medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2011年03月

31

男性不妊の原因、精子の運動率を上げるには!?

こんにちは!
このところ、昼間は春らしい気候になってきましたね。
銀座の街でも、春物の薄手のコートに着替えた女性たちが目につきます。今年は暗いニュースの多い春ですが、被災地にも早く春が訪れるよう、弊社も寄付を行って、被災地の方々を応援しています。
こんな時だからこそ、気持ちだけでも、明るく保ちたいものですね。

弊社は、インドでの代理出産、韓国での卵子提供をご提供しておりますが、弊社にご相談に来られる方の多くは、国内での不妊治療を受けて来られた結果、お子様を授かることができず、海外での治療を決意された方がほとんどです。特に卵子提供の場合、長年体外受精を繰り返し、結果が出なかったと嘆く方が少なくありません。
そうした方々からお話しを聞く際、長年お子様を授かれない原因は女性の側にあることを前提と思われている方が多いのですが、実は、男性側に原因がある場合もあります。最近は環境ホルモンの影響で男性不妊が増えているという報告もあり、精子の状態が良くない方も増えているのです。

sperm



WHOの基準では、1回の射精量が2ml以上、精液1mlあたりの精子の数が2000万以上、運動率50%以上、奇形率15%以下を正常としています。
精液検査によって、この基準に達しない場合、男性側の不妊の原因があることが疑われます。

男性の生活習慣には、精子の運動を妨げる要因が、実はたくさんあります。
活発に精子を活動させ、運動率を上げるためには、日常生活で以下のようなことを気を付けなければいけません。
  • 飲酒
過度のアルコール摂取は、テストステロンや精子の量が減少させる恐れあります。
また、飲み過ぎは性欲を減少させたり、精液の減少と運動率を低下させる原因にもなります。
精巣内にはアルコールを分解する酵素があるのですが、分解される過程でできるアセトアルデヒドという非常に毒性の高い物質が精巣中で増加し、精子を作る能力を奪ってしまうのです。また、生殖能力に不可欠な亜鉛の吸収を妨げ、生殖能力を低下させるだけでなく、免疫力が低下し、肝機能への障害も出てきます。
  • 喫煙
喫煙は、健康に悪影響があるのは周知の事実ですが、精子にも悪影響があります。
喫煙者は非喫煙者に比べ、精子の数は、10%〜17%減少し、運動率も低下すると言われています。喫煙習慣は、女性側にはもちろんですが、男性にも見直してほしいことの一つですね。
  • 精巣温度の上昇
以前、当ブログでもお伝えしましたが、膝の上にパソコンを置いて作業するだけで、精巣には悪影響があるのです。
精子の造精には体温よりも1度〜2度低い温度が適温と言われています。
また、座りっぱなし、無理な締め付けなどは、精巣の温度を上げる原因になります。陰嚢、精巣の温度が摂氏1度上昇するだけで、健康な精子の生産量が最大40%減少するという報告もあるそうです。
  • 環境ホルモン、電磁波
携帯電話をズボンのポケットに入れている方、多いですよね。
携帯電話をポケットに入れている男性は、そうでない男性に比べ、精子の数が最大で30%少なくなる、という報告があります。ちょっとしたことですが、知らず知らずのうちに影響を受けている可能性があるので、気を付けましょう。
  • ストレス
女性の卵巣機能にも、ストレスは大敵。男性にとっても、やはりストレスは大きな影響があります。
お酒やタバコでストレスをごまかすのではなく、体を動かしたり、趣味の時間を持つなど、男性にもストレス解消が必要ですよ!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




30

女優の坂井真紀さん、40歳で妊娠!

おはようございます!
昨日のサッカー親善試合、皆さんはご覧になりましたか?
地震以降、さまざまなイベントが自粛ムードですが、経済の停滞も心配されるところです。被災地の方々のご苦労を思えば、派手なイベントは控えたい、と思う気持ちも当然ですが、むやみに自粛するのではなく収益を寄付するという形で、イベントを行うのはとてもよい動きではないでしょうか?被災地の方にとっても、また地震以降の暗い雰囲気を吹き飛ばすためにも、こういったイベントは必要なことなのでは、と思います。

さて、今日は、新しい命の誕生という、明るいニュースをお伝えしたいと思います。

sakai_maki

坂井真紀、妊娠5カ月報告「力強く進んで」

女性誌で妊娠5カ月と報じられた女優、坂井真紀(40)が、23日付ブログで妊娠を認めた。

「皆様へ、ご報告。」のタイトルで、「この度私、坂井真紀は新しい生を授かり5カ月であることをご報告させて頂きます」と発表。東日本大震災の被害が日を追うごとに広がっているが、「この国がこの様な事態に見舞われている、その最中に生を授かるという事。この子は来るべき時代のために皆様と共に力強く進んで行く命」と綴り、「皆様と支え合い、そして立ち上がる時に向かって、私達家族も一緒に歩ませて頂ければ幸いです」と誓った。

坂井は09年10月に11歳下の写真家、鈴木心氏と結婚した。

40歳という年齢を全く感じさせない、少女のような瑞々しい雰囲気の坂井真紀さん、きっとかわいいママになるでしょうね。

こんな時だからこそ、このような明るいニュースは、嬉しいものです。
ご自身のブログで妊娠による体のかゆみに悩まされていることを告白している坂井さんですが、無事に赤ちゃんが誕生することを、お祈り致しております。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




29

水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内

おはようございます!

今日も綺麗な青い空が関東の上空に広がっております。
本当に綺麗な空で、この青空を見ていると、力が湧いてくる気がするのは私だけでしょうか。

さてこういう時だからこと、明るい気持ちや希望を持つと共に、正しい情報も持っていなければなりません。

さて、今日は産婦人科学会発表の妊娠・授乳中女性への水道水摂取の注意事項をブログに載せてみます。

suisitukensa1


「水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内」

軽度汚染水道水を妊娠期間中(最終月経開始日より分娩まで)毎日(計280日間)1.0 リットル(1,000 ミリリットル)飲むと仮定した場合、妊娠女性がその間に軽度汚染水道水から受ける総被曝量は1,232 マイクロシーベルト(1.232 ミリシーベルト)と計算されます。

おおよその母体被曝量は以下のように算出されます。

総被曝量(マイクロシーベルト)=(摂取ベクレル総量)×2.2÷100

例えば、500 ベクレル/kg の水を1 日1.0 リットルずつ365 日飲むと
500×365×2.2÷100=4,015 マイクロシーベルト(約4.0 ミリシーベルト)となります。

2. お腹の中の赤ちゃん(胎児)に悪影響が出るのは、赤ちゃんの被曝量が50,000 マイクロシーベルト(50 ミリシーベルト)以上の場合と考えられいます。なお、日本産科婦人科学会では放射線被曝安全限界については米国産婦人科学会の推奨に基づいて50 ミリシーベルトとしてきております。

一方、これら問題に関する国際委員会の勧告、ICRP (International
Commission on Radiological Protection) 84 等に基づいて安全限界を100,000 マイクロシーベルト(100 ミリシーベルト)とする意見もあります。

この違いは他の多くの安全性指標と同様、安全域をどこまで見込むかという考え方の違いによるものです。なお、赤ちゃん(胎児)の被曝量は、母
体の被曝量に比べて少ないとされています。胎児が100,000〜500,000 マイクロシーベルト(100〜500 ミリシーベルト)の被曝を受けても胎児の形態異常は増加しないとの研究報告もあり、ICRP84 は「100 ミリシーベルト未満の胎児被曝量は妊娠継続をあきらめる理由とはならない」と勧告しています。



この他にも、産婦人科学会ホームページでは、妊娠・授乳中女性向けの情報が随時載せられておりますので、是非ご利用ください。


妊娠・授乳中女性の女性はそれでなくてもストレスが溜まりがちになります。
どうか正しい情報を用い、心配し過ぎず、明るい毎日を送って頂ければと思います。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




28

代理出産と卵子提供、どんな場合に有効なの?

おはようございます!
今日は銀座もうららかな春の陽気となっています。
青空の日は気分が晴れやかになり、嬉しいものですが、花粉の飛散は今がピークのようです。
花粉症の方、来週半ばには大量飛散が予想されていますので、お気を付けください!

Child-blowing-bloom


さて、弊社は不妊治療に関する悩みを持ったいろいろな方からご相談を受けておりますが、なかには、「自分の場合は治療方法として、代理出産と卵子提供のどちらが適切なのか、わからない」という方もいらっしゃいます。

そこで、今日は、弊社が提供している、卵子提供、代理出産という不妊治療が、それぞれどのようなケースに有効なのかをお伝えしたいと思います。

  • 卵子提供が該当するケース
卵子提供というのは、ご自身の卵子での妊娠ができない場合に、第三者からの卵子を提供してもらい、配偶者の精子と体外受精を行い、自分の子宮に移植を行うという治療法です。
具体的には、早期閉経、ターナー症候群、加齢による卵子の老化、卵巣がんなどによる卵巣摘出などのケースが挙げられます。
子宮環境に問題はなく、何度も体外受精を行ってきたが、卵子が採取できない、あるいは採取できてもグレードがよくない、といったケースにも、卵子提供は有効です。昨年卵子提供による妊娠を公表された野田聖子議員などはこのケースに該当しますね。
自身の卵子による妊娠が難しくても、ご自身の子宮に問題がなければ、若い女性の卵子による体外受精を行うことで、高い確率で妊娠することが期待できます。

  • 代理出産が該当するケース
代理出産は、ご自身の子宮で妊娠・出産ができない場合、自身の卵子を採取し、配偶者の精子とで体外受精を行い、その後第三者の子宮に移植を行って、文字通り第三者の子宮を借り(「借り腹」などという言い方もあります)、自分の代わりに出産をしてもらうという治療法です。
卵巣は機能しており排卵はあるが、子宮側あるいはその他の臓器の問題で、自身での妊娠ができないケースがこれに該当します。
具体的には、子宮がんなどによる子宮摘出、ロキタンスキー症候群、その他疾患などによる妊娠継続不可などのケースがあります。
なかには、「体型が変わるから自分で産みたくない」「仕事を休みたくない」などの理由で代理出産を希望する人もいますが、弊社では、ご自身で出産ができる方のケースは扱っておりません。
弊社では、ご病気などの理由により、身体的にどうしてもご自身での妊娠ができない場合に限って、代理出産をご案内しております。


代理出産、卵子提供のいずれも、第三者の助けがなければ、成立しない治療方法です。
先が見えない不妊治療を長年行ってくると、多くの患者は気持ちも落ち込みますし、他者に対する思いやりを持つ余裕を失ってしまうこともあるかも知れません。
でも、力を貸してくれる誰かが、自分の為に頑張ってくれている、という事実は、決して軽く考えてはいけないことです。
勇気をもって、力を貸してくれる方のことを、治療を受ける側もまた、常に敬意を持って考えてほしい。
それが、代理出産、卵子提供という生殖医療のあるべき姿だと、私たちは考えています。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




25

気になる放射線被ばく、妊娠・赤ちゃんに影響は?

こんにちは!
ここ数日続いた雨もすっきりと上がり、今日の銀座は春らしい気配です。
街路樹のつぼみも膨らみ、どんな花が咲くのかなー、と楽しみにしています。

spring


さて、余震の恐れは大分落ち着いてきたようですが、原発事故以降、放射線に関するニュースを聞かない日はありません。
食べ物や水道水までの汚染が懸念されていますが、放射線被ばくの影響は、どの程度あるのでしょうか?
「日本医学放射線学会」のHPで、放射線被ばくに関するQ&Aが公開されています。


妊娠中の方や、子どもへの影響についてのQ&Aを抜粋します。

Q11 1都5県で水道水より放射性物質が検出され、人体に影響はないとのお話ですが、お腹の中の子供にも影響はないのでしょうか。

A11  一時的に、通常よりは数値が高くなった、という意味です。赤ちゃんが飲んでも影響はございません。これまで通りになさってください。水道水に関する基準は、放射線が検出された水だけを、一年間毎日飲み続けると仮定し、それでも、大人も子供も心配する必要がない濃度を、基準値として設定しています。とても厳しい値です。ですから、この基準値を超えたら危険という数値ではありません。
但し、政府が直接の飲用制限を指示している地域においては、別途配給されている飲料水を利用してください。

Q12 牛乳、ホウレン草、かき菜で検出された放射線量は人体に問題があるものなのでしょうか。妊婦や子どもへの影響は大きいのでしょうか。

A12  現在、放射線が検出された、牛乳やホウレン草などの農作物は出荷が止まっています。出荷を停止した基準値は、国際的に見ても、少ない放射線量、すなわち、厳しい基準です。現在報告されている範囲の牛乳や野菜を数回食べてしまったとしても、妊婦や子供、お腹の中の赤ちゃんに対する影響を心配する放射線量ではありません。


弊社のクライアントの方々にも、代理出産・卵子提供プログラムを受けられて、現在妊娠中の方・子育て中の方がたくさんおられます。
せっかく授かった命、できる限り、放射線による影響から守らなければなりません。

現在首都圏では、水道水汚染のニュースにより、水の購入もままならない状況です。
赤ちゃんや妊婦さんに、優先的に必要な量が行きわたるよう、過剰反応は避け、買占め行為は控えなければいけません。

日本の未来を担うこどもたちの健康を、今は優先すべき時です。
皆さんのご理解とご協力を、どうぞよろしくお願い致します。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




24

代理出産、卵子提供を支える技術「体外受精」とは?

おはようございます!
関東では、計画停電が行われていますが、何時に来るか当日にならないと分からないため、毎日のスケジュールが停電によって大きく変わります。次の冬まで続く、という話もありますが、どうなるのでしょうか?
本当に、地震以降、日本が大きく変わってしまったと感じます。

IVF_jpg_1217221c


さて、弊社は、インドでの代理出産と韓国での卵子提供を行っているエージェンシーですが、どちらのプロクラムにも、体外受精の技術が不可欠です。

体外受精とは、体内で受精が難しいと考えられる場合に行う方法で、文字通り体外で受精を行う方法を指します。現在最も一般的であるのはIVF-ET(体外受精-胚移植)ですが、GIFT(配偶子卵管内移植)、顕微受精(ICSI;卵細胞質内精子注入法、ほか)あるいは凍結胚移植なども含めて体外受精と呼ばれています。
体外受精は、卵管が閉塞している、乏精子症や精子無力症など精子に原因がある、免疫系に原因がある、AIHを何度も施行しても妊娠しない、子宮内膜症があって妊娠しない、原因不明である、などのケースに適応されます。
代理出産、卵子提供においても、これらの技術により受精卵を作り、移植を行います。

「インド、韓国は、技術的に大丈夫なんですか?」という質問を受けることもよくあるのですが、弊社が提携しているインド、韓国のドクターは、体外受精に精通した、高い技術を持った経験豊富なドクターです。

また、弊社では、ドクターとの綿密なカウンセリングを重ねた後、それぞれの方の状況に併せて、最良の方法をご提案させて頂いております。

弊社のプログラムを通して、これまで多くのクライアントがお子様を授かっています。
卵子提供、代理出産を検討されている方は、どうかお気軽にお問い合わせください!

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




22

東日本大震災における弊社の役目と希望

こんにちは!
3連休は皆さん、ゆっくりされましたでしょうか?
私はこの3連休の間に、東日本大震災に関して深く考える時間がありました。

先週金曜日のブログでもお伝えしましたように、弊社では収益の一部を寄付すると共に、3月20日より6月19日までの3か月間、クライアント様とのご面談1件につき、2500円を寄附させて頂きます。

ただそれだけではなく、弊社が日々の業務で東北地方や日本にどのように貢献できるのか深く考えました。

pray4japan_300×250

被害を受けた東北各地は今後どうなっていくのだろう。
被災者の回復を始めとする、町の復興には何が必要なのだろう。
日本の希望とは。未来とは。
そのようなことをいろいろ思いました。
そして弊社しかできない役割を明確に再認識した気がします。

弊社は人々を幸せにするお手伝いが出来ればという強い思いで、弊社は韓国で卵子提供プログラム、インドで代理出産プログラムをご提供しております。
病気などの理由でどうしてもお子様が授かれず、日本では治療方法はない方々に、お子様を授かって頂ければと。

その結果、授かったお子様こそ希望であり、日本の未来ではないでしょうか。
今回の東日本大震災では1万人を超える方々が亡くなられたと観測されております。
しかしそれでも、生まれてくる生命はあるのです。
それもずっとお子様を授かることを夢見ていたご夫婦の元にお子様が誕生し、素敵な家庭を築いて頂く。

生命の誕生、そして愛情に包まれた家庭の一つ一つが、東北地方を始めとする、日本の明るい未来につながるのではないかと信じております。

お会いする方、お会いする方に、お子様を授かって頂き、素晴らしい家庭を築いて頂ければ。
そのことを強く願い、私共は日々頑張って参りたいと思います。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




18

今回の大地震に関する弊社の取り組み

「東北地方太平洋沖地震」に対し、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
また、今なお行方不明となられている方の一刻も早い救助、被災地の一日も早い復興を、心より祈念いたします。

i253


被災地の方々に想いをはせる時、胸が苦しくなります。
あまりにも被害が大きく、何と申し上げてよいのか言葉が見つかりません。

弊社では収益の一部をプランジャパンに寄付いたしました。
また3月20日より6月19日までの3か月間、クライアント様とのご面談1件につき、2500円をプランジャパンへ寄附させて頂きます。

私達にできる事はこの様な本当に小さなささやかな事ばかりです。
節電だったり、ささやかな寄附行為だったり・・・

でも、一生懸命に少しでもお役に立たせて頂きます。

朝の来ない夜はございません。
私達も普通に日常業務を続ける事で少しでもお役に立たせて頂きます。

皆様くれぐれもお体お気をつけ下さいませ。
被災者の皆様、ご家族の皆様の一日も早い立ち直りを心よりお祈り申し上げます。

平成23年3月18日 メディブリッジスタッフ一同



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




17

世界で称賛される「日本人のマナーの良さ」

おはようございます。
国内では、原発事故以来、被災地の被害よりも放射線漏れの懸念の方を大きく取り上げています。
海外での報道でも、今や日本からの大規模放射能漏れを恐れ、福島原発での対応の一挙手一投足を取り上げているようです。

原発事故に対する東京電力および国の対策については国内のみならず海外の報道でも、批判的な角度からの記事が多く見られます。
その一方で、今回海外で改めて称賛されているのは、「日本人のマナーの良さ」です。

chn11031219080002-n1

中国、日本人の冷静さを絶賛 「マナー世界一」の声も


地震多発国で東日本大震災への関心が高い中国では12日、非常事態にもかかわらず日本人は「冷静で礼儀正しい」と絶賛する声がインターネットの書き込みなどに相次いでいる。短文投稿サイト「ツイッター」の中国版「微博」では、ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、中央に通路を確保している写真が11日夜、投稿された。

「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」との説明が付いた。

この「つぶやき」は7万回以上も転載。「中国は50年後でも実現できない」「とても感動的」「われわれも学ぶべきだ」との反響の声があふれた。大震災を1面で報じた12日付の中国紙、環球時報も「日本人の冷静さに世界が感心」との見出しで報じた。(共同)


普段当たり前のように私たちは考えがちですが、並んで順番を待つ、というごく簡単なことが、海外では当たり前ではありません。もし今回のような災害が他国で起こったら、略奪が横行するような国も、世界には少なくないのです。

ご紹介したのは中国の記事ですが、アメリカでも、同様に日本人のマナーを称賛する記事がロサンゼルス・タイムズ紙に掲載されています。

このような非常事態にも拘わらず、被災された方々が、ご家族や住居を失ったりするなかで、不安な状態にも拘わらずパニックにもならず、落ち着いて配布された食べ物を並んで受け取り、不便に耐えておられる様子をテレビで見るにつけ、同じ日本人として本当に頭が下がります。

今回の災害で、改めて普段は意識しない、日本人の美質が見直されているように思います。
困難にも冷静に秩序を守って対処できる日本人の賢さがあれば、きっとこの危機を乗り越えられると信じています。

一日も早く、被災地の方々に、必要な物資が行きわたることを願っております。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




16

海外支援隊、続々と来日

皆さん、おはようございます。

大地震が発生し数日が経過しましたが、毎日の報道で被害規模がどんどん拡大しており、今回の地震の大きさを思い知らされます。
私の知人のご両親も今回の地震で被災され、避難所で大変な思いをされているとのこと、食料も水もトイレも暖房器具も不足している中、多くの方がどのように過ごされているのかと思うと、本当に胸が痛みます。

ニュージーランドで発生した大地震の悲しみも癒えぬ中、またも起きてしまった自然の脅威。

そんな中、海外からの支援が次々と寄せられています。
先日の地震で被害を受けたニュージーランドをはじめとし、被災地での行方不明者捜索及び救助活動のため、続々と支援隊が来日しています。

quickview0589754


海外からの対日支援申し入れ、続々


国内からの民間ボランティアはまだ受け入れが整わない状況ですが、物資による支援、救助隊員の派遣が各国から申し入れが相次いでいます。
本当にありがたいことです。

首都圏では、電力不足のため、計画停電が実施されています。
少しでも、状況が好転するよう、私たちでできることをやっていくしかありません。

海外からの支援と共に、国内にいる私たちも、少しでも被災地の方の助けになることを行わなければ、と思います。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード