medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

19

妊娠中の母体の炎症で自閉症誘発?!

こんにちは。 関東は台風一過、真夏のような連休さ最終日でしたね。
暑い暑いというつぶやきもあと少し。 10月ともなれば紅葉も始まり、否が応でも秋の気配を感じることでしょう。

MediBridgAutumn

さて、今年の夏は例年になく食中道に関するニュースが多かったように思います。
何かが起こった時には、人為的なミスやずさんさが指摘され、改善に向けた取り組みが行われる訳ですが、ことそこに至るまでは、あまりにも普通の日常の風景にその「危険」は潜んでいて、未然に防ぐのはそう簡単ではないと感じます。

日常の危険について、夏が終わりを迎える今、妊娠中の女性、これから妊娠を予定しておられる方には、是非ご注意頂きたい事があります。

最近のいくつかの研究で、妊娠中に細菌やウィルス感染によって母体に炎症が起きると、自閉症スペクトラムにつながる脳回路の変化を誘導している事を示唆するデータが得られていとの事です。

[参考文献]Prenatal fever and autism risk


これまでにも妊娠中の感染が、胎児に影響を及ぼすことが知られているウィルスはありましたが、ウィルスや細菌そのものでなく「炎症」という、身体的な反応が胎児の脳の発達に影響するとするならば、原因は多岐に渡ります。
この研究結果を重く見た専門家の中には「妊婦は感染による炎症が起きないよう、出来る手は全て打つことが重要である」と喚起している方もおられます。 

「打てる手」と言われても…具体的にはどんなものがあるのか…。
少し途方に暮れながら、探してみました。
まずはワクチンの接種です。下記の2種はその代表的なものと言えるでしょう。


風疹ワクチンただし風疹ワクチンは摂取から2か月は妊娠を避けなければなりません。また、妊娠中に摂取する事はできません。

インフルエンザ予防接種妊娠前、妊娠中も受けられるとされる予防接種です。弊社でも冬が近づくと毎年接種を呼び掛けています。

その他に妊婦と赤ちゃんを守るどんな予防接種ー「打つ手」があるのか、医師にご相談されるのも良いかもしれません。

弊社でも引き続き、情報提供できるよう調べて参りますが、やはり、変わらずに、大きな効果を上げる防衛策は「手洗い」です。 あまりに普通の、誰でも知っている対策ですが、効果は絶大です。
冬に向け、ご家族皆さんで、取り組まれてください。
14

パソコンは精子に悪い!?

こんにちは。
9月だというのにまだまだ暑い日が続きますね。

PC

さて、不妊症の原因の4割は、男性側にあると言われていることをご存知ですか?
男性の精子の状態を左右するものの一つに、食生活が挙げられます。
魚、野菜、全粒穀物中心の食事を心がけている男性は、赤身肉、精製穀物中心の食生活の男性より、精子の運動能力が高いそうです。
また、揚げ物や加工食品に含まれるトランス脂肪酸摂取過多の男性は、精液中の精子濃度が摂取量の少ない男性の6割程度であることが、ある研究によって明らかになっています。

もう一つ、精子に悪影響を与えると言われているものに、パソコンがあります。
パソコンをよく使用する男性は、使用するときに膝に乗せて使うと、パソコンの熱が精巣に悪影響を与えることが知られています。
今や、仕事でもプライベートでも、パソコンの使用は避けられないものになっていますが、膝に乗せて使っている方は、要注意です。
妊娠を望んでいる方は、自身のパートナーがどんな食生活をしているか、膝にノートパソコンを置いていないか、チェックしてみてくださいね。 

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
12

卵胞数と採卵数はなぜ違うのか?!

みなさん、こんにちは。
朝はずいぶん秋を感じる気候になりましたね。
食欲の秋がどんどん近づいてきましたね!
さて、本日は卵胞数と採卵数について書きたいと思います。


卵胞数と採卵数


採卵に向け、超音波エコー(以下エコー)で診察しているのは、卵巣の中の卵胞数の数と大きさです。
卵胞の中は「卵胞液」で満たされており、その中に卵子があります。
そのため、エコーで直接卵子を見ることはできず、実際の卵子の数や卵子の質までを診察することは難しいのです。
卵胞の大きさは、卵子の成熟度の「目安」にはなるそうですが、確実な採卵数の指標ではないのだそうです。
卵胞の中に卵子が入っていなかったり、卵胞が未熟で卵胞壁から剥がれず採卵できないということもあり、実際の採卵数はエコーで確認できていた卵胞数より減ることがあります。

逆に、エコー下で卵胞が重なって映ってしまったりすると、実際の採卵数はエコーで見えた卵胞数より多くなることもあるそうです。
しかし多く採卵できると、その質に不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

採卵数と卵子の質の低下についての相関性を明確に示すデータはなかなか見つかりません。
しかし、年齢に応じ、排卵誘発と成熟卵子低下の関係性は否定できないとの見解もあるようです。
つまり成熟卵が多く採卵できた場合に、その数が多いということが直接卵子の質の低下と結びつくという明確なデータは示されていないということになるようです。

さらに胚盤胞まで分化するか否かは、卵子の質だけではなく精子の要因も大きいとされています。
胚盤胞まで培養でき(かつ着床前診断で移植可能胚と判断され)た胚は、一般に高い着床率が期待されます。

弊社メディブリッジでは20代のドナーの方に卵子の提供を頂いております。
クライアントの方の中には、その採卵数をきいて驚かれる方も少なくありません。

皆様の不安や疑問に1つ1つ親身になってお答えしたいと思っております。
面談ご希望の方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 


9

メディブリッジの代理出産プログラム

こんにちは。すっかり秋らしい気候になってまいりましたね。
本日は弊社が提供しております代理出産プログラムについてご紹介させていただきます。

happy family

弊社が提供している代理出産とは、子宮要因で妊娠が不可能な方、その他何らかの要因で妊娠継続・出産が難しい方(かつ、自己での採卵が可能な方)へ向けて弊社が提供しているプログラムで、ご夫妻の卵子・精子を受精させた受精卵を代理母へ移植、その後妊娠〜出産までの経過を代理母の方に行っていくものです。

現在、日本国内で法律の規制はないものの、ほとんど行われていないのが現状です。
しかし、海外の一部では代理出産は不妊治療の一手段と考えられており、日本に比べてもう少し一般的に知られ、行われています。また、代理出産を希望するご夫妻は国内でも少なくありません。
弊社では「子宮に問題がある女性が、子宮に問題のない女性の力を借りてお子様を授かる」ことについて、応援していきたいと考えております。

「子宮に問題があるために、長年赤ちゃんを持つ夢をあきらめていた。」「ずっと子宮の機能がないために苦しんでいた。」そんな切実な願いに応えるのが「代理出産プログラム」です。「子宮を失った」あるいは「子宮の機能を 失った」女性達も自分の遺伝的子供の母となり、そしてその女性の夫は、父となる可能性が見い出せるのが、この先端生殖医療プログラムです。

しかしながら、代理母が命をかけてご夫妻の為に出産を行うプログラムであることを考え、弊社の代理出産プログラムをお受け頂ける方は本人による妊娠継続や分娩が医学上不可能、もしくは危険であると診断された方に限ります。

<代理出産プログラムの主な適応症>
○子宮が摘出されている場合
○子宮欠損症や子宮奇形などの場合
○着床・妊娠継続・出産に際する重篤な子宮の問題がある場合
○本人による妊娠継続や分娩が医学上危険であると診断された場合

弊社ではなるべくご負担の少ない金額で、代理出産という高度医療プログラムをご提供しております。
代理出産をご検討中の方は、ぜひ一度、弊社にご相談ください。

5

チョコレート嚢胞と妊娠の関係


こんにちは!
日中もだいぶ涼しくなり、すっかり秋めいてきましたね。

朝

今日は、チョコレート嚢胞についてお話ししたいと思います。
チョコレート嚢胞とは、一体何なのでしょうか?
それは、卵巣の子宮内膜症です。

子宮の中で厚くなった内膜は、生理周期がくると自然と剥がれ落ちて体外に排出されます。
チョコレート嚢胞は、卵巣や卵管に内膜が出来てしまい、排出されないのが原因で起こります。
それが日々重なっていくと癒着してしまい、月経痛の痛みや、お腹の張りといった症状が出てくることが多いようです。

チョコレート嚢胞は最初のうちは症状も現れにくく、気付きにくいのですが、癒着で卵管をふさいでしまったり、卵巣機能を低下させる原因となり、不妊に繋がる可能性が高くなると言われております。

重症化する前に、正しい治療をお受けいただく事が、妊娠に繋がる第一歩であると思います。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
2

ハワイでの卵子提供プログラム〜移植編〜

こんにちは。
本日もハワイは晴天です!!
ハワイ

弊社ではハワイ、マレーシア、台湾での卵子提供プログラムをご案内しております。
ハワイでの卵子提供は成功率も高く、3カ国の中でも、治療を望まれる方が多い印象です。
ハワイには日本人も多く滞在をしているので、右を見ても左を見ても日本人で溢れかえっており、それ程、ハワイという地は日本人に好まれているのだと感じます。
9月は移植を臨まれる方々が多く、毎日誰かの診察が行われている状況です。
多くの方は奥様お一人でご渡航される為、現地スタッフが不自由のないようサポートをさせていただいております。

実際に、移植前にはどのようなことが行われているのでしょうか。
<移植前診察>
・内膜の状態確認(超音波検査)
・採血
・投薬方法の説明
・注射の方法のレクチャー

注射は筋肉注射です。
※診察の際に注射の方法等は現地の看護師(日本人)よりレクチャーをしていただきます。
移植後にもとても重要な注射になるので、日本でご主人が奥様に注射を出来るように移植前診察の際には、動画も撮影します。

また、移植までは複数回通院があり移植へ向けて内膜の状態を良くする為に、上記の注射をクリニックにて行います。
アメリカで行われた学会でも、そのホルモン注射をすることで、妊娠継続率が上がったと立証されたそうです。
日々進化していく医療によって多くの方がお子様を授かれるようになることを願っております。
弊社での卵子提供プログラムをご検討の方は、いつでもお問い合わせくださいませ。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
31

ホルモン補充周期法とは?

みなさん、こんにちは。
今日はあいにくの雨で、夏の終わりを感じますね。

さて、今日は体外受精を受けて、胚(受精卵)を子宮に移植する際、着床しやすいよう子宮内膜の調整することを目的としたホルモン補充周期法についてお話をしたいと思います。

ホルモン補充周期法ブログ

弊社メディブリッジでご案内させて頂いておりますプログラムでは、胚移植前にホルモン補充で子宮内膜の調整を行ってただいております。
自然周期に比べ、移植日の日程を前もって設定することが可能であるなど、メリットが多くあります。

ホルモン補充周期法では、子宮内膜に厚みを持たせ、着床しやすい状態にするために、卵胞ホルモン製剤を内服(または他の投与経路にて投与)します。
服用開始後、数回(通常2-3回)通院し、子宮内膜の状態等をみて、ホルモン剤の投与量が調整されます。

また、ホルモン剤を補充することで、多くの場合は自然排卵が抑制されるそうですが、自然排卵の起こる可能性がないかを確認するためにも、子宮内膜の状態と同時に卵胞の有無についての確認も重要となります。

そして自然に近い生理周期のタイムラインに合わせ、尚且つ、上記の検査結果を鑑みながら、黄体ホルモン製剤の投与開始日が決定されます。
黄体ホルモンは、子宮内膜に更なる厚みを持たせ、着床しやすい状態に整える作用があり、投与開始後通常5日目ないし6日目に移植が施行されます。

ホルモン補充周期法では、移植に伴い服用するホルモン製剤や薬剤を医師の指示通りに内服頂き、検査をお受け頂くことが非常に重要になります。

弊社メディブリッジでは、その際に生じる疑問や不安も、精一杯サポートさせて頂いております。
卵子提供をお考えの方は、ぜひ弊社ウェブサイトよりお問い合わせください。

メディブリッジ お問い合わせフォームはこちら

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 


29

卵子提供プログラム〜ハワイ〜

みなさま、こんにちは!

今日は、全国焼き肉協会が1993年から実施している、焼き肉の日「やき(8)に(2)く(9)」だそうです。
暑い夏こそ、お肉を食べて元気を出していきましょう!

ハワイ_卵子提供

さて、弊社メディブリッジではハワイ、マレーシア、台湾での卵子提供プログラムをご提供しておりますが、本日はハワイでのプログラムについてご紹介したいと思います。最近日本でも公開になった、ハワイを舞台にしたディズニーの映画が大変な人気を集めているようです。ハワイアンフラの教室も多くみられ、日本ではハワイ熱が長く続いています。そんなハワイでのプログラムには、どういった特徴があるのでしょうか。

☆メディブリッジでのハワイ卵子提供の特色☆
・一年を通し温暖な気候で、過ごしやすい 
・日本人観光客が多く、日本人向けのサービスが充実
・日本各地からホノルルへの直行便が多く、渡航しやすい
・馴染みやすい食事が多い
・島全体がパワースポットのオアフ島で、リラックスしながらの治療
・提携クリニックで受けられる最先端医療

ハワイの弊社提携クリニックはメディカルツーリズムに力を入れており、医療技術や施設の水準も高く、海外からの患者に対しても満足の行く対応を実現しています。

また、観光やショッピング、ビーチでのマリンアクティビティ、エンターテイメントなど、治療以外に多くの楽しみがあり、充実した滞在期間をお過ごし頂けるのも魅力的です。医師とのコミュニケーションは英語ですが、現地に滞在しております弊社日本人女性スタッフが診察に付き添い、通訳も行わせて頂きますので、ご不安少なく治療を進めていただけます。

ハワイでの卵子提供プログラムにご興味のある方は、ぜひ弊社ウェブサイトよりお問い合わせください。

メディブリッジ お問い合わせフォームはこちら

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 


24

卵巣刺激症候群(OHSS)


こんにちは!
もうすぐ夏もおわりに差し掛かっているにもかかわらず、猛烈な暑さを記録しております。
今年は長い夏になりそうですね。

画像

妊娠初期や排卵直後、または排卵誘発剤を投与した後に、お腹が突っ張ったり、張ったりする症状が出る方がいらっしゃいます。
その症状が進行したのが卵巣刺激症候群(OHSS)です。

卵巣刺激症候群とは、卵巣が腫れて水分(腹水)が溜まり、お腹が張ったり、吐き気、のどの渇きなどが起こる症状です。

症状例
・のどの渇き
・お腹の張り
・吐き気
・腹痛
・尿の量が少ないetc

不妊治療をしていると、よく「排卵誘発剤」という言葉を耳にするかと思います。
卵巣刺激症候群は、主に排卵誘発剤で使用する女性ホルモン剤の副作用が原因で、排卵誘発剤を使用すると女性ホルモンが増え、卵胞が急に育ちやすくなる為今までの身体とは違った体質の変化が起こります。

のどが渇きやすいのですが、腹水が溜まっている状態なので、のどを潤す程度の水分摂取をお勧め致します。
妊娠前の卵巣刺激症候群の場合は、治療の途中で投薬を中止すればそれ以上悪化する事は避けられます。
不妊治療をする過程で排卵誘発剤を使用した際、卵巣刺激症候群と感じたら早めに医師にご相談下さいませ。

少しでも心身共にご負担を軽減し、治療が進められますように


22

クラミジア感染症

みなさんこんにちは。
はっきりしないお天気が続き、体調を崩す方も多いようです。
気をつけたいですね。

rainbow
近年、日本でも性感染症にかかる方が増え、ニュースにも取り上げられるほどです。
性感染症というのは、性交渉やキスなどの性行為によってうつる病気の総称です。その多くは、性交渉の際に性器と性器が直接触れ合うことで感染しますが、オーラルセックスでクラミジアや淋菌などの病原体が口やのどにうつることもあります。

-原因
クラミジア感染症はクラミジア・トラコマティスが原因です。感染者との性交渉で性器に感染するほか、オーラルセックスで口・のどにも感染します。

-潜伏期間
1〜2週間

-症状
女性はほとんど無症状ですが、おりものが増える傾向があります。
放っておくと、炎症が膣から子宮頸管、卵管、さらに腹腔に広がります。炎症が進むと、下腹部痛や性交痛が起きることがありますし、将来、妊娠しにくくなったり、子宮外妊娠、流産、早産の原因になったり、生まれてくる子どもが肺炎や結膜炎などの病気になる可能性があります。

男性は、ほとんど無症状です。
炎症が尿道から精巣へと進むと、無精子症になる可能性があります。

男女とも、口の中の感染ではほとんど症状がでません。

- 検査方法
女性は、おりものをピンセットでとって調べます。クラミジア卵管炎、腹膜炎が疑われる場合は血液検査を行います。

男性は、尿検査やペニスから出る膿をとって検査を行います。

- 治療方法
飲み薬による治療を行います。クラミジア卵管炎、腹膜炎では注射を行うこともあります。


他にも沢山の感染症はあり性感染症は、放っておくと、将来不妊症に繋がることもある怖い病気です。
もし症状がある場合は、パートナーと一緒に検査を受け、医師の指示にしたがって治療を受けてください。


livedoor プロフィール
記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
  • 空を飛んだ車いす
  • 熊本地震義援金のお願い
  • 精子の運動率が悪いと男児の割合が減る?
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ