ふとTVを観ていますと、話題は今選挙と酒井法子の話題で目いっぱいですが、酒井法子の報道時間が勝っている気がするのは私だけでしょうか。。?(笑)
それにしても、最近の麻薬の広がりはとても心配ですね。
このような悪い部分も欧米化しているように思えます。

さて、今回は年齢と体外受精での成功率のお話しです。

「何歳まで自分は子供を産めるのだろう?」
このような問いを思ったことは、恐らく女性なら皆あるのではないでしょうか?
下のグラフはその問いに対しての答えを一目で見ることができます。

年齢別妊娠確率

このグラフは、体外受精をした場合に、自己卵子を使った場合とドナー卵子を使用した場合の出生率を示しています。

まず注目して頂きたいのは、茶色の自己卵子の折れ線です。
この折れ線を見ると、35歳前後から急激に出生率が下がることが一目でわかります。ここでは体外受精の出生率を示していますが、自然妊娠の成功率もこれと同じく年齢がキーになります。
45歳を過ぎると例え体外受精でも出生率は0%付近になることもこのグラフで示しております。(※注1)

ちなみに、緑の折れ線はドナー卵子とありますが、これはもちろん何歳であろうが、20歳〜29歳のドナー卵子を使用しますので、成功率(出生率)はとても高くなります。

弊社が扱う代理出産プログラムにおいても、体外受精を行います。
ですから、例え妊娠されるのが代理母だとしても、大切なのは奥様のその時の年齢(卵子の生殖力)がとても重要になります。

最後にいつもアドバイスしていることなのですが、もし自然妊娠(タイミング法)でも半年、1年と結果が出ない場合、例えまだ30歳前半でも、一度医療機関で受診されることを強くお勧めいたします。

皆さん人生一度きりで、ご年齢(卵子の年齢)は後になっても若返りは残念ながらしたしません。
ですから、出産できる年齢をいつも頭に置いて、人生設計をされるのが良いと思われます。


(注1:全てのものには例外があり、例え45歳を超えたからと言っても、お子様を授かる女性ももちろんおられます。)



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009 MediBridge Inc. All Rights Reserved