政治家失言集

都議会 自民党   「おめえが早く結婚すればいいじゃねえか。」

e71961cd.jpg 本日の東京都議会一般質問で、塩村文夏議員が登壇、 都の結婚・妊娠・出産に対する取り組みについて質問していた時、

 
 「結婚した方が良いんじゃないか?」

「おめえが早く結婚すればいいじゃねえか。」

 「子どもは産めないのか。」

 「独身らしいぞ。」




 と野次が飛んだ。自民党会派の議員の発言で、その会派は笑いに包まれ、舛添知事も少し笑っていた。


 このヤジに、本人も一瞬、凍り付いて発言者を見て止まってしまい、その後も最後まで質問を述べたが、途中涙声になってショックを受けた様子が放映され、今でも動画で公開されている。


 
 この発言は論外であるが、その後の自民党会派の対応がさらに論外。議会後、本人を除く所属議員全員で厳重抗議の申し入れがあったが、自民党会派の吉原修幹事長は、

 「うちの議員の発言という確証はあるのか?」

 「議会の中の正規発言ではないのだから、問題にはできない。」

 「どういう状況だったのかよくわからない」

 と責任逃れに徹底。周囲の議員は必ずだれが発言したかが明瞭に特定できるはずだが、決してそれを言うことがない。匿名での連絡さえない。


 本会議の質問中に「よくわからない」、「覚えていない」というならば、彼らは自分たちがまっとうに職務をこなしていなかったことを自白していると同じである。

 
 これは懲罰動議の対象になる行為、発言であって、これに自民党都議会が適切に対応しないならば、彼らは全員、都議を即日、辞任すべきであって、こうした超がつく旧体制の残滓のような無法者たちが都議会が多数派を占めていること自体が驚くべき現実である。
壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか (岩波新書)壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか (岩波新書)
著者:金子 雅臣
岩波書店(2006-02-21)
販売元:Amazon.co.jp

馬鹿にもほどがある人

f9803723.jpg 慰安婦問題で橋下徹の発言の余波が収まらないが、弁護士時代の反射神経で物を言ってしまえばこの問題が鎮まることはない。人間の資質の問題である。

 
 それ以上に意味がわからないのが、橋下ではなく同じ維新の中にいた西村眞悟や石原慎太郎のことで、彼らは今も国会議員である。彼らは橋下よりも遙かにひどい内容の発言をしているが、なぜかこれらについては責任が橋下発言と比較して厳しく追及されることはない。

 
 かつて自民党にも奥野誠亮(旧内務省、特高警察)や永野茂門(旧陸軍将校)が今回の橋下以上の歴史発言をしたことがあったが、閣僚や役を辞しただけで議員として首が飛ぶことはなかった。

 
 彼らの発言は「日本維新の会」ではなく、「維新政党・新風」が都議選などで執拗に繰り返していた内容と重なっている。彼らに相応しい政党は維新の会ではなく、もっと違う政党。所属政党を間違えた人たちである。


 
 西村眞悟は、かつての民社党時代から父も従兄弟も岳父も衆議院議員を歴任した二世議員。

 http://www.n-shingo.com/

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E7%9C%9E%E6%82%9F


 法律相談を含む弁護士しかしてはならない業務を事務所の職員に代行して行わせ、逮捕・有罪判決を受けた曰く付きの人物。これによって弁護士の資格を剥奪されている。

 
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E7%9C%9E%E6%82%9F%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E6%B3%95%E9%81%95%E5%8F%8D%E4%BA%8B%E4%BB%B6


 西村は自身の慰安婦発言で維新の会を除名され、大きな騒ぎになったためブログ記事が削除されたが、以下の内容を書いていた。これはもはや歴史観という水準ではなくタチの悪い大和民族主義と同じ。国会議員の資質はない。 


 http://megalodon.jp/2013-0517-1611-20/www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=855

 
 西村が発言していた様子をJNN系列のニュース映像で見たが、その姿は重症のパラノイアかアル中患者のようだった。西村がこうした人物であることは誰でもわかっていたことで、それを政治家としての「身体検査」もできずに党員に迎え入れた維新の会が政党として適切な能力がないという証明でもある。
 

2013/05/17 Fri


慰安婦に関する謀略
 橋下徹大阪市長が、いわゆる従軍慰安婦に関して発言したことに対して、待ってましたとばかり、見方によっては喜々として、錦の御旗である「女性蔑視というレッテル」を貼り一部の人士が騒いでいる。
 一昨日の衆議院本会議では、ある法案に関する代表質疑であって、慰安婦とは全く関係がないのに、民主党の女性議員が演説の冒頭、取って付けたように、橋下発言は、全女性を蔑視するものであり許せない、とまるで自分が被害者であるか如く歌いあげていた。
 そして、この国内の橋下非難騒ぎは、韓国人と支那人、韓国政府と中国政府によって国際的に繰り広げられてきた慰安婦に関する反日謀略宣伝を勢いづかせている。

 発言の真意などは、わざと塗りつぶし、ただ例えば「女性蔑視」というレッテルを振りかざして非難することによって相手より政治的に優位に立とうとする手法は、中韓の手法であり我が国の左翼の手法である。

 橋下発言は、事実を言ったものであり、
 事実だから、当たり前の発言である。
 騒ぐほうがおかしい。
 
 ただ事実を言われてビックリするのは、地球は丸いと言われてビックリした例もあるから、致し方ないとして、
 発言をわざと曲解して政治的道具に使うのは許せない。
 
 もし、慰安婦がいたことは致し方ない、という発言が女性蔑視であり許せないのなら、衆議院本会議でそう言った民主党女性議員は、国会近くの赤坂という上品な歓楽街にも、現在も韓国人慰安婦・売春婦は大勢いるのだから、夜、韓国バーの前に立って「社長さん、いい子、いるよ」と呼び込む韓国人に、「女性蔑視!」と抗議してきたらどうか。
 それと同時に、東京都の保健所に行って、赤坂の慰安所(飲み屋)の衛生検査は、売春への都(公権力)の関与であるから許せないと抗議すべきであるろう。
 
 韓国人慰安婦は、今も大勢日本に来ている。
 韓国は、慰安婦を輸出しているのかと思うほどだ。東京、大阪の繁華街を夜歩かれたら分かる。
 このように、豊かになった韓国においても慰安婦を輸出してくるのだ。ましてをや、貧しかったころはどれだけ輸出していたのか、推測されよ。いや、あのころは日韓に国境はなかったのだからもっと気軽に日本に来られたはずだ。

 以上のことを申した上で、もはや中韓と国内左翼の謀略と闘うときが来ていると述べて締めくくりたい。
 それは、国際的に虚偽の報道が流されはじめたからだ。
 畏友の西村幸祐さんに教えられたが、AP電は、次の通り、橋下さんが言った「慰安婦」を「性奴隷」と訳している。明らかに虚偽だ。
 Hashimoto said Wartime Sexslaves were necessary.

 この性奴隷という言葉は、慰安婦(Comfort women)とは全く違う。
 そして、かつて原住民を拉致監禁して輸送し、奴隷にして売った欧米人にとって、もっともわかりやすいおぞましい言葉だ。
 この性奴隷・Sexslaveという言葉を故意に使って日本軍は性奴隷を必要としていた軍隊だ、それ故、朝鮮人を性奴隷にしたという虚偽を広める国内外の反日謀略とは断じて闘い、その謀略を粉砕しなければならない。

派に頼らず、義を忘れず―奥野誠亮回顧録派に頼らず、義を忘れず―奥野誠亮回顧録
著者:奥野 誠亮
PHP研究所(2002-10)
販売元:Amazon.co.jp

『核武装』が日本を救う(チャンネル桜叢書)『核武装』が日本を救う(チャンネル桜叢書)
著者:井上和彦
青林堂(2011-11-05)
販売元:Amazon.co.jp

石原慎太郎 「暴走老人」の遺言石原慎太郎 「暴走老人」の遺言
著者:西条 泰
ベストセラーズ(2013-04-23)
販売元:Amazon.co.jp

平和の毒、日本よ平和の毒、日本よ
著者:石原慎太郎
産経新聞出版(2012-07-30)
販売元:Amazon.co.jp

ミネソタ州 トッド・エイキン(共和党)

b28c5e35.jpg 共和党所属でミネソタ州選出の下院議員、トッド・エイキン(共和党)。元々は牧師を目指して神学校を卒業した保守派原理主義のキリスト教徒。神学校を卒業後、牧師にはならず政治家になり現在6期目。今秋、11月の選挙で上院議員に鞍替え立候補を予定している。

 
 この彼が人工妊娠中絶の全面禁止を訴えるため、テレビ番組のインタビューで失言してニュースになった。その内容は・・・ 続きを読む → http://d.hatena.ne.jp/religious/20120820


中絶論争とアメリカ社会―身体をめぐる戦争中絶論争とアメリカ社会―身体をめぐる戦争
著者:荻野 美穂
岩波書店(2001-04-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

アメリカの中絶問題——出口なき論争アメリカの中絶問題——出口なき論争
著者:緒方 房子
明石書店(2006-03-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

堕胎是か非か―西ドイツ中絶自由化をめぐる論争 (1977年)
著者:ユルゲン・バウマン
鳳舎(1977-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

中山成彬(国交相)  「ごね得」、「日本は単一民族」

9b6ac39f.jpg 中山成彬 国土交通相。閣僚在任中、必ず一度は何か失言、放言を残すことで有名な国会議員。東京大学法学部、元大蔵省出身。拉致問題を主に担当してきた中山恭子議員の夫でもある。
 
 2008年9月25日、報道各社のインタビュー
  
 成田空港反対派の住民について、反対派住民との対立が続く成田空港について

 「ごね得というか、戦後教育が悪かった。公共の精神というか公のために自分を犠牲にしてでもという(気持ち)がなく、自分さえ良ければ(いい)という風潮で、拡張ができなかったのは残念」

 自身がかつて文科相在任中に全国学力テスト導入を提唱した理由

 「日教組の強いところは学力が低いと思ったから」
 
 また、教員採用をめぐる大分県教育委員会の汚職事件を引き合いに

 「日教組の子どもは成績が悪くても先生になる。だから大分県の学力が低い」

 「日本は単一民族」
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

 元ホーリネス平塚教会牧師、「星の子どもたち」 小松栄治郎事件の手記、
 「性暴力被害の家族として」  以下で販売しています。 
 http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/52128088.html
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
 






カスタム検索