめた捜査記録の全ては「一件記録」として被害届を出した高輪署にあり、それに基づいて捜査は進み令状執行の直前で中村格・部長の指示により差し止められた。しかし、中村部長は高輪署にいるわけではなく、桜田門の警視庁本部にいる。捜査書類に全く目を通していない、捜査に当たっていない中村部長がなぜ、逮捕しないように指示を出したのか、本日、野党合同ヒアリングでも批判された。

 中村

 最終弁論時にも証言を行った山口さんの姿を法廷で見つめていた伊藤さんは、どこか映画を見ているかのような気持ちでその姿を見ていたと話した。行為が終わった後、目覚めた伊藤さんに対して山口さんが、
 
 「困った子どもみたいでかわいいね。」

 そう言われたことを今でも忘れられないという。

 One is too many. 伊藤さんは英語を引用し、1件の事件の背後には遥かに多い暗数事件があることを強調。日本の性犯罪対策は大きく遅れており、30年近く前からレイプ・スイートの制度ができて運用されている英国と比較しても大幅に見劣りしている。

 山口記者は文春が事件を報じて記事になった後、呼び出されて帰国し、TBS内で支店長を解任され、出勤停止になっていたが、その後、退社している。伊藤さんも山口さんの会社の隣が勤務先だったため、先にその勤め先を退職していた。

 本日の法廷でも非常に激しい主張・立証の尋問があり、傍聴人は満員。定員を遥かに超える抽選率だった。伊藤さんはその傍聴席の一番後ろに父の姿を見つけ、父の心中を察すると非常に悲しかったと冒頭、涙ぐんだ。


DSC03443




 本日の記事は、各メディアが報じている。
 ハフィントンポスト
 https://www.huffingtonpost.jp/entry/itoshiorisansaiban-12tsukinihanketsue-kesshingonishiorisangakatattakoto_jp_5d9acf2ae4b0fc935edcac69
 
 https://www.bengo4.com/c_23/n_10210/
 https://www.bengo4.com/c_18/n_10211/

 http://www.labornetjp.org/EventItem/1570356964398matuzawa

 https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/shiori-ito-5

 https://www.sanspo.com/geino/news/20191007/sot19100715380010-n1.html

 https://this.kiji.is/553861043310871649?c=39546741839462401


 

 今も睡眠障害、パニック発作、PTSDに悩まされる伊藤さん。ビュン・ジェーチャン事件の被害者女性たちもその後、長く心理的被害が続き、今も終わっていない。ことほどさように性犯罪の罪はあまりに重く、その傷は深い。

Black Box
伊藤 詩織
文藝春秋
2017-10-18