福祉

聖マリアンナ医科大 精神保健指定医 不正

4952918a.jpg 精神保健指定医とは、重大な精神疾患を持つ人について、本人の意思と関係なく強制的に身柄を拘束して、予め厚労省から指定されて十分な施設と体制を持った精神科病院に入院させて実社会から隔離するかどうかの判断を行う診療を行う。産業医、麻酔医などと並び、通常の医師がさらに特別な研鑽と経験を積んでなることができる国家資格である。社会福祉士や精神保健福祉士などが相談したり連携したりすることも多く、「措置入院」や「医療保護入院」で強制的に入院させる判断は、当該患者の人権を大きく制約することになるため、極めて重要な立場にある。

 
 今回、カトリック系のミッションスクールとして単科医科大、川崎市の聖マリアンナ医科大で20人の不正が見つかった事件は、この資格についての不正取得であった。検察官、裁判官並みの強力な権限を持って診断、判断する指定医が、これほど野放図に不正を行っていたことは全く許し難いことであるが、実際は今回の事件、氷山の一角に過ぎない。


 その理由は、本当に一切の不正がなく厳格に指定医を取得するための要件を満たすためには、非常に難しく高いハードルがあるからである。一般社会に開業している精神科専門の単科病院に最低2年間は常勤で勤務しなければならない。精神科は病院によって役割がはっきりと分かれている。巨大な大学病院や総合病院では措置入院患者のように困難で手がかかる症例はほとんど診察しない。


 大麻、アルコール、シンナーなどの薬物中毒についても、鉄格子や厳重な鉄扉などを備えた特殊な専門病棟が無いところでは受け入れは困難である。巨大な大学病院、総合病院などが、これらどちらの患者も受け入れるだけの設備、人員は通常備えられず、現実的に不可能である。


 したがって、指定医取得要件をこうした職場環境において満たすことはほぼ不可能であるが、なぜか日本では精神科単科病院での病棟常勤経験が無いにも関わらず精神科指定医を取得している医師が多い。こうした医師は98%以上、何らかの不正な方法を使って指定を受けている。実際には聖マリアンナ医科大の医局だけでなく、日本中の大学医局でこのような医師が多数存在し、これが日本の精神医療の向上、進歩を大きく妨げている側面がある。堂々と指定医になるためのレポートの書き方マニュアルまで出ている始末で、今回はそれを上回って小保方博士顔負けのコピー&ペーストまで行われていた。


 かつて、池田付属小学校で児童が多数、惨殺された事件、死刑が執行された宅間守は、それまでに何度も重大な事件を起こして逮捕、措置入院処分になったことがあるが、事件後に検証された結果、宅間死刑囚に対する精神保健医療の対応が極めてまずかったことがわかっており、それが彼を最終的にあのような凶行に向かわせる遠因になった。適切な診断、治療、訓練が行われていれば、彼がそれなりに平穏な生涯を送った可能性は十分にあり、あのような人物がその後に市営路線バスの運転士になったり、何の観察・制約もなく自由な状態で世の中に出されたことは信じがたいことでもあった。事件後、彼自身の供述で、宅間死刑囚は立件された事件以外にも、意図的に運転していた大型車をぶつけて死亡事故を作り出したりしたことがあったとわかっている。

 http://www004.upp.so-net.ne.jp/kuhiwo/takmar.html

 
 精神保健指定医の手抜き診察は、その後に重大な事件を引き起こす引き金になるのである。

 今回の不正に関わった20人の医師は、全員、少なくとも2年前後の医師資格停止処分にされなければならず、悪質な犯行態様の数人は、刑事事件として立件し、医師資格剥奪がされなければ、法の支配で動く社会として非常におかしい。日本医師会は日本最強レベルの政治力を持った圧力団体。政権与党に巨額の献金や選挙運動の動員と引き替えに圧倒的な影響力がある。医師会の権力が強すぎ、医師の数を少なく抑制し続けた結果、業界利益は膨らんだが、国民利益は大きく害されることになった。














精神科症例報告の上手な書きかた精神科症例報告の上手な書きかた
著者:仙波 純一
星和書店(2008-07-10)
販売元:Amazon.co.jp

精神保健指定医取得申請マニュアル
著者:山根 茂雄
星和書店(1998-10)
販売元:Amazon.co.jp

精神科医のためのケースレポート・医療文書の書き方  実例集精神科医のためのケースレポート・医療文書の書き方 実例集
中山書店(2011-06-16)
販売元:Amazon.co.jp

介護疲れで妻が牧師を殺害

9b903209.jpg介護疲れで妻が牧師を殺害するという事件があった。短期入所していた施設内での事件だった。



chikumachi-church.agape.gr.jp

日本基督教団 知久町教会

牧師 菅原正夫

〒395-0056 飯田市大通 1-96

TEL/FAX:0265-22-3092



http://www.asahi.com/articles/ASG5W72CDG5WIIPE01G.html

71歳の妻を殺人容疑で逮捕 北海道・北広島の牧師殺害

 北海道北広島市新富町西2丁目の共同住宅「いきいきドミトリー 喜望の杜」で牧師菅原正夫さん(73)が殺害された事件で、道警は27日、菅原さんを殺害したとして、妻の麗子容疑者(71)=同市=を殺人容疑で逮捕した。


 麗子容疑者は事件が発覚した26日朝から行方が分からなくなっていたが、27日午前、札幌厚別署北広島駅前交番(同市北進町1丁目)に出頭。同署が事情を聴いていた。

 同署の調べでは、菅原さんの死因は窒息死で、布のようなもので首を絞められた跡があった。後頭部には切り傷があり、室内に血のついたれんががあった。

 菅原さんは21日、この共同住宅に麗子容疑者と入居。26日朝、布団の上で倒れているのを職員が見つけた。

ベビールームわかば(粟澤司子)に強制閉鎖命令

認可外保育施設に対する行政処分について
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/12/20ncq400.htm

平成25年12月26日
福祉保健局

 東京都は、下記施設に対し、児童福祉法第59条第5項に基づき施設の閉鎖を命じたので、公表します。
1 行政処分を受けた者

 認可外保育施設 「ベビールームわかば」
 設置者 粟澤司子(あわざわもりこ)
 施設の所在地 武蔵村山市榎二丁目75番6号
2 行政処分の内容

 施設の閉鎖命令
3 処分日

 平成25年12月26日
4 施設閉鎖日

 平成25年12月31日
5 行政処分の理由

これまで繰り返し改善を求めてきた事項について改善を行わず、今後も改善の見通しがなく、児童の事故防止等安全対策上重大な影響を及ぼすおそれがある。
改善に向けて真摯に取り組もうとする姿勢が見られず、保育サービスを実施する責任者としての責務を果たしていない。
上記 1. 2. により、期限又は条件を付して事業停止をしても改善が期待できず、当該施設の運営の継続が児童の福祉を著しく害するおそれがある。

6 経過等

 標記施設については、平成25年11月25日に改善勧告に従わないことについて公表したところである。
 その後、平成25年12月3日開催の東京都児童福祉審議会において、当該処分について付議したところ、妥当であるとの意見を得たことを受け、本日付で処分を行う。
 なお、現在利用している児童については、関係自治体と連携し、新たな利用先の確保に努めている。

※別紙 関係法令(PDF形式:124KB)
問い合わせ先
福祉保健局少子社会対策部保育支援課
 電話 03-5320-4131

テミルプロジェクト

7675ba30.jpg 吉祥寺駅北口を出て平和通りを左=西へ、三鷹、立川、高尾方面へ歩くとすぐに吉祥寺通りにぶつかり、その角が吉祥寺パルコ。いつもクリスマスの季節には1階正面入口前で色々イベントをしている。


 今年は、12月5日から、知的・精神障がい者の「働く」を支援するため、

 「テミルプロジェクト」

 の販売会を開催している。


 知的障がい者のうち、働いている人は60%弱が授産施設に通っている。およそ12.9万人。しかし、平均賃金は月13,586円と低賃金になっている。これを少しでも改善しようと、有名パティシエや絵本作家が協力。マカロン、焼きドーナツ、ポルボロン、和三盆ボール、オレンジのパウンドケーキなど販売している。


 
 10時〜21時

 12月18日まで

ケア・プランニング(港区)、寺西加代子、ケアウェルネス ほたる



介護サービス事業所の指定の一部の効力の停止処分について


http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/11/20nbt400.htm


平成25年11月29日
福祉保健局

 本日、都は、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第77条第1項の規定に基づき、指定訪問介護事業所に対して、指定の一部の効力の停止処分を行うことを決定しました。

1 事業者の名称・所在地
(1) 名称

 合同会社ケア・プランニング
 代表社員 寺西加代子

(2) 所在地

 東京都港区西新橋三丁目15番8-704号

2 事業所名等
(1) 名称

 ケアウェルネス ほたる

(2) 所在地

 東京都港区芝五丁目20番7号グランドメゾン三田303

(3) サービス種別

 訪問介護

(4) 指定年月日

 平成23年5月1日

3 指定の一部の効力の停止の期間及び内容
 平成25年11月29日から平成26年5月28日までの6か月間、新規利用者の受入れ停止

4 介護保険法に基づく処分理由
(1) 不正請求(法第77条第1項第6号)

 訪問介護員として資格のない者が指定訪問介護サービスを提供したにもかかわらず、資格のある者がサービスを提供していたとして、サービス実施記録等を作成の上、介護報酬を不正に請求し、受領した(平成24年8月から同年10月まで:53回)。

(2) 虚偽の報告(法第77条第1項第7号)

 訪問介護員として資格のない者が指定訪問介護サービスを提供していたにもかかわらず、資格のある者が指定訪問介護サービスを提供していたとする虚偽の報告及び虚偽の資料の提出をした。

(3) 虚偽の答弁(法第77条第1項第8号)

 訪問介護員として資格のない者が指定訪問介護サービスを提供していたにもかかわらず、資格のある者が指定訪問介護サービスを提供していたとする虚偽の答弁を、平成25年3月11日及び29日に行い、検査を妨げた。

5 不正受領額
 約24万円

〔参考〕関係法令
介護保険法(平成9年法律第123号)

(指定の取消し等)
第77条 都道府県知事は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該指定居宅サービス事業者に係る第41条第1項本文の指定を取り消し、又は期間を定めてその指定の全部若しくは一部の効力を停止することができる。
 一〜五(-略-)
 六 居宅介護サービス費の請求に関し不正があったとき。
 七 指定居宅サービス事業者が、第七十六条第一項の規定により報告又は帳簿書類の提出若しくは提示を命ぜられてこれに従わず、又は虚偽の報告をしたとき。
 八 指定居宅サービス事業者又は当該指定に係る事業所の従業者が、第七十六条第一項の規定により出頭を求められてこれに応ぜず、同項の規定による質問に対して答弁せず、若しくは虚偽の答弁をし、又は同項の規定による検査を拒み、妨げ、若しくは忌避したとき。ただし、当該指定に係る事業所の従業者がその行為をした場合において、その行為を防止するため、当該指定居宅サービス事業者が相当の注意及び監督を尽くしたときを除く。
 九〜十三(-略-)

(公示)
第78条 都道府県知事は、次に掲げる場合には、当該指定居宅サービス事業者の名称又は氏名、当該指定に係る事業所の所在地その他の厚生労働省令で定める事項を公示しなければならない。
 一〜二(-略-)
 三 前条第1項又は第115条の35第6項の規定により第41条第1項本文の指定を取り消し、又は指定の全部若しくは一部の効力を停止したとき。

問い合わせ先
(監査結果)
福祉保健局指導監査部指導第一課
 電話 03-5320-4290
(処分内容)
福祉保健局高齢社会対策部介護保険課
 電話 03-5320-4593

認可外保育施設「ベビールームわかば」

ceb5bec1.jpg安全確保してない保育施設 都が公表

11月25日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131125/k10013325611000.html


認可外保育施設「ベビールームわかば」
〒208-0022
東京都武蔵村山市榎2-75-6
電話番号 042-566-1598



安全確保してない保育施設 都が公表
東京都は、武蔵村山市の認可外保育施設について、たび重なる指導にもかかわらず、子どもの安全性が確保されていないとして施設名を公表しました。

都によりますと、武蔵村山市にある認可外保育施設「ベビールームわかば」は、平成18年に開設されて以降、6人の定員に対して従業員2人が必要なのに、代表しか勤務していない状態が続いていたということです。
都は、これまで口頭での指導を繰り返してきましたが、ことし7月には、車が通る道路の近くに簡易プールを設置し、十分な監視を付けずに幼い子ども3人を遊ばせていたということです。
このため都は、ことし8月、改善勧告を出して施設の安全性を確保するよう求めましたが、その後も改善されていないとして、25日、児童福祉法に基づいて施設名を公表しました。
都によりますと、保護者にも市役所などを通じて施設の状況を伝えたものの、ほかの保育施設は費用が高いなどの理由で、今も6人の子どもが入所しているということです。
都は、保育施設に対し新たに子どもを受け入れないよう要請するとともに、今後、事業の停止か閉鎖命令の措置をとる方針です。
保育施設の代表は都に対し、「改善勧告を重く受け止め、安全確保を図れるよう努力します」と話しているという


改善勧告に従わない認可外保育施設「ベビールームわかば」について

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/11/20nbp300.htm



平成25年11月25日
福祉保健局

 東京都は、標記施設に対し、児童福祉法第59条第1項に基づく立入調査を実施し、その結果等を踏まえ、設置者に対し同条第3項に基づく改善勧告を行いましたが、指定した期日までに改善が図られなかったため、同条第4項に基づき、改善勧告の内容及び改善の状況について公表します。

1 改善勧告を受けた者
 認可外保育施設 「ベビールームわかば」
 設置者 粟澤司子(あわざわもりこ)
 施設の所在地 武蔵村山市榎二丁目75番6号

2 改善勧告の公表に至る経過
 標記施設に対しては、平成19年度以降の定期立入調査において、改善すべき事項が多数見られたことから、毎年度立入調査を実施し、繰り返し指導してきたところである。


 平成25年7月16日、施設の庭に設置されたビニールプールに、児童のみを残してその場を離れ、職員が児童の状況を確認していない現場を、施設が所在する武蔵村山市職員が確認した。このため、東京都は特別立入調査を実施したが、これまで繰り返し改善指導を行った事項について改善が図られておらず、改善を行う姿勢も認められなかった。
 平成25年8月22日、今後の児童の事故防止等安全対策上重大な影響を及ぼすおそれがあるため、平成25年9月24日までに改善するよう勧告を行った。
 平成25年10月3日、改善状況の確認のため再度特別立入調査を行ったが、改善が図られていない事項があった。



3 改善勧告の内容及び改善の状況
(1) 入所児童の在籍時間帯に、一人勤務の時間帯があるので是正すること。(認可外保育施設指導監督基準1(1) 、8(1) )



指導監督基準に定められた保育従事者を配置するために必要な職員体制を早急に整えること。また、職員及び保育している児童の状況を明らかにする帳簿等を日々整備し、指導監督基準を踏まえた職員配置がされていることを確認できる体制を整えること。


【改善状況の確認】
 ア 平成25年10月3日、入所児童の在籍時間帯であったにも関わらず、保育従事者が一人の時間帯があった。
 イ 職員及び保育している児童の状況を明らかにする帳簿等が整備されていなかった。


(2) 児童の安全確保に配慮した保育を実施していないので、是正すること。(認可外保育施設指導監督基準7(8) )

安全確保のために必要な職員を配置すること。また、事故防止のために、施設内の危険な場所、設備等に対して適切な安全管理を図ること。


【改善状況の確認】
 ア 児童の在籍時間中、常時、複数の保育従事者を配置できるだけの職員体制が整っておらず、児童の安全確保に配慮した保育を実施できる体制を確認できなかった。
 イ 施設の庭と道路の間に柵を設置し、児童の飛び出しによる事故等の防止、不審者対策が講じられていた。


(3) 保育サービスを実施する責任者としての責務を果たしていないので、是正すること。(認可外保育施設指導監督基準10)

保育サービスを実施する責任者として、必要な対策を講じるとともに、実効性を確保する体制を整えること。


【改善状況の確認】
 ア 児童の在籍時間中、常時、複数の保育従事者を配置できるだけの職員体制が整っておらず、適正な安全管理を行うために必要な体制を確認できなかった。
 イ 改善勧告を行った事項の一部しか改善が図られておらず、改善を行う姿勢が認められなかった。


4 今後の対応
 児童福祉審議会の意見を聴いて、事業の停止又は施設閉鎖命令の措置をとる手続きに入ります。
 現在利用している児童については、関係区市町村と連携し、新たな利用先の確保に努めています。なお、施設に対し、新規児童の受入れについては自粛するよう要請しております。



問い合わせ先
(改善勧告について)
福祉保健局少子社会対策部保育支援課
 電話 03-5320-4131
(立入調査について)
福祉保健局指導監査部指導第二課
 電話 03-5320-4055

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

 元ホーリネス平塚教会牧師、「星の子どもたち」 小松栄治郎事件の手記、
 「性暴力被害の家族として」  以下で販売しています。 
 http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/52128088.html
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
 






カスタム検索