medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2012年07月

17

流産の防止にも着床前診断が有効?!

こんにちは!
皆さん、三連休は如何お過ごしでしたか?暑かったですねー。
関東地方は本日梅雨明けしたとのこと、いよいよ夏本番です!
各地で猛暑のニュースも聞かれる季節になりました。
外出時にはこまめに水分補給をし、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

PGD

さて、ここ最近、新聞で着床前診断が取り上げられています。
着床前診断は、受精卵の段階で、染色体を解析し、染色体異常等を発見できる技術です。
日本では、現在特定の遺伝病を持った患者のみに実施されている検査であり、一般の方が、流産の防止や、受精卵異常を検出することを目的に希望しても、国内では受けることができません。

弊社では、ハワイ、タイでの卵子提供プログラムをご案内しておりますが、いずれの国でも、着床前診断を行うことが可能です。
染色体異常を持った受精卵は、胚移植を行っても、着床しなかったり、着床しても流産する可能性が高くなると言われています。
着床前診断は、受精卵の異常を検出するだけではなく、何度も胚移植を行っても流産してしまうケースなどにも有効と考えられています。
当ブログでも再三お伝えしているように、卵子の質は、女性の年齢の上昇と共に低下して行きます。
年齢を重ねるとともに、受精卵の質が徐々に下がってしまい、その結果として、染色体異常等を持った受精卵も増えてきます。
着床前診断により、受精卵の染色体異常を検出し、異常のある受精卵を移植をしないという選択をすることで、流産の確率を下げることができるのです。

着床前診断は、ご自身の採卵でも、第三者ドナーによる卵子提供と組み合わせて行うことも可能です。
着床前診断をご検討されている方は、お気軽に弊社までお問合せください!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




13

まずはご相談ください。

おはようございます。
東京は昨日とは打って変わって夏日ですね。

今年は一風変わったビアガーデンがオープンしたそうです。
サントリーが六本木の東京ミッドタウンに7月5日〜16日の期間限定でオープンした、“ノンアルコールビール専用”のビアガーデンだそうです。
営業時間は午後5時まで。
カレーなどの軽食とサントリーのオールフリーがセットで提供されており、ビールは置いていないそうです。

ビールを飲んではいけないシーンでの代替品という位置づけではなく、昼間に都心で堂々とポジティブに飲む、という飲み方を提案するために、ミッドタウンで勤務するビジネスマンや、六本木・麻布近辺に住む主婦などがターゲット。
オープン期間中に累計3000人、累計4000杯のオールフリーの販売を見込んでいるといいます。
ノンアルコールドリンクの勢いが止まらないですね。
ノンアルコールドリンクがあれば、アルコールが苦手な方、控えるように言われている方などにも、飲み会に参加しやすくなるのでは?
この夏、新たなトレンドですね!

beer


さて、昨今、お子様を授かるための治療の一つとして、海外で卵子提供を受けるということを、お考えになる方が、増えてきています。
弊社メディブリッジでもタイ、ハワイで卵子提供プログラムをご提供しています。

卵子提供プログラムとは、卵子を提供する第3者(日本人卵子提供者)から卵子の提供を受け、ご主人の精子により体外受精を行なった後、奥様の子宮に受精卵(胚)を移植し、奥様がご自身で妊娠、出産の過程を経てお子さんを授かる方法です。 奥様が出産されるお子さんはご夫妻の「実子」として戸籍登録されます。
近年、卵子提供は、マスコミやメディアにも、多く取り上げられるようになりました。
日本では、働く女性が増え、晩婚化が進むことで、初婚年齢の上昇とともに、出産年齢も上昇する傾向にあります。

出産年齢の上昇から、妊娠適齢期を逃してしまう女性が増えているのも事実です。
このような状況の中で、卵子提供による不妊治療は、これからますます日本社会にも必要な方法になるでしょう。
弊社では出来るだけ日本人が日本人を支え合うシステムに出来ないかと考え、日本人のドナーボランティアの協力を得ており、ドナーボランティア全員が日本人になります。
メディブリッジは日本最初の卵子バンクにより日本人ドナーのご協力を得る卵子提供プログラムのパイオニアとして、多くの実績と経験を持ち、安全安心なプログラムをご提供いたします。

卵子提供をお考えの方は、是非弊社メディブリッジまでご相談くださいませ。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




12

メディブリッジの代理出産って?

おはようざいます。
みなさん、やりましたね!
昨日のなでしこジャパン。
日本代表は、オーストラリアに快勝しましたね。
五輪メダルに一歩近づきましたね。
澤選手も復帰ゴールを決め、休んでいたブランクを感じさせないプレーをされてましたね。

soccer



さて、今日は弊社の代理出産プログラムについて少しお話したいと思います。
不妊治療の一手段として耳にする機会も増えてきた「代理出産」ですが、実際どのようなケースに有効なのでしょうか?

代理出産とはご自身の子宮の異常・病気などにより妊娠・出産が難しい女性に代わり、女性自身の卵子を採取し、配偶者の精子とで体外受精を行い、その後代理母の子宮に移植を行って、出産をする方法です。
卵巣は機能しており排卵はあるが子宮側あるいはその他の臓器の問題でご自身での妊娠・出産が出来ないケースが該当します。
具体的には、子宮がんなどによる子宮全摘出、子宮奇形により着床不可能あるいは着床しても流産となるであろうと診断された場合、ロキタンスキー症候群などがあります。
弊社では、ご病気などの理由により、身体的にご自身での妊娠ができない場合に限って、代理出産をご案内しております。

尚、妊娠が成立した場合、妊婦としてお腹で胎児を育てるのは代理母の役目となりますが、生まれてくるお子様は妊娠中に代理母の遺伝子が組み込まれる、などということは決して起こらず、「遺伝的・生物学的に100%自分たち夫婦の子供」となります。
このプログラムがなければ生まれてくることが出来なかったかもしれない「自分たちの遺伝的子ども」を、代理母の協力のもと、もてる可能性があるのです。

代理出産プログラムの成功率は代理母に移植される受精卵の質、この場合は主に卵子の質によって左右されます。
子宮の状態が大変良い状態であっても、具体的に妊娠成功率の決め手となるのは「卵子の生殖力」が大きいのです。
また、生殖力は採卵時の女性の年齢や卵巣機能の状態に大きく左右されます。

また、代理出産プログラムにおいての問題として、費用が非常に高額であることがあがります。
弊社ではインドの高度医療施設と提携し、負担の少ない金額でどこよりも安心して代理出産という高度な医療プログラムをご提供致します。
これによりアメリカでの代理出産にかかる費用の約3分の1のご負担で代理出産を行うことを可能に致しました。

代理出産をご検討されている方は、ご夫妻だけで悩まずに、ぜひ一度弊社までお気軽にお問い合わせください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




11

モナさん女児を出産

こんにちは。
昨日は、各地で今年一番の暑さを記録しましたが、梅雨明けはもう少し先のようです。
皆さん、水分をこまめに補給して熱中症には気を付けましょうね。

さて、「多嚢胞性卵巣症候群」と診断された中西モナさんが、不妊治療を経て無事に女の子を出産しました。

20111216_matsushimanahomi_25


モナ女児出産「帝王切開に」

元タレント中西モナさん(36)が、10日午後5時29分、都内の病院で、第1子を出産した。


同日の公式ブログで「無事、うーちゃん産まれました。なんと体重は、4278グラム。
想像以上のビッグベビーでした。実は、最終的に帝王切開に」と発表した。
中西さんは2月下旬のブログで、医師から9割の確率でおなかの子が女の子と言われたと、性別を明かしていた。


中西さんは10年8月に一般男性と結婚し、昨年11月に妊娠を発表。
予定日は11日だったが、9日付のブログで、年齢や母体への負担をかかることを考慮して、10日に入院すると記し、この日の朝も、陣痛が始まったことを伝えていた。


中西モナさんは、不妊治療中にその大変さから離婚の危機を迎えましたが、明るく前向きな性格で不妊治療と離婚の危機を乗り越え、待望の女の子を家族に迎えました。
おめでとうございます!



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




10

夏の風物詩、浅草のほおずき市


おはようございます!
今日の銀座は青空が見え、夏の強い陽射しが感じられます。
そんな夏の風物詩、ほおずき市が、9日・10日と浅草で開催されています!

浅草寺 ほおずき市

sub_photo_shimanrokusen02b

観音様の功徳日(四万六千日のご縁日)に因み、この日に参拝すると、「四万六千日間毎日お参りしたのと同様の功徳を得られる」と言われているそうです。
縁日に浴衣を着て出向くのも、素敵ですよね。
お近くの方は、夕涼みがてら、ぜひ浅草寺まで立ち寄られてみては如何でしょうか?


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




9

インドでの代理出産、その特徴とは?

おはようございます!
今日は東京でも気温30度を超えるという予報になっています。
蒸し暑い東京の夏、いよいよ本番という感じです。
梅雨明けも間近かもしれませんね!

lotus_1

さて、弊社は、インドでの代理出産をご紹介しておりますが、お客様からも、またマスコミからの取材などでも、「代理出産は、どうしてインドで行うのですか?」とよく聞かれることがあります。
インドで代理出産を行うことには、実は、多くのメリットがあるからです。

第一に、何よりも費用が安いこと。
弊社にご相談にこられる方々には、2千万とか3千万とか言われる単位で費用のかかるアメリカでの代理出産を、費用の高さゆえにあきらめてきた方も少なくありません。インドでの代理出産は、アメリカの代理出産と比べると、約三分の一の費用で行うことができます。

第二に、医師の技術レベルが非常に高いこと。
インドの医師は、海外で医療を学んできた人も多く、高い技術を持っています。
弊社が提携している病院には、その成功率の高さから、アメリカやヨーロッパ、アラブなど、世界中の患者が集まっています。

第三に、何かトラブルが起きた場合でも追加の費用が安いこと。
代理出産には、見えない費用がつきものです。出産までの長い期間、なにが起こるかは誰にも分かりません。
その時の費用が、インドではアメリカに比べて格段に安いのです。
インドでの代理出産には、こういったメリットがあります。

一方で、インドでの代理出産には危険な側面もあります。
以前に愛媛県の男性医師が、インドの代理母に依頼して生まれた赤ちゃんが帰国できなくなった問題など、日本人にとっては法的、システム的にまだまだ困難な状況であるのが事実です。
法的な知識、専門家のサポートがなければ、赤ちゃんを帰国させることも容易ではありません。

また医療の質も、平均的ではなく、信頼できない病院、ドクターも多くおられます。
中には、患者の治療よりも自らの利益を重視し、暴利を得ている悪質なドクターも見られます。

インドの事情を良く知る弊社からすると、外国人がなんのサポートもなく、インドで独断で代理出産を行うことは、大変危険な行動と言わざるをえません。

弊社は法的問題も含め、日本人向けにシステムを確立し、インドで代理出産をご提供しております。
インドの多くのドクターを調査し、信頼できるドクターのみ提携関係を結ぶと共に、費用面も出来るだけクライアントに負担のないようにしております。

インドでの代理出産についてご検討されている方が、どうかお気軽にお問い合わせください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




6

不妊患者の思いとメディブリッジの活動

こんにちは!
東京もいよいよ蒸し暑くなってきました。
この時期、湿気や雨による気温の変化について行けず、不調を感じる方も多いのではないでしょうか?
寝苦しい夜には、アロマでリラックスするのがお勧めですよ!

ballonflower

さて、最近ようやく、マスコミ等で、卵子の老化と妊娠確率の関係が取り上げられるようになりました。
海外での不妊治療の最前線を日々見ている私たちは、日本の不妊患者がいかに限られた情報しか与えられていないかを痛感しています。
当ブログでも再三お伝えしているように、卵子はいつまでもできるものではありません。
女性が一生のうちに使える卵子の数は生まれた時にすでに決まっています。
また、卵子の在庫が減っていくだけでなく、閉経に近づくにつれて、残った卵子の質は落ちてきます。
卵子の質が落ちると、受精しなかったり、受精卵になっても育たなかったりすることが増えてきます。

弊社ではハワイ・タイでの卵子提供とインドでの代理出産をご紹介していますが、卵子提供を希望される弊社のクライアント様で最も多いのは、日本での不妊治療を何年も重ねた末、結果がでずに最終的に卵子提供という方法に行きつく方です。
ほとんどの方は、妊娠適齢期を過ぎても、「いつか1個でも着床して、妊娠するのではないか」という希望をもって、費用と時間を体外受精に費やしています。
卵子提供という方法が浸透している海外では、数回の体外受精で結果がでない場合、エッグドナーを用いての治療を勧められるのが当たり前ですが、卵子提供という方法がまだ浸透していない日本では、子どもを望むなら、ひたすら自身で採卵を繰り返すしかありません。

弊社のクライアント様からは、よくこんな声が聞かれます。

「自分の卵子で可能性がないことが分かっていたら、閉経を待たずに卵子提供に切り替えていた」
「生理があるうちは妊娠できるだろうと思っていたが、実際は違っていた。知っていたら、仕事を一時休んででも、子どもを産んでいたと思う」

日本の不妊患者は、自分が置かれている状況を客観的に知らないケースが多いのです。
弊社では、多くの事例を扱って参りましたが、日本の不妊患者には、正確な情報提供が必要であると考えています。
不妊治療の最前線から得た情報を、当ブログを通して発信していくことも、弊社の役割の一つです。
今不妊治療をしている方も、今は考えていないけれどいつかはママになりたい、という方にも役立つ情報を、これからもお伝えして参ります。
ご声援、どうぞよろしくお願い致します!

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




5

ハワイの朝食はボリュームたっぷり?!

こんにちは!
みなさん、パンケーキはお好きですか?
最近、日本では、ハワイのパンケーキブームが起きているようです。

「パンケーキ戦争」の次は“がっつりハワイアン朝食”が来る!?

eggsnthings1

看板メニューのハワイアンパンケーキを求めて朝9時の開店前から行列ができる「Eggs'n Things(エッグスンシングス)原宿店」。ハワイの本店も常に行列のできる人気店で日本人向けのガイドブックに必ず登場するだけあって日本人客も多く、ハワイ好きにはよく知られた店だ。

 ここのコンセプトは「All day Breakfast」。つまり、1日中朝食メニューが味わえる店。本来、パンケーキとは「小麦粉に卵・牛乳などを加えてフライパンで焼くもの」を意味し、海外ではトーストと同じように卵やハムとともに甘味の少ないパンケーキを食べるスタイルが定着している。いわば朝定食のご飯のような存在だ。

 一方、日本では加糖のホットケーキミックスが急速に普及したことで甘みの少ない本来のパンケーキがなかなか広まらなかったが、2年ほど前に“食事系パンケーキ”の店が増加。ちょっとしたブームになっている。

 ただハワイアン朝食の店は、パンケーキ専門店ではない。パンケーキが看板メニューではあるが、基本的に「カジュアルな朝食レストラン」なのだ。「パンケーキが有名になりすぎたので、パンケーキのメニューが意外に少ないと驚かれることもある」と語るのはエッグスンシングス原宿店を運営するエッグスンシングスジャパンの藤田ナナ氏。

弊社が卵子提供プログラムをご提供しているハワイですが、リゾート地としても人気のある場所ですから、海を眺めて、美味しいものを食べながら、リラックスして治療をお受け頂くことができますよ!

弊社スタッフにも大人気のパンケーキ、ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




4

ホルモンバランスを整える食事療法とは?

こんにちは。
日本ケンタッキー・フライド・チキンは、日本のKFC創業日にあたる7月4日の午後1〜4時に、全国の362店舗限定でオリジナルチキンの食べ放題を実施するようです。
対象商品は「オリジナルチキン」「フライドポテト」「ソフトドリンク」で、制限時間は45分、価格は1人1200円。
日本にKFCが誕生して42年間まったく変わることのない「オリジナルチキン」、チキン好きの方はこの機会に食べ放題に挑戦してみては如何でしょうか。

aspx

さて、普段の食事の栄養によってホルモンは作られますが、皆さん食事や生活習慣などに気を付けていますか?
もし、ダイエットや偏食などで食生活が乱れてしまうと、ホルモンの原料不足→生理不順→不妊症というように、妊娠を希望しているのに悲しい流れに乗ることになります。
そのため、ホルモンの原料となる栄養バランスのとれた食事を摂るように気をつける必要があります。

 生理周期はホルモンの複雑な相互作用によって調節されていますが、そのホルモンの原料不足を防ぐためには、低カロリーで尚且つ、良質なたんぱく質と、ビタミン・ミネラル・食物繊維・食物酵素が豊富な、食生活の為の食事療法を実践する必要があります。
栄養バランスのよい食事とは、やはり伝統的な日本の食事です。
お味噌汁とご飯、そして海苔や佃煮、納豆、豆腐、魚など副食の品数を多く、少量を食べるのが栄養バランスのとれた食事です。

また、効率よく栄養補給ができるのは、野菜や果物の生ジュースや自家製ふりかけなどです。
ビタミンやミネラルなど、栄養を簡単に美味しく補給できます。
インターネット上ではいろいろなレシピが公開されてますので、ぜひ活用してください。

まずは、食生活の改善によって生理周期を安定させて、子宮を最善な状態にしましょう。
食事療法によってホルモンの原料供給が十分だと、ホルモンの分泌が改善され、生理周期も順調になり、子宮内膜の状態も良好になりますので、受精卵の着床後も安定して成長しやすくなります。
大切な受精卵が育ちやすい子宮環境を整えるためにも、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




3

「試験管ベビー」、世界で500万人に

こんにちは。
日本コカ・コーラが「あなたがPLAY!したいオリンピック競技は?」というアンケート結果を発表し、1位にはダントツで「射撃」が選ばれたそうです。
2位は「サッカー」、以降「バトミントン」「テニス」等が続きました。
馴染みの薄い射撃が1位に選ばれたことに驚きですが、皆さんは何の競技に出場してみたいですか?

さて、今日はオリンピックの開催地であるイギリスでは、世界初の体外受精児が1978年に誕生しましたが、今では体外受精によって生まれた子供の数は、世界に約500万人に上るそうです。

momdadbaby

「試験管ベビー」、世界で500万人に

34年前に世界初の「試験管ベビー」が英国で生まれてから、これまで全世界で体外受精(IVF)によって誕生した赤ちゃんの数は約500万人に上る との推計が2日、トルコ・イスタンブールで開かれた欧州ヒト生殖学会(European Society of Human Reproduction and Embryology、ESHRE)第28回年次大会で発表された。

当初、人類が自然を操作することをめぐって激論が交わされたIVFだが、今では毎年、新生児の0.3%に相当する35万人の赤ちゃんがIVFで誕生しているという。

ローマ・カトリック教会は、大量の人間の胚が廃棄されることを理由に体外受精を不道徳とみなしているが、1978年に世界初の体外受精児ルイーズ・ブラウン(Louise Brown)さんの誕生に寄与したサイモン・フィッシェル(Simon Fishel)氏は、500万人という人数について「法的、道徳的、倫理的な議論や、社会に認知されるための取り組みの全てが正当化された」との見方を示 した。

不妊治療にとって体外受精は、今では欠かせないとても重要な技術ですが、弊社がご提供しております卵子提供プログラムや代理出産プログラムも、体外受精の技術に支えられております。
今後の生殖医療の技術の更なる発展に期待いたします。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード