medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2010年03月

30

生理1日目って、いつから数える?

おはようございます!
今日は久しぶりの青空で、さわやかな天気です!
近くの公園でも、桜が三分咲きくらいになってきました。お花見は今週末が見ごろかもしれません。私も週末にお花見に行こうかなー、と思っています。

さて、今日は、ホルモン検査に関わる生理開始日の数え方についてです。
妊娠に適した状態かどうかを調べるため、不妊治療では必ずホルモン検査を行います。

ist2_5463393-laboratory-series

女性の体は数種類の性ホルモンの働きでその機能が保たれていますが、性ホルモンは、排卵や生理の周期に合わせて大きく変動します。このため、不妊検査で必要となるホルモン検査は、排卵の周期のそれぞれに合わせた検査が必要になります。

このなかで、月経期に行うものがあります。
月経期のホルモン測定では、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)がきちんと分泌されているかを検査します。
通常、この検査を行うときは、生理2日目〜3日目に行うのですが、それについて、

「生理1日目って、いつでしょうか?」

という質問を頂くことがあります。
生理が来るタイミングは必ずしも基礎体温の変動と一致しているとは限らず、多少ずれることがあります。また、おりものに微量の出血が混じったあと、すこし間を置いてから出血量が増えることもありますよね。こういった場合は、どこから開始日をカウントすればいいのでしょうか?

医師によって見解の違いはありますが、通常本格的に出血が開始した日を1日目とカウントします。
検査や薬を服用する際のご参考になさってください。



記事が良いと思われました ら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




29

心臓の弁を体内で再生、日本の研究チームが成功!

こんにちは!
3月もあとわずかですが、春休みの学生さんにはまだまだ休暇シーズンですね。
この時期、海外に行かれる学生の方も多いかと思いますが、昨日のニュースで、タイの首都バンコクで爆発事件が相次いでいる、という報道がありました。外務省からも、渡航に関する注意が出ています。
バンコクに行かれるかたは、ご注意くださいね。

タイ:大規模な集会・デモ等に関する注意喚起


さて、同じく昨日のニュースですが、心臓の弁を体内で再生することに日本の研究チームが成功した、という報道がありました。

心臓の弁を体内で再生 拒絶反応起きぬ自己移植に道


自分の細胞だけからなる心臓の弁を 体内で作り出させる方法を、国立循環器病センターと日本大のグループが開発した。体内で再生させた弁を自分に再移植すれば、拒絶反応が起きない。心臓の弁 障害のある犬で臨床研究を重ね、人への応用を目指すという。

TKY201003270210

グループは、心臓の弁をかたどった直径約2センチのシリコーン製の「鋳型」を犬の背中の皮下組織に埋め込んだ。二つの円柱を組み合わせた形をしており、接続部が弁の形になるように設計されている。

埋めた鋳型の周囲を犬の皮下組織の細胞が覆うようになった1カ月後に摘出。シリコーンの円柱を抜くと、血管状の筒の中に弁の構造を持った組織ができていた。弁を再生させた2頭の犬自らに移植して、正常に働くことも確認した。国立循環器病センターの中山泰秀研究機器開発試験室長は、「体が培養器になることにより、
安全で確実に作ることができる」と話す。

日本大学の上地正実教授(獣医循環器学)は「肺動脈に
異常がある犬で、臨床応用の長期成績を確かめてから、人への応用も考えたい」と話している。

このような技術の人への応用が実用化されれば、すばらしいですね!


記事が良いと思われました ら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




26

不育症-その原因と治療方法

おはようございます!
今日は二日続いた雨もあがって、晴れ間がのぞいています。傘を持たずに出かけられるお天気は、やはり気持ちがよいものです。
最近はスーパーの店頭にも、筍や菜の花といった春ならではの食材が並んでいるのをよく目にします。日に日に春が近づいているのを感じますね。

今日は、不育症の原因と治療について、お伝えします。
前回書いたとおり、流産のほとんどは、染色体異常胎児の自然淘汰によるものですが、3回以上自然流産を繰り返す場合は、習慣流産(不育症)と呼ばれます。習慣流産の場合は、治療を行わなければ次の妊娠でも50〜70%が流産してしまいます。

infertility

では、この不育症を引き起こす原因には、一体どういったものがあるのでしょうか?
不育症の原因には、子宮異常(子宮の形状に異常がある場合や子宮筋腫・内膜症などの疾患)、内分泌異常、感染症、夫婦染色体異常、免疫異常、血液凝固異常などが挙げられます。これらのうちでも、子宮異常や免疫異常のケースが多いと言われています。治療法としては、子宮形状異常の場合は手術、それ以外は薬物療法等が用いられます。
不育症を引き起こす原因として最近注目されているものに、胎盤などに血栓ができやすい抗リン脂質抗体症候群があります。これは上記の分類では、免疫異常にあたります。抗リン脂質抗体症候群の場合は、低用量のアスピリン療法(小児用バファリン)や漢方薬(柴苓湯)を用いる方法があります。

昨年厚生労働省研究班が発表した不育症に関する実態調査では、不育症に悩むご夫婦には、心への影響もあるという結果が明らかになりました。抑うつ傾向になる方も少なからずいるとのこと。長期に渡る治療が、身体的にも精神的にも負担になることを考えれば、不思議はありません。

このように、お子さんを望むご夫婦にとっては大変つらい不育症ですが、上記の調査によれば、専門外来で適切な検査・治療を行った人のうち、なんと8割以上の方が、無事出産できていたそうです。最近は、不育症の原因を突き止める方法や、治療法もめざましく進歩しています。悩まずに、専門医を受診することがまずは大切です。

しかし、検査を行っても、原因が分からないケースもあります。弊社に相談に来られる方のなかにも、長年治療を行ったにもかかわらず、望む結果が得られず苦しまれてきた方がたくさんいらっしゃいます。弊社では、日本で行える医療によって解決策が得られない少数派の方々にも、新しい選択肢をご提供し、少しでもお手伝いをしたいと願っております。日本の医療で報われない日本人患者のサポート、それが私たちのミッションです。今後とも、どうか応援よろしくお願い致します。

記事が良いと思われました ら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




25

不育症ってどんな症状?

おはようございます!
今日もとても冷たい雨が降っている銀座ですが、こうやって雨が降る日や、強い風の日を繰り返して、春がしっかりとやってくるのですね。
近くの公園でも桜が咲き始めておりました。
この寒さが去ったら、いよいよ本格的な春が来そうですね!

さて、今日は不育症についてお伝えしたいと思います。
不育症とは、妊娠はしても、流産・死産を繰り返し、元気な赤ちゃんが得られない状態をいいます。習慣流産、と呼ばれることもあります。

160182543_std

流産そのものは、病的なものとは限りません。昨年厚生労働省研究班が発表した調査結果によれば、妊娠した女性の4割が流産の経験があるそうです。こうした流産のほとんどは、染色体異常胎児の自然淘汰と考えられています。受精卵の染色体異常率は約40%と言われていますが、その多くは出生前に淘汰されるため、実際に染色体異常を持って生まれてくる新生児は0.6%程度です。一番淘汰が起こるのは着床前後の細胞レベルの時で、その段階でお母さんはそれを把握できませんが、中には妊娠が分かってから淘汰が起こる事もあります。それがいわゆる自然流産です。この様な理由で起こる流産は病的ではなく、自然的なもので、防ぎようのないものです。

しかし、流産が繰り返し起こる場合、染色体異常児の自然淘汰以外の原因がある可能性があります。特に3回以上流産を繰り返す習慣流産の場合は、検査を行ったほうがよいでしょう。また、妊娠中期以降の子宮内胎児死亡は珍しく、この場合は一回でもその原因を検査する必要があります。

前述の厚生労働省研究班の調査結果では、不育症の女性は16人に1人の割合でいることが分かりました。決して少ない割合ではないですよね。妊娠初期流産を繰り返したり、妊娠中期以降の胎児死亡が一度でもあれば不育症の検査を受けることをお勧めします。

明日は、不育症の原因と治療方法について、ご紹介しますね!


記事が良いと思われました ら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




24

代理母の生活って!?

おはようございます!
東京では一昨日桜の開花宣言がありましたが、今日は大変冷え込んで、冬に逆戻りしたようです。この冷え込み、明日も続くようですので、そろそろ冬物をしまおうかな、と思っていた方は、すこし待ったほうがいいかも知れませんね。

さて、弊社はインドで代理出産をご提供しておりますが、弊社が提携している病院では、代理母はとても特別な過ごし方をされています。
どういう過ごし方かというと、代理母は移植日から特別な代理母ハウスにて出産するまで過ごされます。
これはどこの病院でも行っていることではなく、世界的に見ればとても少数です。

smoking-pregnant-harm

代理母が代理母ハウスで過ごすことにより、以下のような多くのメリットがあります。

1.決められた食事を食べるので、お腹の赤ちゃんにとても良い。

2. ハウスメイドが何人もいるので、重労働はせず、編み物をしたり、TVを観たりと、ストレスがない理想的な環境で過ごせる。

3. 毎日医療スタッフが診断を行うので、しっかりと体の状態を把握できる。

4. ジャンクフードやお酒やタバコは禁じられているが、代理母ハウスだとそれらを隠れて摂ることはできないので、お腹の赤ちゃんに害が及ばない。

5. 妊娠中の夫とのセックスは禁じられているが、それを隠れて行うことはできないので、お腹の赤ちゃんにリスクが及ばない。



通常、代理母が妊娠するとクライアント(依頼者)は、「自分達の赤ちゃんは大丈夫なのだろうか?どのように過ごしているのだろうか?」と、とても心配してしまいます。

実際、アメリカや他の施設では、代理母が誰にもわからないからと、タバコをすったり、食事をスナックで終わらせるという話を聞いたこともあります。

自分達の赤ちゃんにとって、代理母に出産までしっかりと良い環境で過ごして頂くことは、代理出産にとって一番大切なことなのです。




記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




23

医療制度の変革と悪化

おはようございます!

先週末は、アメリカで米医療保険法が成立するという大きなニュースがありました。
私はこの法案が可決することを望んでいましたが、何十年も改正出来なかった問題に、やっと変換の時がきたのだなー、と思います。

m_20090826-3-542ae


米医療保険法が成立へ=歴史的転換、下院が可決−大統領、大きな政治的勝利
【ワシントン時事】米下院は21日夜(日本時間22日午前)の本会議で、オバマ大統領が内政の最重要課題に掲げてきた医療保険改革法案を賛成219、反対212の賛成多数で可決した。上院は昨年12月に通過しており、3000万人以上が新たに保険に加入可能となる医療保険改革法が大統領の署名を経て成立する。先進国で唯一なかった「国民皆保険」制度が事実上導入され、米国の医療保険制度は歴史的な転換を遂げる。
オバマ大統領は下院での可決を受けホワイトハウスで声明を発表、「きょうの投票は一つの政党の勝利ではなく、米国民の勝利だ」と称賛した。


一方の日本ですが、 国民健康保険(国保)の保険料を滞納して保険証がない「無保険」になるなどの理由で、受診が遅れ死亡した人が2009年の1年間に少なくとも17都道府県で33人でたりと、国民皆保険の制度が崩壊し、理想とは逆行しております。
このままでは、問題かしているアメリカの医療制度に近づくことになります。

日本もより海外にも目を向けた医療体制を作らないと、あらゆる意味で医療後進国になっていきます。

メディブリッジは、多くの日本人に優れた治療を安く提供するために、今後も高度癌治療などの分野にもサービスを拡大することを検討しております。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




19

卵巣年齢ってなに!?

おはようございます!
桜がちらほら咲き始めており、そろそろお花見の季節ですね。
昨年お花見をした際は、夜の冷え込みが厳しくて、ブルブル震えながらお花見をした覚えがあります。
お花見の時期は以外と冷え込むものです。今週末あたりお花見に行かれる方、夜の冷え込みにはお気をつけくださいね!

さて、今日は卵巣年齢について。
同じ年齢でも若く見えるひと、そうでないひとがいるように、卵巣の年齢にも、個人差があります。卵巣の年齢は、妊娠の確率に大きく影響します。では自分の卵巣年齢を知るには、どうすればいいのでしょうか?

卵巣年齢の検査としては、血液中の「AMH(抗ミューラー管ホルモン)」の測定があります。AMHは、卵子の成長過程で分泌されるもので、その測定値と発育卵胞の数が相関します。通常、発育卵胞の数は25歳〜30歳をピークに加齢とともに減少し、同時に血液中のAMH濃度も減少していきます。AMH濃度を測定することで、残存する発育卵胞の数が測定でき、それにより卵巣年齢が何歳くらいか測定することができるのです。

発生率などの比較

卵巣の年齢は加齢に大きく影響されますが、加齢以外にも卵巣年齢を老化させる要因としては、以下のようなものが考えられます。

・喫煙
・体重異常(肥満、痩せすぎ)
・運動不足
・ストレス
・不規則な生活習慣

加齢は避けることができませんが、喫煙を避け、適度に運動をし、ストレス解消を心がけ、規則的な生活を送ることで、卵巣の老化をある程度予防することは可能です。
残念ながら一度老化してしまった卵巣を若返らせることはできません。働く女性の中には、「今はまだ子供は無理だけど、いずれは・・・」と考えている方が多くいらっしゃいますが、加齢による影響は妊娠の可能性を大きく左右します。AMH検査は自費診療になるので、1〜2万円程度かかりますが、いずれは出産したい、と計画されている方は、今の自分の卵巣年齢を把握して、今後の人生設計をご検討されてはいかがでしょうか?

記事が良いと思われました ら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




18

代理出産のスケジュール

こんにちは!

仕事柄、世界のあちこちに医療機関の知り合いや友人が多いのですが、タイの友人から、デモがすごくヒートアップしていると聞きました。

新聞の一面に血液をまく「血の抗議」が載っているように、状況はよくなく、すでに37カ国がタイへの渡航勧告しているようです。
お仕事で行かれる方など、ご注意ください。

さて話は変わりますが、このところ代理出産においてよく質問があるのがスケジュールです。
代理出産プログラムにおいて、日本在住のご夫婦がインド滞在をする際の現地での最短日数の目安は次の通りです。
インドでの

(ご注意: 個々の状況により、日数が延長される場合や、渡印回数が多くなる場合もあります)

momdadbaby


1. 第一回渡印

目的: 医師との面談、薬の処方、排卵日に向けてのスケジュール決定、凍結用精子の提出。
訪問しなければならない人物: ご夫婦両方
滞在日数:1泊2日又は2泊3日

2. 第二回渡印
目的: 採卵、移植
訪問しなければならない人物: 奥様のみで大丈夫です
滞在日数: 6日〜10日

3. 第三回渡印
目的: 出産の立会い、新生児の引き取り、出生証明書入手、パスポート申請
訪問しなければならない人物: 奥様のみで大丈夫です
滞在日数: 状況により全くことなりますが、最低1カ月程の滞在になります。ただ現地で乳母を雇うことにより、パスポートが発行されるまで奥様は一時帰国することは可能です。




記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




17

いつも長蛇の列!銀座のワッフル

おはようございます!
昨日までは大変暖かかったのですが、今日は少し気温が低めです。
皆さん、急な気温の変化で風邪など引かないようご注意くださいね。

さて、今日はちょっと不妊治療から離れて、銀座で買えるおいしいお菓子について。
弊社オフィスがある銀座には、おいしいお店がたくさんあります。
中でも私のお気に入りは、ベルギーワッフルのお店です。

ベルギーワッフル マネケン

ここはいつも長蛇の列ができており、大変人気があります。
お店の前を通ると焼きたてワッフルの甘い香りにつられて、つい買ってしまいます。

先日また香りにつられてワッフルを買ったところ、ポイントカードを発行してくれました。
お店の方に聞いたところ、先月からポイントカードを導入したとのこと。
私はこのワッフル屋さんでは今まで相当な数のワッフルを買っているので、これまでの分もポイントに入れたら相当たまっているはずだなー、とちょっと残念に思いました。。。

月替わりで期間限定のワッフルが毎月入れ替わるのも楽しみなのですが、私の一番のお勧めは、メープルです。
お店は弊社の銀座6丁目のオフィスからすぐ近くにありますので、弊社にお越しの際は、ぜひワッフル屋さんも覗いてみてください!

記事が良いと思われました ら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




16

自然妊娠に近い状態をつくる、胚盤胞移植とは?

おはようございます!
昨日は、卒業式帰りらしき袴姿の若い女性を何人か見かけました。
春は卒業の季節、また始まりの季節です。毎年この時期になると、入学式や卒業式の折に感じた、新しい生活への期待と不安を思い出します。
私が見かけた袴姿の女性たちにとっても、期待と不安の入り混じった季節なのかも知れませんね。

さて今日は、胚盤胞移植法についてお伝えします。

Cleave1


多くの施設で行われている一般的な体外受精は、体外で受精させた受精卵を2〜3日培養後、子宮に戻す方法です。しかし、自然妊娠の場合、受精した卵子は、受精後卵管内で5〜6日間かけて分割を繰り返し、着床の準備を整えます。この着床の準備が整った状態を胚盤胞と呼びます。自然妊娠の場合、この胚盤胞の状態まで育った胚が、子宮内に戻ってきて子宮内膜に着床します。この状態まで培養してから胚を移植することを、「胚盤胞移植」と言います。胚盤胞移植では、より自然な妊娠に近い状態で、胚を子宮内に戻す事が出来ることになります。2〜3日培養後に子宮に戻す方法では、自然な妊娠で子宮内に胚が戻ってくるより早いタイミングで、胚は子宮内に戻されてしまいます。

胚盤胞移植のメリットは、確実に胚盤胞まで発育した状態の胚を選択し、移植できることです。2〜3日で子宮に戻す場合、2〜3日目で良好な胚であっても、それを移植したあとにそれが胚盤胞までに育つかは分かりません。

一方で、胚盤胞移植にはデメリットもあります。胚の質が悪い場合や、数が少なかった場合、2〜3日目では移植可能な胚だったにもかかわらず、胚盤胞まで到達せずに胚移植がキャンセルになる可能性があります。

胚盤胞移植は現在多くの不妊治療病院で採用されている方法で、有効性も認められていますが、やはりメリット・デメリットはあります。チャレンジされる場合は医師とよく相談したうえでご検討されてみてはいかがでしょうか。

記事が良いと思われました ら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード