medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2011年12月

27

今年も一年ありがとうございました!!

2011年も、あと僅かとなりました。
本年も当ブログをお読み頂き、誠にありがとうございました。

hope_for_japan_by_xx_fudgee-d3bftks

一年を振り返ると、今年も様々な方のサポートをさせて頂き、弊社のプログラムで多くのご夫妻がお子様を授かられました。
お陰様で、今年もメディブリッジは、インドでの代理出産、ハワイ・タイでの卵子提供を通して、多くのご夫婦から、お子様誕生の報告を頂きました。

妊娠判定で陽性が出たとき、赤ちゃんの心音が確認できたとき、そして無事に出産したとき・・・。
いろんなご事情を抱えて、お子様を授かるまでの長い道のりを進まれてきたご夫妻がお子様を授かるときのお気持ちは、言葉では言い尽くせないものがあるでしょう。
私たちは、プログラムを通して、お子様を授かるお手伝いをすることしかできませんが、「妊娠しました」「無事出産しました」というご連絡を頂くときが、一番うれしい瞬間です。

代理出産、卵子提供といった治療方法に関する意見は様々です。
しかし、子どもを望むご夫妻の願いは本当に切実です。
弊社に訪れる方の中には、ターナー症候群の方、ロキタンスキー症候群の方、生まれながらの病気や、早発閉経、子宮がんや卵巣がんといった病気になってしまい、最後の希望を弊社に託される方もおられます。
クライアントの方々からは、「メデイブリッジさんに出会わなければ、子どもを持つことを諦めていた」というお声を頂きます。
何を選ぶかは人それぞれですが、私たちは、他に方法がない方々から、子どもを授かる唯一の選択肢を奪ってはならないと考えています。

弊社の活動は、インドの代理母の方々、ご自身の卵子をご提供くださる日本人エッグドナーボランティアの方々のご協力によって、支えられております。
また、不妊に悩む日本人のご夫婦に、国内では受けられない新しい治療手段をご提供し、ご家族を持つお手伝いをしたいという、弊社の理念を理解し、日本人患者の治療に向き合ってくれる、インドの医師、ハワイ・タイの医師たちのサポートなくして、私たちは日本人のご夫妻がお子様を持つ手段をご提供することはできません。

弊社の活動にご理解を頂き、ご協力くださっている皆様に、この場をお借りして、感謝申し上げます。
メディブリッジは、来年も、不妊治療のみならず、日本の医療では救われない患者たちに新しい手段をご提供できるよう、一層努力して参ります。

また、今年は、3月11日の東日本大震災という、未曽有の大災害が起こりました。弊社のクライアント様の中にも、またドナーボランティアの方にも、被害に遭われた方がおられました。
弊社でも、ささやかですが被災地への寄付を行ったり、スタッフが東北でボランティアに参加したりなどしましたが、現地の状況を見るにつけ、未だ復興の兆しが見えない被害のあまりの大きさに、心が痛むばかりです。
このたびの大震災でお亡くなりになられた方のご冥福と、被災者の方の一日も早い生活再建を、心よりお祈りいたします。

なお、年末年始ですが2011年12月28日(水)〜2012年1月4日(水)までお休みさせて頂きます。
2012年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えくださいませ!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




26

丸川珠代議員、40歳で第一子を妊娠!

こんにちは!
三連休明けの銀座は、クリスマスが終わると一気にお正月モードです。
クリスマスの飾りの代わりに、門松やお正月飾りが店先に並び始めると、いよいよ年の瀬だなーと感じます。
年末のこの時期に、また一つおめでたのニュースがありました。
丸川珠代議員が、不妊治療を経て、40歳で第一子を授かったそうです!

丸川議員41歳ママに 妊娠15週目!…結婚から3年

TamayoMarukawa

自民党の丸川珠代参院議員(40)=東京選挙区=が、夫の大塚拓・前衆院議員(38)との間に、第1子を妊娠したことが23日、関係者の話で分かった。現在15週目で、予定日は、08年に2人が挙式したのと同じ、来年6月16日。結婚以来、待ちわびていた子宝に、ついに恵まれた。丸川氏は体調を安定させるために自宅で静養中という。

 関係者によると、丸川氏の妊娠が分かったのは「1月半ほど前」。丸川氏は今年初夏から、産婦人科に通い、不妊治療を受けていた。現在は15週目で、予定日は来年6月16日。大塚氏と挙式した、4年後の同じ日に、子宝に恵まれる予定となった。性別までは分かっていない。

 夫妻は支援者らにも妊娠を報告し、周囲は喜びに包まれている。丸川氏は11月半ばから医師の勧めもあり、都内の自宅で安静にして過ごしているという。前衆院議員で、次期衆院選は埼玉9区から出馬予定の大塚氏も、選挙区と丸川氏の元を往復しながら、丸川氏をサポートしているという。

 丸川氏は結婚披露宴前の記者会見で「子供を産んで育てる女性たちをサポートしたいと考えてこの仕事についた。自分で子どもを産んで、痛み、苦しみ、喜びを知った上で、そういう人たちと一緒にやっていきたい」と表明していた。

 大塚氏も昨年の本紙のインタビューに「(丸川氏は)年齢的にも秒読み段階です! とにかく1人目が欲しい」と語っていた。

 丸川氏の事務所は、本紙の取材に対し「おめでたいことで、今は大事なときなので、温かく見守っていただけると幸いです」と妊娠を認めた。

 07年夏の参院選で初当選した丸川氏は、13年が改選。来年、衆院選が行われる可能性は高いといわれており、その場合、夫の大塚氏が選挙となる。政治活動と、出産、子育てで、夫妻はますます多忙になりそうだ。

 ◆丸川 珠代(まるかわ・たまよ)1971年1月19日、神戸市生まれ。40歳。93年、東大経済学部を卒業後、テレビ朝日にアナウンサーとして入社。「ビートたけしのTVタックル」「朝まで生テレビ」などを担当。2007年、同社を退社し参院選(自民・東京)に出馬、当選。「この愚か者めが!」「ルーピー!」など個性的なヤジでも存在感を発揮。現在1期目。

「子供を産んで育てる女性たちをサポートしたいと考えてこの仕事についた。自分で子どもを産んで、痛み、苦しみ、喜びを知った上で、そういう人たちと一緒にやっていきたい」と結婚時に語っていた丸川議員。テレビ局や国会議員という経歴を持つ誰もが認めるキャリアウーマンですから、「働く女性」としての視点に加え、出産や子育てを経験することで、その体験を議員としての活動に役立ててくれるのではないでしょうか。

少子化を始めとし、保育園不足による待機児童の問題や、育児支援制度の充実など、子育てを巡る問題は山積みの日本。
現役の国会議員である丸川さんが、ご自身の体験から現実的な視点で、育児をしながら働く女性がより働きやすく、安心して子育てができる社会になるよう、活躍してくださることを期待しています。

まずは、無事にご出産されることを、お祈り致します。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




22

日本の不妊患者の現状とメディブリッジの思い

こんにちは!
今日は陽射しも弱く、寒さが身にしみます。
明日から三連休ですが、丁度クリスマス頃が寒さのピークになりそうです。
皆さん、暖かくしてお出かけくださいね!

focus_on_the_family


さて、私たちメディブリッジは、なんらかの身体的な理由から日本での治療ではお子様を授かることができない方々に、インドでの代理出産、ハワイ・タイでの卵子提供をご提供しております。

最近では、マスコミが卵子提供、代理出産を取り上げることもあり、以前に比べて、こういった治療法の認知度は高くなりました。特に野田聖子さんの卵子提供公表以来、それまで卵子提供という方法を知らなかった患者が、そのような方法があるということを知り、弊社に来られるケースも少なくありません。

その一方で、強い批判の声も聞かれます。
弊社にも、マスコミの方のみならず、一般の方からもいろんな意見が寄せられます。

私たちは、卵子提供、代理出産という方法に、誰もが賛同しなくてはいけない、とは考えていません。
ただ、他に子どもを持つ方法がない患者に、子どもを持つ道を閉ざさないで欲しい、望めばその方法が得られる日本であって欲しい、そう願っています。

「養子を持てばいい」という意見もありますが、これは全く現実的ではありません。
なぜなら、日本で養子を持つ場合、親の年齢制限、収入など、様々な条件があり、容易に成立しないのです。
夫婦で長年不妊治療を行ってきた挙句、自身の治療をあきらめ、養子を育てる方向に切り替えようと考えても、その時には養子手続きが行える年齢をとうに過ぎてしまっている・・・。
こういった例は、弊社にご相談に来られた方の中だけでも、枚挙にいとまがありません。

弊社にご相談に来られる方々は、どんなに望んでも、誰かの助けがなければお子様を授かることができない方々です。
生まれつきの疾患で妊娠を継続できない方、初めての妊娠の際にお子様と子宮を失ってしまった方、早発閉経でご自身での採卵が行えない方・・・。
このような患者が、実はたくさんいるのです。
日本国内では、現在こういった方々が子どもを持つ方法は、養子縁組しかありません。
しかし、前述の通り、実際に養子縁組が成立するところまでたどり着くご夫婦は、非常に少数です。

自身が不妊治療に頼っても子どもを授かることができず、さらに養子縁組も行えないご夫妻が子どもを授かる手段は、残念ながら、今の日本にはありません。
このような夫婦に、よく投げかけられる言葉は、「子どものいない人生もいいのではないか」といった言葉ですが、その一方で、結婚して数年たっても子どもがいない夫婦は、「まだ子どもはできないのか」などと無遠慮な質問をぶつけられることもあり、子どもがいない夫婦は、社会的にも不要なストレスを感じながら暮らさざるを得ません。

自分で妊娠ができない事情があるなら、子どもを諦めざるを得ない。それが今の日本の現状です。そして、私たちは、そのような日本人患者の方々に、日本ではできない治療を海外で受けられるようお手伝いをしています。

皆様の理解とご協力があって、私たちは苦しむ方々を助けることができます。これからも、メディブリッジは、日本の医療で救われない方々に、新しい選択肢をご提供して参ります。
今後とも、どうかご声援、よろしくお願い致します。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




21

卵子の質と筋力の関係とは?!

おはようございます!
いよいよクリスマスも近づき、冬も本番ですねー。
毎日の冷えが気になる季節でもあります。

さて、弊社は、ハワイ・タイでの卵子提供、インドでの代理出産を提供しているエージェンシーですが、卵子提供においても、代理出産においても、妊娠のカギを握るのは、卵子の「質」です。

この卵子の質、どうしたらよい状態になるのでしょうか?
食生活や漢方療法など、いろいろな方法がありますが、実は、体の温度もとっても重要なのです。

excercise

人間の生命現象を左右しているのは、体の温度です。
体温が低いと卵子の質や排卵にも影響があるのです。
体を正常に動かすための体温が低いと、元気で質のよい卵子を育てたり、排卵を起こすこともできなくなってしまいます。
逆を言えば、体を温めて、体温を上げれば、卵子の質も高まり排卵もスムーズになると言えます。

体を温めるのにも、いろんな方法があります。
中でも、入浴は気軽にできる温め法ですね。入浴には、冷え防止だけでなく、肌の調子を整えたり、リラックス効果もあり、ぜひ続けたい習慣です。

冬のこの時期には、カイロや保温効果のあるインナーなど、上手に活用して冷えを防止するとよいでしょう。
夜の足の冷えが気になる方は、湯たんぽがお勧めですよ!

弊社でご案内している、卵子提供、代理出産においても、卵子の質がとても重要です。
できるだけよい状態で卵子を採取できるよう、担当医とカウンセリングを重ね、治療を行っていきますが、投薬による治療の前提として、体を温めることも、積極的にやって頂くようにおすすめしています。

また、大切なのは、外からの温めだけでなく、自分の体内から熱を生み出すこと!
人間の体で、熱の生産量が一番多いのは筋肉です。
適度な運動で筋肉を鍛え、熱を生産できる身体を作ることが大切です。
そうすれば、卵巣の血流もアップし、卵子の質も良くなります。
入浴などの外から体を温めるのと並行して、筋力をつける運動を毎日少しでも取り入れると、卵子の質だけでなく、体調管理にも効果がありますよ!



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




20

精子の運動能力向上にはにビタミンDが効く?!

こんにちは!
そろそろ年賀状の季節ですね。
私は毎年、ぎりぎりになってから年賀状に取りかかるのですが、今週末はクリスマスそっちのけで、年賀状を作成しないといけなくなりそうです。

さて、昨日は乏精子症についてお伝えしましたが、今日は精子の精子の運動能力にビタミンDの効果があるという記事です。

精子の運動能力改善に鮭、しらす干し、きくらげ等を医師推奨


vitamin_d_foods


白澤卓二氏は1958年生まれ。順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。アンチエイジングの第一人者として著書やテレビ出演も多い白澤氏によると、不妊症の原因となる男性の精子異常には、ビタミンD不足が関係あるという。

* * *
コペンハーゲン大学、発達・生殖科のマーティン・ブロンベルグ・ジェンセン博士らは最近、健康な男性300人を対象に精子の運動能力と血中ビタミンDの関係を明らかにし、医学雑誌『ヒト生殖医学』にその結果を発表した。

博士らの研究によると血中のビタミンD濃度が高ければ高いほど、精子の運動が活発で正常な形態の精子が多く観察された。精子にはビタミンD受容体があることから、精子に活性型ビタミンDを添加すると、精子の運動能力が改善することを試験管内で確認した。

ジェンセン博士は調査したデンマークの健常人男性の約44%がビタミンD不足(25(OH)ビタミンDの血中濃度が50ナノモル/リットル以下)だったことを強調、ビタミンD不足がデンマークにおける高い不妊率の要因の一つになっている可能性を示唆したのである。

しかしながら、今回の研究が直ちに、不妊カップルの男性にビタミンDサプリメントを推奨するものではないとの警鐘も鳴らしている。興味深いことに東京のあるアンチエイジングクリニックでも、日本人の健常人の4割程度がビタミンD不足との調査結果が得られていることから、日本でも同様にビタミンD不足が男性不妊の要因の一つになっている可能性がある。

ビタミンDは紫外線を受けて皮膚で合成されるので、外出して日光浴することが重要であるが、秋から冬にかけては紫外線も弱くなり、血中のビタミンD濃度が低下することが知られている。ビタミンDは骨だけではなく、免疫、筋肉、脳機能を健康に保つ重要なビタミンで、体内調節システムとして働くホルモンのような作用があることが最近明らかとなった。

ビタミンDが豊富に含まれるアン肝、サーモン、しらす干しなどの魚類や、きくらげ、干ししいたけなどの食材を摂取することでもビタミンD不足を予防できる。これまで男性不妊には、ビタミンE、ビタミンB12、亜鉛、セレン、アルギニンなどの栄養素が推奨されてきたが、ビタミンDも必要な栄養素のリストに加えたい。



精子の運動能力も、妊娠には重要な要因です。
男性の側も、普段から食生活や生活習慣の面から注意をすることをお勧めします。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




19

乏精子症ってなに!?

こんにちは!
いよいよ今年もあと2週間となりました。
本当に時間が過ぎるのは早いものです。

さて今日は乏精子症について、書いてみたいと思います。
以前から弊社ブログで書いておりますように、不妊の原因の45%〜50%は男性側に原因があると言われております。この男性不妊の理由の一つとしまして、乏精子症というものがあります。

Green-Leave

乏精子症とは精液中の精子の濃度が低い状態のことを言います。
WHOの基準によれば、精液1ml中に精子数が2000万個未満の状態をいいます。
精子濃度が100万個/ml以下の重症度の乏精子症では、自然妊娠の可能性が極端に低いことになります。

正常精液所見 (WHO 1999)
精液量   2ml以上
pH     7.2-8.0
精子濃度  2000万/ml以上
精子運動率 前進精子が50%以上あるいは高速直進精子が25%以上
精子形態  正常形態精子が30%以上


軽度の場合では人工授精が有効だが、それでも妊娠が困難な場合にはIVFやICSIが必要になってきます。
その他、精子運動率が50%未満の精子無力症、精液中に精子が全く見つからない無精子症などが男性不妊の原因になります。


男性も女性と同様に35歳を過ぎると急に生殖機能が低下する方が多いため、体外受精の前には精液検査を行うことをお勧めいたします。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




16

卵子提供に於いて重要なドナーの役割

おはようございます!
12月も後半に突入しました。
クリスマスや忘年会など、体重を増やすイベントが続く季節。
ちょっとは体を動かさなければ、と最近歩くようにしていますが、なかなか体重は減りませんね。。。

com-115420_large


さて、弊社はハワイとタイで卵子提供をご提供しているエージェンシーですが、卵子提供の成功のカギを握るものは何でしょうか?

それは、言うまでもなく、ドナーから提供された卵子です。
弊社のクライアント様の多くは、日本で体外受精による不妊治療を繰り返し、よい結果が出なかった方々です。
最も多いのは、加齢により採卵ができない、あるいは採卵が行えても、卵子の質が悪く着床できない、といったケースです。
このような場合、若くて健康な女性から提供された卵子を使用することにより、妊娠の確率は非常に高くなります。

弊社の卵子提供プログラムでは、「受精卵の質」を何よりも重視しています。
他のエージェンシーでは、30代の方までドナーとしているところも少なくありませんが、可能な限り成功率を高めるため、弊社はドナーは20代の女性に限定しています。

ドナーの年齢だけでなく、登録者数も重要です。
弊社のドナー登録数は日本最大規模であり、弊社では、ご夫妻がドナー決定を行うに当たって、150名を超える豊富な登録ドナーからドナーをお決め頂くことが可能です。

また、ドナーを選ぶときには、ご夫妻によって、様々な条件があります。
生まれてくるお子さんが、ご両親となるご夫妻の血液型と矛盾がないよう、まず血液型はドナー選びの第一条件です。
その他にも、容姿や身長、体重、健康状態、遺伝的疾患など、さまざまな観点からのドナー選びが考えられます。
弊社のドナー情報は、こういったさまざまな観点からの情報を、ドナー一人一人に対して保有しております。

卵子提供に於いて、最も重要なドナ−選び。
ぜひ、登録者数、情報量ともに、充実しているエージェンシーをお選びください。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




15

オセロ松嶋尚美さん、第一子出産!

こんにちは!
昨日はオセロの松嶋尚美さんが、第一子を出産というおめでたいニュースがありました。

matusima17

オセロ松嶋が第1子男児を出産

お笑いコンビ・オセロの松嶋尚美(40)が14日、第1子となる男児を出産した。予定日より2週間早い出産で、自身のブログで「先ほど元気いっぱいの男のコを産みました」と報告。所属事務所によると母子ともに健康で、ブログではベッドの上でピースサインを送る写真を掲載している。(オリコン)

とても40歳には見えない松嶋さんですが、一般的には高齢出産に該当する年齢でのご出産になります。
妊娠5週目で、第一子妊娠を発表した松嶋さん、妊娠初期の時期には体調不良で1か月程休養されていました。
妊娠発覚直後に流産の危機もあったそうです。

楽しい天然キャラの松嶋さんですが、今後はママとしての顔も、テレビで見せてくれそうですね!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




14

石田純一さん、理子さんの胚移植の時期を勘違い?!

こんにちは!
以前から「妊活中」であることを公表している東尾理子さんと石田純一さんのご夫妻ですが、先日はこんなニュースがありました。

20110920-00000304-oric-000-0-view


〈速報〉石田純一、理子と体外受精に取り組み

俳優の石田純一(57)が、夫人のプロゴルファー東尾理子(36)と体外受精に取り組んでいることを明かした。12日に義父の野球解説者、東尾修氏(61)とともに、千葉・東千葉GCで行われている「GMAプロ・アマチャリティーゴルフ」に参加。結婚記念日当日ということもあり、子づくりについて言及した。「まだ分からないのですが」と前置きした上で、「体外受精をして、体の中に戻したところです。着床したかどうか、来年1月の半ばには分かると聞いています」と話した。

実はこの報道、石田さんの勘違いだったようで、本当は来年胚移植を受ける予定であることを理子さんが翌日のブログで綴っていますが、治療の経過をオープンに語るお二人の明るさは、とっても素敵だなーと思います。

理子さんのブログでもお灸を使用する様子や、採卵の状況などを綴っている理子さん。
明るく「TGP(Trying to get pregnant)」に取り組む理子さんのブログに、励まされている妊活中の方も多いことと思います。

「不妊」という言葉が示すように、残念ながら不妊治療には否定的なイメージがつきまといます。不妊治療に対して理解が得られないこともまだまだ多い日本では、治療についてはなかなかひとに言えなかったり、どことなくうしろめたい気持ちを治療を受ける患者が持っているケースも少なくありません。

子どもを授かるための治療に前向きに取り組んでいる理子さんと、彼女を支えている石田さんご夫妻のオープンで明るい取り組み方は、治療を受けているご夫妻にとっても、見習う点が多くあるように思います。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




13

帝国ホテルにマカロンのクリスマスツリーが登場!

こんにちは!
銀座のケーキ屋さんのショーウィンドーには、クリスマスケーキの見本が並ぶ時期になりました。
どれもおいしそうで、つい足を止めてしまいます。

クリスマスの雰囲気で賑やかな銀座界隈ですが、日比谷の帝国ホテルにはなんとマカロンで作られたピンクのクリスマスツリーが展示されています。

1322720220_b


マカロン2000個を使った巨大クリスマスツリー、帝国ホテル地下に登場


マカロン2000個を敷き詰めた巨大クリスマスツリーが12月1日、帝国ホテル 東京(千代田区内幸町1)地下1階アーケードに登場した。
 
 同アーケードでは昨年から、食べられるアートを紹介する「スイーツアート展」を展開。昨年は、3メートルのケーキ製ツリーを展示した。スイーツとは思えない「リアルさ」「大きさ」が話題を集め、来街者数は「例年の3〜4倍に増えた」(同アーケード内「マユヤマジュエラー」取締役の繭山達也さん)という。

 今年のマカロンツリーは、昨年アーケードで併催したコンペ「第1回IHA杯」で金賞に輝いたスイーツアーティスト田邉美佐紀さんによるもの。ピンクのマカロン風モチーフ2000個をグラデーション状に敷き詰めた高さ4メートルのツリーで、11月初めから制作を開始。田邉さんが主宰する教室「Mammy Sugar Art」のスタッフ、生徒らが協力し、延べ150人が1カ月かけて完成させた。2000個のマカロンパートだけでも150キロの砂糖を使い、土台部分には花やリボンをモチーフにした細かい装飾も展開。4つのパートに分割して2トントラックで搬入した。

ほんのりピンクのマカロンで作られたツリー、とっても可愛いですね!
12月25日までの展示だそうですから、お近くに来られた際は是非立ち寄られてみては如何でしょうか?



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード